映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル』
2014年04月02日 (水) | 編集 |



客の殺人容疑をかけられたホテルのコンシェルジュと新人ベルボーイが繰り広げるアドベンチャーを描くウェス・アンダーソン監督の新作『グランド・ブダペスト・ホテル』を観てきました。
グランド・ブダペスト・ホテル(2013)イギリス/ドイツ
原題:The Grand Budapest Hotel
監督:ウェス・アンダーソン
出演:レイフ・ファインズ / トニー・レヴォロリ/F・マーレイ・エイブラハム/ エドワード・ノートン/ マチュー・アマルリック/ シアーシャ・ローナン/ エイドリアン・ブロディ/ ウィレム・デフォー/ レア・セドゥ /  ジュード・ロウ/トム・ウィルキンソン
日本公開:2014/6 グランド・ブダペスト・ホテル (字幕版)
 
小説家が出てくる映画というほどではないですが
映画の冒頭は、ある無名の作家(トム・ウィルキンソン)の遺した『グランド・ブタペスト・ホテル』という本のページを開く形で始まるので、一応このくくりで。




そこから遡ること20年、ヨーロッパの架空の国にある60年代のグランド・ブダペスト・ホテル。
若き日の作家(ジュード・ロウ)は、滞在中ホテルのオーナー(F・マーレイ・エイブラハム)に遭遇し、氏がホテルを相続することになった経緯と伝説のコンシェルジェとの冒険譚を聞くのです。



時代は更に遡り・・・、40年代のホテルではコンシェルジュのグスタヴ(レイフ・ファインズ)が忙しく立ち回っています。彼の信条は客に最高の滞在を提供すること。そのためには夜のお相手までしちゃうという徹底振り。
ところがある日、最上客のマダムDが死体で発見され、遺言に絵画『少年と林檎』をグスタヴに譲ることが記されていたことから、グスタヴは遺族(エイドリアン・ブロディ)の怒りを買うことになるんですね。
何故か殺人の容疑までかけられたグスタヴは、真相を求め新人ベルボーイのゼロとともにホテルを飛び出すのでした。



40年代のホテルはドールハウス風でもあり、シンメトリーに配した映像がもうアンダーソンワールド
そこに今回はクラシックの音楽が使われ格調まで湛えています。
品がよくてコメディセンスのあるレイフ・ファインズを主役に起用したのは大成功ですね。



ゼロ役の トニー・レヴォロリとその思い人パン職人のシアーシャ・ローナンはニューカマーゆえに、予測不能な面白さがあり新鮮です。勿論アンダーソンファミリーと言うべき常連たちも総出で、出演者は豪華、豪華。
それぞれの役どころを確認するのも楽しみに一つだけど、中には誰かわからない人もいるからねw
私なんか、エンドロールである人の名前を見つけた瞬間吹いちゃいましたw

ユーモアシーンをモチーフで繋いだような監督の作風は、深みを出しにくいかと思うのだけど
本作では戦争をまたいでのヨーロッパの歴史的変遷をホテルの衰退に重ね合わせているのも赴きがあって、まさに完成形といった印象。
時に高速処理されたアドベンチャー映像は漫画チックで爆笑もので会場は常に和やかでした。
制作費もきっと相当なものでしょうね。
今年のベルリン映画祭では審査員特別賞を受賞。
100分とは思えない中味の濃さで、見ごたえがありました。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
すごくキッチュな映像ですね。
スタジオ撮影メインかな? そうだとすると、その時代の映画の作りも意識している作品ですね。
誰が出ているか知らないで行った方が楽しめそう♪
アドベンチャーと云うのがおもしろいですね。
2014/04/02(水) 04:44:36 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
お~~~っと、「小説家」繋がりでそう来るか!
pu-koさんさすが(笑)
も~これ楽しみで楽しみで。
予告観てるだけで楽しくなってましたが、作品も極上そう。
美術も綺麗だし、コメディーのレイフ・ファインズが楽しみ♪
なるほど、エンドロール楽しみにしてるわ^^
2014/04/02(水) 06:55:20 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
これは楽しみにしてますよ~。
画像見ただけでもアンダーソン監督の世界観ですな。
その「名前」は誰なんやろ?
そういうのも楽しみですっ。
2014/04/02(水) 08:51:02 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
映像はアンダーソン監督らしいでしょ。
今回はちょっとスモーキーなところもあって、時代ごとにスクリーンの幅も変えているという懲りよう。
そうそう、私もお二方ほど誰かわからないままに観てました。
あとで「そうだったの?」ってわかるのもまた楽しいですよね。
アドベンチャー部分は最高でした。
2014/04/02(水) 11:28:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
わはは。
単発でいいかと思ったんだけど、観たら作家が出てるやないか と(笑)w
予告から楽しいよね~。あと意外にブラックな味付けがあったのも良かったです。
まさに極上。
2014/04/02(水) 11:30:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
楽しみでしょ~。
アンダーソンワールド、ここに極まれり。
もうオタクのためだけの映画じゃないって感じですよ。
あはは、「えーー?」と驚いた方が楽しいかなと、名前はあえて伏せました。
もっとも公開前には画像が出回って知れ渡るとは思うんですけどね。
2014/04/02(水) 11:34:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
レイフ・ファインズ / エドワード・ノートン/ エイドリアン・ブロディ/ ウィレム・デフォー / ジュード・ロウ/
CAST、↑ コレ しかわっかんね~。
しかし名優ばっかで見応えありそ!
エンドロールで吹いたの?
まさか、あの赤いコートの女性が、ゲイリー・オールドマンとか!?
そんな映画あったよね?「ハンニバル」だったっけ?あれ違ったか。。。
ここで、貴重な情報を!!
「プラトーン」のウィレム・デフォーは私とタメです。(貴重か~?)
2014/04/02(水) 17:51:54 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
レイフ・ファインズといえば、 イングリッシュ・ペイシェント、や ナイロビの蜂 など 途中寝てわけわからんなった作品多くて  苦手とする俳優
ホテル、作家 といえばシャイニング思い浮かべる
2014/04/02(水) 18:03:25 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
予告を見て、すっごく楽しみにしています!「ムーンライズ・キングダム」以来の新作かな?役者も音楽も一度で判るか心配ですが・・・。
2014/04/02(水) 20:26:47 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
この映画は最近劇場でチラシをもらってきました。
要チェック作品だったので、pu-koさんのレビューをさらりと読ませていただきました。
一人で見に行きます。日本では5月公開だったかな。
2014/04/03(木) 06:50:05 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん
ここに書いてない人で知ってる人もいっぱいいると思います。なんせ豪華メンバーよ。
赤いコートのゲイリーさん?ありゃ記憶にない。なんだろ。
デフォーさんとためなのね。貴重な情報ありがとうw ってか、デフォーさんって、若い時から老け顔で年齢不詳w
2014/04/03(木) 10:19:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
そうそう、『ムーンライズ~』以来。
時間を空けずによくこんなアイディアが浮かぶものです。
役者は私は二人判らなかったなぁ。
音楽は曲名はぜんぜんわかりませんがw賛美歌風の曲がきれいでした。
2014/04/03(木) 10:23:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん
あはは、シラっとした演技も多いかもね。だからこそ、こういうコメディ演技がひきたつのかも。
2014/04/03(木) 10:23:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん
ぜひ楽しみにご覧ください。劇場で観る価値ありだと思います。感想聞かせてね〜。
2014/04/03(木) 10:26:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
>一応このくくりで。
pu-koさまむりやり〜w
ホテルを舞台にした...というと
タラちゃんの『フォールームス』が超楽しかったので、
本作はぜひ映画館で観たいなぁーと思いました。
この監督さんの作品はこれまで観たことなかったので、
本作が面白かったら、ちょっと追っかけてみたいです。
2014/04/06(日) 07:25:42 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
はい むりやりくくってみました(笑)
監督の作品は好みが分かれるだろうと思います。
これまではユルでオフビートなものが多かったですが
独特の世界観がつぼにはまればはまる監督さんです。
ここにきてその世界観が確立され、アーティスティックな才能も際立ってきましたから
この作品で新しい監督を知るのは正解か白と思います。ぜひ~。
2014/04/06(日) 09:35:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これはダメでした。
真面目に見たんですが、サッパリわからなかった。
修行が足りんのでしょうか?(爆汗)・・・。
2014/06/07(土) 00:42:19 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
観ました!
面白い!これ好き。
場面場面がまるで絵画のように美しい。
場面によってはまるで小説の挿絵のようにしゃれている。
少年の成長と恋
冤罪を晴らすミステリー
脱獄のサスペンス
遺言状の謎
これらがからみ合って一瞬も飽きない。
キャラクターも立っている。
ウィリアム・デフォー怪しすぎ。
全体的にとてもチャーミング。
ウェス・アンダーソン監督天才ですね ! (→いまさら感)
アンダーソン監督の他の作品を観たくなっちゃいました。
2014/06/07(土) 04:57:59 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あー、駄目でしたか。
思い出語りの作品でしたが、監督作品は合う合わないがはっきりしてますね。
2014/06/07(土) 10:10:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
おー、楽しめましたね。
そうそう、映像は可愛らしく美しい。
監督の世界観としては完成形に近いのではと思いました。
まさにチャーミングな作品でしたね。
悪人顔ゆえ、怪しい男演じさせたらあいかわらずデフォーさんいい味出しますね。
2014/06/07(土) 10:18:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
やっと観てきました!実は機内上映もあったのですが、私の語学力では「?!?!」で・・・。
豪華配役陣、楽しんで演じている感じでした(勿論、ガチだと思いますけれど)
こういう作品を見ると「映画って楽しいな~~」とシミジミします。
TBさせてくださいね。
2014/06/13(金) 07:34:37 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
お帰りなさい~。お疲れは残ってませんか?
機内上映も字幕なしは厳しいですよね。これは特に構成がちょっと複雑だし。
いつものキャストたちも、新しい面々も楽しそうでした。おもちゃみたいな映画だよね(笑)
TBありがとうございました。
2014/06/13(金) 12:32:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
すごく良かったです。
「ダージリン急行」よりもずっとおもしろかった。
特に恐ろしい事件や悲しい結末をさらりと語り、
美しいおもちゃのような色調の映像と楽しい音楽で
それを全く感じさせない雰囲気が好きです。
アガサ役が可愛いかったですね。
2014/11/13(木) 01:51:47 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
逃走劇もジオラマ的な見せ方で、美しいおもちゃのような ってまさにその通り。
いつものちょっととぼけた語り口から一歩進んで、大人の御伽噺のような世界観。
もはや完成された感がありますね。
2014/11/13(木) 16:17:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大層 楽しみにしていました〜 やっぱり面白かったです 前作「ムーンライズ・キングダム」も「ダージリン急行」も楽しかったけれど ファンタジーにミステリーをトッピングした感じでしょうか? 今作もゆる〜いオトボケ・テイストに映画愛を満載 立体絵本のペー
2014/06/13(金) 22:35:09 | アンダンテ あっち行って ホイ♪
題名グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel) 監督・脚本ウェス・アンダーソン 出演■現代/トム・ウィルキンソン(旧ズブロフカ共和国の国民的大作家)、他 ■1968年/F・マーリー・エイブラハム(ミスター・モスタファ)、ジュード・ロウ(若き日の作家
2014/07/02(水) 19:35:24 | 窓の向こうに
JUGEMテーマ:洋画「グランド・ブダペスト・ホテル」原題:The Grand Budapest Hotel監督:ウェス・アンダーソン2013年 イギリス=ドイツ映画 100分キャスト:レイフ・ファインズ     トニー・レヴォロリ     F・マーレイ・エイブラハム 
2014/11/13(木) 16:52:11 | マープルのつぶやき
実はウェス・アンダーソンの作品を観るのはこの作品が初めて。 予告で豪華キャストで
2014/11/14(金) 21:21:51 | はらやんの映画徒然草