映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画賞】インディペンデント・スピリット賞 ノミネーション発表
2014年11月27日 (木) | 編集 |



インディペンデント・スピリット賞のノミネート作品が発表されました。
シーズン到来ですね。
主な受賞結果は以下のとおり。

【作品賞】
  ■「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督) 
  □「6才のボクが、大人になるまで。」(リチャード・リンクレイター監督) 
  □「Love Is Strange」(アイラ・サックス監督)
  □「Selma(エヴァ・デュヴルネ監督)
  □「Whiplash(デイミアン・チャゼル監督)

【監督賞】
  □ デイミアン・チャゼル(Whiplash)
  □ エヴァ・デュヴルネ(Selma)
  ■ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
  □ リチャード・リンクレイター(6才のボクが、大人になるまで。)
  □ デヴィッド・ゼルナー(Kumiko, The Treasure Hunter)

【脚本賞】
  □ スコット・アレクサンダー/ラリー・カラゼウスキー  「ビッグ・アイズ」
  □ Ira Sachs /Mauricio Zacharias   「Love Is Strange」
  □ JCチャンドラー「A Most Violent Year」
  ■ ダン・ギルロイ 「Nightcrawler」
  ■ ジム・ジャームッシュ  「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」

【主演男優賞】
  □ アンドレ・ベンジャミン(JIMI:栄光への軌跡)
  ■ ジェイク・ギレンホール(Nightcrawler
  ■ マイケル・キートン(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
  □ ジョン・リスゴー(Love Is Strange)
  □ デヴィッド・オイェロウォ(Selma)

【主演女優賞】
  □ マリオン・コティヤール(エヴァの告白)
  □ 菊地凛子(Kumiko, The Treasure Hunter)
  □ ジュリアン・ムーア(Still Alice)
  □ ジェニー・スレイト(Obvious Child)
  ■ ティルダ・スウィントン(オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

【助演男優賞】
  ■ リズ・アーメド(Nightcrawler)
  □ イーサン・ホーク(6才のボクが、大人になるまで。)
  □ アルフレッド・モリーナ(Love Is Strange)
  ■ エドワード・ノートン(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
  □ J・K・シモンズ(Whiplash)

【助演女優賞】
  □ パトリシア・アークェット(6才のボクが、大人になるまで。)
  □ ジェシカ・チャステイン(A Most Violent Year)  
  □ カルメン・イジョゴ(Selma)
  □ アンドレア・スアレス・パス(Stand Clear of the Closing Doors)
  ■ エマ・ストーン(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

【新人作品賞】
  □「Dear White People」(ジャスティン・ティンバーレイク監督)
  □「A Girl Walks Home Alone at Night」(アナ・L・アマポアー監督)
  ■「Nightcrawler」(ダン・ギルロイ監督)
  □「Obvious Child(ジリアン・ロベスピエール監督)
  □「She's Lost Control(Anja Marquardt監督)

【外国作品賞】
  □ 「ツーリスト」(スウェーデン)
  ■ 「イーダ」(ポーランド)
  □ 「Leviathan」(ロシア)
  □ 「Mommy」(カナダ)
  □ 「北(ノルテ) 歴史の終わり」(フィリピン)
  ■ 「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(イギリス)

【ロバート・アルトマン賞】
  「InherentVice」 

【特別栄誉賞】
  「フォックスキャッチャー」

                          □未見  ■観賞済み

マイケル・キートン主演の『バードマン』に勢いがありますね。
オスカーでも主演男優賞、撮影賞ではいい線いくんじゃないでしょうか。
ジョン・リスゴーやJ・K・シモンズなどベテラン組が頑張ってるのもいいですね。
『ナイトクローラー』のジェイクがノミネートされたのもうれしい。
昨年もこの映画賞からオスカー受賞者が出てますので楽しみですね。
12月にはオスカー前哨戦となる映画賞が次々に発表され、まさにシーズン到来。

感謝祭特集は4本というミニミニ特集になっちゃいましたが、とりあえず終了。
家族と食事についてはまたの機会に特集します。





関連記事

コメント
この記事へのコメント
実は「6ボク」が気になってたんだけど、
マイケル・キートン爺さんの勢いスッゲ!!
りんこ・きく~ち、はアレ以来のノミネートかな!?
ほら、アレアレ、、、出てこない、、、
ブラピも出てたアレ、、、映画館行ったんだよ私、、、
未見ばっかだけど、映画ファンからしてみると、
こーゆー受賞レースは刺激になるよね♪
あ!!「バベル」だっけ?アレ凄かったね。
お股パッコン!!失礼!!
映画って最高だよ、pu-koちゃん!!
2014/11/26(水) 21:15:02 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
お~そんな時期ですか
いいですね、インデペンデントは。
「6才のボクが、大人になるまで。」はこちらでもかなり特集を見てるので気になってます。
イーセン・ホークご無沙汰してたけどいい仕事してたんですね~w
2014/11/26(水) 21:41:51 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
いよいよ、映画ファンがウキウキのシーズン到来だ!
この賞の絡みの映画は単館系ぽい作品なんだけど、それだけにツボな作品が多くて超楽しみですよ。
そっかマイケル・キートンのあれが強いのかぁ。
ますます期待が膨らむっす!
今週末からオスカーに絡みそうな大作も落ちだすし、それとは別に単館ならではのツボ映画も外せないし、もう楽しみで楽しみで♪
とりあえず「ゴーン・ガール」と「フューリー」は外さない。忙しい。「フランク」3回観てる場合ではないな。いーのだ。
2014/11/26(水) 22:57:00 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
『6ぼく』は3時間近にビビッて劇場スルーしちゃったんだなぁ。
リンクレイター好きだし絶対いい映画だと思う。観たいよねぇ。
インディーズ作品から選出の本作では『バードマン』強そうだね。
演技賞がたくさん選出されてる作品はオスカーでも強い傾向だから楽しみ。
うんそうそう、『バベル』の凛子さん。
英語で演じて今度は主演にノミネートって凄いよねぇ。
2014/11/27(木) 00:53:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
この季節がやってきましたなぁ。
やっぱ『6ぼく』気になるよねぇ。
ははは、イーサンはコンスタントに映画も出てる気はするけどw演技でノミネートってのは『トレーニングデイ』以来だろうか。
2014/11/27(木) 00:57:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
やってきましたね~、シーズン到来。
そうそう、地味だけど面白かったり目新しいものがあったりで、注目したい賞ですよね。
最近ではオスカーに絡むものも多くてますます価値が高まってる気がするし。
そそ、『バードマン』が強そうよ。
昨年オスカーゲットの撮影者の腕もあるはず。
劇場にもっとも足が向く時期だよね、うん。
『ゴーン』も『フューリー』も面白かった!
風邪を治していっぱい楽しみましょうね。
2014/11/27(木) 01:03:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ここずっとインディペンデントの映画賞はオスカー戦線常連ですもんね。「バードマン」はかなり面白ろそ~。
演技賞には菊地凛子ちゃんも絡んでるんですな。
2014/11/27(木) 04:12:26 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
もうそんな季節ですか~早い早い(笑)
やっぱりマイケル・キートン有力かな~(^ー^)
私的には、ジョン・リスゴー、J・K・シモンズが嬉しいっすw
2014/11/27(木) 08:51:17 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ね。それだけお金を使わなくてもいい映画がたくさん作られてるってことかな。
『バードマン』はかなり変わってます。
トップ画像のあんなシーンももっと驚くシーンもほぼ切れ目なしの長回しで見せるのが凄い。
凛子ちゃんも頑張ってるんですね。
2014/11/27(木) 09:10:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
シーズン到来でございます。
今年主演は激戦区じゃなかろうか。カンバーバッチさんもよさげだし。
うんうん、ベテラン組にも光が当たってるのはいいね。
リスゴーさんは『インターステラー』でも良かったし。
2014/11/27(木) 09:18:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
今年は割りと小粒な印象ですけどどうなんでしょう?
アカデミー賞狙いもまだ12月に公開になるのかな?
地味でもアプローチの変わったものや、
観点の斬新なものみたいですね!
新人作品賞見てみたいですね。
2014/12/03(水) 08:47:18 | URL | miskatnic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
そうですね。このリストに上がってる作品の多くは他の映画賞でもタイトルが挙がってくるだろうと思います。そう思うと映画全体小粒かも。これから登場する期待視されてるものも大掛かりなものじゃないですよね。CGで何でもできる時代だからこそ、映画に求めるものも変わってきてるかもですね。
新人作品賞のジャスティン・ティンバレーク作品も気になってます!
2014/12/03(水) 16:05:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック