映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】アメリカン・ドリーマー 理想の代償
2015年09月21日 (月) | 編集 |


アメリカン・ドリーマー 理想の代償(2014)アメリカ
原題:A Most Violent Year
監督/脚本:J・C・チャンダー
出演:オスカー・アイザック / ジェシカ・チャステイン/ デヴィッド・オイェロウォ / アレッサンドロ・ニヴォラ / アルバート・ブルックス
日本公開:2015/10/1


アベルとアナの実業家夫婦は家庭用暖房に使うオイルを扱うビジネスを拡大しており、さらなるビジネスチャンスを掴むべく、川に面した広大な土地を購入しようとしている。
しかし矢先、会社のドライバーが何者かに襲撃され、オイルを積んだトラックごと持ち去られるという事件が発生し・・



『マージン・コール』『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』のJ・C・チャンダーが監督・脚本を勤め、80年代のニューヨークでオイルビジネスを展開しようとする若者の野望を描いた社会派ドラマです。

まず、オイル強盗にトラックを奪われる瞬間や、新人社員に危険が及ぶ様子に終始ヒヤヒヤ。緊張感を煽る描写が秀逸です。

主人公アベルを演じるのはオスカー・アイザック
アベルはクリーンなビジネスを信条としており、彼の部下に向ける言葉からは、理想に燃える若き獅子という印象を受けます。
しかし度重なるオイル強盗による損害で夢の実現に待ったがかかり、おまけに警察は何故か彼に脱税の嫌疑をかけ強盗の捜査もまともにしない。
なんでやねんと腹が立ち、犯人が一日も早く見つかってくれと祈る気持ちで展開を見守ることになるんですが・・

思えばオスカー・アイザックってちょっとグレイな役が似合う人ですよね。
劇中、彼の出自は一切説明されません。
でも彼は何故かマフィアと交流があり、警察とのやり取りの中、妻アナ(ジェシカ・チャステイン)にもそれなりのバックグラウンドがあることが覗える。
クリーンの自意識も高く部下思いにも見えるアベルですが、観てるうちのなんかひっかかってくる。

邦題の理想の代償という副題からすると、アメリカン・ドリームを成し遂げるために彼は何かを失うあるいは犠牲にするのだという感じに受け取れるけれど、アベルが失ったとすれば、それは彼が自分自身に向けた勝手なイメージであり自意識。
次第に彼のエゴも見えてきて、シニカルなラストシーン含め、私たちが目にするのは彼に元々備わっていた資質なのだと思わせる。生き馬の目を抜くビジネス界で成り上がる男の奮闘を描きながら、思わぬダークさに帰着するところが社会派チャンダーらしい描き方だと思いました。




起こったことの事実関係を説明せず、観客の想像力に任せるという手法もいいと思うし、面白く観終えたんですが、個人的にはエンディングの歌に作り手の意図が透けて見えてガクっときちゃったんだなぁ。
ビジネスマンの話にしてくれたほうが気持ちよかったわ。

あとマフィア絡みの映画として、80年代というのはちょっとピンとこなかったな。

関連記事

コメント
この記事へのコメント

おはよ!

えっと、オスカー・アイザックって存じ上げませんが…
映画ファンとして失格かいのう??
ジェシカ・チャステインは、よ~く存じ上げておりますが、
実は顔だけ知ってて名前は知らんかった(やっぱ失格対象だな)

オイルビジネスのお話なんだね。
そっか、私が存じ上げていないオスカー・アイザック氏が
どんな演技をするのかが私にとって先決問題かも!?
一応チェックしときます。(超偉そうでごめんね)
公開10月って、、、『マジック・マイク』じゃ~~ん💕
chaco
2015/9/22(火) 午前 10:40


> chacoさん
オスカー・アイザック、私は彼が出てると観たくなるんだなぁ。
『ドライヴ』あたりから名が知れてきたんじゃない?
でもその前からそこそこ有名な作品にも出てるし、どっかで観てると思うよ。
コーエン兄弟作品嫌いじゃなかったら『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を観てみるといいよ。
猫が可愛い・・ってちゃうか、プロ並に歌ってます。
これからまだまだ活躍する人だと思うので覚えて~。
お待ちかねの『マジック・マイク』間もなくなのねw
pu-ko
2015/9/22(火) 午後 1:03


あーん、これ観たいのですよ~
そか、日本公開は10月1日ね。なんとか時間作って劇場行きたいなぁ。
うんうん、確かにオスカー・アイザックはグレイな役が似合う。
このポスターもカッコいい!
じゅり
2015/9/22(火) 午後 5:14


やっぱり社会派ドラマでしたかぁ。
これ、ついこの間オンライン試写会があったばっかなんですよね。
応募して観たかったけど、ちと遅れをとってしまい。
やっぱ面白そうですな。
Kaz.Log
2015/9/22(火) 午後 6:54


> じゅりさん
ね~。オスカー・アイザックってちょっとおとぼけなルーウィン・デイヴィスも嵌るけど、犯罪映画でもいい味出すんですよね。
善人か悪人か分からない主人公をナチュラルに演じてました。
pu-ko
2015/9/23(水) 午前 1:53


> Kaz.Logさん
あー、オンライン試写会があったんだ。
そういうのは地方の人も観れるからありがたいよね。

これは禁酒法の時代を背景にしたほうが合いそうな映画だったけど、オイルビジネスというところにアメリカ批判の意味合いを込めたのかなと勝手に思いました。
pu-ko
2015/9/23(水) 午前 2:00


あー!これねー楽しみにしてるの♪
映画ごとに雰囲気変わっちゃうねーこの人も。
今回は80年代のバブリー風ビジネスマン、しかし何だかグレーなのね~。
グレーなキャラ似合うわー。
10月初っぱなからかー、あとちょいだな。アイザックのタレ目なフェロモン視線がよろしーわw

っちゅーかちょい前にイベントで(コミコンかな?)ファスとうっとり見つめ合うツーショット画像がいっぱい落ちてて、個人的にはそれが「なんだこれは???!!」でした。
[ みーすけ ]
2015/9/23(水) 午前 9:24


> みーすけさん
どれも自然に演じてるので違和感ないんだけど、わりかし演技の幅広いのかもね。
そう、今回は聖人然としてるけど「そうかぁ?」とね。それもまた嵌っております。

えー、ファスと?(笑)
お互いビビンとくるものがあったんだろうか。
ヴォイ君に叱られるよ(笑)
pu-ko
2015/9/23(水) 午後 10:11


この映画見逃していました。ジェシカ・チャステインが出ているのに、まだ見ていないです…(^^;
NZ_RR
2015/9/24(木) 午後 2:28


渋い雰囲気。最近、社会派なの見てないなぁ。頭使いそうで( ̄∀ ̄)たまには使え?(笑)

2015/9/24(木) 午後 4:16


> NZ_RRさん
ジェシカさんはお好きですね。
彼女も貞淑な妻から女スパイとコメディからアクションまで演技の幅が広いですよね。
本作も度胸の据わった実業家の妻をちょっぴり蓮っ葉に演じていて新鮮です。
pu-ko
2015/9/25(金) 午前 0:08


> 翔さん
これは社会派と言ってもスリリングなシーンが多く、でも最後はコメディなの?と思うくらいシニカルに笑えるところもあって、エンタメ作品として観やすくなってました。
pu-ko
2015/9/25(金) 午前 0:10


映画館で予告編を観ました。ちょっとつかみどころがない感じがして、食指が動くところまで至らなかったのですが、記事を拝見してどういう映画かイメージはつかめました。ただ、秋口は色々とそそる映画が目白押しなので、この映画の優先度は後回しになっちゃいそうです。
[ einhorn2233 ]
2015/9/27(日) 午後 6:03


> einhorn2233さん
イメージ与えすぎちゃったかな(笑)
ハラハラを楽しめる作品ではあるんですが、秋の秀作中では優先度低くしてOKだと思います♪
pu-ko
2015/9/27(日) 午後 11:24


こりゃ面白そうな展開じゃないですか??ジェシカも久し振りだし、、実業家の本妻ですか?何故かオーストラリアは避けられているみたいです、、広告もやってないし、、DVDスルーかな??或いはFOXで有料配信か?
guch63
2015/9/28(月) 午後 0:12


> guch63さん
実業家と言っても駆け出しの若造なんですけどね。
これ私は劇場逃してDVDになってしばらくしてから観たんですが、そちらでももうDVDになってるのかも。
pu-ko
2015/9/28(月) 午後 11:44

2015/12/22(火) 20:19:47 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック