映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】もうひとつのチャイルド44『ロシア52人虐殺犯/チカチーロ』
2015年07月11日 (土) | 編集 |




ロシア52人虐殺犯/チカチーロ(1995)アメリカ
原題:Citizen X
監督:クリス・ジェロルモ

あらすじ
モスクワ南部、ロストフ州。農場で子供の死体が発見された。州民警本部の検死官ブラコフは、近くの森から次々に発見された死体を検死、そのむごたらしさに涙する。事件を連続殺人犯の犯行とにらんだ彼は上層部に上申するが・・

感想
みーすけさんに教えてもらって鑑賞!

 ロバート・カレンのノンフィクション小説『子供たちは森に消えた』を原作にした本作は、『チャイルド44 森に消えた子供たち』と同じアンドレイ・チカチーロによる連続猟奇殺人事件を描いたアメリカのTVムービーです。

ん?80年代の事件?
と思ったら、『チャイルド44』の方が時代設定を変えてたんだ。

スティーヴン・レイ演じる検死官ブラコフは、次々と運び込まれた死体を一晩かけて検死。上層部に報告する。



ところがこの時代にあっても上層部はまだ「共産主義国に猟奇殺人犯は存在しない」とか抜かしてまして、やがて刑事として捜査することを命じられるブラコフは、協力の得られぬ厳しい状況下での捜査を強いられるわけです。
『チャイルド~』でホモ一斉捜査みたいになってたみたいに、無駄な捜査に追われることになるのも全部共産主義のせい・・
トム・ロブ・スミスが50年代を舞台にして共産主義を強調したのも「なるほど」でしたね。

やがてブラコフの執念が実を結び、犯人特定に至る
苦労が報われたことは勿論、逆境に耐え、事件に真摯に取り組んだ彼の誠意が人を動かしたことに感動するんですよね。
頼りなさげでいて、辛抱強く誠実なブラコフが嵌るスティーヴン・レイいいわぁ。




ブラコフを支えることになる上司(ドナルド・サザーランド)と、
精神医学の面から捜査に協力するマックス・フォン・シドーのお二方も最高。
出番は少ないながらブラコフの妻イメルダ・スタントンも地味によかった。

チカチーロに関するwikiを読むと全てが事実のまんまではないようだけど
犯行に及んだ動機などの詳細も丁寧に描かれているので
殺人事件が希薄になってしまったトムハ映画に不満をお持ちの方には、
こちらの鑑賞をお薦めします。

名優そろい踏みでじっくりと事件を追う、見ごたえたっぷりの作品になってました。

みーすけさん、ありがとう!!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを転載しています

扱っている題材はセンセーショナルだけれど、映画事態は物凄く地味に淡々と捜査をするブラスコを追うんだよね。
共産主義下の歪んだ考えが真犯人を漏らす事に憤りを感じながらも個人ではどうしようもないという焦燥。
スティーヴン・レイいーよねー!
サザランドの隠れた助けや、締めのマックス・ヴォン・シドーの地味な語りも素晴らしくて、え、これテレビ映画なの?って。
HBOって昔から頑張ってたのね(笑)
pu-koさんに気に入ってもらえてよかったわん♥
また観たくなってきたー♪

[ みーすけ ]
2015/7/12(日) 午後 3:57



チカチーロを題材にした映画・ドラマって結構製作されてそうな。
こちらはキャストがシブいですなぁ~。
ちょっとドラマとしても面白そう。

Kaz.Log
2015/7/12(日) 午後 7:08



> みーすけさん
面白かったね。
犯人の背景や心理が詳しく描かれてるところも興味津々。
役者がみんなよかったなぁ。
HBOはこういう実録好きなんだね。テレビ製作とは思えないクオリティでした。
いいタイミングで観れてよかったわぁ。ありがとね~。

pu-ko
2015/7/12(日) 午後 10:25



> Kaz.Logさん
wiki見てもたくさん小説や映画になっててビックリした。
それだけのことのある事件だし、どこにスポットを当てるかで色々に描けるのでしょうね。
これキャストがめっちゃいいですよね。見ごたえありでした。

pu-ko
2015/7/12(日) 午後 10:28



キャストにすんごい惹かれます~
(一瞬ニール・ジョーダン作品かと思った←条件反射w)
そかそか、同じ題材を扱ってるんですね。
観たい観たい~~

じゅり
2015/7/12(日) 午後 11:23
返信する




> じゅりさん
でしょでしょ。実力者ぞろいですもんね。
スティーヴン・レイさん出てたら私もジョーダン監督を疑います。
・・・「疑います」って(笑)
同じ殺人事件をこちらはとっても詳しく描いてるので、『チャイルド44』の前に観てると解りやすいはず。
ぜひぜひ。
お引越し無事に終わったかなぁ。

pu-ko
2015/7/13(月) 午後 2:04



これは見ごたえがありました。主人公が捜査をするのに、順番に段取りを踏んでいくところとか、この事件にどっぷりとつかっている状況描写が大変印象的でした。イメルダ・スタウントンも出ていたんですね。ランディ・エデルマンの重厚な音楽も聞きごたえがあり、テレビムービーとは思えないずっしりとした重みがありました。

[ einhorn2233 ]
2015/7/14(火) 午後 8:45



> einhorn2233さん
捜査の過程やレイさんの焦燥感とか、すごく丁寧に描かれた作品でしたね。
イメルダンさんは出番は少ないものの、主人公を支える妻を男前に演じていて上手いなぁと思いました。
おー、さすが音楽もしっかりチェックされてますね。

pu-ko
2015/7/15(水) 午前 2:45

2015/12/21(月) 19:36:46 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック