映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
推理作家ポー 最期の5日間
2014年03月29日 (土) | 編集 |



作家が出てくる映画シリーズ
今日は2012年製作のゴシックミステリー。
ジョン・キューザックがエドガー・アラン・ポーを演じています。
推理作家ポー 最期の5日間 (2012)アメリカ
原題:The Raven
監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ジョン・キューザック/ ルーク・エヴァンス / アリス・イヴ/ ブレンダン・グリーソン/ ケヴィン・マクナリー/ オリヴァー・ジャクソン=コーエン/ ジミー・ユール/パム・フェリス
 ポーの作品を真似た連続殺人事件が発生。
警察の捜査に協力するポーだったが、次の標的となったのはポーの恋人エミリーだった。

邦題がこれなんで言いますがwポーの最期の5日間を描く作品です。
実際にはポーの死の真相は不明とのことで
本作は、ポーの作品を真似た連続殺人事件を追うミステリーを軸に
謎に包まれたポーの死を大胆に創作し物語に組み込んだ作品なんですねぇ。



これなかなか面白かったな。
猟奇殺人のダークでゴアな雰囲気がまずいいでしょ。
ポーを読んでないので、犯人が真似たというオリジナルの作品の殆どがわからなかったんですがw
知らなくても、物語自体を理解するのにそれほど支障はないのはありがたい。
詳しいとより楽しめるのは勿論間違いないでしょう。
ま、でも大鎌みたいに映画で知ってるものが出てくると嬉しかったりしてね(笑)

ポーは事件ごとに犯人が与えるヒントを読み解き、ヒロインの捜索に奔走する。
同時に犯人が要求するところの新しい作品を手がけていくのですが
犯人像を考えれば、これも亜系『ミザリー』的な歪んだファン真理が背景にある作品と言えますね。



酒に溺れ作品も書けず、お金もなかったという事実に基づいているので
序盤のポーのグダグダぶりは観てて辛いものがあり、
あんな若くて綺麗な恋人エミリーとラブラブなのは不思議だったけど、
実際ポーは13歳の妻を娶っていて、ロリコンという事実に即した形だろうかw
キスシーンなんかエミリー役のアリス・イヴが気の毒に思ったのは私だけだろうか(笑)



フィールズ刑事役の ルーク・エヴァンス がめちゃカッコよかったので、
エミリーとフィールズ刑事ができちゃった という展開の方が現実味が合ったかもだw

原題のThe Ravenはポーの代表作の一つ「大鴉」の意味。
カラスが死と通じる生き物であるところから付けられたタイトルでしょうか。
冒頭、ベンチに座る瀕死のポーの頭上にもカラスが舞っていました。
劇中にも、『大鴉』でカラスが喋る「nevermore」の台詞が何度か出てきましたね。

最期にポーがある人物の名前を口にしたという事実を知ってると犯人はわかってしまうのだけど
作品中、もう少し犯人に伏線を張っていると、犯人探しのミステリーを楽しめたのではないかな。
なんにしても、史実をからめつつ、新作がポーを死に導くとした脚本は上手いし
監督のジェームズ・マクティーグの醸しだすゴシックな雰囲気もよかった。
ポーのファンは大いに納得するところではないかしら。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
アリス・イヴが気の毒w にちょっと受けてしまいました(笑)。
ちょっと、ジョン・キューザックに緊張感が欲しかったかなぁ。
全体的にはいい雰囲気でしたね。
ルーク・エヴァンスはきれいな男性ですけど、
きれいな男って軒並みゲイなんですよねぇw
知らなくても楽しめる娯楽ぽいつくりですが、
やはり、ポーの作品を知ってるとより楽しめますね。
あ、それと、シェイクスピアもキモだった記憶があります。
TBさせてくださいね。
2014/03/29(土) 10:52:14 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
同じくルーク・エヴァンスがかっこよかったと思います。
最近みた「no one lives」はちょっとかわいそうな役どころでした~。
ストーリーは少々ダレましたが、時代を忠実に再現した町並みや衣装、建造物等は素晴らしかったです。
2014/03/29(土) 20:51:38 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
>ダークでゴアな雰囲気がまずいい
そうそう、すごい良さそうだなーと思いつつー
>邦題がこれなんで
そうでしょ!
封切りの時にみようかなーと思ったのですが
「題名でネタバレすとるやん !」
とちょっと萎えた覚えがありまして。
>ルーク・エヴァンス
めちゃかっこいいですよね!
>エミリーとフィールズ刑事ができちゃった
いやいやそれはむりでしょう。
むしろジョンキュー...
なぜならエヴァンスはゲ...いやなんでもありません。
2014/03/29(土) 23:00:10 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
これ2~3ヶ月前にちょうど観たところです。
ジョン・キュー久々主役で頑張ってたけど、ルーク・エヴァンスが素敵すぎて、印象薄く感じてしまった(笑)
わたしもポーは有名どころしか読んだことが無いんで、振り子ぐらいしか分かんなくて、知ってたらもっと楽しめたかもしれないので、ちょと残念。
陰陰滅滅な雰囲気にルーク・エヴァンスの爽やかな風が吹く~って感じ。
結局そこ? そこ!
2014/03/29(土) 23:53:42 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
TSUTAYAで見かけて、常々気になってたヤツですわ、コレ。
何せ、以前も言ったように「3度のメシよりジョンキュー」って友人がいるんで、
やっぱ気になるところです(笑)
優しいイメージのジョンキューだけどさ、観たよ「ペーパーボーイ」
ありゃ~ちょっと引いたわ。
コレは本当のジョンキューらしさが出てる感じだね?
あああ、また「ミザリー」ってワードが!!
とりあえず、次回のレンタルでコレ観ます!
2014/03/30(日) 04:07:59 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
これは、何となく見逃したままにしちゃってます。
けっこうダークでゴア描写もアリでしたか~。
ポーの作品には疎いけど、じゃ近いうち観てみます。
2014/03/30(日) 05:14:14 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん
確かに全体にダークな雰囲気の中、ジョンキューの甘さが浮いた感じはありますね。
で、ポーを知って観るとうんと面白かっただろうと思います。
え?w ルークさん、そっち系?うわーーん、勿体無いなぁ。いい男なのにぃw
TBありがとうございました。
2014/03/30(日) 09:14:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん
やっぱり、ルークの美しさが印象に残りますよね。
ルーク目当てで『 no one …』観ようと思ったのだけど痛いことになっちゃうのかな。
雰囲気のいい映画でした。
TBありがとうございました。
2014/03/30(日) 09:20:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
冒頭からベンチに座る具合悪そうなwポーを映し出してはいるんですけどね。
ジョンキューの瀕死の演技がイマイチで何してるのかわからないので、こういう邦題にしたんだろうか(笑) 
んもー、エヴァンスはゲ・・ だったんですねぇ(笑)
むしろジョンキュー ってw 大うけ
変な図を想像しちゃいましたわ(笑)
2014/03/30(日) 23:29:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ね、ね。ジョンキューには申し訳ないけどルーク・エヴァンスの方に目が行っちゃいますよね。
そそ、もっと知ってたら台詞なんかにも「おー!」っと思うところあったんだろうなぁと。
ツーな楽しみ方が出来なかったのは残念ではありますね。
わはは、私もエヴァンスさん観れただけで満足なところあったんですけど
どうやらゲイらしく。それもちと残念~。
2014/03/30(日) 23:35:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
そうだそうだ。
そのおともだちとぜひ一緒にご覧下さい。
で、ぎゃは『ペーパーボーイ』みちゃったのね。
引いたでしょ。最近のジョンキューの中でもあれは強烈だったし。
お友達ももうファンやめるとか言うんじゃないだろうか(笑)
これはね・・ジョンキューらしいとも思わなかったな。
中途半端でどっちかというとミスキャスト(笑)
でも観ちゃって。ちょっとグロいけど・・大丈夫よね?
2014/03/30(日) 23:39:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そそ、うわぁってほどではないんだけど、苦手な人にはきついのかな。
個人的には丁度いい具合のゴア加減でした。
多分作品観てるに越したことはないと思うんですがオチなんかはなかなか楽しめました。
ハードル低めで見ちゃってください♪
2014/03/30(日) 23:43:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
冒頭でヨレヨレのポーが、お下劣で猟奇的な事柄を芸術的に語る姿を見て、この作品はわかりやすいという点で凄く良心的な映画やと思いました。
ポーの事を知らなくても楽しめますもんね。
親切すぎる邦題には笑ってしまいますが、「ポ」という響きが艶めかしくて良い(汗)
2014/03/31(月) 12:29:48 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
そうそう。確かに作品知らなくても理解に支障なかったのはありがたかった。
そういう風に丁寧に作ってくれてたということですね。
ギャハw 「ポ」だけでいいんかいw
ポストとかポットとか、世の中艶かしいものだらけだww
ちなみに夫の地元で「ポー」と言えばもっと艶かしいものになります。・・って、なに言わせるんですか(笑)
2014/03/31(月) 23:19:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
猟奇ホラーの色が強いという評判でパスしてしまったのですが、記事を拝見するとなかなか面白そうですね。犯人探しのミステリーとして楽しめたのであれば、観に行けばよかったかな。ポーの世界は幻想的で猟奇的なのですが、実際のポーは普通に貧乏してた人らしいのですよね。そんなリアル貧乏なポーと、ウソみたいな殺人とがどう噛み合うのか気になるところです。
2014/04/03(木) 08:06:30 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhorn さん
うーん、犯人捜しのミステリーはさほど。。w
さらわれた恋人を捜すのに、多少のミステリー要素が駆使されてるというところかな。
猟奇性はあるものの、それほどグロく感じなかったんですが、これは個人の耐性によると思います。
ポーの死をこういう風に描いたのは面白かったです。機会があればぜひ。
2014/04/03(木) 10:13:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
          「推理作家ポー 最後の5日間」(2012)。 監督 ジェームズ・マクティーグ 出演 ジョン・キューザック         エドガー・アラン・ポー     ルーク・エヴァンス          エメット・フィールズ警視正
2014/03/30(日) 01:52:41 | 「らりるれろ」通信 Remark On The MGS
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「推理作家ポー 最期の5日間」原題:the Raven監督:ジェームズ・マークティーグ2012年   アメリカ映画   110分   R15+キャスト:ジョン・キューザック     ルーク・エバンス     アリス・イブ     ブレンダン・グ
2014/03/30(日) 11:52:00 | マープルのつぶやき