映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『スロウ・ウエスト』
2015年07月27日 (月) | 編集 |


スロウ・ウエスト(2015)イギリス/ニュージーランド
原題:Slow West
監督:ジョン・マクレーン
出演:マイケル・ファスベンダー/コディ=スミット・マクフィー/Caren Pistorius/ベン・メンデルソーン
日本公開:未定

あらすじ
恋人ローズを追ってスコットランドからアメリカ西部にやってきた16歳のジェイは
危ういところを救ってくれた謎の男サイラストと共に西を目指す。しかしローズには懸賞金がかけられており・・

感想
マイケル・ファスベンダー出演の西部劇が作られたらしいと、ちょっと気にかけていたら、いつのまにかレンタルされていてビックリ。

監督/脚本は本作が長編初監督となるジョン・マクレーン・・
『ダイ・ハード』やんw
マイケル・ファスベンダーとはショートフィルムでタッグを組んでいたようです。

無法地帯である西部は危険がいっぱい。
スコットランドからやってきて単身荒野を行くお金持ちのお坊ちゃんジェイ
その行為は無謀そのものなんですが、彼が生きながらえているのは懸賞金目当てのバウンティハンターたちがジェイの行く手にローズがいることを知っているから。

ジェイは無事にローズの元にたどり着けるのか
サイラスの目的は? と言った作品です。


ひとこと・・めっちゃ面白かった!!

星座好きなジェイが夜空を見上げ、オリオン座のベルト3星を銃で撃つと
カチーンと音がして星の色が変わる
およそ普通の西部劇ではないことを臭わすそんな冒頭から、
ファスベンダー演じるサイラスとのトラブル続きの旅の様子まで、ニマニマさせられっぱなし。


ジェイを演じたコディ=スミット・マクフィーは
ハリウッド版ぼくエリ『モールス』のオーウェンの子だよね。
200歳のバンパイアに恋したかと思えば、今度は懸賞金付の女と
まだ16歳だと言うのに女運が悪いぞ(笑)
しかし、ファスと同等に主役を張れる演技力で、刹那な恋を全うするジェイを
見事に演じきりました。


この映画ね、妙なおかしみがあってコメディにも分類できそうなんですが
インディアンを虐待する白人とか、移民者の生活苦の実態
移民の孤児の問題、獲物を求め闊歩するバウンティハンターなど
西部の時代を客観的に捉えているとも言えて
そこはイギリス人監督ならではなのかも。

音楽もいいなぁと思ったら監督は音楽畑の人みたい。
シュールな中に緊張感を持ち込む緩急のつけかたも秀逸
ネタバレになるから書けないけど
古きよき時代への夜明けを思わせるラストもよかった。

まるで期待せずに観たのに、物凄く面白くてこれ好き!!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを転載しています

なんだ、ダイハードの監督なんか知らんぞ?(笑)
ちょっ、これ、トレーラーの緩い感じとか溜まんないなー。
物凄く美味しい映画の香りがする!!
しかも、ああああ!ファスのラクダのシャツ!アーンドパッチ姿!
画像でなくやっと動くの観れたわ、やだわ、キュンだわ!声も好きだぞこの野郎ーー!!
ふぅ、落ち着こう。
くっ・・・💧もうDVDになってるのかアメリカでは。
日本では公開さえ危ういのさ、ううっ、観たい。ただそれだけ。
ふふ、今またファスがぐいーーんと戻ってきたよ、お帰り。
単純?いえ、純粋と言ってくれ。

[ みーすけ ]
2015/7/28(火) 午前 0:18


> みーすけさん
私も全然知らなかったけど監督にはなんか才能感じるわぁ。
めっさ面白くてビックリよ。
観終わっていろいろ考えてたら鳥肌立つし。
ファスのらくだの下着姿笑えるよねw
でもこんな西部に生きながら優しさから葛藤するファスは素敵だったヨン。
これはこっちでは公開なかったのかも。
でもトマト91%だったよ。日本は公開すべき。
ファスモードで突っ走っておくれ~。

pu-ko
2015/7/28(火) 午前 0:25



『ダイ・ハード』やんw

wwww
トレーラー見ると、オフビートぽいような雰囲気もありますね。
コディ=スミット・マクフィーは質感が、あまり西部劇ぽくなくてかえって面白いかも。
撮り方が、ちょっと「天国の日々」ぽいw
DVDスルーでも良いのでお願いしたいw
そう云えば「Meek's Cutoff」って、結局DVDにもなってないですね。

[ miskatonic_mgs_b ]
2015/7/28(火) 午前 3:40


変な言い方やけど、最近、知的な国の西部劇がおもろいですよね。
従来の西部劇の雰囲気をリアルかつ綺麗に見せてる。
監督の名前、いいねぇ・・・。
「イーピーカイエ」とか言いそうで。

[ ゾンビマン ]
2015/7/28(火) 午前 7:03


日本で公開されるのかなあ。
西部を舞台の映画はもしかしたら劇場スルーかも...。
つまらないアイドル主役映画をやめて、こういう映画を公開してほしいわ。
RottenTomatoesの評価も高いんですね!

[ ミス・マープル ]
2015/7/28(火) 午前 7:23



目線が変わると西部もまた 変わるし
先日、テレビでやってたレッドフォ-ドの大いなる勇者
なかなか、面白かった

[ おみゃあ ]
2015/7/28(火) 午前 8:07


> miskatonic_mgs_bさん
きっとご本人も随分と言われたでしょうね。
もしかしたらあだ名が『ダイハード』かも(笑)

そうそう、一見そうは見えないんですが、間を置いて「プっ」と吹き出してしまうようなおかしさがありました(笑)
コディ君はヨーロッパから来たお金持ちの子供で浮いた感じも丁度よかった。
あ、そう!私も『天国の日々』思い出してました。もしかしたら意識してたのかも。カメラアングルなど撮影もちょっと変わったところがあって面白かったです。
ファスベンダー人気なのでDVDにはなるでしょうけど、どっちにしても遅いんだろうな。
ありゃ「Meek's Cutoff」はなぜそんな。忘れ去られちゃったのかな。。

pu-ko
2015/7/28(火) 午後 1:55


> ゾンビマンさん
昔は一方的な視点の西部劇しか撮れなかったのかもだけど、時代も変わり、クールに見つめるようになったのかな。本作もそういう点が凄く面白かったです。
わはは、監督にはとりあえず「イピカイエー・マザ○ァッカー」言って欲しいよねw

pu-ko
2015/7/28(火) 午後 2:07


> ミス・マープルさん
公開どうでしょうね~。
こちらではフィルムフェスティバルと小規模公開、あと早いうちにネット配信はあったみたい。
宣伝にお金かける予算がないと公開難しいのかな。
日本はファスベンダー人気で公開になるといいですね。
アイドル映画よりうんとお薦めです(汗)

pu-ko
2015/7/28(火) 午後 2:16


> おみゃあさん
ほんとほんと、私は西部劇疎いので想像だけど、昔はインディアンとの戦いなんかおそらく白人目線ですよね。視点変われば迫害なわけで、昔の西部劇作り直したら面白いことになるかも。
『大いなる勇者』録画してたかなぁ。チェックしてみよう。

pu-ko
2015/7/28(火) 午後 2:23



ジョン・マクレーンっ。(笑)
そうですか~、pu-koさん大絶賛とあらば、ぜひ観てみたいもんです。
日本ではDVDスルーかな?

Kaz.Log
2015/7/28(火) 午後 8:03


> Kaz.Logさん
名前に聞き覚えが・・
『ダイハード』じゃんと思い出して吹きましたw
うん、こトレーラーほどせわしい感じじゃなく、終盤まではゆったりシュールなのでKaz.さんもきっとお好きかと。
DVDスルーかなぁ。情報まだ出てませんね。

pu-ko
2015/7/28(火) 午後 10:46


コディが出る映画をけっこう観ていました。4作品くらいかな…。印象に残る顔だったので、これから楽しみな俳優です。わたしも、予備知識なしに観て面白かったです。ただ、NZに住んでいるので、どうも西部という風景を感じなくて…(^^;
昔風の西部劇でないつくりが良かったです。ラストもシンプルで、この時代のあり方や行き方を感じさせます。それが良かったかな…(^^)
歳をとったせいかもしれませんが…。このようなラストの結末のほうが好きです(^^)
NZでは劇場公開してました。もしかしたら、NZで撮影されたからか…。

NZ_RR
2015/7/29(水) 午前 8:35


> NZ_RRさん
コディ君はオーストラリア出身だったんですね。
私も観てるのあったのに気づいてませんでした。
子供の成長は早い!いつの間にかいい俳優さんになっててビックリです。

これはとても新しい西部劇を見た気になりました。
ラストもほっこり。思えば彼はずっと写真のローズに恋していたのかもなぁと思いました。
ロケ地がNZだったんですね。広大な自然が残ってますね。

pu-ko
2015/7/29(水) 午前 11:12

2015/12/21(月) 15:08:49 | URL | alice #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック