映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~
2015年08月07日 (金) | 編集 |
ジェニファー・アニストン再婚おめでとう!!

今日は結婚を祝してジェニファー主演の『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』を観ました。
日本ではDVDスルーになったようだけど、GGにノミネートされるなど
ジェニファーの演技が高く評価され話題になった作品です。



Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~(2014)アメリカ
原題:Cake
監督:ダニエル・バーンズ
出演:ジェニファー・アニストン、アドリアナ・バラーサ、サム・ワーシントン、アナ・ケンドリック 他

感想
ジェニファー演じるクレアは事故で子供を亡くし、自身も心身ともに傷を負った女性。慢性の疼痛から日常生活もおぼつかない彼女は気乗りのしない中、支援グループの会に参加してるんですが、ある日、グループメンバーのニーナ(アナ・ケンドリック)が自殺。その後からクレアはニーナの幻覚を見るようになるのです。

ジェニファーが強烈だったなぁ。
支援の会でニーナの自殺について意見を求められたクレアの暴言に思わず吹き出してしまったけど、同時にあまりにも悲しいクレアに号泣しそうになった。
クレアが壊れているのは、息子の死を受容できていないから。

緩めのボディライン、ほぼすっぴんのおばさん風のジェニファーは喪失からくる悲嘆と怒り、そしてフィジカルな痛みも全身で表現していて、いつもの彼女とは別人のよう。


そんなイタい女クレアだけど、お手伝いさんのシルバーナが根気強く支えてくれているのが救い。おそらくは信仰によるものでしょうが、親身というのは親(おや)という字がくっついてるけど親身になるのに親子関係は関係ない。
赤の他人のシルバーナの献身がクレアの再生に一役買います。
シルバーナ役のアンドリアナ・バラーサのキャラがよくて、クレアとのさりげない友情の構築が心地よかった。
ちなみにこの女優さん、『バベル』でブラピの子供たちの世話をしていたメキシコ人女優さんで、彼女が傷ついたジェニファーを助けることに、なんとなく縁を感じてみたり。



面白いのはアナ・ケンドリックの使い方ですよね。
と言っても、アナは生きた状態では登場しません(汗)
彼女の役割は明かしませんが、原題の「ケーキ」には、アナ演じるニーナの母親としての思いが込められています。

再生に向かうことを予感させるラストシーンが完璧。
これ良かったです。

DVDリリースは9月。




関連記事

コメント
この記事へのコメント

今が旬のアナさんが出演しているなら劇場公開してほしかったですね。
大事なモノを失った悲しみを乗り越えるのは大変。
しかし、前を向いている人は立ち直りも早く、それはある意味軽く忘れていく事でもある。心のどこかにうまく格納しちゃう。最近、そんな事に気付いた(汗)…。 削除

[ ゾンビマン ]
2015/8/7(金) 午後 2:41


題材も地味だと最近こっちでは劇場公開されませんよね。
でも、よさそうな映画ですね。チェックします。秋に向いてそうだしw
アナは普通にきれいなんですねw
仕事とは云え、あまりきれいじゃない自分を見せるのはすごいですよね。

[ miskatonic_mgs_b ]
2015/8/7(金) 午後 7:08


> ゾンビマンさん
アナはメインから脇役まで色んな映画に出てますね~。
ちっちゃいけどバービー人形みたいに可愛い。
喪失の葛藤を表に出さず心のどこかにうまく格納・・
日にち薬なんて言葉もあって現代人の多くはそうして時を待つんですよね。
でも可愛い盛りの幼子を不条理に奪われた母親の悲しみはとてつもなく大きいと感じさせてくれるジェニファーの演技は秀逸でした。

pu-ko
2015/8/7(金) 午後 10:43


> miskatonic_mgs_bさん
ちょっと話題になったんですけど、題材的に地味ですよね。
でも一見の価値はあるかと。ぜひ。
そう、アナは可憐で凄く綺麗なんですよ。
ヤバイだろと思うくらいブヨってしかもすっぴんおまけに顔に傷までつけたジェニファーは多分一緒に並びたくなかっただろうと思います(笑)
女優魂だわぁ。

pu-ko
2015/8/7(金) 午後 10:47


うわ、重そう・・・(笑)
ジェニファー再婚したんだねー。知らなかった。
わたしの中で軽めのラブコメ女優のイメージがどうしても強くて演技云々を考えたこと無かったけど、こーゆー痛々しい役をこなすような女優だったんだね。
DVDチェックしとくー。

話飛ぶけど夕べ結局もう一回『ウォーリアー』観て今日は眠くてヘロヘロだったよ。
レビューはきちんと頭起きてる時に書きたい。あー思い出したら涙腺がまた・・・罪な男だ(笑)

[ みーすけ ]
2015/8/7(金) 午後 11:51


> みーすけさん
ジェニファーついに再婚したね。
ブラピにあてつけるように恋人作ったりして痛々しかったけど、幸せになってほしいな。

テーマとしては重いんだけど、ちょっと笑えるところもあるので見やすいとは思う。
ただジェニファーの痛そうな演技がウザいと思う人も多いのかも。でも演技派に成長しててびっくりでした。

『ウォーリアー』最高だよね~。
みーすけさんのツイッターユーザー名(?)がまた変わっててワロタw
もう一回見るとトムハ沼に落ちるよ(笑)
レビュー楽しみにしてるね~。

pu-ko
2015/8/8(土) 午前 0:26


おぉ、シリアスなジェニファーなんですね。
もっとこういう作品でも輝いて欲しいですよね、彼女は。
DVDが出たらチェックしなければっ。

Kaz.Log
2015/8/9(日) 午前 2:25


> Kaz.Logさん
やり取りが笑えるところもあるんですが、テーマはシリアスですね。
これやったらなんでも出来そうと思える役でしたよ。
女優としてこれからどんな顔を見せてくれるか楽しみですよね。

pu-ko
2015/8/9(日) 午後 0:12


実は私さ、彼女好きな女優さんなんだ!
さりげない可愛らしさってか、何か好きな顔なのかな!?

良かったね再婚して。

そっか、「ベバル」のあの砂漠でストッキング伝線しながら
子供を守ったお手伝いさんか!あのシーン忘れられないんだよ。
よっし、メモメモだな。

chaco
2015/8/10(月) 午後 2:22


ジェニファー・アニストンは「グッド・ガール」が大好きなのですが、この映画は、それに匹敵するリアルなジェニファーが観られそうで楽しみです。でも、この内容なら、ミニシアターで公開してもよさそうなのに、こちらでは、DVDスルーになっちゃうのですね。

[ einhorn2233 ]
2015/8/10(月) 午後 9:11


> chacoさん
ジェニファー、キュートだよね。
離婚後男性と付き合っては破局してたのでこのニュースにはちょっと安堵。
今度こそ幸せになって欲しいよね。

そうそう、そのお手伝いさん。
今回も凄くいい仕事してました。
DVDリリースされたらチェックしてね。

pu-ko
2015/8/11(火) 午前 0:29


> einhorn2233さん
本作のジェニファーはイタい部分笑えるところもあるんですが、根底がシリアスでいつもとは一味違ってました。
シニカルでイタい系のコメディは公開に関しては狭き門ですねぇ。

pu-ko
2015/8/11(火) 午前 0:36


結婚しちゃいました💖
幸せになります

てゆうか、ええっ‼︎DVD楽しみ!


2015/8/17(月) 午前 7:11


> 翔さん
しちゃいましたね~w
幸せになって欲しいね、ほんと。

ちょっと太目おばさんなジェニファーだけど、チェックよろしく~。
コメント遅くなってごめんね。帰省から先ほど戻りました。

pu-ko
2015/8/21(金) 午前 10:03

2015/12/22(火) 19:33:23 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック