映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ギレルモ・デル・トロ『クリムゾン・ピーク』
2015年10月17日 (土) | 編集 |

クリムゾン・ピーク(2015)アメリカ
原題:Crimson Peak
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ミア・ワシコウスカ/トム・ヒドルストン /ジェシカ・チャステイン/ チャーリー・ハナム
日本公開:未定

NYに暮らすエディスは父親の主催する発明家コンベンションにやってきたイギリスの貴族トーマス・シャープに見初められイギリスに嫁ぐが・・

英国男優総選挙 特集 9回目
 
今日はキュートでノーブル 大好きなトム・ヒドルストン !!



ギレルモ・デル・トロ新作のゴシックホラーです。
トムヒが演じるのは高貴なお姿も麗しいイギリス人貴族トーマス・シャープ

彼はコンベンションを主催するカーターの娘エディス(ミア・ワシコウスカ)に一目ぼれ。
時を同じくして家族の不幸に襲われたエディスは、
悲しみから逃れるようにトーマスの住むイギリスに嫁ぎます。


着いてみたらば、まぁ、この屋敷がばかでかくてね
エディスも思わず「部屋はいくつあるの?」と訊く。
するとトムヒが「さぁ、数えたことないな」とか抜かすんです(笑)

でもデカイはいいが、お手入れは行き届いてない・・
どころか、屋根も朽ちて穴が開いてる状態なんですけどね。
しかもトーマスには美しい姉(ジェシカ・チャステイン)がいて
いわゆる小姑付き。

でも素敵なトムヒと一緒ならいいよね。
というわけにはいかないんだな、これが。
やがてエディスは家にまつわる恐ろしいものに巻き込まれていきます。

幽霊屋敷系のホラーだと思っていたら若干違いました。
いや、出るのは出るんだけどね。あまり怖くない。
思うにデル・トロ監督にとって霊は哀しき魂であり
彼らはたいてい、生きている者に伝えたいことがある。
おどろおどろしい恐怖の対象と描いてない点で
ホラー好きには物足りないと思う人もいるかも。

その代わり、別の怖さがある映画でして
ネタバレしたくないので書けないけど、人の愛欲に根ざしたホラー
というよりゴシック・ロマンスかな。

トムヒの役は最初はカンバーバッチがやるはずだったらしいですね。
カンバーバッチも上手かったでしょうけど、個人的にはトムヒでよかった。

最後はもの凄いグロいことになるんだけど
何故か会場は爆笑で私も思わず吹き出したからねw
ダークな役でもどこかユーモアや優しさが滲み出るトムヒやっぱり好き!


ビジュアルに手を抜かないのがデルトロ流
家の装飾や衣装、登場人物の美しさも目を楽しませてくれました。

『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムがエディスを密かに愛する
幼馴染の医者を演じてましたが、前半存在感がやや薄いのが残念。
「2人に愛されるエディス」が強調されるともっと面白くなったはず。

家と一体化したようなジェシカ・チャステインも美しかった。






関連記事

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
ランダム・ブログより勝手ながら訪問させて頂きました。
貴方のブログを拝見致しましたが、とても素敵なブログですね。
実は私もブログを公開しています。
貴方のブログほど素敵ではありませんが、もしよろしければ見に来て下さい。
内容は四コマ漫画で、タイトルは「ボクら川越の警備員でーす!」と言います。
きっとストレス解消になることと思います。
どうかよろしくお願い致します。

2015/10/17(土) 午後 4:32[ kei***** ]


ありゃベニチオ・デル・トロおじさんじゃなくてギレルモさんでした、、、違ってましたね??この映画、知ってはいたのですが、、ジャンル的にどうもねぇ~、、普段も良く寝れないのにこれを見て益々寝れなくなったら困るし、、、(´;ω;`)。

2015/10/17(土) 午後 5:25guch63返信する


こんにちは。
いつも勝手に訪問して勝手に和んでおります。
姐さんのブログはとても素敵ですね。
実は私もブログを公開しています・・・なぁ~んてね〈爆汗)・・・。

ミアさんはこの夏砂漠を歩く映画を見逃してしまったので、これは見ようと思っています。

2015/10/17(土) 午後 5:29[ ゾンビマン ]


あらら、pu-koちゃんが好きなのに、大変申し訳ないが
オカマ顔の(すまん。ごめん)トム・ヒドルストンはスルーです。

英国俳優っぽくない顔じゃん!あれ、違う?
こーゆー顔が英国っぽいの?って自問自答の日々ですが、ごめんちゃい。
私をぶって!叱って!叩いてーーーーー!!

2015/10/17(土) 午後 9:31chaco


> kei*****さん
ご訪問ありがとうございます。
まだランダムってあるんですね。

2015/10/17(土) 午後 10:46pu-ko


> guch63さん
はい、ギレルモさんの方。
ちょっと前までデル・トロさんといえばベニチオさんで決まりでしたよね。
ホラーは苦手ですね。こればっかりは仕方ないです。

2015/10/17(土) 午後 10:50pu-ko返信する


「霊は哀しき魂であり、彼らはたいてい、生きている者に伝えたいことがある」なるほど、そうですね。
どこかの首相はある神社に玉串料を払っているようですから霊から聞いているはずなのに、どうも反対のことをやっているようです。

2015/10/17(土) 午後 11:27yymoon


ホラーが見たいのであります
出てる人 だぁれも知りませんが 監督はいちお-
聞いたことあるんで

2015/10/17(土) 午後 11:47[ おみゃあ ]返信する


> ゾンビマンさん
ぎゃはww  ウケました(笑)

ミアが出てると観たくなるよね。
ミアは何を演じても上手いんですが、これはでも元はエマ・ストーンにオファーされてたようで、ビジュアル的にもエマの方が合ってたかもと思いました。

2015/10/17(土) 午後 11:49pu-ko


> chacoさん
見た目がダメってのは確かにわかる(笑)
私も最初見たときは全然好みじゃなかったんだわ。
でもトムヒは知的で上品でユーモアがあって、いい人っぷりダダ漏れの魅力があるの。ほんとだよ。

2015/10/17(土) 午後 11:50pu-ko


> yymoonさん
そこですね。
霊魂の見せ方で怖さも違ってくると思うんですけど、CG満載だとあまり怖くないというのが昨今のホラーの特徴で、まぁ私には怖すぎないんで観やすくはあるんですけどね。
先人たちの魂に耳を傾け、正しく導いてもらいたいですね。

2015/10/17(土) 午後 11:54pu-ko


> おみゃあさん
怖すぎるホラーじゃないけどストーリーも面白かったです。
主演三人は旬の皆さんなので、ぜひチェックしてみてください。

2015/10/17(土) 午後 11:56pu-ko



素敵なブログに魅了されて、自分がブログを開設するきっかけになったpu-koさんに感謝しております、わははは!
笑うホラーなの?えーそーなの?
トムヒは、オシャンティーな感じがオッケーかそーでないかで好き嫌いが別れそうだなー。
わたしはロキのイメージが強くて、まだよく分かんないファジーなカテな役者かな。でも人気あるよね。
ホラードンと来い!な人なので、怖くないのはどーなんだろか。
でも観るね、絶対w

2015/10/18(日) 午前 0:23[ みーすけ ]



個人的は最近ミア・ワシコウスカ(言いにくいw)がお気に入りなんで、けっこう気になる一作です~。デル・トロのゴシックホラーも興味津々っすな。

2015/10/18(日) 午前 3:07Kaz.Log


海外在住です。一足先にクリムゾンピーク観ました。語学力不足で、姉弟の過去の出来事(主に子供の頃と両親との関係が)やんわりとしかわかりませんでした。解説していただけると嬉しいです。

2015/10/18(日) 午前 11:40[ ひろ ]


ゴシック作品に似合うキャストばかり!これは期待しちゃってますよ~
そうそう、デル・トロの描く霊は恐怖の対象ではないですよね。それが私は奥深くて好きなんだけど。
てか、爆笑??∵ゞ(≧ε≦o)ぷっ
なんじゃ、気になる~(笑)

2015/10/18(日) 午後 2:35じゅり


出演陣は好きなんですが、最後がグロい?!
ゴシック系ならなんとか付いて行けそうなんですが・・・。↑は無理かな~

2015/10/18(日) 午後 7:49アンダンテ


> みーすけさん
わはははw 完全にネタになっちゃってるよねw

トムヒは彼の中身と独特の面白みを好きになるかで好み完全に分かれるよねぇ。
私も最初はナニこの人だったし(笑)
いわゆる心霊もの、家ものを期待すると違うって感じになるかもだけど一番怖いのは人間カテ(そんなのあるかw)でも怖いホラーです。
最後は笑って正解かと(笑)

2015/10/18(日) 午後 11:38pu-ko


> Kaz.Logさん
ワシコウスカ(私も最近やっと覚えた(笑))はいいよねぇ。
どの時代にもピタッとはまる柔軟性もあって。
デル・トロ久々のホラー。重厚な映像も魅力です。

2015/10/18(日) 午後 11:40pu-ko


> ひろさん
ご訪問ありがとうございます。
あー、その部分は結構話の核になる部分で解説すると凄いネタバレになりますよね。
なのでちょっと無理だなぁ。申し訳ないです。
きっとどこかでネタバレで説明してるサイトあるんじゃないでしょうか。

2015/10/18(日) 午後 11:44pu-ko


> じゅりさん
いい感じのキャストですよねぇ。
そそ、デル・トロのホラーは悲しく奥深いところが魅力ですね。
ははは。日本人はそこまで爆笑しないかもだけど、
最後、監督は確信犯的に笑いをとってきてると思う(笑)

2015/10/18(日) 午後 11:47pu-ko


> アンダンテさん
はい、最後というかクライマックスは私も思わず顔を背け、会場中から「ウグ・・」って声が漏れてましたけどwそれもユーモアと受け止めれば大丈夫かと(笑)
一瞬ですし。

2015/10/18(日) 午後 11:50pu-ko


ミカ・ワシコウスカは見たいけれど、ホラー耐性の強いpu-koさんが顔を背けたのであれば、私には無理そうで残念。内容的にも興味をそそるのですが。

2015/10/21(水) 午後 9:22[ einhorn2233 ]


> einhorn2233さん
厳しいのは最後の15分かな。
でもコメディ的に観ることもできので大丈夫ではないかと。
公開されたら評判をチェックしてみてくださいな。

2015/10/21(水) 午後 10:56pu-ko
2015/12/23(水) 23:28:36 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメンタリでデル・トロはホラーではないホラーではないと
うるせーってくらい何度も繰り返してたからよっぽど怖くないとか
言われたんだろうね。
ブログ記事にしました。
そこでは書いてないけど、医者で探偵のハナムの元ネタはたぶん
コナン・ドイルだな。
2017/04/11(火) 19:00:45 | URL | HK #-[ 編集]
To HKさん
わははは、ホラーではない強調なのね。
そういえばインタビューでもそう言ってた。
なんか言われたんでしょうね。
確かに怖くはなかったけど(笑)
終盤は笑えたしw

おー、ハナムはコナンなのか。
そのあたりぜひまた何かの関連記事ででも書いて欲しいな。
2017/04/12(水) 07:38:03 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ホラーというよりサスペンス?
2016/01/22(金) 09:58:45 | 或る日の出来事
評価:★★★【3点】(11) ダークな映像だけはそこそこイケてたが。。。
2016/01/22(金) 21:00:17 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
ゴシック・ホラー。大好物のジャンルだ。怖く、グロく、美しく。そして、怖く、グロく、美しく、と撮らせたら、今の所私にとってベストはギレルモ・デル・トロ監督である。監督お得意のクリーチャーは今回はあんまり活躍しないが、ヨーロッパ怪奇の館を「あるある」で表現。非常に雰囲気があり、怖さ倍増。しかし、こんなに西洋風の恐怖なのに、私の心の中に浮かび来る言葉はただ一つ。そう、日本の民間伝承で伝わる「親の意...
2016/01/27(水) 16:54:52 | ここなつ映画レビュー
20世紀初頭のニューヨーク州。 若き女性作家イーディスは、死者の魂と通じ合う力を持っており、亡き母の霊につきまとわれていた。 父が不可解な死を遂げた後、彼女は魅力的な男トーマスと結婚する。 彼の豪奢な屋敷はイギリスの辺鄙な丘陵地帯にあったが、そこは冬になると白雪の上に赤い粘土の色素が染み出すことから、「クリムゾン・ピーク(深紅の山頂)」と名付けられていた…。 ファンタジック・ホラー。 R-15 
2016/01/28(木) 17:40:57 | 象のロケット