映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『裸のランチ』でカフカ・ハイ
2014年03月28日 (金) | 編集 |



作家シリーズ
今日はウィリアム・バロウズの同名小説をデヴィッド・クローネンバーグが映画にした『裸のランチ』
ようやく重い腰を上げて観てみました。
裸のランチ(1991)イギリス/カナダ
原題:Naked Lunch
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ピーター・ウェラー/ジュディ・デイヴィス/イアン・ホルム/ジュリアン・サンズ/ロイ・シャイダー
 1953年、ニューヨーク。ウィリアム・リー(ピーター・ウェラー)は害虫駆除の仕事をしていたが、殺虫剤が減るのが早すぎることに気づく。妻ジョーン(ジュディ・デイヴィス)が麻薬として使用していたのだ。ある日、麻薬捜査官に連行されたウィリアムの前に巨大な虫が現れ、彼に話しかける。スパイ活動と報告書提出を指示されるが・・

 『オン・ザ・ロード』や『キル・ユア・ダーリン』にも登場していた、ビート・ジェネレーションを代表する作家の一人ウィリアム・バロウズ。
映画の舞台が1953年ということは、まさに『キル・ユア・ダーリン』と同じ頃ですね。
バロウズの原作は未読のため、本作がどこまでオリジナルに忠実かはわからないのだけど、登場人物の名前がウィリアム(ビル)で害虫駆除の仕事をしていたり、妻ジョーンを殺害するエピソードが入っているところをみると、主役は明らかにバロウズ自身でバイオグラフィー的な意味もあるのでしょうね。



 害虫駆除を生業とする主人公ウィリアムが、仕事中に駆除薬を切らしてしまうとこから始まる本作。
薬が足りなくなったのは、妻が麻薬代わりに使っていたから(!w)。
一時は断っていた麻薬をウィリアム自身も使い始めるや、主人公の周りでおかしなことが起きはじめる。
まぁ、そのおかしなことというのが主人公の幻覚なのでしょうけど、害虫駆除への罪の意識からかw大きなゴキブリが出てきてウィリアムにスパイ活動としてレポートの提出を指示したりするんですね。
しかもお尻から喋るのがウケる(笑)



そうするうちにタイプライターが虫になったり、とんずらした先の異国で出合ったホモセクシュアルなお友達ジュリアン・サンズがベッドでムカデの化け物みたいになっていたり・・
正直ストーリーはあってないがごとく。内容を理解しようとすると苦痛にさえなるんですが
ジャンキーともなると世の中こんな風に見えるんかいなというのを映像にしたのは評価すべきでしょう。
最近ではすっかり影を潜めてしまったクローネンバーグのエログロの世界観に浸るにはもってこいw
私も内容を読み解くことを諦めたら気が楽になって、エログロ映像を笑って受け入れちゃいました。



 本作でウィリアムを演じるのは初代ロボコップのピーター・ウェラー。
甲羅が似合いそうだけど、残念ながらゴキブリには変身しませんでした。
ちなみに『オン・ザ・ロード』ではヴィゴ・モーテンセン、『キル・ユア・ダーリン』ではベン・フォスターがウィリアム・バロウズを演じています。
ハーバード大出で資産家の息子。アナーキーな雰囲気を醸しだすバロウズが
ドラッグとホモに溢れたこんな作品を書いてたんだ とそのギャップも楽しみどころかな。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
けっこう前に見たのですけど、最後の方のあれがあれがw
今見たら、けっこう色々違う感じに見られるかも。
この頃のクローネンバーグの作品はパワーがありますね。
ただ、クローネンバーグはこの手の作品を作る人の中でも
かっちりした印象があるので、私はもう少し混濁してる作風の方が好みかな。
2014/03/27(木) 11:26:32 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
最後の方のあれというと、「あれ」ですかね(笑)
いやぁ、あれは うわぁ・・・でおぞぞでしたw
ちょっとリメイク版『遊星からの物体X』を思いだしちゃったしw
ぶっ飛びなのに淡々とことが運ぶ感じが面白かったですが
もっと混濁してるとより悪夢感が強くなりそうで、観てる方も一緒にトリップできちゃうかもですね(笑)
2014/03/27(木) 13:12:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
クローネンバーグを頭で理解しようとしたらいけない  初期の頃から見続けていると
そう思いましたわ
2014/03/27(木) 17:40:42 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あらすじだけ見ると面白そうなw
でも内容が薄い感じなのかね
気軽に見るエログロ?(笑)
2014/03/27(木) 19:54:47 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
>クローネンバーグ
本作以前から観たいみたいと思いながら、見そこねてしまったんですよ。
クローネンバーグ監督作は『スキャナーズ』『ビデオドローム』『ザ・フライ』 を観てから
飛ばして『クラッシュ』さらに飛ばして『イースタン・プロミス』でした。
>エログロ映像
CGじゃない手作りなんで当時の特撮とか、なまなましくて好きなんですよ。
食堂の蝋細工の食品サンプルを見たような「え〜これ作り物?」みたいな驚きというか。
探して、本作も観たみたいなーと思いました。
>甲羅が似合いそう...残念ながらゴキブリ
ひどすぐるw
せめて甲羅といえばカニといってください^皿^
あ、元祖『ロボコップ』の中の人だから甲冑か...
2014/03/28(金) 03:18:39 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
忘れもしない、クセのある映画を面白いと思い出した遠い昔。
前売り買って張り切ってたら一週間で上映が終わって観れなかったという。
待ちに待って、やっとビデオで観れたと思ったら・・・。
幻想・不条理・ドラッグムービーは当時のわたしには高尚すぎてぇ(笑)
ロボでないピーター・ウェラーはなかなかいい男だな、と思ったのを覚えてる程度で。
今でも寝てしまうでしょうか???
あと、単語を書くのもイヤなほど大嫌いな”G”がタイプライターになって出てきた途端にゲロゲロ・・・。
G-shock!!
2014/03/28(金) 06:14:39 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ですね~。妄想の世界を理屈で置き換えようとしても所詮無理かも。
不条理感を堪能するとします。
2014/03/28(金) 08:27:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
妄想にまみれた世界なので理路整然と捉えるのは難しい感じなんですよね。
えっと、ゴキさんとか平気だと問題ないんだけど、そうでないと気軽に観て痛い目に遭うかもです(笑)
2014/03/28(金) 08:31:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
同じ同じ。私もクローネンバーグ作品の中で、これだけすっ飛ばしてました。
ゲロゲロだよ~と聞いて、録画してからもしばらく放置だったしw
あー、あのエログロはCGじゃないんですね。確かに手作り感があって生々しい。
どうやって動かしてるんだろうと私も気になっちゃいました。
ぎゃはwそそ、ロボコップのお姿がエイリアン似の甲羅に見えちゃってw
私の中でピーターさんは甲羅のイメージなのですw 
今回は素の人間でしたけど・・おっと、素でもないか(笑)
2014/03/28(金) 08:39:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あ、そうか、これ原作はウィリアム・バロウズやったんや。
懐かしい一作になりましたね~、コレも。
また再見してみようかな。
虫に「変身」、カフカですな。(笑)
2014/03/28(金) 08:43:35 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ありゃー、前売り買いながら逃しちゃったんですね。
でもこれスクリーンで観たらまさにG-shockでwドン引きするだろうから、よかったかも。
虫wの知らせ?w
ピーター・ウェラーが普通に喋ってるのは嬉しかったけど、時々死人に見えたよw
私も意味を考えられないものは苦手で、ソファーでゆっくり観てる間何度か寝てしまってましたわ。
PCに変えてどうにか観終えた次第。
Gタイプライターとかでは目が覚めるんだけどねw あれはきっついよね(笑)
2014/03/28(金) 09:25:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そう、バロウズだったんですね~。
当時観た皆さんには懐かしい一本でしょ。
もうクローネンバーグの作風自体変わっちゃったし。
そそ、殺虫剤を麻薬代わりに使った奥さんに主人公が感想を求めると
「虫になった気分。カフカ・ハイよ」と答えてました(笑)
2014/03/28(金) 18:32:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
クローネンバーグの作品の
中でも一番難解なんと
ちゃうんかなぁと
思ってます。
最近はマトモな?
映画ばっかり続いて
ますねぇ。
2014/03/28(金) 21:44:25 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
うううう、コメントに悩む映画・・・
クローネンバーグって言えば…「変な映画を作るオジサン」ってイメージ。
まさに、コレだって『ザ・フライ』とコラボさせても可笑しくないじゃん!
ってか、オジサンの映画あんまり知らないんだけど(笑)
若かりし頃に観た『ザ・フライ』は衝撃的だったわさ!
今や、ちょっとやそっとじゃ~衝撃なんかは受けませんが。。。
2014/03/29(土) 01:41:36 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
タイトル思いっきり知ってて、これまだ観れてないのですよ~(^-^;
てか、甲羅が似合いそうって、納得してしまった…( ̄∀ ̄*)(爆)
2014/03/29(土) 04:38:47 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
これ、公開時に劇場で観たのですが、何が何だかさっぱりな映画でした。虫のタイプライターが面白いという印象くらいしかなくって。こういう映画はある程度の予備知識がないと楽しめないのかもしれませんね。クローネンバーグはお話の筋よりもグロイメージ優先の映画を「ビデオドローム」「エグジステンス」など作ってますが、その中でもワケわからない度はトップではないかしら。
2014/03/29(土) 05:22:02 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん
難解と言うか意味を考える必要があるのかさえ分からなかったんですが…
いまのクロ-ネンバーグにはないぶっ飛びでしたよねw
2014/03/29(土) 15:53:34 | URL | pu-ok #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん
はは、悩ませて申し訳ないw
そうだよね。めっちゃ変なおじさんのイメージだったさぁ。
最近は妙に落ち着いてしまったけど、歳かな。息子に期待w
2014/03/29(土) 16:00:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん
そうでしょ。私もずっと気になりながらやっと観たの。
で、甲羅納得してもらえて嬉しいww
なんかロボコップのヘルメットがエイリアンみたいに見えるんだものw
2014/03/29(土) 16:03:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhorn さん
やっぱりわからなかったですか。劇場だと辛いものがありますね。映像的にもw
確かに幾分か前知識があったほうがいいのかも。
観た後にバロウズの妻が実際にウィリアム・テルごっこで死んだことなど知り、バロウズ自身に起きたことを描いた作品なのだと気づきました。
2014/03/30(日) 09:08:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック