映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『変態小説家』 サイモン・ペッグのパフォーマンスが楽しい
2014年04月30日 (水) | 編集 |



小説家が出てくるシリーズ・・・
え?まだ続いてたの?(笑)
いやいや、これも入れたかったなってことで。

サイモン・ペッグ主演の日本未公開のコメディ
イギリスのロックバンド クーラ・シェイカーのイケメンボーカル、クリスピアン・ミルズの初監督作品です。
変態小説家(2012)イギリス
原題:A Fantastic Fear of Everything
監督:クリスピアン・ミルズ
出演:サイモン・ペッグ/クレア・ヒギンズ/ポール・フリーマン
日本公開:未公開
 
児童小説からテレビの犯罪ドラマのライターに転身したジャックは、
ヴィクトリア時代のシリアルキラーの研究に没頭するあまり、誰かに殺されるとの妄想に駆られるようになる。
全てのものに恐れを感じ、ここ3週間はアパートを出ることもままならない。
そんなとき、担当エージェントからハリウッドの脚本家がジャックに興味を示しているとの知らせを受け、夜8時の打ち合わせに出席することになるが・・・

 クラシック怪奇映画風のオープニングがいい感じ。
UKロックにも疎いもので、クーラ・シェイカーもクリスピアン・ミルズも知らないんですが、
挿入歌や効果音が印象的で、さすが音楽畑の人だと思うところ。

でも本作の立役者はサイモン・ペッグですね。
ポスターで判るように、ジャック(ペッグ)はもとの色が判別できないような薄汚いパンツを穿いてますw
妄想のため家事もマトモに出来ない状態で着替えがないのね(笑)
お金もない彼は、この仕事にかけるしかなく、なんとか打ち合わせにいきたい。
そのためには下着の洗濯が必然ってわけで、第一関門突破にむけたドタバタが笑えます。
ジャックはナイフを手放せない。だから名前もジャックなのかな。
カオス状態のジャックをほぼワンマンショー状態で演じ、身体を使ったパフォーマンスで魅せきるペッグの
コメディアンとしての力量に脱帽です。
彼は声もいいのね。ナレーションや本の音読ひとつとっても世界観を作り上げる上手さがありました。




 ジャックには、実は幼い頃のある体験からトラウマを抱えているんですが
本作はトラウマを克服するジャックの成長物語でもあります。
まぁ、その過程の大騒動も突拍子もないんですけどw
クレイアニメが挿入されたり、妄想が描かれたりと映像もユニーク。
新しさもあるし、監督は面白い存在になるかも。ホラーの分野を極めて欲しい気がします。

劇中、ヒロインサンギート(アマラ・カラン)がジャックを励ますシーンでの台詞がとってもよかった。
日本未公開で、DVD発売は8月だそうです。


      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
一番下の写真はリチャ-ドアッテンボロ-やね
2014/04/29(火) 22:30:13 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
こ、これ観たい~♪
そうですか、DVDスルーですか、んでもいい♪
イギリスのコメディーはアメリカ物と違って独特の味わいがあって好き。
シニカルさとかがフィットするのかしら。
そう!pu-koさん、サイモン・ペッグは声いいよね~。声でちゃんと演技ができるのは役者として貴重です。
子供声とか最悪です、例えばディカ・・・むぐぐ・・・(笑)
このポスター笑えるね^^
2014/04/30(水) 02:15:43 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
どんなタイトルやねん・・・と思ったんですが、元の色がわからないくらいに穿き続けたパンツって・・・ナイス変態(超爆)・・・。
ネットオークションで、女性が三日穿き続けたパンツを落札した変態がいましたが、「臭すぎて頭から被れません」って、クレームつけたヤツがいた(超爆)・・・。
そんなおバカはまたね、万国共通なんよね(爆)・・・。
2014/04/30(水) 03:04:28 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
『恋愛小説家』ならぬ『変態小説家』とは…
動画観たよ!かいつまんであるだろうけど、
ラストのドアが開いて眩しい光の外へ出ていくシーン、
ほらほら、似たヤツがあったじゃん!!
そ、『cube』だ!!
実は私、サイモン・ペッグ知らないかも。
何かで観てるかな~!?
ちょっと、頭がこんがらがる内容みたいだね。
2014/04/30(水) 03:55:48 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
白パンブリーフがw
映像的にも凝ってる感じですねぇ。
こういうは公開スルーされてしなうんですね、残念。
DVDが出たら観ますよっ、絶対。
2014/04/30(水) 05:26:14 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
あはは~、第一関門は、おぱんちゅさん洗濯なのね∵ゞ(≧ε≦o)ぷっ
サイモンも魅力も存分に楽しめそうですね~。面白そう!!
2014/04/30(水) 07:52:26 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
えっと、一番下ってどれ?
映画にはアッテンボローさん出てなかったと思うんだけど私が気づかなかっただけかな。
2014/04/30(水) 09:24:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
面白そうでしょ。ま、期待は禁物系だけど、
ペッグは間違いなくがんばってるし、パフォーマンスだけで観る価値あり。
ねね、声がいい。って私は今回初めて気づいたんんだけど(笑)
抑揚もあって、うまいなぁって感心した。ラップも聴かせてくれるよ♪
ぎゃははw ディカ ゴホンゴホン はどうしてもね~。
声の趣味みーすけさんと似てるかもね(笑)
ポスターは『スキャナーズ』っぽくもあるよね。
色んな作品のオマージュもあった気がするから、詳しい人は楽しいかも。
2014/04/30(水) 09:33:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
本作でも着替えようと思って手持ちの下着を確認し、自分でぶっ倒れそうになってたよw
ホラーでしょ(笑)
で、三日穿き続けたパンツww
出すほうも出すほうなら落とすやつも落とすやつ。
でもって被るのが目的だったのねw 本物の変態~。
2014/04/30(水) 09:37:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
そうそう、本当は主人公は別に変態じゃないのよ。
タイトルにするなら『妄想小説家』くらいのものなんだけど、多分その『恋愛小説家』と韻を踏ませたんだね。
>ドアが開いて眩しい光の外へ出ていくシーン
『cube』もあんなだっけ。他にも思い当たるものがあって
ところどころホラーのオマージュが施されてるのね、きっと。
なぬ、ペッグ知らない?そうだっけ?
『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『宇宙人ポール』も観てない?
『スタトレ』や『ミッション・インポッシブル』の新しいのとかでもいい味出してて、今やハリウッドでも大事にされるコメディ派の方。
もしどれも未見なら、ブレークのきっかけになった『ショーン・オブ・ザ・デッド』観てみて。
『ミッション~:ゴースト・プロトコール』もお勧め。
2014/04/30(水) 09:45:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
もう、白ブリーフと言えない代物になっててね。
でも前半ずっとこの姿なもので、目のやり場に困ったわ(笑)
そそ、初監督作品でもあり、まとまりがあるとはいえないけど
映像とか音とか面白かったです。
監督はロッカーとしても有名みたいなのにDVDスルー。厳しいね。
2014/04/30(水) 09:49:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
そうなんですよ~。
パンツを洗うことをこんだけ一大事に描いた映画も珍しい(笑)
ペッグは改めていい役者だと思いましたよ。
2014/04/30(水) 09:51:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
きったねーパンツ‼︎
でもサイモン・ペックだしね(笑)
観なくちゃw
2014/04/30(水) 16:43:06 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
いや すんまへん 顔が似てる  ということ
2014/04/30(水) 17:35:08 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あのクリスピアン・ミルズが?そんな才能があったのか。
クーラシェイカーは70年代のリヴァイバル・バンドだけど、画像見る限り
そういう趣味も反映されているような。
ちなみにクーラシェイカーはある日突然ナチの衣装で現れて袋叩きに遭ったんだ。
懐かしいなあ。
ところでミルズは映画と関係なくもない。
どころか、グランパは『ライアンの娘』のジョン・ミルズで
叔母さんは『お熱い夜をあなたに』のジュリエット・ミルズ。
オカンも女優のヘイリー・ミルズで、オトンはイーリングを代表する監督のロイ・ボールティング。
pu-koさんも観た『戦慄の七日間』の監督ですね。
才能受け継いだ?
2014/05/01(木) 01:25:00 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
自分で匂いに悶絶してたw
ペッグさんいいね~。
2014/05/01(木) 10:39:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あー、ごめんごめん。
確かにうっすらほんわか丸顔系で似てるかも(笑)
2014/05/01(木) 10:40:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
見た目ぜんぜん映画撮りそうに見えないのにね。
おじいちゃんは『戦慄の~』の監督さんだったんだ~。
映画を撮る環境は整ってたというところかしら。
クーラシェイカーの曲いくつか聴いてみたけど、途中挿入される曲もその流れな感じだった。
ナチの服装wヨーロッパではギャグですまないかもねw
2014/05/01(木) 11:17:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
パンツ洗うまでを描いた、一種のロードムービーみたいな感じの映画なのかしら。ラストはそこはかとない達成感とかありそうですし。しかし、こういうピンポイントなコメディは日本で劇場公開されないのが残念。「ワールズ・エンド」は意地で劇場にかけたみたいな感じでしたけど、こういう映画を劇場にかけてくれる物好きはいないのかなあ。
2014/05/02(金) 03:58:39 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
パンツを洗うまでが第一関門突破で続きはあるんですがw
ドタバタしながらも落ち着く先は定番の成長物語でした(笑)
『ワールズ・エンド』はエドガー・ライト監督ですもんね。
公開しなかったらまた署名が集められそうだけど。
本作は新人監督だからよけいかな。
これでDVDででも成功すれば次に可能性がある。。かも(?)
2014/05/02(金) 21:13:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
最後までサイモン・ペッグの演技力に尽きましたね。
コインランドリーのシーンは結構好きなのでもう少しそこを
長くしてもよかった気がします。ヒロインの登場が遅いですね。
音楽は全く疎いのですが、ラップや歌、BGMなどはそれぞれの
シーンにとても合ったていたと思います。
2014/08/15(金) 18:20:42 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
サイモン・ペッグあっての作品でしたね。
存在だけで笑いをとる稀な存在、才能だと思います。
そうですね、コインランドリーシーン、もう少し膨らませてよかった気がします。
2014/08/18(月) 15:05:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あっこれ監督がクリスピアン王子、と知って、それだけで満点つけたくなっちゃう作品でした(笑)
冒頭の怪奇児童小説風のはじまりかたや、ハリネズミを使ったお話なんかもよくできていましたね
イギリスらしい小ネタを使ったコメディだったと思います
ジャックは…やっぱりそこからきてるのかな?(笑)
2014/08/29(金) 18:30:14 | URL | maki #79D/WHSg[ 編集]
makiさん>
ミュージシャンとしての監督さんをご存知だとそうでしょうね~。
児童小説の部分はまた別の作家が監督してるようで、それだけに本格的でしたよね。
あ、ジャックはニコルソンから?そこは気づかなかった~(笑)
2014/08/30(土) 09:01:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「変態小説家」原題:A Fantasic Fear of Everything監督:クリスピアン・ミルズ2012年 イギリス映画 100分キャスト:サイモン・ペッグ     クレア・ヒギンズ     ポール・フリーマン元絵本作家
2014/08/16(土) 09:21:16 | マープルのつぶやき
【概略】児童作家から犯罪小説家に転身し、連続殺人鬼のリサーチに没頭するジャック。しかし、このことが原因でジャックは自分が何者かに命を狙われているという誇大妄想に取り憑かれてしまい…。 コメディサイモン・ペッグ主演。児童モンから殺人鬼へとリサー
2014/08/30(土) 09:30:20 | いやいやえん
【A FANTASTIC FEAR OF EVERYTHING】 2012年劇場未公開 イギリス 100分監督:クリスピアン・ミルズ出演:サイモン・ペッグ、クレア・ヒギンズ、アマラ・カラン、ポール・フリーマン、アラン・ドレイクジャックは、児童作家から犯罪小説家に転身し、執筆活動のため、ヴィ...
2014/11/17(月) 15:12:58 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★