映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリストファー・ノーラン 『インターステラー』壮大!!
2014年11月10日 (月) | 編集 |



インターステラー(2014)アメリカ
原題:Interstellar
監督:クリストファー・ノーラン 
出演:マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイン/ジェシカ・チャステイン/マイケル・ケイン/ケイシー・アフレック/ジョン・リスゴー他
日本公開:2014/11/22
 地球の寿命が尽きかけた近未来。
土地は荒れ、埃にまみれ、世界は深刻な食糧不足に陥っている。
かつてエンジニアだったクーパー(マシュー・マコノヒー)も、今は農夫として父とトウモロコシを作っているが、彼の中には科学への愛が常にあった。
そんなある日、クーパーはある壮大なプロジェクトの存在を知ることになり
愛する子供たちの未来のために宇宙に飛び立つことを決意する。
行かないでと泣く娘に「必ず帰ってくる」と誓うクーパーだったが・・




クリストファー・ノーランの新作SF『インターステラー』を観ました。

いやはや、壮大だったわ。
マシュー・マコノヒー演じる主人公クーパーが参加するプロジェクトとは
人類が移り住むための「生活可能な」惑星を探すというもの。



最近のSFではありがちな話ですが、本作が新しいのはワームホールという宇宙の神秘を持ち込んだことでしょうね。

ワームホールとは直訳すれば「虫食いの穴」ですが、
宇宙空間に存在するワームホールを通過することによって時間を短縮した宇宙移動が可能になるらしい。
ワープトンネルみたいなものかな。
これによって生じる時間のずれが映画を面白くしてまして、そのあたり知的なノーランらしいところですよね。

ま、過去作ではその知的さに置いてけぼりを食らうこともありましたが、
今回は根底に親子の愛が描かれているのが凄く良くて、科学的なことが少々理解できなくても問題なし。

地球に残したわが子に愛していることを伝えたい父親と、
父に見捨てられたと悲しむ娘の心のすれ違いから始まって、年月を経て壮大な使命を共有していく父娘の物語が凄いスケール。
最後にようやく言葉を交わすシーンは感動的でノーラン監督に泣かされるとは思わなかったな。

ただね、終盤のあまりに斬新な展開にはさすがに「???!!」(笑)
「なんじゃそりゃ?」と思いながら観てましたが、たわ言ではないらしいのが驚きw
『インセプション』しかり、監督はこういうのほんと好きよねぇ。

共演はアン・ハサウェイマイケル・ケインのダークナイト組に加え、
大人になったクーパーの子供たちにジェシカ・チャステインケイシー・アフレック
あと、あるサプライズキャストが登場しますがあえて名前は伏せます。
ま、個人的にはこいつが絡むシーンなくてよかったんですけどね(笑)




サーフする惑星におけるスペクタクル映像、宇宙空間の美しさなど映像美は言うことなし。
IMAXのよる音響も迫力で、ロケットの振動がじかにお尻に響くのも臨場感抜群でした。
容姿とは裏腹に人間っぽい喋りをするロボットは笑い担当。目も楽しませてくれますよ。

2時間39分という長尺ですが、それでも時間が足りなかったんでしょう。
この時間に収めるために一瞬の映像で背景を見せたりしてるので、
映像にも台詞にも集中して見るのをお勧めします。

地球の最後を描きながら、人類の未来を模索する壮大なロマンへと昇華させた監督に拍手。
宇宙や数学に詳しい人は涙ちょちょぎれる作品かと。
マシューはじめ、出演者のアンサンブル演技も良かった!!


関連記事

コメント
この記事へのコメント
予告を観ても
話がさっぱり分からんので
何も知識入れずに
見に行きます。(-o-)/
マコノ屁さん
頑張ってるなぁ。
2014/11/10(月) 03:25:43 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
これ、今こちらでテレビ見ていてもバンバン宣伝してますわ・・・。
強烈にそそられますが・・・。
ノーラン監督ってどこか哲学的なアプローチをいつも感じるんですが、今回はどうですか?
2014/11/10(月) 03:30:00 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
視覚効果や技術部門でオスカーに絡んできそう~。
泣かせられましたか、ノーランさんに。
ん~この監督の根本は「哲学」かもしれないなぁ~っと思ってる今日この頃ですっ。
2014/11/10(月) 05:40:38 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
えっと、キャスト全員知ってるの初かも(恥)
マイケル・ケインが出てれば間違いナシでしょ!?
兄貴と全く違う顔のケイシー・アフレック、あんまり好みじゃない。(あ、聞いてないか)
で、ジョン・リスゴー!懐かしい!タコみたいなお口だよね。
何かむかーし、顔が半分別な顔になってるジャケットの
映画なかったっけ~?忘れちゃったけどさ。サスペンスかスリラーか。
今回マコノヘは脱がないのね?踊らないのね?
ギター弾かないのね?(笑)
壮大で興味あっけど、2H39Mはかんべんして~!
映画は1H30M以内にすること!って条例作ってpu-koちゃん!
2014/11/10(月) 06:39:07 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
わ、いいな~、これ私も劇場で観たいと思ってます~
泣かされちゃうところもあるのね。
お、サプライズキャストあり?楽しみだな~。
で、こいつって(笑)
2014/11/10(月) 07:45:08 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
はいな。説明されても理解不能な内容も含まれますがなかなか面白かったですよ。お楽しみに~。
2014/11/10(月) 15:40:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
哲学的・・な点については私はもう少し考えてみないと答えがみつからないです(笑)
どっちかというと科学的な部分に目を奪われたし何よりも父と娘の絆を描く愛のドラマ。
そして究極のアドベンチャーですね。
2014/11/10(月) 15:45:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
技術的な分野では必ずオスカーに絡んでくるでしょうね。
毎回そっちに重きが置かれてますが、今回はノーランにしてはヒューマンにも力を入れてるのでそちらもどう評価されるか楽しみです。
人間はどう生きていくべきかを模索してる点でやはり哲学なのでしょうね。
2014/11/10(月) 15:51:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
知ってる役者がいっぱい出てると嬉しいよね。
マイケル・ケイン爺ちゃんはほんといい仕事するわぁ。
リスゴーさん顔半分は多重人格のやつかな?
昔は悪役も多かったけど最近はいいおじいちゃんを演じるようになったね。
今回は年寄り組がほんといい。
マコノヒーは脱がない、踊らないけど いっぱい泣きますw
ケイシーは兄ちゃんに顔似てきたよ。やっぱ兄弟だわ。
私も二時間半越えは勘弁して欲しいけど、これは長さを感じさせなかったのは凄いかも。
2014/11/10(月) 16:01:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
うんうん、これはぜひ劇場で。
ノーラン監督にしてはエモーショナルな優しい演出もあってよかったよ。
わはは、サプライズキャストのあの方は決して嫌いではないんですけどね。
今回は「こいつ」扱いしちゃいますw
お楽しみに~♪
2014/11/10(月) 16:04:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
とうもろこし畑というと フィ-ルドオブドリ-ムス思い出すし 宇宙への旅立ちというと名作2001年宇宙の旅 って想像  繋がらんか
今回は脱がないんやね
2014/11/10(月) 18:06:02 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
この秋一番期待してた作品なんだなぁぁ。
楽しみ!キャストも素敵だし。
マイケル・ケインが出たら間違いないかな。あ、でも彼、間違いも犯してるな(笑)
個人的には「2001年宇宙の旅」と「アルマゲドン」なら後者の方が楽しみかたとしては上なんですよね。
テレンス・マリックとか哲学臭漂う映画はどうも苦手。
しかし、今回ノーラン監督んのちょっと小難しい所がエモーショナルに振れたら、すっごくいいのでは?とワクドキ。
サプライズって誰ざんしょ???
観たら戻ってきます!
2014/11/10(月) 22:21:00 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
フィールド・オブ・ドリームスよかったですね。
また見直したいと思ってるところでした。
映像的には2001年を髣髴とさせますよ。
宇宙の静けさって感じですよね。
マコノヒーは今回はお尻も出しません。って、みんな期待してるのねw
2014/11/11(火) 08:55:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ノーラン監督で宇宙ものとあれば期待しますよね~。
マイケル・ケインさまの間違いってなんだろ。
『オースティン・パワー』?w
そうね。本作は究極的には哲学なんでしょうけど、臭さはないね。
語るだけじゃなくやってのけるアドベンチャーでもあるからね。
小難しいけど、そこが壮大なストーリーに繋がっていて物語のスケールのでかさにも感動します。
サプライズはきっと日本公開前にはばれてるかとも思うけどね。
監督としては伏せておきたかったようです。
登場シーンからちょっと笑ったよw お楽しみに♪
2014/11/11(火) 09:01:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんにちは!
すごい宣伝してるので、観なきゃいけないのかな…と洗脳されかけてます(笑)。
私、人間がちっちゃいせいか、あんまし壮大な話はついていけなくて…おまけに頭も悪いので、哲学的な内容には???がグルグル脳内で渦を巻くだけ…ファンが多いノーラン監督の作品、どれも私は見事に置いてけぼり食らってます(汗)。ノーラン最高だね!とか言える人になりたい…
サプライズ、誰だろ?!気になるわ~。私が好きな俳優ならよいのだけど…
マイケル・ケイン御大は、名優中の名優なのに、仕事選ばない人ですよね~。そういう気取りのないスタンスが好き。ジョーズ5?6?9だっけ?駄作だけど好きなんです♪
2014/11/11(火) 21:57:09 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
予告で見るけどゼログラビティっぼいかなと思ってたんだけど出演者がおおいのの(笑)
2014/11/12(水) 03:14:51 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
宣伝も佳境に入ってるんでしょうね。
私もノーラン作品置いてけぼりを食らっちゃいますw
大体早めに見ることが多いけど、あとで詳しく解説してくれえるレビューを読んでそういうことかぁとわかるという(笑)
今回もわからない部分は多々あるんですがw人間ドラマがあってよかったですよ。
サプライズ・・松さんは絶対に楽しめると思います!!(笑)
2014/11/12(水) 09:05:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
うんうん、『ゼログラビティ』な部分もありますね。
+@なストーリーが絡むのでその分出演者も多いですけどw
2014/11/12(水) 09:07:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
面白そうなお話ですけど、2時間半以上あるっていうところに腰が引けてしまいます。ワームホールってのは、あっちからこっちへ抜ける穴くらいの知識はあるのですが、現れたり消えたりするから大変というSFなら観た記憶があります。元気なときにスクリーンに臨むようにします。
2014/11/13(木) 05:32:06 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
私は不思議と長さを感じませんでしたが、途中トイレに立つ人も多かったし、実際二時間半超えは長いですよね。
二箇所くらいなくていいかもと思うシーンもあったし、あと20分は短縮できそうなんだけどなぁ。
ワームホールを使ったSFもすでにご覧になってましたか。
色んな視点から映画を面白くしてくれる題材になりそうですね。早くやったもん勝ちかな。
スクリーン向けなのは間違いないので映画館でご覧になれるといいですね。
2014/11/13(木) 09:20:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観てきました。ドキドキハラハラの演出は見事だと思ったのですが、ラストに唖然という感じでした。一言でいうと「まわりくどい」。このオチに3時間近く付き合ったのかあって。でも、IMDBでは、ものすごいハイスコアなので、私は大事なところを見逃していたのかもしれませんです。
2014/11/22(土) 09:55:47 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
わはは、やっぱりラストね~。
私も「はぁ?」とポカンとなっちゃいましたから。
まわりくどいって(笑)確かに。しかしそれがノーランって気もします(笑)
この回りくどさがオタク心をくすぐって高評価になるのかな。
私は家族の物語にフォーカスし、果てしなきロマンを追う男の物語としても楽しめましたが、見るもので楽しみどころが違ってくるかもですね。TBありがとうございました。
2014/11/22(土) 13:56:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
2001とコンタックへのオマージュかなと思う場面も…。
pu-koさんと同じ場面で泣かされたと思います…(^^;
久しぶりに良い映画を観ました。
2014/11/28(金) 15:07:02 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
追伸。
最後の場面で馴染めなかった箇所があります。わたしには、平面の曲がり具合かな…。ネタバレになるので気になりますが、あの曲がり具合は、エリジウムくらいだったら、良かったのにと思います。そのほうが自然に受け入れられやすい曲線だったかと…。
2014/11/28(金) 15:12:49 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
NZ_RRさん>
お久しぶりです。
『コンタクト』はすでに忘れてるんですが、似てる部分あったんですね。
ちゃんと見直してみなければ。
マーフとの再会含め、マシューの家族を思う気持ちに今回は泣かされました。
2014/11/29(土) 08:09:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
NZ_RRさん>
おーー、平面の曲がり具合が気になるというのはさすがに科学や美術にお詳しいNZ_RRさんならではではないかしら。凡人の私は普通に受け入れちゃってたと思います(汗)
2014/11/29(土) 08:11:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「インターステラー」をTOHOシネマズ川崎4で観てきました。TOHOシネマズは他のシネコンより、映画が始まるまでの段取りが長いような気がします。いつも「もうそろそろいい加減にしろよ」くらいのところでやっと本編が始まります。ピクミンが登場しないだけマシに
2014/11/23(日) 00:55:15 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
クリストファー・ノーランの最新作です。 例によって2時間半を超える長尺の作品です
2014/11/28(金) 22:21:37 | はらやんの映画徒然草
 【ネタバレ注意】 運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。 ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められているに
2014/11/30(日) 09:05:53 | 映画のブログ