映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ダーク・ハーフ
2014年03月31日 (月) | 編集 |



小説家が出てくる映画シリーズ
今日はスティーヴン・キング原作をジョージ・A・ロメロ監督で映画化したホラーミステリー『ダーク・ハーフ』です。
ダーク・ハーフ(1993)アメリカ
原題:The Dark Half
監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:ティモシー・ハットン/ エイミー・マディガン/ マイケル・ルーカー/ ジュリー・ハリス/ ロバート・ジョイ/ ケント・ブロードハースト/ ベス・グラント
大学で教鞭をとるボーモント(ティモシー・ハットン)は、人気のバイオレンス小説家という裏の顔を持っていた。しかしそのことに気づいたファンにゆすられ、ボーモントはペンネームを葬り去ることを決意。
その矢先、彼の周囲で不思議な猟奇殺人が起き始め・・

 小説家が出てくる作品としてさり気に観てみたんですが、主人公の周囲で作品を真似た猟奇事件が起こり始めるという点で『推理小説家ポー~』と似ています。
本作もまずボーモントが犯人として疑われるのだけど、彼の容疑は簡単には晴れない。
なぜなら現場に残された指紋がボーモントのものと一致してしまったからなんですね。
じゃ、ボーモントが犯人やん!と思うでしょ。
ところがどっこい。ボーモントにはアリバイがある。
そうこうするうちに監視下にあるボーモントから遠く離れた場所で新たな事件が起きるわけ。
しかもやっぱり指紋はボーモントのものと一致!
なんで~ってなもんでしょ。




 映画は、ダークハーフであるその存在と対峙する主人公の壮絶な闘いを描くわけなんですが・・
本作は、別人名義で小説を書いていたことを明かしたキング自身の半自伝的な要素を持ち
アルコールや薬物依存症に陥っていたキングが、その離脱に希望を託す気持ちも反映されているんだそうな。
誰の心の中にもダークな一面があり、それに打ち勝つには家族の愛と強い心が必要なのだという描き方は、普遍的でもあり、暗闇から抜け出そうとするキングの心境を考え合わせるととても真摯な作品だと思います。
 
こういう非現実的な話は好みが分かれるでしょうけど、生まれてくることのなかった双子の片割れのエピソードなどがあるのでなかなか面白かった。

ティモシー・ハットンは家族を愛する心優しいボーモントと邪悪なスタークの二役を熱演。
スタークが段々ゾンビみたいになってしまうのは、ロメロらしいところ。
クライマックスのスズメの襲撃も大迫力でした。




ボーモントの双子の赤ちゃんが可愛くてね。
唯一の芸「バイバイ」がうまい伏線になってたのも可愛かったわ~(笑)



関連記事

コメント
この記事へのコメント
ロメロのこれは
あんまり恐くなかった。
やっぱゾンビが出てこないと盛り上がりませんな。
2014/03/31(月) 03:13:31 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
これ、ロメロなのですか。前に見すぎていて、内容がぼやぼやしてます(^_^;。
割りとさくっと終わってしまった印象があるんですが、
あの鳥、スズメなのかぁ。
鳥の映像は印象的で憶えています。
インナーな話を、割りと形的にざっくり見せた作品ですよね。
2014/03/31(月) 06:30:35 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ああ!これロメロだったのか!キングだったのか!!
去年の夏だったか夜中に何回かCSでやってた!
毎回「あ、ホラーやってる」ってチャンネル回してて気がつくというパターンで、都合3回程観たけどどれも途中から観て途中で寝たり、途中でチャンネル変えたりで通して全編観てない(笑)
スズメなんて出てくるの??双子も覚えが無いぞ。
寝てる間に出たのか・・・(爆)
ティモシー・ハットンが何だか狂気っぽくなるのは覚えてます。若いね~。
次にやるときはちゃんと通して観るよう頑張るわ!(笑)
2014/03/31(月) 08:45:13 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
ほんまや、最後の写真はゾンビっぽい~。
キング原作のロメロ監督作ですかぁ、これは知らなかった。
このビックネームの取り合わせは観てみたいですな。
2014/03/31(月) 09:12:17 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
作家の妄想も シークレット ウインドウのほうが軍配が上がるようで
2014/03/31(月) 18:08:06 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
怖くはなかったですね~。
あいつはゾンビみたいなものだけど、やっぱりゾワゾワとたくさん出てきてこそロメロかなw
2014/03/31(月) 22:59:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
これ私も随分前に録画放置してたんですが、キング原作と知りながら、ロメロだったのは知らなかったかすっかり忘れてましたw
そそ、最後はウワぁーーっとクライマックスを迎えて、その後あっさりでした(笑)
スズメが使われるのって珍しいですよね。
小さくて可愛いから凶暴なイメージなかっただけにビックリ
2014/03/31(月) 23:03:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
私も忘れてたんだけどwそうなんですよ~。
ビッグな2人のコラボなのに未公開であまり知られてないのかなぁ。
クライマックスのスズメはちと凄いよ(笑)
主人公の双子は脳腫瘍みたいなものでw正確には出てこないのだけど
説明するとネタバレ(そこはしてもかまわないところながら)になるので、曖昧にしてます。すまん。
ティモシー・ハットン頑張ってました。
またテレビに登場したらぜひ観てみて~。ちょっと笑えるかもだけどw
2014/03/31(月) 23:10:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ね。ビッグなお2人の作品にしては知られてないのかな。
そそ、上手く説明できないけど、内的な存在のはずが、死人の肉体をまとって・・ってな風で、ゾンビではあるんですよね。段々腐ってくるしw
機会があれば確認しちゃってください。
スーパースーパーナチュラルだけどキングらしいってことで。
2014/03/31(月) 23:14:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
『シークレット・ウィンドウ』再見して記事にしようかなと思ってたところでした。
作家の妄想系の作品もいくつかありますよね。
あ、でも本作は妄想じゃないんですよ。
2014/03/31(月) 23:21:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
劇場公開されたのかなあ、この映画。ビデオ発売時にチェックしていたのですが、結局レンタルし損なった映画です。サイコスリラーかと思っていたのですが、超自然の方に転ぶようですね。サイコスリラーが出回りすぎの感もある昨今では、そっちの方が新鮮に映るかも。
2014/04/01(火) 08:08:19 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
これ劇場未公開みたいですね。。でもチェックされてたんですね。さすが。
確かに今だとサイコスリラーって「またかよ」ってなりますよね。
その点本作の展開は新鮮でした。なんじゃそりゃーと思いながら楽しんじゃいましたもん。
世間の評判はあまりよろしくないようですけど・・(笑)
2014/04/01(火) 09:13:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
本作見損ねておりまして。
キングの映画化作品はどれも微妙...というより、原作の魅力は奔流のように紡ぎだされる言葉の面白さ
なので、キング作品は映像に不向き...と勝手に決めつけているのですがー
キング+ロメロのコラボは『クリープショー』がめちゃ面白かったので本作も機会があれば観てみたいです。
2014/04/04(金) 09:58:12 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
yossyさんはキング作品にも詳しそうですね~。
紡ぎだす言葉の面白さが大きな魅力なのですね。
スーパーナチュラルな展開も、それを読者それぞれが空想できるところが面白いのだけど、映像にすると安っぽくなるものもあって、特に昔の技術では限界がありましたよね。
『クリープショー』面白いんですか。というか、ロメロ+キングだったのね。
観たくなりました。
2014/04/05(土) 10:10:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
記事を拝見して、そういえばこれ見逃してたなあって気付いて、中古ビデオゲットしました。サイコホラーかと思って行ったら、その斜め上を行く展開にびっくり。でも、ロメロ監督は設定のぶっ飛び度に比べて、割とマジメに演出しているので、設定が若干浮いた感じも。マイケル・ルーカーっていい役者さんだなあって思い出しました。
2014/04/05(土) 18:29:31 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
>紡ぎだす言葉の面白さが
キングの小説ってプロットはすっごくくだらなかったりするんですよね。
例えはキングの大作『ニードフル・シングス』のあらすじは
「主人公がある村を訪ねました。しかしその村は宇宙人に乗っ取らちゃってました。おわり」
というほんとにしょうもない話。で、それを感動作にするキングの怪物的な筆力!
>『クリープショー』
往年の低俗なホラーコミック紙を映画で再現するという
現在のタラちゃんの『グラインドハウス』を先取りした企画でした。
>ロメロ+キング
なんとキングの役者デビュー作にして主演を務めていますw
低俗なストーリーの奥に隠し切れないロメロの知性...
2014/04/06(日) 00:06:42 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
『ニードフル・シングス』映画で観た観た♪
あ、あれは悪魔と思ってたけど宇宙人だったんだ。
マックス・フォン・シドーが怪しくていいですよねぇ。
人間の猜疑心や悪の心を操るというのが、人間じゃない男が主人公というB級をリアルな問題に転化していて楽しめました。
へーー、『クリープ・ショー』はホラーコミック誌の再現?
映画にしてどんな風な映像になってるのかな。さらに興味がわきました。
えーー?キングが主演?ロメロの知性とともに確認しなくては!
2014/04/06(日) 10:29:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
わはは、やっぱり斜め上ですよね(笑)
いまどきはサイコホラーも既視感ありになりがちなので、逆に新鮮に観ましたが
個人的にはお年を召した博士みたいな女性の説明はぶっとび設定の中でもちょっと意味を持ってて良かったです。
マイケル・ルーカーってほとんど意識したことなかった役者さんでした。
この頃はヒース・レジャー似の優しい風貌だけど、いまは悪役で活躍してるようですね。
2014/04/06(日) 15:55:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
pu-koさんのブログの記事で、そういえば「ダーク・ハーフ」はその昔、観ようと思ってそのままになってたのを思い出しました。DVDが高価なので、中古ビデオをアマゾンで1円(送料別)でゲットして、鑑賞することにしました。 サッド・ボーモント(ティモシー・ハット
2014/04/06(日) 09:29:25 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)