映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】もうひとつのマッドマックス『奪還者』
2015年07月06日 (月) | 編集 |


奪還者(2013)オーストラリア/アメリカ
原題:The Rover
監督:デヴィッド・ミショッド
日本公開:2015/7/25


あらすじ
世界経済の崩壊から10年後、鉱物資源を求める労働者たちが世界中から集まり、広大な無法地帯と化したオーストラリア。 エリックはただ惰性で生きる放浪者だ。ある日場末のレストランで休憩中のエリックの愛車が3人の強盗団に奪われ・・

感想
『アニマル・キングダム』のデヴィッド・ミショッド監督/脚本のサスペンス・ロード・ムービー。
ガイ・ピアース演じる放浪者エリックが、強盗団の弟を道案内に、盗まれた愛車を奪還すべく強盗団を追うという話。
もうひとつのマッドマックスと言われるのは不法地帯と化したオーストラリアを舞台にしたロードムービーだからでしょうか。しかし殺伐とした世界観はむしろこちらの方が上。

というのも、エリックは愛車を奪い返すためには手段を選ばず、銃を得るために人まで殺してしまうから。
そんなエリックが銃撃戦で負傷し、野垂れ死に寸前のレイを助けたのは、強盗団のアジトへと道案内させるため。
『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン演じるこのレイという青年、少し頭が弱そうなんですが、レイは唯一の肉親の兄を愛している。
しかし、兄に見捨てられたという事実が彼を苦しめているんですね。



同じように愛を失い、人の心も捨てたはずのエリックがレイの孤独に共鳴した形でしょうか。2人の間にいつしか兄弟のような友情が芽生え始めるんですが、同時にその関係は非常に不確かなもの。
よってある種の緊張感を持って二人の旅を見守ることになります。

この映画、あまり説明しすぎないところが凄く好み。
たとえば、エリックが、あるおばさん(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に出てたおばさん!)から名前を訊かれるシーン
エリックは無視して名前を言おうとしないんですが、何度も訊かれ動揺するんですね。
自分が何者であるかを考えるだけで辛くなるような、どんな哀しい過去を抱えているのかと思わせる。そういった演出が秀逸。

うっかり観たら「??」になりそうなラストシーンも
顔の周りを飛ぶ小さなハエを払うこともせず、ボーっと虚空をみつめる冒頭のエリックの横顔を思い出せば想像はつく。
彼が車に執着する意味もようやくわかるのです。

全ての愛を失い、それでも歩き出さなければいけない
そんな未来像がヒリヒリと痛い映画でした。
エリックと行動すればするほどに、兄への愛が揺らぎ葛藤するレイを刹那に演じたパティンソンが良かった。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを転載しています

昨日、ミニシアターでチラシを取った映画ですね。
まったくのノーマークでしたが、記事を途中まで拝見すると、私の好みですね。時間をチェックしときます。

[ ゾンビマン ]
2015/7/6(月) 午後 4:44


ガイピ好きだわん💕

ところがね、ロバート・パティンソンが食わず嫌いなんです!
彼の映画観たことない(観ない)んだ。
顔が生理的にムリ!(オマエが言えるか、っつーの)

ガイピがカッチョエエからま、許すって事で(うわっ、上から)

chaco
2015/7/6(月) 午後 4:50


この監督の作品にはガイ・ピアースは欠かせない感じですな。
オーストアリアも人材が豊富そうだし。
けっこうドラマもシッカリして面白そう。

Kaz.Log
2015/7/6(月) 午後 7:14


うわ、なんかこれ面白いそう!
みーすけの琴線にビビってキタよ!
ガイピも最近何だか残念な方向に来てないか?と思わせながらもいー仕事を残す俳優だよねー。
パティンソンはどーも顔が気持ち悪くて(毒)ちょいと苦手なんだけど、少し頭がゆっくりしてるキャラとかハマりそう(毒2)
公開もーすぐじゃんチェックしときます。
てか、SNSのみならず、私生活でも周りが凄い『マッド・マックス祭り』な今日この頃。
今日の昼休みもギター野郎と太鼓軍団で会話は花盛りでした(笑)

[ みーすけ ]
2015/7/6(月) 午後 7:17


> ゾンビマンさん
世間の評価は分かれてるようだけど、読み取る楽しみもあって私は好きでした。
ご都合付けばぜひ。

pu-ko
2015/7/6(月) 午後 10:33


> chacoさん
私もパティンソン最初に見たとき気持ち悪いと思ったんだけど彼変な魅力あるんだよ(笑)
最近は演技もいいと認めてます。
ガイ君は老けたけど渋さが増してますな。

pu-ko
2015/7/6(月) 午後 10:39


> Kaz.Logさん
ガイ君『アニマル・キングダム』にも出てましたね。
書き忘れたけど、そういえばジョエル・エドガートンが脚本(ストーリー?)を共同で書いて増す。
アニマル・キングドム仲間だぁ。
オーストラリア陣結構頑張ってますね。
そうそう多分お金はそんなにかかってないと思うんですが、ただの追跡アクションものにせず奥深さを感じさせてくれて面白かったです。

pu-ko
2015/7/6(月) 午後 10:44


愛車というのはいったいどんな車なのか興味ありますが、普通の乗用車に見えますね。
THE ROVERという原題からすると英国のローバーのことかとも思いましたが違いますよね。
主人公のこだわりが気になり、観てみたい。

なお、間違えて前のブログの「しあわせはどこにある」の記事にコメントしてしまいました。ポスターの首からさげているカメラ(ライカ)が気になって。この映画も気になります。

yymoon
2015/7/6(月) 午後 10:47


> みーすけさん
ちょっと気になる感じでしょ。
ガイ君も意外と幅広いけど中途半端なロマンスより、こういう渋さで力発揮する役者ですよね。
ははは、やっぱりパティンソン不人気だな。
顔がってのは解る(笑)
でも年取って演技で残っていける人かもよ。
ちょっとゆるい感じも自然でした(笑) 要チェックってことで。
世間はマッドマックス祭りだよねぇ。
あのギター&太鼓については語らずにいられないよねww

pu-ko
2015/7/6(月) 午後 10:53


> yymoonさん
愛車はなんの変哲もないただのボロ車なんですよ。
彼は途中愛車を取り戻すために他人の車を奪うんですが、はっきり言ってそっちの方が上等。
それでも自分の車にこだわる理由があるというのが実は物語の鍵になります。
ちなみにROVERは日本で言うとポチみたいな、最もポピュラーな犬の名前です。
多分それも意識してるんじゃないかと。ネタバレ気味ですけど(笑)

あーー、ごめんなさい!
「しあわせはどこにある」にコメントくださったんですね。
引越しさせるので、そちらにコメントお返しさせてください。

pu-ko
2015/7/7(火) 午前 3:24


マッドマックスにもうひとっあったのかぁ(笑)これなんだか面白そう!hardそうだけどw


2015/7/7(火) 午後 10:10


> 翔さん
流行語みたいになってるから、あやかりでいくつも出てくるかも(笑)
うん、これはアクション期待すると全然だけど、面白かったよ。
結構人は死ぬけどね(笑)

pu-ko
2015/7/8(水) 午前 1:06


荒廃したオーストラリアの大地と同じく荒廃した心を上手に表現してました。こだわった車の意味…。ラストが印象的でした。
ちなみに車は、ホールデンというオーストラリア産の車です。ピックアップトラックも同じだったと思います。NZでも輸入されて走ってますよ。

NZ_RR
2015/7/8(水) 午後 1:17


> NZ_RRさん
おー、ご覧になってますね。
ほんと、主人公の心の荒廃が上手く表現されてました。
車をどこまでも追った彼の思いに、映画が終わった後悲しみがこみ上げました。
車の情報ありがとうございます。
オーストラリア産だったんですね。

pu-ko
2015/7/8(水) 午後 1:56


pu-koさん、こんばんは!
ガイピー大好き!この映画知らなかったので、驚喜です。ありがとうございます♪ガイピー主演の探偵ものシリーズの彼も、シブい、なおかつまだ若々しくもあって、めちゃいけでした~。ベッドシーンとか、かなり頑張ってたのが美味しかったです♪
私もトワイライトの人、苦手なんですよね~。トワイライトも、もうちょっと私好みのメンツだったらハマってたかもな~と、惜しい気持ちが消えません…

[ 松たけ子 ]
2015/7/9(木) 午後 11:11


> 松たけ子さん
ようこそ。
ガイ君の探偵ものがあったの知りませんでした。
うーん、すっごい興味あるんですけど根性無しなので長いのになかなか手が出ないんですよね。
でもガイ君頑張ってるのかぁ。観たいなぁ。

あはは やっぱアンチロブ派多しw
でもチャラ男じゃない彼は悪くないですよ。
も少し年とると認められるようになるかも。

pu-ko
2015/7/10(金) 午前 0:31


pucoさん、覚えていて下さるでしょうか?
ブログ村でトラコミュに参加させてもらっているsaoriです。
すみません。今、邦画にハマってしまって(というか松田の兄ちゃんに:笑)洋画をあまり見てなかったんです。
で!久々に立ち寄ったこのブログ。
ガ、ガイさん!!いや、ガイ様~~~!!!
も~興奮で。ガイさんは、いつ何時でも私の憧れの人なんです。
新しい映画を見た訳ではないのですが、今度ガイさんネタブログ書きたくて。
「プリシラ」の時の彼の画像を撮って、(こんな頃もありました~)みたいな(笑)
ムキムキアクションガイさんも、しっとりガイさんも大好きです~
あ、でもやっぱりラビナス?(笑)
ロバートさんに怯えっぱなしの彼が、未だに可愛くて忘れられないアホな私です。
ガイさんは・・・やっぱり特別な人なんですよね。
これだけは、ハッキリと言えますよ!!!
失礼しましたぁ~

[ saori ]
2015/7/18(土) 午前 2:51


> saoriさん
勿論覚えてますよ~。
ご連絡しようと思いつつ遅くなってしまいましたが、bloggerからこちらに引越ししたんですよ。
ガイ君の新作記事読んでもらえてよかった。
ガイ君は荒廃した土地で、虚無に生きる男でしたが、これ面白かったです。
色んな役をピタリと演じてしまうところが凄いよね。
『プリシラ』記事また楽しみにお邪魔しますね。

pu-ko
2015/7/18(土) 午後 10:58
2015/12/21(月) 20:39:12 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック