映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】キアヌ新作『ジョン・ウィック』既にカルト!!
2014年11月01日 (土) | 編集 |
blog_import_566b7953ade39.jpeg

ジョン・ウィック(2014)アメリカ
原題:John Wick
監督:チャド・スタエルスキ/デヴィッド・レイチ
出演:キアヌ・リーブス/ミカエル・ニクヴィスト/ウィレム・デフォー/
日本公開:2015
妻を亡くした悲しみに打ちひしがれる元殺し屋ジョン・ウィックの元に妻からの最後の贈り物の子犬が宅配される。ひと時の安らぎを覚えるジョンだったが、それもつかの間、突然の暴漢の襲撃により打ちのめされ、犬を殺され、車を奪われたジョンは、リベンジを誓い再び銃を取る。
blog_import_566b7954c12fc.jpeg

キアヌ・リーヴズ新作のアクション・スリラーです。
いつものようにさして情報を得ずに観たらこれが超絶面白くてね。
こんな面白い映画を誰が撮ったんだと調べたら、なんと監督の2人は共にベテランのスタントマンで
しかも、本作が初監督というからビックリ。

ストーリーは至って単純。
妻の遺した犬を殺され、全てを無くした男がリベンジを誓うというもの。
ところが男は闇の世界でも恐れられる元凄腕の殺し屋で、暴漢はロシアンマフィアのドンのバカ息子だったことから、双方の闘いは熾烈を極めることになるわけです。

とにかくね、アクション!アクション!!そしてアクション!!!
どこまでもバカ息子を追いかけ、立ちはだかる雑魚やら殺し屋を至近距離から撃ってしとめる
それだけの映画なんですが、失うものなどなにもないジョンを演じるキアヌの異様なまでの執拗さとノンストップのアクションに観てるこちらもアドレナリン大噴出。

その世界を知り尽くした監督のアクション演出は勿論のこと、乱闘後の死体の始末や傷の手当といった普段は見せない部分まで描いてみせるリアルさがまた面白いんですわね。
敵か味方かわからない殺し屋同士の繋がりもスリルを増す。
出来れば仲間を信じたいジョンの甘さが命取りになったり、はたまた助けられたり、ロシアンマフィアの中にも仁義が存在したりと、アクションだらけの中にちゃんと男のドラマを盛り込んでるところも魅力ですね。
blog_import_566b79560f9cd.jpeg

「クールだけど大根気味」と思っていた私のキアヌ評が大きく覆ったことも大きい。
傷ついても立ち上がり、顔をぐしゃぐしゃにして慟哭する こんなキアヌを初めて観た!
彼の中で何かが吹っ切れたのかな。 いいわ。

ロシアンマフィアのボスを演じたミカエル・ニクヴィスト
殺し屋仲間のウィレム・デフォー等 共演者も好演。

公開一週間にしてすでにカルトクラシックと評される超絶面白い一本です。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
キアヌの 話題作に出てこのまま突っ走るのかと思いきやB級とか地味映画にでたり そういった節操のなさ 好きです
2014/10/31(金) 17:05:41 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
キアヌとしては『マトリックス』が自分らしくない という感じだったのかもですね。
たまにブヨブヨに太るところもスターらしくない♪
2014/10/31(金) 17:40:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
わ、またまたロシアン・マフィアですか?冷酷そうな感じがするからかな?でも仁義もあるんですねぇ!
ワンコが殺されたら、やっぱり怒りまする・・・
2014/10/31(金) 19:17:49 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
毎日更新してっじゃん!
すげー、すげー!!
で、今日は「きったない靴しか持ってないキアヌ」かい?(笑)
良さげだね~。監督の技が光ってるんだね!いいね。
分りやすいアクション・スリラー、welcomeです。
pu-koちゃん、一つ間違ってるよ。「クールだけど大根気味」
・・・気味はいらないから。だってセリフは棒読みだし。
どっかぎこちないじゃん!面長顔好きだけど、彼は別!!
ま、時々真ん丸顔になったりしてますがね(笑)
2014/10/31(金) 20:07:00 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
デフォー先生の出演作ってキアヌカテだったのか!!
で、既にカルトの名作香りなの?!
妻の思い出のワンコ殺されて爆発するキアヌ……。
え、演技がよかったの?キアヌはセリフが少なかったら映えるので、アクションが向いてると思うんだけど、細かい演技も魅力あったのかぁ、そっかぁ~セリフ棒読みぢゃなかったんだ。
あまり情報入れないようにして、来年の公開を待ちます。
みーすけキアヌに謝るの巻となるか!?
2014/11/01(土) 00:58:11 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
へぇ~評価は高いんですね~。
スタントマンコンビの初監督作というのも面白そう。
キアヌは最近作品に恵まれない感じもしてたんだけど、これはイイ感じ。
2014/11/01(土) 04:06:17 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
最近はロシアン・マフィアの方がお金も持ってて勢力が上なんでしょうね。
ワンちゃんが最高に可愛いのに早々に殺されて観てるほうも「うわーん」で怒りが込み上げましたよ。
2014/11/01(土) 07:24:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そうなんですよ。
B級テイストなのに評価高い。
観ていてどんどん気持ちが盛り上がってくるのを感じたので、納得の高評価だし面白さでした。そう、スタントマンが映画を撮るというのも目新しいですよね。
キアヌの俳優人生変えるかも。
2014/11/01(土) 18:34:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
ふふ、ちょっとサボり癖ついてたけどちょっとまじめに。
キアヌ汚い靴しか持ってないの?(笑)
そそ、これ以上にないほどに超わかりやすいアクションスリラーでしたよ。
あ、大根 まんまで良かったのかw
『スピード』の頃はあんなにかっこよかったのに人気がないのは何故?
2014/11/01(土) 18:41:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
はい、デフォーさんはこれで観てきましたよ~。
ふふ、キアヌカテw 
そそ、リーアムさん以上にノンストップで敵をやっつけるキアヌが
壮絶に凄くて、既にカルトの香りなのです。
確かに今回も殆ど喋ることなくひたすらアクション、だからいいのかもね。
棒読みするほどのラインがなかった(笑)
みーすけさんも多分見直すと思うよ。自信はないけどw
2014/11/01(土) 18:41:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
どうして、凄腕の殺し屋なのに、あんな場面で気を抜いてしまうのだろうかとか。やっぱり、凄腕の殺し屋だったのに、助けは必要だったんだとか・・・。いろいろと突っ込みはありましたが、彼らしい演技だったなというのが印象に残りました。
面白かったですが、動きが少し遅くなったように感じませんでしたか?
ウィレムが味方役だったのは、良かったですね。いい味出していました。わたしが観た映画のなかでは、どちらかというと悪役にまわってしまうほうが多かったので・・・。
2015/01/15(木) 16:59:32 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
NZ_RRさん>
色々つっこみどころもありますね(笑)
だけど、凄腕の殺し屋なのに女を信じてしまうところとか、彼の優しさが命取りになるという展開は納得のいくもので、そんな不完全さが魅力となった作品だったと思います。
後半は確かに遅かったかもしれませんね。
前半とにかくスピード感で押し捲ってましたが、後半は彼の葛藤も入ってくるので気になりませんでした。そうそう、いつも悪役を演じるデフォーさんだけにいつ裏切り者に転じるのかハラハラしましたし、そういう'意味ではとてもいいキャスティングでしたね。
2015/01/16(金) 08:10:03 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック