映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ドローン・オブ・ウォー
2015年09月30日 (水) | 編集 |


ドローン・オブ・ウォー(2014)アメリカ
原題:Good Kill
監督/脚本:アンドリュー・ニコル
出演:イーサン・ホーク / ブルース・グリーンウッド / ゾーイ・クラヴィッツ/ ジェイク・アベル/ ジャニュアリー・ジョーンズ
日本公開:2015/10/1

アメリカ空軍に所属するトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)は、ラスベガスの基地にあるコンテナにいながら、コンピューターで無人機ドローンを遠隔操作し、遠く離れた異国の地の爆撃を行っている。任務が終われば郊外の自宅に戻り、妻のモリー(ジャニュアリー・ジョーンズ)と子供たちと一緒に過ごすのがトミーの日常だったが・・



『ガタカ』のアンドリュー・ニコルイーサン・ホーク主演に描く戦争映画です。

アメリカは911の報復に、タリバンの武装勢力のアジトをドローンによる遠隔操作で空爆しています。ドローンを操縦し爆撃の発射を担当するのがイーサン演じる空軍少佐でパイロットのイーガン。
爆撃が成功したときに彼が言う「一掃した」が原題の「Good kill」です。
しかし相手は当然ながら血が流れる人間であり、時には女子供を巻き添えにすることもあってイーガンは精神を疲弊させていくんですね。

まず驚くのが、ドローンがこんな風に使われてるという実態。
敵地に行くこともなく、スクリーンを見ながら敵を爆撃する様子はまるでテレビゲームです。

モニターが映し出すドローンからの映像はまるで神の目線。
郊外の悪者に罰を与える行為自体が神の思し目であるがごとしです。
面白いのはイーガンの自宅も同じように上空から映し出していること。
ラスベガスの郊外にあるイーガン宅は、中東のテロリストらの家と同じように黄色い砂漠の中に建設された振興住宅街の一角にあるんですが、イーガンの家だけが不自然なまでに青い芝生を植えているのは、奴らとは違うというイーガンの主張が形になったものでしょう。


イーサンはパイロットとして爆撃機を操縦していた頃を回想し
その頃に帰りたいと思っている。
同じ戦争でも、自らの命を危険に晒しつつ向かってくる相手と戦う昔スタイルの戦争はある意味スポーツ感覚だったでしょうね。
高揚感の中、倫理など考える余地もなく、国を守るという使命に燃えることも出来たでしょう。


爆撃シーンが何度も繰り返されることに飽きてもきますが、イーガンの苦痛を観客も体現するという意味では効果的と言えますね。
女性兵士スアレス(ゾーイ・クラヴィッツ)の率直な言動が正義を語っていてよかった。

神は上空から何を見るのか。
悪いやつにおしおきをするのは、はたして正義なのか。
戦争の是非を含め、複雑な思いで見終えました。

トラックバックされた記事

  • 「ドローン・オブ・ウォー」は、戦争の本質が垣間見れる反戦映画としてオススメ。

    今回は新作の「ドローン・オブ・ウォー」をTOHOシネマズ川崎プレミアスクリーンで観てきました。ここは椅子が豪華で座席配置もゆったりしているのですが、特別料金で上映することがなくなってしまい、普通料金で観られるようになってからは、あんまり豪華感がなくなっちゃったんですよね。ちょっと椅子がいいだけの映画館。 アメリカ軍が戦争に無人戦闘機を導入するようになったのは、2000年代に入ってからで、その最も盛んであった、2011年、空軍のジェット機乗りのイーガン少佐(イーサン・ホーク)は、紛争地域での 

  • 「ドローン・オブ・ウォー」

    これが現代の「戦争」である。エアコンの効いたコンテナの中で、桿を握り発射ボタンを押す。命中すれば「グッド・キル」と呟き、車を走らせ家族の待つ自宅に戻る。だが、「戦争」である事に変わりはない。コンテナの扉には「ここから合衆国外」とコーションが付いている。そこは領空外なのである。入隊する若者の半数はゲームセンターでスカウトされた。遠い異国を旋回するドローンを操るのに体力や根性は必要ない。ただ、技術のみ。しかし、恐らくは大いなる精神力も…。トミー・イーガン(イーサン・ホーク)は空軍パイロットとしてイラ 

    ここなつ映画レビュー

    2015/10/9(金) 午後 0:28

  • 『ドローン・オブ・ウォー』お薦め映画

    どんな大義名分があろうと、自分のクリックひとつで人が死ぬ。これは遊びのゲームではない。敵ばかりでなく関係ない女性や子どもまで巻き添えにしてしまうこともあるから、罪悪感を抱く兵士の方が正常と言える。進化する現代戦争の実態と矛盾を描いたタイムリーな問題作。 

    名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

    2015/12/6(日) 午後 0:05



関連記事

コメント
この記事へのコメント

アンドリュー監督ってニュージーランド人でしょ??
こんな展開は好きなのですが此方ではシドニーの映画祭で上映されたっきり、、多分DVDかFOX直行かな??
そうそう”Child44"も劇場スルーでやっと有料配信です。
guch63
2015/10/1(木) 午前 6:53


> guch63さんアンドリュー監督ニュージーランドの方でしたか。
ならそちらでも公開あっても良さそうだけど・・
という私もこちらで公開あったかどうかも知らなくて、日本公開に合わせてDVDで観てみたんですけどね。
あまり宣伝にお金かけてないのかな。
というか、こういうの大々的に出していいのかなぁとちょっと戸惑うところもあります(汗)
『Child44』はこちらでも日本でもあまり売れなかったんじゃないかなぁ。
pu-ko
2015/10/1(木) 午前 7:00


湾岸でもゲ-ム的映像ながれましたね 兵士の死が一番問題やけんね さて自衛隊員戦死者いつでるか
[ おみゃあ ]
2015/10/1(木) 午前 7:37


> おみゃあさん
ドローンを使うことで兵士へのリスクも大幅に減ってるでしょうからね。
あ、私も自衛隊のことをこれ観ながら考えてました。どこまで支援することになるのかなぁ。
pu-ko
2015/10/1(木) 午前 8:46


ドローンって覗き見野郎みたいで薄気味悪いですよね。
ヤクザの抗争とかもドローンになりそうで恐いわ(汗)…。
高性能なミニドローンが飛び交えば、人々の秘密なんて丸見えで、うかつにパンツ脱がれへんよ(笑)…。
[ ゾンビマン ]
2015/10/1(木) 午前 10:24


> ゾンビマンさん
ほんとですよね。
移動する分監視カメラよりもやっかい。
気づいたら窓から覗かれてたりしてねw
ヤクザの抗争も『仁義なき戦い ドローン戦争』になるんでしょうか(笑)
pu-ko
2015/10/1(木) 午前 10:39


『ガタカ』良かったよね~!!

って、そーじゃなくって、ドローンだよ、日本でも
結構話題になってて、わっけー子が勝手に飛ばして
警察に厳重注意されてるってニュース見たよ。

コレ、イーサンがどんな風に頑張るのか観たい!!
chaco
2015/10/1(木) 午後 2:03


ドローンの操縦士は実際の操縦士よりも従事時間が数倍になり、精神的にもかなりのストレスを抱えているということを知りました。
この映画はその実態を知らせて、何を問題提起しているのでしょうか?
ドローンによる攻撃は、武力攻撃である限り、残念ながら中東紛争の解決の手段にはなり得ませんね。
yymoon
2015/10/1(木) 午後 6:22


ドローンと言っても軍事用ですね~、これは。
無人爆撃機が問題になってますが、「簡単」に戦争を行なえる時代になってきましたねぇ。
う~ん。
Kaz.Log
2015/10/1(木) 午後 7:07


そそ、これが今の戦争の最先端。
結構サラリーマン感覚で爆撃、って軍人は今は主流でしょうね。
本当にアメリカ軍では兵士にゲームやらせるんですよ。
ゲーム感覚の方が映画にあるような罪悪感が出ないので。
どうかな?って思っていた作品ですが、意外と記事拝見するとおもしろそうですね。
ちょっと4日まで忙しくて、ゆっくり記事読みたいです!
[ miskatonic_mgs_b ]
2015/10/1(木) 午後 8:40


> chacoさん
ニコル監督は『ガタカ』が好きだったのでSF監督のイメージだったのにこんなリアルな映画も撮るんですね。
そそ、ドローンは日本でも問題になったばかりだから、このタイトルも興味惹くよね。
イーサンは精神を疲弊させながらも彼なりに抵抗します。心が強くないと出来ない仕事だわぁ。
pu-ko
2015/10/1(木) 午後 10:28


処すべき人物を特定したり、周囲の安全を確保するのに大変な時間をかけるんですね。
ゲームのようで精神的にも肉体的にも厳しい仕事だと分かります。
映画は愛国心と罪悪感の狭間に揺れる操縦士の苦悩の実態を伝え、悪循環を断ち切れない戦争の問題の根深さを思い知らされますが、同時にこれはウォークライムではないのか?という問題提起もしています。
遠隔操作による発射からわざか10秒で人の命が奪われることを含め、神の領域ということも考えさせられる作品でした。
pu-ko
2015/10/1(木) 午後 10:41


> Kaz.Logさん
もはや軍事用のドローンは完全に戦争の主役となってるんですね。
イーサンの役は苦悩してますが、ゲーム感覚を持ち込む兵士もいる。
ゲームの得意な学生を操縦士にリクルートしたりと、戦争がゲームみたいになっていくのは本当に怖いことです。
pu-ko
2015/10/1(木) 午後 10:45


> miskatonic_mgs_bさん
いまどきの戦争はこんなことになってるんですね。
サラリーマン感覚通り越してまさにゲーマー感覚。
新人教育のシーンでも「ゲームのようでその先には命があることを忘れるな」と説いてますが、戦地で戦ったことのない若者には現実感は持ちにくいかもですよね。それが狙いでもあるなら怖いことです。
お忙しいところありがとうございます。
お仕事頑張って乗り切ってくださいね。
pu-ko
2015/10/1(木) 午後 10:52


あ、これ昨日から上映?関西どーなってんのかな。後でチェック。

実際に現場へ行かずとも戦闘行為が可能なこーゆーシステムは自分の身が安全で安心という考えが一つあるでしょうね。誰だって死にたくない。
臨場感の無さに戸惑うのって当然かもですが、ゲーム感覚になるのは怖いな。
スイッチ一つで大勢の命が失われるのにそれがアマゾンポチッとするのと代わんない感覚の人が出てくるかもしれないって事だもんねー。
昔『今そこにある危機』で同じように空撮見ながら麻薬カルテルの自宅をミサイル攻撃するシーン。「うわ、こんな淡々と...」と唖然としたのを想い出した。
怖いなー。もーやめようよ戦争なんて....。

ポスターのイーサンの目じりの皺に時の流れを感じてしまうw
[ みーすけ ]
2015/10/2(金) 午前 11:45


> みーすけさん
兵士の安全を確保したうえで同じ効果をあげられるわけなので近代的な戦争の手法として評価すべきなんでしょうけど、リアリティのない分怖いところもあるねぇ。
まぁ、人の命を奪う戦争自体を評価するのは難しいのだけど。
怖いよね。戦争は本当にいや。最近のロシアの動きも微妙だし。
わはは、イーサンの目じりの皺確かに深いね。
今回は終始困り顔のイーサンでした。・・いつもかw
pu-ko
2015/10/2(金) 午後 10:07


自分の身の危険がなくなるということで、兵士は戦争の本質に直面せざるを得なくなるのだという視点に感心しました。そこで自分の良心と葛藤するのか、与えられた正義に依存して全てを割り切るのか、どちらにしても、戦争はろくなもんじゃないという見せ方は面白いと思いました。TBさせてください。
[ einhorn2233 ]
2015/10/4(日) 午前 0:15


> einhorn2233さん
医師団誤爆のニュースも入ってきましたが、あらためて問題になりそうですよね。
というか、このニュースで新たな映画も作られそうです。
TBありがとうございました。
pu-ko
2015/10/4(日) 午前 8:13
2015/12/22(火) 19:54:54 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。