映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ある過去の行方
2014年04月14日 (月) | 編集 |



今日は今週末日本公開の作品から
『別離』のアスガー・ファルハディが脚本、監督を務めたフランス映画。
『アーティスト』のベレニス・ベジョが主演し、カンヌで女優賞を受賞しています。
ある過去の行方(2013)フランス/イタリア
原題:Le Passe/The Past
監督:アスガー・ファルハディ
出演:ベレニス・ベジョ/アリ・モサファ/タハール・ラヒム/ポリーヌ・ビュルレ
日本公開:2014/4/19
夫と別れて4年がたつシングルマザーのマリーは、子持ちの男性サミールとの再婚を予定し、新たな生活を始めていた。しかし、正式な離婚手続きをしていないため、イランにいる夫のアーマドをパリに呼び寄せる。マリーはアーマドに前の夫との子供リュシーとの関係が上手くいっていないことを告白し、アーマドはリュシーの話を聴くが、リュシーの口から思わぬ事実を知らされ・・


 『別離』で宗教や異文化を交えた複雑な人間模様を展開してみせたアスガー・ファルハディ監督。
本作でも正式に離婚の手続きを踏もうとする夫婦の過去を紐解くことで、彼らの愛憎がもたらす因縁をミステリアスに炙り出すことに成功しています。

 ヒロイン、マリーを演じるのは『アーティスト』とはまるで違った雰囲気のベレニス・ベジョ
4年前に彼女の元を去ったイラン人の夫アーマド(アリ・モサファ)を「離婚の手続き」のため呼び出し、
子持ちの恋人サミール(タハール・ラヒム)と同棲中の家に寝泊りさせる。
その「無頓着」とも思える行動の裏には、マリーのアーマドへの未練や執着があることに気づくことになる。
家が「ペンキ塗りなおし中」なのは、その思いへの裏返し、アマードへのあてつけにも見えてくる。
さらに、サミールには自殺未遂で昏睡状態の妻がいることも判ってくると
自体は妻の自殺の原因をめぐるミステリーへと展開するんですが、
それがまた、サミールの周辺の愛憎をえぐる多重構造になっていくのが深いんですよ。



 穏やかで誰にも優しいアーマドは好印象で、彼には何の罪もないように見えるけれど
結局はどうしてもパリで暮らすことが出来なかった移民である彼の本質が全ての悪を生んだのかもしれない。
そのことは「壊れたスーツケース」からのぞいていたお土産を、子供たちが盗むというエピソードで、さり気に示唆されてるようにも思いましたね。
スーツケースが壊れたことはアマードのせいではない
けれどもそのことが思わぬ「罪」を生むこともあるということ。
子役も上手かった



 最後は監督らしく、全てを語りません。
それでも、過去の全てが明らかになった今、ようやく新しい未来が始まるのだと
そんな風に思いました。
アスガー・ファルハディ監督やっぱりうまいわ。


      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
基本的にはパリが舞台ですか?
そうすると、また違った感覚で都市も捉えられてそうですね。
原題の方が深そうな印象。
「別離」積んであるので見なくては。
2014/04/14(月) 10:56:28 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
前売り買ってます。
先日予告を観たばかりだけど、今回もなにやら重たげで、気合入れて観ないと!
前作「別離」の衝撃感ってなかった。
人間の内面の描き方が秀逸で、世界にはまだまだ素晴らしい映像作家が
いるんだな~と感動と共に、映画の重さにどよどよ~ん^^;
今回も超重そう~。でも観る。
2014/04/14(月) 21:29:49 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
くどくど余計な説明はない監督さんなんですね。
あらすじ、読んでたらとっても気になる‼︎チェックしときます(○ ̄∀ ̄)ノ
2014/04/15(火) 01:34:09 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
そうそう、フランスとかイタリアの映画は語りすぎないところが良い。
近年の映画って説明過多って気がしませんか?
イマジネーションを刺激してくれる映画のほうが良いよね。
自分に都合の良い解釈が楽しめるから(笑)・・・。
2014/04/15(火) 03:34:44 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
あぁっ、彼女はカンヌで女優賞でしたか!?
じゃ、演技派な部分を見せてくれてるんでしょうね。
これは内容が、かなり混んでおる様子ですな。
ちょっと見たい一作ですな~。
2014/04/15(火) 05:20:57 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
そう。でもお洒落なパリというより、都会の片隅の中流の家庭を垣間見れる感じ
あと、移民の問題も、さりげないながら映画の鍵になる描き方でした。
うんうん、そのままズバリの原題の方がインパクト強いし、過去に何があったのかを浮き彫りにしていく本作に合ってる気がしますね。
『別離』も面白かったですよ。ぜひぜひ。
2014/04/15(火) 08:04:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
なんか、  すごい名前ですけど   ファ-ストネ-ムも間違えそうだけど
べ女  すごいね
2014/04/15(火) 08:51:28 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
おー鑑賞予定ですね!
そそ、監督は心理描写が巧み。というか、心理を引き出す状況設定が作りこまれててうまいなぁって感心します。
事実が明かされる様子も深いんですよね。二回ほど掘ってましたからw
今回は重さもあるものの、最後はうん、それでよかったんだろうなぁって思えたのがよかったです。
みーすけさんのレビュー楽しみにしてます♪
2014/04/15(火) 09:09:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
心理描写に関しては、色々に工夫を凝らしてるんだけど、判りやすく言葉で説明するわけじゃない部分も多いので、あとは観客がどう受け取るかかなぁ。
面白かったよ。
2014/04/15(火) 09:11:57 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
思います、思います。
最近はなんでもかんでも言葉で説明して字幕読むのも大変ですよね。
昔の映画とか、いい映画はシチュエーションや表情で語る部分も多いですよね。
私も観客に登場人物の心理や、その後を想像させる映画は面白いと思う。
ただ、読解力がないと何も感じられないので、作り手としても説明せざるを得ない部分もあるのかな。
ジレンマですよね。
2014/04/15(火) 09:21:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そういえばベジョさん何か獲ったなぁと思ったらこれだったんですね。
いらいらと煙草を吹かしたりヒステリックに子供を叱ったりするシーンが多くて、個人的には好きな演技とは言えないのだけど、元夫への未練を捨て去ろうとする女性の悲哀は伝わりました。
うんうん、映画自体は判りやすいのだけど、真実を掘り進める様子がなかなか深くて面白かったっす。
2014/04/15(火) 09:29:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あまり聞かない名前で、なかなか覚えられないでしょ。
べ女w
なんかわからんけどすごいね(笑)
2014/04/15(火) 09:31:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おおお、最初の3行読んで「観たい!!」って思ったゎ!
奥深そうな恋愛もの!?サスペンスではないよな!?
でもかなりミステリアスな。
いいね、そーゆーの。ジャンルは問わないが奥深いの大好き!
「え?そーゆーことだった?」みたいな…
あれ程TUSUTAYAの棚から取ったり置いたりした『アーティスト』
結局まだ未見><
観なくっちゃ~始まらんね。ハイ。
2014/04/15(火) 17:49:29 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさん、こんばんは!
あ~!これ、観たい観たい~!ってずーっと思ってたので、来月やっと地元で公開されることを知って、マンモスうれぴーのりぴーです♪
ミステリアスな感じがいいですね。私、タハール・ラヒムくんが大好きなんですよ~。彼も好演してましたでしょうか?「別離」未見なので、これを機にチェキってみます☆
2014/04/16(水) 07:53:46 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
お、「観たい」って思ってもらえた?うれしいな。
ロマンティックな恋愛ものではないけど、愛憎の織り成すドラマが意外な真相を含んでました。
あー、辛いなぁ、深いなぁって感じ。
『アーティスト』は今の時代にサイレントをよみがえらせてることがポイントで、
ひとつのジャンルとして面白く観れるはず。要チェキ!
2014/04/16(水) 10:28:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
こんばんは~。
おー、お待ちかねの作品だったのね。さすがフランス映画の松さん。
タハール君というのはクリーニング屋のサミール役ですね。
というか、『預言者』の主演だったことに今気づいた(汗)
今回は最初いじけたマスオさん風で魅力を感じなかったのだけど、反骨精神とか優しさとか垣間見せて、なかなかよかったです。優柔不断な役でもあり難しかっただろうと思いますね。
お楽しみに~。
2014/04/16(水) 10:38:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この監督さんの映画は、人間心理の機微を描くのが大変うまくて好きです。この映画もマークしています。鑑賞してからまた訪問させていただきます。
2014/04/19(土) 04:40:39 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhonさん>
本作でも心の機微を細かいところに伏線のような形で上手く描いていて感心します。
上手い監督ですよね。感想お待ちしてますね。
2014/04/20(日) 10:28:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ面白かったです。結局、物事思うようにいかないという結末は、それが人生だとは思うけど、がっつり描かれちゃってるので納得するしかないなあって気分にさせられました。前2作と比べて変化球という気がしましたが、語り部としてのうまさを感じさせる映画でした。
2014/05/03(土) 05:43:56 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
einhornさんもきっとお好きだと思いました。
緻密で深いですよね。監督の人の観察の視点とか感心しきりです。
2014/05/04(日) 07:23:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ああ、壊れたスーツケースのエピソード、確かに示唆的でした。
2014/05/04(日) 10:51:23 | URL | CHARADE #79D/WHSg[ 編集]
CHARADEさん>
はじめまして。コメントありがとうございます。
ね、スーツケースのエピソードは示唆的な意味を持たせたんでしょうね。
監督らしいなぁと思いました。
2014/05/05(月) 07:31:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大人の事情に振り回され傷つく子供たち 公式サイト http://www.thepast-movie.jp4月19日公開 監督: アスガー・ファルハディ  「彼女が消えた浜辺」 「別離」 4年前に別れた
2014/04/24(木) 08:59:05 | 風に吹かれて
原題 Le Passe英題 The Past2013年 イタリア、フランステヘランに住むアーマド(アリ・モッサファ)正式な離婚手続きのためパリに暮らすフランス人妻・マリー=アンヌ(ベレニス・ベジョ)の元にやってくる4年ぶりにマリーと暮らしていた家に着いたアーマドは...
2014/05/02(金) 15:15:12 | 読書と映画とガーデニング
今回は新作の「ある過去の行方」を渋谷のル・シネマ1で観てきました。昔はここでしか上映されない映画が多くて、足を運ばざるを得なかったのですが、最近はここのラインナップがシネコンにかかることが多くなって、そのステータスが微妙になってきている映画館(かな?)。
2014/05/03(土) 20:43:44 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
ずっと気になっていたのだが、ようやく観る時間を取ることができた。 題名ある過去の行方(英題:The Past) 監督アスガル・ファルハーディー 出演ベレニス・ベジョ(マリー・アンヌ)、タハール・ラヒム(サミール、マリーの恋人)、アリ・モッサファ(アーマド、マリーの
2014/05/06(火) 16:32:57 | 窓の向こうに
『ある過去の行方』原題
2014/05/10(土) 13:04:05 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
 『ある過去の行方』を渋谷のル・シネマで見てきました。(1)本作はフランス映画で、予告編を見て映画館に行ってきました。 本作は、大層複雑な家族関係についての物語です。 主人公のマリー=アンヌ(薬剤師:ベレニス・ベジョ:注1)は、4年前にイランに帰ってし...
2014/05/13(火) 21:14:01 | 映画的・絵画的・音楽的