映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】アン・リー『アイス・ストーム』
2014年11月19日 (水) | 編集 |



アン・リー
監督の『アイス・ストーム』を観ました。
アイス・ストーム(1997)アメリカ
原題:The Ice Storm
監督:アン・リー
出演:ケヴィン・クライン/ シガーニー・ウィーヴァー/ ジョーン・アレン/ ジェイミー・シェリダン 
 クリスティナ・リッチ/イライジャ・ウッド/ アダム・ハン=バード/ トビー・マグワイア/ ケイティ・ホームズ
 
コネチカットに暮らす二組の家族の、ある感謝祭の週末を描くヒューマンドラマです。


劇中、テレビから流れるのはニクソン大統領のインタビュー。
舞台はウォーター事件に揺れる1973年。
ベトナム戦争での敗北、現役大統領の政治スキャンダルと、アメリカが信じるものを失った混乱の時。
そんな時代を象徴してか映画に登場する二組の家族は、その機能を失っています。
世界情勢から目を背け、子供に興味を向けないままに不倫に走る親たち
一方、ニュースにかじりつき、男の子を性的に挑発するクリスティーナ・リッチなど
早足で大人になろうとする子供たちの描き方は対照的。
そして大人がパーティで羽目をはずすアイスストームの夜、ついに悲劇が起こるのです。



時代考証に定評があるアン・リーなので、衣装やインテリアも時代を感じさせるものになっていてさすが。
かぎ編み風のジョーン・アレンのベストなども懐かしかったけど
印象的だったのはシガニー・ウィーヴァーのジェーン・フォンダ風ファッション。
大きなアクセサリーが奏でる雑音は、世間の物音を聞こえなくさせているに違いないと思ったりもした。

スワッピングパーティなんてのも出てくるよ。
↓女性陣がボールに入れられた鍵をひとつ選んで、車の持ち主の男性をお持ち帰りできるシステムw



モラルさえも置き忘れてしまった時代の、機能不全に陥った家族の物語ながら、
最後に少し希望を感じさせてくれるところにアン・リーの優しさを感じます。
嵐に凍え、痛みを覚えてようやく目が醒めることもあるよね。
物語ごと時代を切り取った作品だったなと思います。

イライジャやケイティ・ホームズなど出演者がみんな若かったなぁ。
リッチもまだムチムチのころ。





関連記事

コメント
この記事へのコメント
これは未見やっ。
ムチムチの頃のリッチは大好きですw
というか、今観たらけっこう豪華なキャストですな~。
ヒューマンドラマなら好みやし。
2014/11/19(水) 04:33:39 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
うーーーん、未見だなコレは!
スワッピングなんてワード、ひっさびさに聞いた(笑)
ケヴィン・クラインってさ、黙ってればそれなりだよね?
でもさ、彼ってコメディが多いじゃん!
シガニーもしかりだけどね・・・
エイリアンと戦ったかと思えば、宇宙でバカしたり。
でもコレは真面目なんだ!あぁ見過ごしてたな。。。
わっけーイライジャ、ケイテイもみてみたい!!
2014/11/19(水) 05:50:45 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
これ面白かったね~♪
壊れかけた夫婦、いえ家族の不思議な一体感の手触りが妙に面白くて。
奔放な妻とそれを律する事なくなんとなく続けている夫婦関係とか、なれ合いで浮気しそうになっちゃったり。
微妙なバランスでそれでも家族としての愛はあるという不思議さ。
アンサンブルながら各キャラクターの描き方も秀逸で、
アン・リーの巧みな演出が効いてましたね。
ケビン・クラインの狡い夫感が素敵でわたしゃダメンズに弱いのか・・・って思ったな。
そ~そ~!シガーニー女史の肩男らしさ(笑)
トビー・マグワイアの不思議な魅力に気がついた作品でもあります。
このあとのワンダー・ボーイでそれは核心になってスパイディーで爆発。
暫く追っかけましたよw
指輪前のイライジャは今から思うと既に現在の気味悪さがボンヤリとした肌触りで感じられるなぁぁ。
2014/11/19(水) 06:13:14 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
『ブロークバック~』以前のものはあまりクローズアップされてないですよね。
でもやっぱりうまいなぁと感じるところありました。
ムチムチリッチはまだ背もちっちゃくて子供なのに、妙なセクシーオーラを漂わせてますw
そそ、子役に至るまで主役はれる面々が揃ってキャストも豪華なんですよね。
アメリカンニューシネマという感じで面白かったですよ。
2014/11/19(水) 10:11:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
これあまり知られてないよね。
ははは、スワッピングもきっと時代のものかな。
映画の中ではキー(車のキーね)・パーティと呼ばれてました(笑)
ケヴィンはコメディでのほうが好きだけど、うまい人だよね。
大統領の替え玉を演じた『デイヴ』が大好き。シガニーとそれでも共演してるよね。
どっちが先だったかな。
イライジャもまだお子ちゃま。。あ、今もか。童顔は直らんねw
2014/11/19(水) 10:24:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
面白かった。多分見れば見るほど味が出るタイプの映画だよね。
アン・リーは、こういうタブーに近いギリギリの人間関係を描いて、エッジーだけどどこかに暖かさを感じる作品つくりがうまいなぁって思います。
ケヴィン・クラインは私最初ティモシー・八ットンかと思ってて、あとで気づいて自分で笑ったw
ははは、男らしくて女らしいシガニーさんはムチ持ってる姿が似合いすぎたわ(笑)
おー、『スパイダーマン』以前のトビーにすでに目つけてたのね。さすが。
本作では辛らつなドラマの中イノセントな癒しを感じさせてもくれたな。
イライジャは確かになんか気持ち悪い。
彼の役については私の中で考えがまとまらないのだけど、またいつか見直して子供たちのそれぞれの役割について考えてみたいと思ったのでした。
2014/11/19(水) 10:44:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
へ〜っまた凄いキャストだなぁ
うわ最後の画像ケイティだわぁ
まだ子供〜
面白そう!
2014/11/19(水) 22:44:47 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
みたよ-な気がするだけか
シガニ-さんケバい
ところでゆきゆきて、 放り込んでおりましたんで
2014/11/20(木) 08:44:22 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
今見ると、スパイダーマンにエイリアンに指輪にバットマンの彼女・・トムちんの元嫁だしw
若いのがみんな出世したね~。
ケイティはこれがデビュー作かな。まだ幼さが残って可愛いよ。娘ちゃん似。
2014/11/20(木) 09:08:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
そそ、シガニーさんが結構ケバいの。
お顔はそれなりに皺刻んでるんですけどね(汗)
ゆきゆきて うわぁーーい。ありがとうございます!
2014/11/20(木) 09:10:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック