映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ヴィンセントが教えてくれたこと
2015年09月05日 (土) | 編集 |


ヴィンセントが教えてくれたこと(2014)アメリカ
原題:St. Vincent
監督/脚本:セオドア・メルフィ
出演:ビル・マーレイ 、ジェイデン・リーベラー、メリッサ・マッカーシー 、ナオミ・ワッツ、クリス・オダウド、テレンス・ハワード
日本公開:2015/9/4

ビル・マーレイ演じる偏屈不良オヤジと少年との交流を描くセオドア・メルフィ監督のによるハートウォーミングコメディです。
ひょんなことから、隣に越してオリバーという男の子の世話をみることになったヴィンセント。
いじめられっ子のオリバーに悪がきの撃退方法を伝授したり、競馬に連れて行ったりのはちゃめちゃぶりながら、2人は妙にうまがあう。
ヴィンセントは実はあることからお金に困っているんですが、その理由が分かるあたりから、彼の真の姿が見えてきます。
可笑しいけどどこか掴みどころのない役を演じることが多いビル・マーレイが、本作では愛を感じる奥深い演技を見せてるんですよね。

でもこの映画の真の主役はジェイデン・リーベラー君演じるオリバーだろうねぇ。
ヴィンセンの本質を見抜いて彼を好きになるオリバーが素直で礼儀正しく、本当にお利口で可愛いのですよ。
終盤、彼のある見せ場では泣かされました。

オリバーは実に多くのことをヴィンセントから学んでいたわけですが、そんなオリバーの存在自体がヴィンセントの心を開かせ、ヴィンセントは生きる希望を見出していくんですよね。
美しいものの本質を見極める目を持つことが必要だということ
誰かに信頼されることで、人は前向きになれるのだということをあらためて感じます。

オリバーの母を演じたメリッサ・マッカーシーは、この素直さをオリバーは受け継いだんだなと思える母親をのびのびと演じていて、コメディに頼らない等身大の演技が好印象。

妊婦のロシア人娼婦を演じたナオミ・ワッツも、ミニスカートのお尻から赤いパンツの覗かせて頑張ってます。これまた口が悪くお金に細かいながら、見繕いもこぎれいで彼女の心の中の美しさを思わせるところがナオミの上手さ。

インタビューによるとストーリーは監督自身の身近な実話がベースになってるとのこと。
長く生きてれば不条理なことにもぶつかるけれど、この世にはまだ美しいものがあることに心が浄化される そんな作品でした。


トラックバックされた記事

ヴィンセントが教えてくれたこと

【St. VINCENT】 2015/09/04公開 アメリカ 102分監督:セオドア・メルフィ出演:ビル・マーレイ、ジェイデン・リーベラー、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ、クリス・オダウド、テレンス・ハワード 不良ジジイと少年が最高の相棒になる!笑って心が ちょっと 痛... 

2015/9/6(日) 午後 8:41 [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]

『ヴィンセントが教えてくれたこと』

□作品オフィシャルサイト 「ヴィンセントが教えてくれたこと」□監督 セオドア・メルフィ□キャスト ビル・マーレイ、ジェイデン・リーベラー、ナオミ・ワッツ        メリッサ・マッカーシー、クリス・オダウド、テレンス・ハワード■鑑賞日 9月4日(金)■... 

2015/9/11(金) 午後 9:05 [ 京の昼寝~♪ ]

ヴィンセントが教えてくれたこと

アメリカ・ニューヨークのブルックリン。 一軒家で暮らす老人ヴィンセントは、酒とギャンブルだけが生きがいの偏屈老人。 彼のそばにいるのは猫と、セックスの相手である妊娠中のストリッパー、ダカだけだった。 ある日、隣の家に、シングルマザーのマギーと、12歳の息子オリバーが引っ越してきた。 ひょんなことから、ヴィンセントはオリバーの“シッター”を引き受けることになったが…。 コメディ。 

2015/9/16(水) 午後 7:00 [ 象のロケット ]

「ヴィンセントが教えてくれたこと」は後半で不意打ちのように泣かされてしまいました。

今回は、新作の「ヴィンセントが教えてくれたこと」をTOHOシネマズ川崎6で観てきました。ビスタサイズの映画なんですが、シネスコ画面のままの上映。ちょっとしたことなのに、なぜスクリーンサイズを上映サイズに合わせることができないのかな。ちょっと前はやれていたのに。 ニューヨーク、ブルックリン。一人暮らしの偏屈老人ヴィンセント(ビル・マーレイ)は酒とギャンブルに明け暮れ、たまに妊娠中のストリッパー、ダカ(ナオミ・ワッツ)を金で抱くような日々。競馬の借金も抱え、金に困っていました。そんな彼の家の隣 

2015/9/20(日) 午後 10:49 [ 今昔映画館(静岡・神奈川・東京) ]

ヴィンセントが教えてくれたこと

主人公の老人は酒とギャンブルと女にうつつをぬかし周囲の嫌われ者だが、隣に引っ越してきた少年の子守をするうちに次々と奇跡を起こしていく。それは普通の人間が見たらいかがわしい所業なのだが、痴呆の妻を毎週見舞っている憂さ晴らしなのだ。一旦脳卒中で倒れてリハビリ 

2015/9/25(金) 午後 9:53 [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]

ヴィンセントが教えてくれたこと  St. Vincent

奇しくも前回アップした「ボーイ・ソプラノ」と本作、共に少年の成長物語を二本続けて鑑賞。 テイストは違うけれど、どちらも孤独な少年を巡る物語。 主演のふたりは共に今後の成長が楽しみです。 本作のジェイデン・リーベラーくん、かわいい~!     ビル・マーレー... 

2015/9/26(土) 午前 1:47 [ 映画の話でコーヒーブレイク ]

「ヴィンセントが教えてくれたこと」(2014)

2週間ほど前に鑑賞しましたが、いい映画でしたね~ ビル・マーレイ を一番最初に観たのは「ゴースト・バスターズ」だったかな。その後もいろいろと癖のある役を演じ続けていますが、個人的に主演作の中では 「ロスト・イン・トランスレーション」 や 「ブロークン・フラワーズ」 など、飄々とした中年男を演じたものが印象に残っています。しかし、今回のようなとんでもないキャラクターこそが得意ですよね~(笑) 本作のヴィンセントはハチャメチャな生活を送っていますが、と... 

2015/10/5(月) 午後 4:10 [ choroねえさんの「シネマ・ノート」 ]

ヴィンセントが教えてくれたこと

 『ヴィンセントが教えてくれたこと』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はニューヨークのブルックリン。  冒頭は、主人公の初老のヴィンセント(ビル・マーレイ)が、バーで酷くつまらない冗談(注2... 

2015/10/6(火) 午後 9:06 [ 映画的・絵画的・音楽的 ]

ヴィンセントが教えてくれたこと

さぁ、人生のホームワークを始めよう。 ヴィンセントが教 えてくれたこと 破天荒なダメオヤジが、12歳の少年との交流を通して生きる力を取り戻していく姿を描いたハートフルコメディ。 こういう設定の作品って今までにたくさん公開されてきたけど、やっぱり鉄板でグっとくるのは自分が男だからかな~。 男女問わず子供の頃って多感で、子供でいる間の時間をどう過ごすかってすごく大事だと思うんです。 そ... 

2015/12/15(火) 午後 5:00 [ ちょいと一休み♪ ]

関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title

後味の良さそうな映画ですね。
ビル・マーレイの演技も観てみたいです。
新宿のゴジラが屋上にかざってある映画館で観たい映画がなくて未だに行ったことがなかったのですが、調べたらこの映画が上映中でしたので、やっと行けそうです。削除

2015/9/5(土) 午前 10:01yymoon
.

どうしようかと迷っていたのですが、pu-koさんに背中押してもらった気がします!

2015/9/5(土) 午前 11:24アンダンテ.



ラストはみんながハッピーになれるものでしたね。
ちょっとストーリー的にあれ?と思う個所がいくつかありましたが、
オリバー役の少年の可愛い姿を見たら、もういいかという気分。
席を立てないエンドロールもよかったです。
TBしようと思ったのですが、urlが出てきません。わたしにブログだけでしょうか。

2015/9/5(土) 午後 2:21[ ミス・マープル ]
.


PU-KOさんはこう云う記事がすごくうまいですね。
ハートフルな映画の記事と云うか、PU-KOさんの人柄が表れていて、観たい気にさせられますね♪
これ、新聞評でも褒められてました。
涼しくなってきたし、こう云う映画を見る頃合?w

2015/9/5(土) 午後 3:10[ miskatonic_mgs_b ]
.


「子供可愛い系ネタ」がちょっと苦手なんだけど、これはビル・マーレーが観たくて楽しみにしてるんです。
独特の味があって、好きなんだな。
飄々としてて、可笑しくて、でもどこか哀愁があったりして。
これキャストがいーよね。
メリッサ・マッカーシーはコメディもいいけど真面目な演技が上手くて好きな女優。
ナオミ・ワッツの赤いおパンツも楽しみ(笑)
昨日からやってるので近々に行ってきます。
楽しみ。

2015/9/5(土) 午後 8:47[ みーすけ ]
.



> yymoonさん
この映画は途中に大きな感動が用意されてます。子供が上手いんですよ。
後味もホッとできるものでよかったです。
おー、ゴジラが屋上に?楽しそう!
行かれたらぜひ写真をよろしくお願いします♪

2015/9/5(土) 午後 11:01pu-ko
.


> アンダンテさん
これはご覧になって損はないはず。
ハートウォーミングでした。感想聞かせてくださいね。

2015/9/5(土) 午後 11:02pu-ko
.


> ミス・マープルさん
それぞれが安心できるラストでホッとあたたかい気持ちになれましたね。
早く回復しすぎとかつっこみどころもありましたが。
本とオリバーが可愛くてよかった。
あはは、エンドロールね、何かちょっと心配なことが起きるんじゃないかと、私も最後まで見守っちゃいました。
TBのURLは他のブログサイトみたいに最初から表示されてないんですが、「この記事にトラックバックする」もしくは「URLをクリップボードにコピー」で大丈夫だと思うんだけどどうでしょう。

2015/9/5(土) 午後 11:07pu-ko
.


> miskatonic_mgs_bさん
わは、恐縮です。観たい気になっていただけたなら幸いですw
新聞でも褒めてましたか。
子供がとにかく可愛いくて素直に観る事のできる映画でしたよ。
こういうハートウォーミングなものも暑苦しくなく観れる季節になりましたね(笑)

2015/9/5(土) 午後 11:25pu-ko
2015/12/23(水) 21:02:37 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
No title

予告で観て、これ観たいなぁ~っと思ってました~。
ビル・マーレイの個性に合ってるような感じですな、この役柄。
ナオミ・ワッツもメリッサもジェイデン君も気になるな~。
やっぱ観たいわっ。

2015/9/5(土) 午後 11:56Kaz.Log
.


> みーすけさん
あ、そうか子供が出てくるもの苦手でしたね(笑)
でも本作の子供は、いわゆるキュートな可愛らしさではなくて、しっかりしてて健気な可愛さなんですよね。
美しいし、将来有望かも。
マーレイは哀愁も際立って、演技力を発揮するシーンもあってよかったよ。
メリッサのまじめな演技私は初めて見たかも。
ナオミのおパンツ見せの潔さに拍手w
お楽しみに~。

2015/9/6(日) 午前 0:06pu-ko
.


> Kaz.Logさん
そう、マーレイは合ってました。
しかしオヤジというより老人の域だなぁと、時の流れも感じますね。
共演者がとってもいいんですよね。ナオミのロシア訛りも珍しくて必見。
ハートウォーミングな一本でした。お時間あればぜひ。

2015/9/6(日) 午前 0:09pu-ko
.



あ~、これ気になっててホント観たいのですよ~
駅のホームに貼ってあるポスターの前で、いつも立ち止まってしまう(笑)
ビル・マーレイってだけでも観たいけど、やっぱり良さそうだなぁ~
メリッサ・マッカーシーいいよね(^ー^)

2015/9/7(月) 午前 0:00じゅり
.


> じゅりさん
これ思ったよりも良かった!
キャストがいいよね~。
で、子役ちゃんがベテラン勢に負けないくらい頑張ってて癒されました。
チェックしてね~。

2015/9/7(月) 午後 3:01pu-ko
.


おはよ!

ここでコレ何回も読んだけどさ、どーコメしていいか・・・
だってビル・マーレイあんまし好みじゃないからさ。(失敬!!)
顔と声と喋り方が生理的に・・・ってオマエが言えた義理かよ、ダヨナ。

しかーし、ナオミさんは大好き。(みーすけ殿に「ええ?」って言われた)
子供モノ、動物モノによえ~からきっと観ればハマるんだろうけどさ。

なんせビル・マーレイが生理的に、って、もう言うなと。はい。

2015/9/8(火) 午前 6:00chaco
.



ずいぶん前に観たので、だいぶ忘れていましたが、記事を読んで想い出しました。子供が中心の映画でも、脇役のバランスがとれていたので、でしゃばる感じがなかったので、よかったですね。もしかしたら、脚本が良かったのかなと…。
メリッサもナオミも、日常の暮らしの一部に溶け込んでいる演技もよかったです。

2015/9/8(火) 午前 11:50NZ_RR
.


> chacoさん
わはは、ビル・マーレイ嫌いなのね。そういえば顔丸いしね(笑)
子供ちゃんがしっかりしてて礼儀正しくてでも素直でしかも美形でいいのよ~。
あ、でも観ないね(笑)また何かの映画でチェックしてね。

2015/9/9(水) 午前 1:27pu-ko
.



> NZ_RRさん
私もDVDレンタルして長らく放置してました。
これ監督さんの実の姪ごさんのお話が元になっているようで、その心情などもよく理解できるとこが脚本にも生かされていたんでしょうね。
キャストがみんなよかったです。

2015/9/9(水) 午前 1:32pu-ko
.



評判がいいみたいだしキャストがまたいいですね~
これは絶対観なくちゃ♡

2015/9/10(木) 午後 2:49翔
.


> 翔さん
評判いいみたいですよね。
最近の洋画にしては珍しい(笑)
案外みんなこういうプチハッピーな映画を求めているのかも。チェックしてみてね。

2015/9/10(木) 午後 10:55pu-ko
.


おだやかな映画というのが第一印象でした。いろいろな宗教、いろいろな価値観があって、いろいろな聖人がいるという見せ方が心地よい後味の残る映画になっていました。登場人物全員が脇役みたいなアンサンブル劇というのでしょうか、ちょっと「キッズ・オールライト」を思い出してしまいました。TBさせてください。

2015/9/20(日) 午後 10:50[ einhorn2233 ]
.



> einhorn2233さん
>登場人物全員が脇役みたいなアンサンブル劇
そうですね、脇の物語もちゃんとあってそれぞれの生き方もわかる群像劇的な見せ方でもありました。
ラストの穏やかな幸福感が心地よかったですね。
TBありがとうございました。

2015/9/20(日) 午後 11:16pu-ko
.


素敵な映画でしたね~
ホント、オリバー君は可愛いのにしっかりしていて妙に大人びたところがあったり、とてもインパクトのある少年でした。
ラストは泣かされますよね。
ビル・マーレイも相変わらずの飄々とした演技で役にピッタリでした。
遅くなってすみません。TBさせてくださいね。

2015/10/5(月) 午後 4:09choro.



> choroさん
いい映画でしたね。
オリバー君はまた観たいと思わせてくれる可愛い子でしたね。
彼にもしっかり泣かされました。
ビル・マーレイもまさにはまりやく。いい味出してましたね。
TBありがとうございました。

2015/10/6(火) 午前 7:15pu-ko
.


ビル・マーレイにこういう役をやらせたら一級品ですね。
ヴィンセントみたいな人生がいいかとはおいておいて、それでも周りに人が集まるというのが彼の魅力を物語っていました。
TBお願いします!

2015/12/15(火) 午後 5:00かず
2015/12/23(水) 21:08:07 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック