映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
エリア・カザン『波止場』
2014年04月10日 (木) | 編集 |



マッカーシズムに揺れるハリウッドで密告者となってしまったエリア・カザンがその後初めて撮った作品にして、アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞等8部門に輝いた名作『波止場』を見ました。

波止場(1954)アメリカ
原題:On The Waterfront
監督:エリア・カザン
出演:マーロン・ブランド/エヴァ・マリー・セイント/リー・J・コッブ/ロッド・スタイガー/カール・マルデン/パット・へニング
テリー(マーロン・ブランド)は元ボクサーだが、今は波止場で荷役をする日雇い労働者であった。テリーはある日、地元のギャングであるジョニー(リー・J・コッブの命令で、古い友人を呼び出し、結果的に殺害に関与してしまう。

 今回、随分前に録っていたTCM放送の録画で鑑賞したんですが、解説者によると原作&脚本のバッド・シュールバーグもカザンと同様に密告者となり、その後も活躍を許された人。
映画は思いがけず友人の殺人に関与してしまったやさぐれた主人公が、苦悩の末ボスに立ち向かうというシンプルなストーリーながら、主人公の葛藤がよく描かれ、力強い作品に仕上がっています。
作中牧師の言う「時間と信仰が偉大な癒しとなる」や、刑事の言葉だったか「事実を証言し、公にすることは正しいことだ」印象的な台詞も数々あり、本作にカザンとシュールバーグ二人の苦悩が反映されていると観るととても興味深いものがありました。

 主演のマーロン・ブランドは時期が時期だけに、カザン作品に係わることに難色を示したそうですが、当時母親をなくし精神的に不安定な状態だった彼は、毎日4時に終わってカウンセラーに通っていいという条件の元出演を引き受けたのだとか。
その不安定な状態がナイーブなテリーに合っていたのかもしれません。
あることからやさぐれて、ろくでなしの人生に身を任せる青年が、死んだ友人の妹(エヴァ・マリー・セイント)と出会い、自分が失くしてしまった純真さと人を愛する心にハっとする。
港の平和を願う牧師の正義にも背中を押され、葛藤しながら悪に立ち向かうテリーを熱演。



終盤彼が兄に言う、「今みたいなろくでなしでなく、もっと違う人間になり得たかも知れない」という台詞にも
シュールバーグのしたことへの後悔がうかがえ、それを乗り越えて行動するところに作家としてなすべきことがあるという強い意思が反映されていたように思います。
兄チャーリーを演じたロッド・スタイガーがまたいいんだよねぇ。
弟を守るためにしてきたことが、逆に弟の人生を奪うことになっていたことを思い知らされる終盤の悲しい表情は心に残ります。
マフィアのボスを演じたリー・J・コッブも憎たらしい悪役ながら、最後素手で勝負に及ぶあたりにテリーへの愛情も感じる、牧師役カール・マルデンとともに、3人そろってアカデミー助演男優賞にノミネート。
残念ながら票を分けたようで3人とも受賞ならずでしたが、それぞれの演技力はもちろんのこと、脇役のキャラを際立たせる脚本と演出のうまさを感じますね。
最後は弱きものたちが大きな壁を打ち破っていくところにカタルシスを覚えました。


最後にTCMの解説者の言葉を
「今なおカザンとシュールバーグのしたことに弁明は許されないとする人は多いけれど、『波止場』が偉大な映画であることを否定するものはいない」

苦い経験を乗り越えたからこそ生まれた名作でもあるんでしょうね。
いい映画でした。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
リー・J・コッブがいい  12人 もよかったけど これの演技も好きです
マーロンさんは この前年の乱暴者 よかった  ちょいリ-マビンに食われたけど
2014/04/09(水) 18:00:59 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
リー・J・コッブって意識したことない人でしたが(汗)、港を牛耳ってはいるけれど、所詮小さな組織でいきがってる中流どころのやくざという雰囲気をうまく出してましたね。
乱暴者は未見。この頃のマーロンは垢抜けなさとニヒルさが半々でなかなか魅力的。
2014/04/09(水) 19:29:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ひゃ~タイムリー!
pu-koさんの記事に触発されて観たところ!VHSで(笑)
そうか、カザンだけでなく、原作、脚本のシュールバーグもリーク側の人間なんだね。
今回再見しながら、pu-koさんと同じように監督の心の葛藤とか言い訳とか救済を求める気持ち
なんかが作品に反映されているのを感じました。
何も知らずに観てもいい作品だけど、こうやって製作者の気持ちや背景がわかると、より映画が
深く沁みるね~。
「いやぁ~、映画って本当にいいものですね」(笑)
2014/04/09(水) 21:18:23 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
リー・J・コッブは大好きやったですよ。
『セールスマンの死』で名を売って、色んな名作に出てます。
『エクソシスト』の警部役もやってましたね。
ともかく、本作を撮ったカザン監督としては結果、大正解ですね。
ほんま、名作やもん。
2014/04/09(水) 21:53:40 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
革ジャンの
マーロンがセクシーという
女性が多かった。
pu- koさんはどう思う?
2014/04/09(水) 23:03:53 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
わーい!観ちゃいましたね。
みーすけさんちも録りためた映画いっぱいありそうだな。
今回は「いい男」付箋はついてなかったかな?♪
そう、シュールバーグもカザンと同じだったんだね。カザンが脚本を細かく修正させたということだけど、原作者であるシュールバーグの思いがたくさん詰まってることも間違いなさそう。
登場人物のさまざまな台詞にも作り手の葛藤や後悔など複雑な胸のうちがうかがえる気がしましたね。
私も今回このタイミングで観れて良かったです。
はい、映画っていいものだよねぇ(笑)
2014/04/10(木) 07:37:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
リー・J・コッブいい味出してたね~。
観た事のある色んな映画にも出てるのに名前も知らなかった(困)
リーさん探ししなければ。
『セールスマンの死』は未見だけどタイトルから気になる!
事件からわずか2年でアカデミー賞の主要8部門も獲得したというのもすごいところで、よい映画を残すことで汚名を払拭していった監督はあっぱれですね。
きちんと作品として評価した当時のアカデミーも偉かった。
2014/04/10(木) 07:47:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
ありゃ、私はあまりセクシーとは感じなかったな。
ボディラインが好みじゃないかも(笑)
でも時々表情にハッとするところはありましたよ♪
2014/04/10(木) 07:51:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
マーロン・ブランドはこの当時はセクシー俳優だったみたいですねw
時代が生んだ側面はある映画ですよね。
はじめにアーサー・ミラーが制作から脱落したようですが、
アーサー・ミラーが残っていて、シュールバーグじゃなかったら、また違った作品だったでしょう。
あ、確か、リー・J・コッブも告発した側だったかと。つまりエリア・カザン側の人ですね。
しかし、この当時の名作系の映画は、ショットも力強い。
こう云う撮影いつから出来なくなっちゃたのかなぁ。と思いますね。
50年代は過渡期っちゃ過渡期ですけど、60年代の映画ほど、時代の予見が、
表層的に現れていないのが多いんですよね。でも、予見は根底にはあって、そこがまた興味深いw
そう云う意味で、最近見て、びっくりした映画があります。
解説者の言葉が象徴的ですね。
名作は名作。だから、スコセッシも動いたんでしょうね。
2014/04/10(木) 10:41:06 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
カザン・ブランドのコンビは「欲望という名の電車」と「波止場」、どちらも力作として印象に残ります。「波止場」の方が後だったんですね!若い頃、ブランドがセクシーだと言われていて全然判らなかったのですが、今でも判りません(って好みじゃないということですね)
カザンを敵視する人も多く、それは当然なのですが、あの時代に映画を作り続けることがいかに大変だったか。。。「真実の瞬間(とき)」という作品で知りました。
2014/04/10(木) 20:17:45 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
マーロンはセクシー俳優だったんだ・・うーんw
アーサー・ミラーの作風については知らないんですが、赤狩りに警鐘を鳴らしたとされるようだし、カザンと同じ立場のシュールバーグとは、また違った側面も見えたかもしれませんね。
リー・J・コッブも告発側だったんだ~。
赤狩りは告発されたほうしたほう、それぞれに人生に大きな傷を残したんだろうなぁ。
どの時代にどんな映画が作られたというのを今振り返っても面白いですね。
miskaさんが驚いたという作品なんだろう、気になります。
レビューお待ちしてますね。
TCMは解説がつく(映画の解説というより、映画が作られた背景などを語ってくれる)のでとても参考になります。
2014/04/11(金) 08:37:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
『欲望の~』もよかったですね。
あは、マーロンはやっぱりセクシー俳優という存在だったんですね。
私もあまりセクシーとは思わないし、この頃のマーロンさんそんなに好みじゃないかも(汗)
本当に。世間の目も厳しかったはずですが、その中で名作を生み出し、名監督として名を残したんだからすごいですよね。
皆さんごらんになってる『真実の瞬間』利用してるネットレンタルではレンタルできないんですよね。
観たいんだけどなぁ。
2014/04/11(金) 08:52:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
精神的に辛い時だったんですね
昔、録画したまま
そのままにしてました💦
観てみよう!
2014/04/11(金) 18:12:56 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
まだ引きずってただろうと思うけど、立派に監督して、考えたらすごいことですねぇ。
ぜひ観てみて。感想聞かせてね。
2014/04/12(土) 06:51:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
そう、カザンの映画はいつだって力強く、名作だらけ。
(ちなみにpu-koさんに観て欲しいのは、72年だかの『訪問者』(だったか?))
でもさ、やはり鑑賞の際には複雑な気持ちになるのは否めない。
その密告の所為で死んだ人が何人もいるし、映画界に復帰出来ず
どこかへ消えた人もいる。
確かあのオカマの映画感想家(彼は自分のことをそう呼んでいる)が
「あの時代はそれが当り前だったのよ!」
などと言い、詳しい人をドン引きさせたこともありました。
さらに言えば、カザンは自伝の中でこの件に関し完全に開き直っており、加えてモンローを酷く中傷し
映画がいいからフォローしたいけど出来ない、という人も多いと思います。
なんと言うか、切り離せないんだよね。
まあ、人間的に残念な人ほど天才を感じるものだし(笑)
さすがにこれは自分も名作だと思うけれど。
長々と失礼しました。
そういえば最近『革命児サパタ』観返したな。
2014/04/14(月) 17:40:39 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
お久しぶりです~。体調はいかがですか?完治したかな。
『突然の訪問者』調べたけどレンタルなかったわぁ。
TV気をつけてチェックします。
カザン監督に関しては、犠牲になった映画人やその作品を知ってる人には余計に複雑でしょうね。開き直られると余計に(汗)
知らずに作品だけ観たら普通に絶賛できるけど、多くの人がいまだに監督を許せないというのも理解できるもんなぁ。
しかもモンローを中傷・・・。なんでだろしたんだろ。
『革命児サパタ』っていうのも初めて聞いた。面白い?
TIvoでカザンをリストインしたので、放送されたらもれなく録画してくれるはず。
ちょっとずつ観ていきます。
2014/04/15(火) 08:21:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック