映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい絵の崩壊
2014年04月22日 (火) | 編集 |



イギリスのノーベル文学賞作家ドリス・レッシングの小説「グランド・マザーズ」を、ナオミ・ワッツロビン・ライト主演で映画化した異色ドラマ。
美しい絵の崩壊(2013)オーストラリア/フランス
原題:Two Mothers / Adore
監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:ナオミ・ワッツロビン・ライト/ゼイヴィア・サミュエル/ジェームズ・フレッシュヴィル/ベン・メンデルソーン
日本公開:2014/5/31
子どもの頃から親友として育ったロズとリルは、お互いの10代の息子たちも交え、家族ぐるみの付き合いを続けていた。しかし、ある夏の日、ロズに思いを寄せていたリルの息子が、その思いを告白する。次第に2人は真剣に愛し合うようになるが、母の不倫を知ったロズの息子もリルに接近し・・・

 ナオミ・ワッツロビン・ライトが互いの息子と愛し合うようになるという作品です。



 監督は『恍惚』『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌ
作品はどれも未見ですが、不倫などを題材に美しい絵を撮ることに定評のある監督らしいですね。
オーストラリア東海岸のコバルトブルーの海と、そこに暮らすリルとロズの瀟洒な住まい、主演二人と彼女らのリゾートファッション、イケメンの息子たちと、どこを切り取っても美しい。

 リルとロズの幼少期からを描いているため、前半やや助長に感じるものの、
互いの息子と関係を持ち始めると、観客としては三文記事を見る野次馬気分。
リル(ワッツ)は早くに夫を亡くしているけど、ロズ(ライト)には単身赴任中の夫(ベン・メンデルソーン)がいて、リルの息子イアン(ゼイヴィア・サミュエル)との関係は不倫。
当然そこには歳の差の問題も出てくるわけで、彼らの恋がどこに行き着くのか気になります。



ロズのお相手なんて『ラブド・ワンズ』で痛い目にあったイケメン、ブレントを演じたサミュエル君だよ。
その彼が母の歳のロビン・ライトを本気で愛すんですから・・ うらやまし杉!!
・・・ 取り乱しましたがw

テーマとしてはタブーであり非道徳的ですが、
彼らの苦悩はよく伝わり、導く結末にも それもひとつの生き方と、納得するものがありました。
それにしてもナオミ・ワッツロビン・ライトともにナイスバディでまだまだ美しい。
楽園のような穏やかな美しさで結ぶラストシーンが印象的です。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
美しい女性は、いくつになっても美しいですよね~。
PU-KOさん落ち着いて!w
今、こっちで、NHKでチャンドラーの「ロング・グッバイ」を連ドラで
やってるんですけど、やっぱり特に女優さんが圧倒的に子供っぽい。
男性にも女性にも、年を経た魅力ってあると思うんですけどねぇ。
若さに価値は見出せても、成熟に価値を見出せない、
と云うのは、文化としてはどうなのかと思うところw
2014/04/21(月) 11:53:26 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
フリン  エエ響きですな  一度はしてみたい
じゃけど、ダチのカ-チャンはとても とてもおばばで
しかし、 ガキの頃、 16でした  ダチのカ-チャン若くて
当時、30ちょっとくらいやったか  じゅ-ぶん使えますぜよ  なにが?
もちろん なにもなくて 今でもたまに出会いますが もはやじゅ-ぶんばばぁであります
2014/04/21(月) 17:34:42 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
しょええ~~!
一歩間違ったら昼メロ、ソープドラマな世界(笑)
邦題もすごい 有閑マダムを引き付けるため??
ノーベル賞作家の原作って冠と、女優の力でいい感じになるんだろうか。
ナオミ・ワッツ若々しくて、キュートだもんねぇ。
羨ましい限りだけど、10代はちょっとなぁぁぁ・・・ってただの妬みか(笑)
ロビン・ライトも ”ペン” が取れた頃から吹っ切れたように素敵になって好き。
ショーン・ペンってロビンとかシャーリーズとか大柄な肩ががっしりした女性が好みなのかな。
大きなお世話か(笑)
2014/04/21(月) 21:23:36 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
あは、思わず取り乱してしまいましたw
お2人とも皺はあるんだけど、それでも美しいんですよね~。
ちゃんと体鍛えてるんだろうな。結構筋肉もあって、華奢ではないのだけど
若々しいです。
『ロング・グッドバイ』がドラマになってるんだ。面白そう。
日本の女優陣は中堅どころがもうひとつ力がないのかな。
顔と名前も一致しないけど、若手はたくさん出てきてるような。
成熟に価値を見出して欲しいところですが、どうも世間はロリに傾いているような(笑)
2014/04/22(火) 00:44:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
記事の冒頭を拝見して、アンテナが反応しました。
観たいですね。
2014/04/22(火) 03:23:19 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
まぁまぁ、落ち着いてw
というか、このストーリーはひとつ間違えれば、ホント三文・・・。(笑)
どういう着地を見せてくれるか、ちょっと興味津々ですが。
ナイスバディも観たいっ。
2014/04/22(火) 04:16:28 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
ぎゃはは、取り乱してますなw
この作品は知らなかったけど、あ、これから公開ね。
挙げてる監督作2本は観てます。確かに映像綺麗でした。
この題材では、若手はいいとしても、相手の女優さんに魅力がないと成り立ちませんよねぃ。「ありえんだろ」が先立ってはね(爆)
2014/04/22(火) 08:11:54 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
いやいや、しないほうがいい。
思えば30代なんて完全に女ざかりだもんね。
10代の男子がクラクラするのも無理ないかw
今はさすがに・・でしょうけど ;)
2014/04/22(火) 18:37:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
でしょ。へたすりゃソープオペラだよねぇ。
この邦題もなんかクドイ(笑)
監督が女性だからか、女性には美味しいところもあったし、女優二人がとーーっても魅力的だから絵になったけど、男性が観たらどう思うんだろうな。
うんうん、ロビン・ライトは別れて確かに吹っ切れた感あり。
わはは、そういえばショーンは肩がっちり系好み?
見かけによらず実は甘えたいタイプなのかもね(笑)
あ、私も取り乱したけど、10代はさすがに遠慮する。
って、最初から相手にされないかw
2014/04/22(火) 18:55:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
熟女もたまにはいいでしょ。
違うかw
2014/04/22(火) 18:58:08 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
てへ、若いのが結構なイケメン君だったもので、つい(笑)
内容的には、よくもまぁってところでしょ。
着地もちょっとフェイントありながら、最後はあるところに落ち着きますが、生涯罪の意識を持ち続けるのかなぁとちょっと複雑なものがありました。
2014/04/22(火) 19:10:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
おーー、この2本鑑賞済ですね。
ファッションで楽しませてくれたり、映像が綺麗なのはさすが女性監督というところかしら。
あ、鋭いところつくね。
だよねぇ。綺麗どころの二人がそれぞれに魅せてくれるから、若者との恋にも説得力が出るけど、普通はこうはいかない。「ありえん」だとちょっとねw
『愛を読むひと』のケイトもぎりぎりだったわ(笑)
2014/04/22(火) 19:20:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
いやいや、息子を2人持つ母親としては
多少尋常な気持ちで観れない、っちゅーーか。。。
ま、その息子はみーんなオヤジ化しちゃってるから
この10代のピッチピチイケメンなんかとは、月とすっぽんぽんぽんだけどさ!!
ナオミ・ワッツ好きなんだわ~💕
あ!そーいやショーン・ペンとよく共演してるよね。
『21g』や、あと何だったっけ?弁護士系??忘れたけど、また共演してっじゃん、
って思ったのがあったのさ。
ま、こんな恋の行きつく先は、、、言わずとも「無」よ、「無」
けど、映画なら「無」を美しく「有」にできるんだろうけど。
作り話だから、ま、許す(偉そ)
2014/04/22(火) 20:21:03 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
ははは、母の視線になるとそうだろうね~。
近所にナオミ・ワッツみたいな美熟女がいたら心配になるかも。
ワッツはかわいくて私も好き。
ショーンと共演は『フェア・ゲーム』だっけ。やば、私観損ねてるけど
そんな知的な役から、『キングコング』『インポッシブル』みたいなアクション女優並みの役までこなしちゃうのがすごい。
結末は内緒だけど、ま、映画ってことで(笑)
2014/04/23(水) 12:50:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ひょえ~~!!日々の節制が若さを保つのですねぇ。食べたり飲んだりしたい・・・
2014/04/23(水) 20:34:06 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
綺麗になりたいとは思っても、さまざまな誘惑に負けちゃいますよね。
我慢だらけでも味気ないし。。。
なんて思ってるから駄目なんだろうなw
2014/04/24(木) 09:20:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
『美しい絵の崩壊』は実在するっっっ!
 ・・・
日本のプロ野球で活躍したペタジーニ選手の奥さんは20歳年上。
しかもペタジーニの友達のお母さんという。
しかも容貌はまるでナオミ・ワッツ    だったらよかったのですが、どちらかというとシュワちゃんとできちゃった家政婦さんのような感じでしたーーー
>ロビン・ライト(48)
よく存じないのでぐぐってみると、
俳優ベン・フォスター(33)と婚約とありました。
ロビンはガチだったです!
2014/04/24(木) 10:02:35 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
わはw そういえばペタジーニのこと(ご本人の顔もわかりませんが)聞いたことあります。
そっか~、この映画のモデルはペタジーニだったのか~(って、違うと思うw)
シュワちゃんと家政婦さんのことも知らなかったので画像検索してみたら、一緒に出てきた息子ちゃんがシュワちゃんそっくりで笑った。こりゃ間違いなし(笑)
ロビンさんベン・フォスターと婚約??うわぁ。それもびっくり。
それにしてもyossyさんゴシップにも強い!
2014/04/25(金) 00:06:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
タブーを扱っているとはいえ、ナオミ・ワッツとロビン・ライトではきれいすぎて、生臭くならないのかな。こんなきれいなおかあさんだと、まぶしすぎてその気にならないような気も。それだけに友達のおかあさんだったら、妄想がひろまりまくるかも。
2014/04/26(土) 00:47:43 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
そうですね。
これがもう少し所帯じみた感じだとwもっと生臭くなるかも。
というか、ありえんだろってなるかな。
実際、息子を演じた俳優たちは実年齢30歳前後なので、女優陣と絡んでも違和感ないんですよね。
まさに美しい絵になtっちゃいますから(笑)
2014/04/26(土) 19:07:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。