映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
SHERLOCK(シャーロック)
2015年10月15日 (木) | 編集 |

SHERLOCK(シャーロック)(2010)イギリス
原題:Sherlock
監督:ポール・マクギガン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ / マーティン・フリーマン/ ルパート・グレイヴス /ユーナ・スタッブス/ ルイーズ・ブレーリー/ マーク・ゲイティス/ アンドリュー・スコット/ ジョナサン・アリス/ ヴィネット・ロビンソン/ リサ・マキャリスター


毒物を飲んで自殺するという事件が連続し、警察が動き出す。レストレード警部の依頼を受けたシャーロックはピンクのスーツに身を包んだ4人目の被害者の推理にとりかかる・・

英国男優総選挙 特集 7回目
 
今日はマーティン・フリーマン !!



この総選挙を語るのに『シャーロック』は観てませんじゃヤバイだろってことで、初めて観てみましたよ。まだシーズン1のエピソード1のみですけど(笑)

私ときたら、本『シャーロック』が現代を舞台にしてることも知らなかったんですが
(笑)思っていたより100倍面白かった!!(笑)

シリーズ1本目となる本エピソードは
シャーロックとワトソンの出会いを描き、
自殺に見せかけた連続殺人事件の怪を解き明かします。

まずは、出会いのシーン
ワトソンを一目見ただけで、彼が戦争に行っていたことや
身体状況ふくむ今の状況まで推理してしまうシャーロックに
完全に惹き込まれました。

これまで沢山の人がシャーロックを演じて、
いろんなタイプのシャーロックがいるんだろうけど、
よどみなく言葉を繋鋭い推を展開するカンバーバッチのシャーロックは、リズミカルで所作も美しく、天才振りが際立ちました。

嬉々として事件に臨むサイコさは『ナイトクローラー』のジェイクにも通じるところだけど、シャーロックはお金に興味はなく、ほんとの推理バカなところがジェイクとは違う。カンバーバッチのもつ独特の品とイノセントな個性もシャーロックにドンピシャ。

時代背景を現代にしているため、スマホなどのアイテムを活用した
新しい推理が展開されるのも面白さでした。

さて、忘れちゃいけないマーティン・フリーマン
マーティン演じるワトソン君は戦争で負傷し退役した医者を演じてます。
戦争のトラウマを抱えてはいるけれど、
彼が危険な刺激に飢えてることをシャーロックは見抜いている。
かくして最高にエキサイティングなコンビが誕生するわけです。

奔放なシャーロックに振り回され、
しかめっ面でいらだちを飲み込みながらも
体から沸き出るワクワク感には抗えないワトソン。
彼がシャーロックとその推理にどんどん引き込まれていくさまに
自分の興奮を重ねて観ちゃいました。

2人の距離が近づいていくのが楽しみでたまらないのも彼らの魅力ゆえ。

ということで、マーティンを推す人が多いことにも納得!!
『シャーロック』続けて観たいと思います。






関連記事

コメント
この記事へのコメント

これって10年から始まってもうシーズン4でしょ??確かFOXでも放映していたのですが見損なってますねぇ~、、。今度検索して録画しておきます。

2015/10/15(木) 午後 3:17 guch63


あら、私も『シャーロック』未見でございますが、どーしましょ?

どちらの殿方もキュンとは来ないタイプ(ファンすまん)
なので、見事なスルーっぷりでした。しかし、面白いんだね?
おっし、観ようじゃないか!!
てかさ、マーティンの『ホビット』だっけ?あれも完璧スルーですが、
観るべきでしょうかね~?…って、聞いてもね~(笑)

あ、指輪系全編スルーだから、今さら観てもね~><
おっと、検索したらカンバーバッチも出てるんだね。知らんかった!

2015/10/15(木) 午後 6:36 chaco



ドラマは観始めたら面白いんですよねぇ。
「24」だけじゃアカンかな?w

2015/10/15(木) 午後 7:07 Kaz.Log


じぇじぇじぇ!って、すっごく古いですね pu-koさんがご覧になっていなかったって、それほどの衝撃でした。
ブロ友さんにカンバーバッチのすこぶるファンがいらして、わたくしも熱気に引きずられるように見ております。
ワトソン君のその後も知っているだけに、今回の記事が心に沁みます。

2015/10/15(木) 午後 10:01 アンダンテ


> guch63さん
そうなんですよね。
第一回目のこれももう5年前!
でも古さはまるで感じないし、もの凄く面白いです。
推理小説お好きのguchさんは間違いなく楽しめるかと。ぜひご覧ください。

2015/10/15(木) 午後 11:30 pu-ko


> chacoさん
私も正直2人とも眼中になかったんですが、これ観たらファンが多いのも納得しちゃったわ。
chacoさんも間違いなく好きなタイプ(作品がね)だと思うよ。
あーー、『ホビット』は私もレンタルしてるのに観てないw
だってこの企画中に『指輪』から入るって無理な話で・・
マーティン目当てでそのうちに観るかな。

2015/10/15(木) 午後 11:34 pu-ko


> Kaz.Logさん
ドラマは面白いんだけど、続けて観るのが大変でスルーになるんですよねぇ。
その点一話完結のものはいいね。
これも噂にたがわず面白かったので観る価値ありかと。

2015/10/15(木) 午後 11:37 pu-ko


> アンダンテさん
ね~。皆さんが絶賛してるのは知ってたんですが、ドラマをずっと観るというのが億劫だったりでこれまでスルーになっちゃってました。
でも流石に面白い。
ありゃワトソン君に何が?気になる~。

2015/10/15(木) 午後 11:40 pu-ko


ね、ね、面白いでしょ?
わたしもドラマ面倒であまり見ないけど、これはハマったわー。
シャーロックのベニーちゃんが好きです、はい。
下手したら社会病質量者なシャーロックの変なキャラをベニーちゃんが魅力たっぷりに演じていて正にはまり役だね。
マーティンのジョンもピッタリでこの二人のブロマンスに萌える皆の気持ちが分かる。
個人的には「あの女」と、「バスカビル」(シーズン2ね)がお気に入りだな。
全部観ちゃって!

2015/10/16(金) 午前 0:04 [ みーすけ ]


> みーすけさん
いやー面白かったね~。
カンバーバッチはほんと上手いわ。
シャーロックのキャラとワトソンとの関係が最高。
おー、お薦めのその2本楽しみに観ます。
『バスカビル』ってのは他のシャーロックものでも名作として有名だよね。
すぐに観たい欲求にかられるけど、マーティンとの関係の変化を経時的にみていきたいのもあるから、見るのは先になるかなぁ。

2015/10/16(金) 午前 0:14 pu-ko


実は私も第1シーズンしか見ていないんですよね。
あとは、録画はしてあると云うパターンでw
現代風の演出もおもしろいですよね。実はホームズは、原作をほとんど知らないので、原作知っているとまた面白い点があるんだろうな、って思います。
最近、たまたま、やはりTVドラマで、シャーロック・ホームズの現代版翻案である「エレメンタリー」(こっちはワトソンが女性)見たんですけど、原作に忠実だと言われている、ジェレミー・ブレット版とか、比べる面白さもありますよね。

2015/10/16(金) 午後 7:39 [ miskatonic_mgs_b ]


> miskatonic_mgs_bさん
そうそう、私も原作を知らないので、時代背景の違う原作をどんな風に生かしてるのかしらという興味を持ちました。
へー、女性シャーロックの現代版もあるんですか。
色々にアレンジされて語り継がれるのは原作の秀逸さゆえでしょうし、比べて観てみたいですね。

2015/10/16(金) 午後 11:47 pu-ko


ワトソンが女性(ルーシー・リュー)で、シャーロックは男性ですw
ジョニー・リー・ミラーが演じてます。
シャーロックのヤク中で神経症的な部分が強調されてる感じですかね。
ワトソンは女性なのに、シャーロックと恋愛にならないところが帰って面白いです。
信頼関係はすごい成立してるんですけどね。
ジェレミー・ブレット版は少し見た事があるんですけど、原作通りの時代設定なので、神秘主義やオカルト的な話もありますね。
カンバーバッチ版はあまりそう云うのはないような。
昔の神秘主義ですから、現代には合わないのかもw
まじ、トンでもだしw
EX若い嫁をもらうのでじいさんが猿の血をうって精力をつけようとしたら、マジ猿化しちゃうとか(ありえんwww)。

2015/10/17(土) 午前 0:56 [ miskatonic_mgs_b ]


> miskatonic_mgs_bさん
うぎゃw
ちゃんと「ワトソンが女性」とちゃんと書いてくれてるのにおっちょこちょいですみません(汗)

そうだ、ヤク中で生活が荒れてる感じはダウニー版でも出てましたね。
あれも黒魔術とかちょっと出てきましたが
じいさんが猿化??ww
そんなとんでもなのもあるんだ。面白すぎる
それにしてもいったいどのくらいのシャーロックが描かれてきたんでしょう。
気になってきました。

2015/10/17(土) 午前 6:41 pu-ko
2015/12/23(水) 23:48:44 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック