映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『ウディ・アレンのザ・フロント』は赤狩りの実態を描く社会派コメディの傑作
2014年04月04日 (金) | 編集 |
 

小説家が出てくる映画を特集してましたが、ここからは少し範囲を広げて、脚本家が出てくる映画を2~3。
今日はハリウッドを震撼させた赤狩りを描く社会派コメディ『ウディ・アレンのザ・フロント』です。
ウディ・アレンのザ・フロント(1976)アメリカ
原題:The Front
監督:マーティン・リット
出演:ウディ・アレン/ゼロ・モステル/マイケル・マーフィ/G・ジョンソン 
  ソ連と冷戦下にあったアメリカは、共産主義者による諜報行動などの脅威から、共産主義者とそのシンパを「赤」として排除。映画界も例外ではなく50年代には「赤狩り」によって多くの映画人がブラックリストに載せられ、ハリウッドから追放されることになったんですね。

役者や監督は表に出ることが出来なければどうすることもできない。
けれど脚本家は密かに執筆を続け、別の人の名前を借りて作品を発表していた様子。
表に出ることの出来ない脚本家たちに変わって名前を貸し、表に出る人物をさすのがタイトルの「フロント」。
『ローマの休日』のダルトン・トランボがイアン・マクレラン・ハンター名義でクレジットされていたことなどがその例。
本作ではウディ・アレン演じるハワード・プリンスが「フロント」の役割を担っています。
 
 

ウディ演じるハワードは、元はしがないバーのレジ係。
賭け事で金をスっては給料の前借を頼み込むようなダメダメ人間なんですがフロントを請け負い偽の脚本家デビューするや、業界から注目されようになる。羽振りもよくなると同時に名声まで得てくると、まるで自分が偉くなったような錯覚に陥り妙な自意識が前面に出てくるのが可笑しいんですよ。

前半はウディ・アレンの好演もあって、シニカルコメディとして笑って楽しめるんですが自体は段々に深刻になり、お気軽ハワードがもはやお気軽でいられなくなる。。という話。  

邦題には「ウディ・アレンの」とくっついてますが、監督はマーティン・リット

実は監督のリット、脚本のウォルター・バーンスタインや俳優人の主なところがみな赤狩りの憂き目にあった面々とのこと。
それゆえに、単なるコメディに終わるはずはなく、社会派なメッセージが込められた作品に仕上がっています。

役者にスパイ行為まで強要する調査委員会の実態など、赤狩りが魔女狩り的にハリウッドに浸透していった実態など驚くと同時に大変興味深いものがありました。
スパイ行為に及んだ有名俳優が自殺する事態に発展していて、作り手の憤りの大きさも感じます。
ヒッキーを演じるゼロ・モステルはこれが遺作となりました。
 
 

終盤のウディ・アレンのカッコいいこと。
時代を映す貴重な作品だと思います。これは面白かった。
 


関連記事

コメント
この記事へのコメント
へ〜っ
ウディ監督じゃないんだ⁉︎
なんと、ウディがカッコいいとな⁉︎(笑)観てみたくなったぁw
2014/04/03(木) 17:56:39 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
あ、ウディ・アレンの知らない映画だ←ほぼ知らない(笑)
赤狩りと言えば「真実の瞬間」とか「GOOD NIGHT AND GOOD LUCK」辺りぐらいしか
すぐに出ないんだけど、アレンの語り口ってどんなんだろう。
冷戦時代のアメリカの「赤」に対する過剰反応ってすごいよね。
「お前は悪い」と決めてかかってからの裁判や公聴会ですもんね。
望まずに仕事を追われた人や不幸になった人がたくさんいるんだろうなぁ。魔女狩り怖い。
カッコいいウディ・アレン?!(笑) 気になるので観るね~♪
2014/04/03(木) 21:28:41 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
これ、当時劇場で観ました。
そのとき以来、再見はしてなかったなぁ~。
内容も忘れかけてましたが、そうか~こういう映画やったな。
マーティン・リットやらゼロ・モステルやら、懐かしいネームや~。
DVDが借りれたら再見してみます。
2014/04/04(金) 04:37:19 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
ね、私は監督じゃないウディ作品初めて観ました。
うん、ま、お顔がカッコよくなるとかじゃないんだけど、なんか決まってました!w
2014/04/04(金) 07:33:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
あ、私もそもそもウディ作品あまり観てないんですが(笑)
その『真実の瞬間』も観てないんだよねぇ。いつか観なければ。(何故かレンタルなし)
本作はウディの監督作品でないのだけど、本作のウディは実際に赤狩りにあった監督や脚本家の馬鹿な時代に向けた反骨精神が投影された役割を演じていて最後にきてそりゃカッコいいんですw
この映画を観ても「赤」と判断された基準も数年前にメーデーのパレードに出たとか、係わった売春婦が共産主義者だったとかくだらないんですが、自分がブラックリスト入りを免れるために、誰かの名前を挙げるといった状態だったんだねぇ。ばかげた時代ですよ。
このとき多くの仲間を売ったエリア・カザンは生涯嫌われ者だったみたいね。
2014/04/04(金) 07:46:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
おーー、劇場鑑賞されてましたか。いいなぁ。
アマゾンでも今はDVD入手できないようだから貴重ですね。
テレビで放送あったらぜひチェックしてください。
ゼロ・モステルさんはこれが遺作だったようだけど、役割にピッタリ嵌っていて哀愁漂ういい演技でした。
監督のこと全然知らなかったけど、タイトルに聞き覚えのあるものが多かったので、観てみなくては。
2014/04/04(金) 07:54:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
どうもウッディアレンは 好みでないというか  あ、監督してないんだ
ド田舎だと、 ちょっと変な行動とると あいつはアカだとか言われたり
かと言って、大学では まっかっかに染まってたところで、 夜ウロウロしてたら
外部のきょ-さんと-の人に怒られたこともありました  ちょっと頭なでてあげた人もおって
目つけられたこともありました  どうも徒党組む連中は信用できず
2014/04/04(金) 23:05:05 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
先に、次の記事を読ませてもらったので、これ凄く興味が沸いて来ました。
映画人にとっても映画ファンにとっても、忘れられない出来事だろうし。
放送してくれないかなぁ。観たい~
2014/04/05(土) 05:46:09 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
>赤狩り
冷戦というヘタを打つと国が滅んでしまうかもしれない状況で
いろいろやむを得ないこともあったのかもしれませんが、
芸術やエンターテイメントは政治とかそういうのとは切り離して欲しいなあ、と思いました。
2014/04/05(土) 07:52:21 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
私も昔のウディ作品苦手な傾向なんですが、そう、本作は出演のみ。
役者ウディ・アレンは思ったよりも素晴らしかったです。
へーー、おみゃあさんの時代でもそんな風だったんだ。
昔は日本でも学生運動が激しかったようだし。今は政治的なものを匂わせる学生ってなかなかお目にかかれないんだろうなぁ。時代が変わりましたね。
2014/04/05(土) 10:23:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
うんうん、これエンドクレジットでも名前のあとに(ブラックリスト)って括弧書きがつくんですよ。
絶対興味深く観れると思います。放送してほしいねぇ。
2014/04/05(土) 10:30:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
実際に共産主義者によりテロなどが横行し、国家の安全という側面もあったんでしょうから全否定はできないと思うものの、映画を観ても、ハリウッドのそれがいかにくだらない手段で横行したかがわかります。映画というのが思想を反映するという意味で目をつけられてしまったのかなぁ。多くの才能が葬り去られたと思うと残念ですよね。
2014/04/05(土) 10:41:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック