映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 あなたを抱きしめる日まで
2014年04月24日 (木) | 編集 |



マーティン・シックススミス
のノン フィクション本『The Lost Child of Philomena Lee』を原作に、18歳で未婚の母となり、幼い息子と強制的に引き離されてしまった女性フィロミナ・リーの子供探しの旅を描くヒューマンドラマです。
あなたを抱きしめる日まで (2013)フランス/イギリス
原題:Philomena
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:ジュディ・デンチ/スティーヴ・クーガン/ソフィ・ケネディ・クラーク/アンナ・マックスウェル・マーティン
イギリスの片田舎で家族と暮らすフィロミナは、ある日、長年胸に秘めてきた秘密を娘に明かします。
10代で妊娠したフィロミナは修道院に入れられ、重労働を余儀なくされた挙句、
幼い息子アンソニーと強制的に引き離されたという過去があったんですね。
50年に渡る母の苦悩を知った娘は、仕事場で出会ったジャーナリストのマーティンに相談を持ちかける。最初は気乗りのしなかったマーティンですが、作家として再起をかける時期にあり、取材に同意。アンソニーがアメリカに渡った事実を掴み、フィロミナとともに息子探しの旅に出るのですが・・

 監督は『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ
フィロミナにジュディ・デンチ、原作者であり、旅のお供をするジャーナリスト、マーティン・シックススミスにスティーヴ・クーガンが扮します。

 アイルランドにおける修道院の実態は『マグダレンの祈り』で知ったところですが、
本作では修道院のさらなる残酷な事実が明かされることになり、その非情さに驚愕します。
でもそこはフリアーズ監督。
ジュディ・デンチを起用し母の愛を前面に出し、訳ありジャーナリストとのロードムービーとして描くことで、ユーモアと重厚さを併せ持ったヒューマンドラマに仕上げてくれました。




 フィロミナは、息子アンソニーに人目会いたい。
一日たりとも息子を忘れることのない彼女は、アンソニーが祖国アイルランドを、そして母のことを思うことがあったのかをどうしても知りたいのです。
アンソニーの思いにたどり着く過程はミステリーでもあり、フィロミナとともに一喜一憂してしまいました。

 とにかくデンチが魅力的でね。
好奇心旺盛で可愛らしく、ホテルの朝食を楽しむ様子なんか思わず頬が緩んでしまいますが
サバサバとして潔く、歯に衣着せぬフランクさも持ち合わせていて駄目なものは駄目と諭すんですね。
シニカルなマーティンが母親に叱られた子供のようになりながら
次第にフィロミナをリスペクトしていく様子が気持ちいい。

 真実を語ることをよしとするジャーナリスト VS カソリックという構図で
修道院の悪を明かしてはいくものの、憤りや悲しみを乗り越え、それでも赦しを与えることのできるフィロミナの姿に、彼女の信じる宗教の素晴らしさも感じます。
スティーヴ・クーガン自身も加わった脚本もいいんですね。

今回、フィロミナの語る言葉のひとつひとつにハッとするところがあり、いくつかをノートに書き留めました。
その中のひとつ「I don't want to hate people.」は究極にシンプルだけど、必ずしも簡単ではないでしょう。
でもそれを実践するフィロミナの強さに感動。
彼女のようにはなれないけれど、私も座右の銘として心に刻んでおこうと思ったのでした。

ちなみにこちら(下)が原作者のマーティン・シックススミス氏と本物のフィロミナさん



アカデミー賞では 作品賞、主演女優賞、脚色賞、作曲賞でノミネート
ヴェネチア映画祭で脚本賞を受賞しています。
いい映画でした!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ、良かったねー。
色々なアプローチ方法がある中から、あくまでもフィロミナの息子探しをメインにして、糾弾や憤慨はそれぞれ鑑賞者に宿題的に出す監督の手腕に参りました。
ジュデイ・デンチのチャーミングなキャラクターが最高!こんなおばあちゃまになりたいわ~♪
盛ってんぢゃないかと思う程驚愕な事実とエンディングに泣けてしょーがなかったよ。
家族の愛っていいねー。
久しぶりにTBしました、にょろしく♪
2014/04/23(水) 16:56:50 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
上映館が少ないこともあって躊躇していたのですが、観て良かったと思える作品でした。赦すという心が胸を打ちました。
TBさせてくださいね。
2014/04/23(水) 20:27:29 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
気になってた作品です。
非情さに愕然?とドキッとしたけど良さそうですね。やっぱり観よう‼︎
2014/04/24(木) 00:57:29 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
人を憎まない事は簡単に出来る事じゃないですよね。
人間ならば、色んな葛藤や嫉妬やら争いから憎みの心情が出てきて当然とも言えますが。
また逆に、そういう暗部を突き放そうとする心情も、これまた人間ならではですな。
ちょっと哲学っぽいテーマも隠されてそうな一作ですねぇ。
2014/04/24(木) 03:49:35 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
これ良かったね~。
うんうん、マーティンの台詞などからして、もしかして原作はもう少し糾弾寄りなのかなとか勝手に想像するところだけど、映画としてはヒューマンドラマをメインに持ってきたのは正解でしたね。
ありえん仕打ちに驚愕し憤慨したけれど、同時にフィロミナの赦しの心には感動もしました。
あのお歳で魅力に主演をこなしたデンチさんはすごいの一言。
私も泣いたわ~。
TBありがとん♪
2014/04/24(木) 09:10:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
こちらも外国映画なせいか、上映期間も短く私は劇場逃したんですが
日本でも上映間館少ないんですね。
ごらんになれてよかったですね。私もヒロインの赦しの心には頭ガツンとやられたなぁ。
彼女の言葉の一つ一つに心洗われる思いでした。
TBありがとうございました。
2014/04/24(木) 09:17:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
神に仕える人たちがこんなこと・・・
ってね、めちゃ腹立つんですわ。
でもヒロインがいいのよ。きっと楽しめるはず、お勧めです。
2014/04/24(木) 09:23:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
おそらくは宗教心に培われたものとは思うんですが、
ヒロインの言葉にはハッとするところが多く、宗教関係なしに人生の教訓として胸に刻みたいと思えるものでした。
憎しみや怒りを乗り越える強さを持ちえるのもまた人間 ですね。
2014/04/24(木) 09:30:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
とかく、題材が暗くなりそうですが  笑顔の雰囲気
途中眠らんよう  観ようコメに入れときます
2014/04/24(木) 17:56:12 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
確かに悲惨な事実もわかるのだけど、意外に暗い感じはしませんでしたよ。
ジュディ・デンチがキュートだからかな。観やすいと思います。
2014/04/25(金) 00:08:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ、上映が始まる時間が微妙で
なかなかみれずにいましたよ~
ラストのところで、こんな話(修道院のとこじゃなくてね、息子さんの最後の居場所ね)
ほんとかいな~っておもってしまったですよ~
でも、ほんとよかったです~
2014/04/27(日) 02:26:54 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
お久しぶり~。どうしてるのかなと心配してましたよ。
そうそう、居場所びっくり&感動でしたね。
まさに事実 は小説より奇なり。
いい映画だったね。私も劇場で観たかった。
2014/04/27(日) 08:02:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
「カトリック 不祥事」で検索すると本件も含めて出るわでるわ。
あまりにひどいので愕然としましたよ!
まさに悪の巣窟。思わず義憤にかられてしまいました。
>赦しを与えることのできるフィロミナの姿
うーん。自分だったらどうするか、と考えながら観てみたいですねえ。
2014/04/28(月) 07:40:55 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
おー、色々出てくるんですね。
本作でも神に仕えるものが、善悪の判断を完全になくしてるとしか思えない。
酷いもんですよね。
私なら赦せないと思うのだけど、フィロミナさんはとても素敵な人で、その寛容な心は見習いたいと思うところもありました。
2014/04/29(火) 07:51:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これから観ようと思ってます。余談ですが、たしかにカソリックの歴史を調べると、4世紀あたりから汚職と貪欲な権力欲の巣みたいですね。ローマ帝国が教会を征服したあたりから、教会の性格が変わり教皇の醜行が始まったようです。帝国教会は、3世紀までの迫害の中にあった教会とは全く違い、支配の野望の中にキリストの精神を失い、忘れ去ったと書かれています。だから、だから、その後に宗教改革が起きたのでしょう。プロテスタント(抗議者)という名称が使われたことにも納得しました・・・(^^)
2014/04/29(火) 16:40:44 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
NZ_RRさん>
そんな早い時代から。
それではいくら信仰の教えがよくても手本になりませんよね。
でもその醜態がわかっていながら存続できるのも権力の大きさによるのかな。
歴史を紐解くと名前の由来なども納得ですね。
映画はそれでも宗教心により寛容で素敵なパーソナリティを備えた女性を描いていて、単にカソリック批判になってないところがいいところでした。
2014/04/30(水) 09:11:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「あなたを抱きしめる日まで」 (2013) イギリス=アメリカ=フランス原題/Philomena監督/スティーヴン・フリアーズ出演/ジュディ・デンチ スティーヴ・クーガン 他イギリスに住むフィロミナ(ジュディ・デンチ)には長年秘密にしてきたことがあった。5
2014/04/24(木) 06:04:44 | 天邪鬼みーすけの映画な日々
罪とは 赦しとは 公式サイト http://www.mother-son.jp 事実に基づいた映画 原作: あなたを抱きしめる日まで (マーティン・シックススミス著/集英社文庫)監督: スティーヴン・
2014/04/24(木) 08:56:16 | 風に吹かれて
迷っていたのですが ブロ友まうさんの所で拝見して背中を押され観てきました 【解説】   「危険な関係」「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ監督が 「ヘンダーソン夫人の贈り物」のジュディ・デンチを再び主演に迎え、 18歳で未婚の母となり、幼い息子
2014/04/24(木) 11:27:56 | アンダンテ あっち行って ホイ♪
25日のことですが、映画「あなたを抱きしめる日まで」を鑑賞しました。 18歳で未婚の母となったフィロメナは親から強制的に修道院に入れられ、息子をアメリカに養子に出されてしまう。それから50年 イギリスで娘と暮らしながら常に手離した息子のことを案じ、娘の知...
2014/10/16(木) 07:41:20 | 笑う社会人の生活