映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『刺さった男』ワンシチュエーションで引っ張るにはちと無理が
2014年11月02日 (日) | 編集 |



11月になりました。
今月後半は感謝祭特集として「家族と食事」にフォーカスした作品を観ていきます。
まず、月の初めは日本公開作品をいくつか。
刺さった男(2012)スペイン
原題:LA CHISPA DE LA VIDA/AS LUCK WOULD HAVE IT 
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演:ホセ・モタ/ サルマ・ハエック/ ブランカ・ポルティージョ /ファン・ルイス・ガリアルド/ サンティアゴ・セグーラ/カロリーナ・バング
日本公開:2014・11/22
元広告マンのロベルト・ゴメス(ホセ・モタ)はもう2年も失業中。
その日は朝からついてなかった。
職を求め訪ねたかつての仲間には冷たくあしらわれ、ホームレスには殴られ
思い出のホテルは姿を消し、遺跡発掘工事中。
思わず立ち入り禁止区域に足を踏み入れたロベルトはクレーンに吊り上げられ
地面に落ちた弾みに後頭部には鉄の棒がグサリ!!





『気狂いピエロの決闘』『スガラムルディの魔女』のアレックス・デ・ラ・イグレシア監督によるブラックコメディです。
タイトルから思い出したのがスチュアート・ゴードン監督の『THE CLASH ザ・クラッシュ』。
スティーヴン・レイ演じる主人公が事故で車のフロントガラスに突き刺さってしまうというお気に入りの一本ですが、職を無くした主人公のさえない一日を締めくくるとどめの不幸を描くと言う点も共通していて偶然には思えない(笑)
しかし、あちらは怒りの矛先が明確だったのに対し、本作では自業自得の事故でもあり
しかもその場から離れられないワンシチュエーション。
ここから話を膨らませるのは簡単じゃなかったでしょうね。

SNSを経て瞬く間に国民の注目を浴びることになるロベルトですが
頭に鉄の棒が刺さった状態で、「これは金になる」と睨むところは流石元凄腕の広告マン
放送権を巡る交渉など水面下で繰り広げられる金の抗争がシニカルです。




ロベルトには愛する妻子がいて、妻はサルマ・ハエック、息子はガクト風のビジュアル系w
社会情勢の批判含めシュールに笑わせてくれますが、でもあの状況で引っ張るにはちと無理があった。
笑いにも刺激にも慣れてしまうからね。
サルマの演技はいいのだけど、彼女には違うものを期待したのもあって、監督作品にしてはアクが足りないと感じてしまった。

それでも、シリアルドラマにシフトした後半は主人公の痛切なまでの家族愛に泣かされます。
『スガラムルディの魔女』でもお父さんは息子の将来のために強盗を犯してましたが、スペインの金融事情なんかも背景にあるのかな。家庭を持つお父さんななか特に共感する部分があるかも。
イグレシア監督はファンタジーに走らないこういう作品も無難に撮るんだなと感じた次第。
プライベートでも監督のミューズ、スガラムルディの美しい魔女を演じたカロリーナ・バングは今回はレポーター役で登場します。

こちらベルリンのプレミア会場での監督(左から2番目)と主演陣





関連記事

コメント
この記事へのコメント
サルマ・ハエック・・・ひっさびさに聞く名前だ!!
エドワード・ノートンの元カノじゃん!!
その時のショック(?)で、彼女が忘れられないんだよね。
…って、別にエドノーがそんなに好きな訳でもないんだけどさ。
中々苦しい引っ張りの映画のようで。
最初の「悪運の連続」のとこ読んで笑っちゃったよ。
そこまで運の悪いヤツもいるんだ!って。厄年かな!?(笑)
ところで、エドノーは元気かしらん!?
2014/11/02(日) 23:15:32 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
放題が素晴らしくいい(笑)・・・。
身の回りにありそうなお話なところもいい。
私の周りにも失業してるヤツがゴロゴロいるし、普通はホームレスに殴られたところでやってられへんわね(爆)・・・。
とどめに刺さるって(笑)・・・。
やるせない感じの映画であってほしい(爆)・・・。
2014/11/03(月) 00:20:08 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
鉄の棒を刺しますか~、頭にw
そこからどうんなドラマに仕上げてるのかは興味ありますが。
サルマちゃんの彼氏、ほんまビジュアル系やね。(笑)
2014/11/03(月) 05:26:05 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさんのレビューだけ読んでるとカルト・スリラーみたいな印象を感じたんだけど、コメディーなの?
あ、ブラックなのね。
この監督も過去作品も勉強不足~知らなかった。
クセありそうで面白そうですね。
スティーブン・レイのはミーナ・スヴァーリが出てたちょっとエロっぽいのですよね?レンタルで観た観た!あれはけっこう面白かったなぁ。
ところで、ガクちゃん風の息子の画像が笑える(笑)
サルマ姐さんも、こんな大きな子供がいる役をするようになったんだなぁと感慨深いものが・・・。
で、日本で劇場公開するんだ。間違いなくミニシアターだろうな。チェックしてみますねん♪
2014/11/03(月) 08:14:26 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
サルマさんは出産後少し映画界から遠ざかってた感があるけど最近はまた復活してますね。
劇太りの身体をちゃんと戻して相変わらず美しい。
ノートンと付き合ってたのは知らなかったなぁ。そういう情報にとんと疎いんだわ私。
ノートンは最近キャラが変わったようで、昔の「知的」「カメレオン」から「変な人」にイメージ変わってきてますw
はい、映画は気の毒すぎる男の話で、最後はちと笑えないもんがありますw
2014/11/03(月) 08:47:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
邦題が端的かつシュールなインパクトがあっていいですよね。
そそ、ホームレスにはお前はスーツも着て車も持ってるじゃないかって殴られるんですけどね、殴られるほうも実は明日をも知れぬ状況なのがシニカルなんですよ。
どこも怪我してないと思うけどなんか起き上がれない、という男の頭の下を覗き込む人がみんな「うわ!」ってなるのが受けるんですよ(笑)
2014/11/03(月) 08:53:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
鉄の棒刺さってました。
どんだけ運が悪いねん ってツッコミたくなりますがw
監督らしい振れを見せてくれる展開ですが、今回は少し棒のインパクト以上にはじけるものは無かったかな。
あ、サルマちゃんはハエック姐さんのほうで刺さった人の奥さんね。写真若いでしょ。
ビジュアル系は息子なのです。
2014/11/03(月) 08:56:57 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
監督らしくいろんなジャンルが盛り込まれてるんですが、はじめはブラックコメディですね。
台詞の中にブラッド・ピットが出てきて笑ったのはこれね(笑)
しかし最後は笑えないシリアスなものになります(笑)
監督は風変わりな作風でもあり、あまり大衆向けではないんですがビッグになる可能性は秘めた人だと思いますね。
そそ、『ザ・クラッシュ~』はミーナのビッチぶりも笑える凄く面白い映画でした。
サルマさんもお母さん役に違和感ないお年頃になりましたね。
でもまだまだお綺麗。
2014/11/03(月) 09:03:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これも、気狂いピエロの決闘 や どつかれてアンダルシア 同様見たい気がするタイトルですね
2014/11/03(月) 17:12:40 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
『どつかれてアンダルシア』それ確かに観たいw
2014/11/04(火) 14:53:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック