映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ザ・ギフト
2015年11月20日 (金) | 編集 |
ザ・ギフト(2015)アメリカ
原題:The Gift
日本公開:
【あらすじ】
転勤で故郷に戻ってきたサイモンは、高校時代の同級生とバッタリ


『ウォーリアー』でトムハのお兄ちゃんを演じたジョエル・エドガートンの監督デビュー作。20年ぶりに会った同級生に起きる不穏な出来事を描くスリラーです。

2015年のもっとも優れた作品の一つと評されてまして、エドガートンはいきなり監督として注目を浴びました。

買い物中の夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)に偶然あったゴード(ジョエル・エドガートン)は、翌日には2人の家の玄関前にワインを置き、その後もたびたび家を訪れるようになります。仲の良い夫婦の生活はいきなり脅かされることになって、カート・ラッセル主演の『不法侵入』を思い出したりしたのだけど、本作は単純なストーカースリラーじゃなかった。

まずキャストがいいでしょ。
ジェイソン・ベイトマンは『JUNO』でそうだったように、大人になりきれない大人が似合っていて、自分の許容範囲を超えてからの壊れっぷりがいい。

レベッカ・ホールも上手い女優さん。
流産の痛手から立ち直れてないロビンが、夫への不信感からさらに不安定になっていくことがスリルを助長させます。
知的でオープンハート、正義感も感じさせる彼女のキャラが映画の質を高めるんですよね。

エドガートンはあえてニュートラルに演じてますが、それも狙いでしょう。
印象に残ったのは「いいことも悪いこともあるが、悪いことも神に与えられたギフトだと思うようにしてるよ」と言うゴードに、サイモンが「あー、そりゃいいね」と軽く相槌を打つシーン。サイモンを無言で見つめるゴードの表情と間が絶妙で、2人の間に何があったのかと想像を駆り立てられるし、その瞬間から映画のトーンが変わるところも上手い。

観る人で結末の捉え方は間逆になるかもしれませんね。
私としてはエドガートンの人としての優しさを感じました。

タイトルでもあるギフトの演出も冴え、低予算でも面白い映画が作れると感じる一本です。



 
関連記事
コメント
この記事へのコメント

姐さんがかなり書きたいところをぐっと堪えてボカしているので、イメージが沸かなかったんやけど(爆)、見ればわかるさという感じですね(笑)…。

2015/11/20(金) 午後 3:31 [ ゾンビマン ]


> ゾンビマンさん
申しわけない
思ったのとまるで違う方向に行くんですが、ネタバレせずに書こうとすると難しかった(笑)
観れば分かると思いますw

2015/11/20(金) 午後 3:39 pu-ko


好きですよ、、そんなんが、、低予算でもグググッと来る映画、それが最近の熟年、いや老年映画ファンの楽しみ方と言うか醍醐味です(*´∀`*)。

2015/11/20(金) 午後 5:00 guch63


ありゃりゃ、最新の映画やったと サムライミのギフトじゃないんやね 乞うご期待やね

2015/11/20(金) 午後 5:57 [ おみゃあ ]


うーん、どういう映画なのか見当もつかないのですが、正気のサイコスリラーという感じなのかしら。正気にもサイコにもどっちにも転ぶ見る人次第の映画という感じ。でも、私的には「悪いこともギフト」ってところに反感感じちゃいそうな予感。

2015/11/21(土) 午後 4:56 [ einhorn2233 ]


お兄ちゃん(お兄ちゃんでは無いがw)多才な方なんだねー。

これは事前情報少なければ少ないほど楽しめそうなんでフワッとね。
レベッカ・ホールって地味だけど良い仕事しますね。
ジワジワくる女優系。
ジョニー・デップのAIになっちゃうやつも、彼女ばっか観てたな。
あとベタニとね(笑)

2015/11/21(土) 午後 5:52 [ みーすけ ]


> guch63さん
私も。CGとか使わなくても、先が読めなくてハラハラしたり考えさせられる映画、いいですよね。
お互いに熟年ということで(笑)

2015/11/21(土) 午後 10:17 pu-ko


> おみゃあさん
そうそう、『ギフト』と言えばライミ版が思い浮かぶけど、これからはこちらになるかも。
邦題どうなるか分からないですが。

2015/11/21(土) 午後 10:21 pu-ko .


> einhorn2233さん
「実は・・」という部分を明かさずにおこうとすると何もかけないタイプの映画で(汗)
ストーカー系のサイコスリラーと思いきや、思わぬおまけがついてきたって感じ・・
って言ってもわけ分かりませんね。すみません。
「悪いこともギフト」って言うのは心にもない嘘でして、本当はそのことがどれだけ人に影響するかという部分を描く映画でした。

2015/11/21(土) 午後 10:37 pu-ko


> みーすけさん
ね、ガイ・ピアースの『奪還者』では出演もしてないのに原案でクレジットされてたし、物書きの才能もあるんだね。
そう、私も何も知らずに観て「えーー?」と驚きまくりだったので、ぜひ事前情報少なめで観て欲しいの。
レベッカ・ホールはトムヒやダン隊員と舞台仲間みたいで、地味だけど実力を感じる女優さんだよね。
ジョニーのそれもレベッカが主役だったし。
ベタニは何やってもインパクト強くて映画を持っていきますな。
ジョニーはどこへ・・(笑)

2015/11/21(土) 午後 11:25 pu-ko


おぉ、監督デビュー作で高評価ですか。
結末も観た人によって感じ方が違うのね。気になる~

2015/11/23(月) 午後 5:22 じゅり


> じゅりさん
役者で初監督でここまで評価されれば上出来じゃないでしょうかね。
90年代風サスペンスになってて面白かったです。
そそ、結末は明確な答えを示さないのもあって、取る人によって印象変わるかも。
そういうのも面白いよね。

2015/11/23(月) 午後 11:42 pu-ko
2015/12/25(金) 18:59:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック