映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
これもキュアロン『リトル・プリンセス』
2014年03月01日 (土) | 編集 |



2月は28日までだったのね。うっかり。
のんびりしすぎてオスカー特集終わりそうにないですがw
今日は『ゼロ・グラビティ』のアレフォンソ・キュアロンの作品から『リトル・プリンセス』を観ました・
リトル・プリンセス(1995)アメリカ
原題:A Little Princess
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:リーセル・マシューズ/ エレノア・ブロン/ リーアム・カニンガム/ ヴァネッサ・リー・チェスター/ ラスティ・シュウィマー/ アーサー・マレット/ ラヒ・アジジ
 
バーネットの『小公女』を元にしたファミリー映画です。

 古くから愛され、日本ではアニメにもなってる本作を監督がどう料理してるのかに興味津々で
キュアロン応援作品としてチョイスしてみましたよ。

 インドで父(リーアム・カニンガム)と幸せに暮らすサラ(リーセル・マシューズ)は、父の戦地赴任を機にアメリカの寄宿舎学校に入学。厳格な規則に戸惑いながらも聡明で公平なサラはすぐに同級生を魅了していくのだが、父の戦死の報が届くや状況は一変。サラは学校の下働きとして屋根裏に追いやられ・・




 不思議な国を思わすインドと、ニューヨークの寄宿学校
シックな緑とオレンジ色を主体とした色彩の美しさ
格調高い装飾や調度品、風景、衣服にいたるまで美術のすばらしさが印象的です。






 サラ役のリーセル・マシューは可愛いだけでなく、演技も確かですね。
聡明で心優しく自由な心を持つサラが、厳格な女校長( エレノア・ブロン)の支配する寄宿学校に、
徐々に自由の風を吹き込んでいく姿が爽快。
彼女の話す空想の世界を幻想的な映像で見せるところに、キュアロン監督らしさが光ります。
インドの青い王はアバターの原型じゃね?(笑)

 使いの途中、道で思わぬ施しを受け戸惑いながらもそのお金でシナモンロールを買うシーンがあります。
お腹をすかせたサラが、久々のロールを頬張ろうとした瞬間
彼女は、自分よりも不幸な家族の姿を目にし、同じ年頃の少女にロールをあげるんですね。
その善行がやがてサラを幸せに導く。
いかにも児童文学らしい展開ですが、奇跡をベースにするのでなく、前向きな強さと、人を思いやる気持ちが運命を変えるのだということ、学校の仲間の友情と絆が幸福への鍵になるあたりも非常に気持ちのいい作品になっていました。



 年取るとえぐい作品を選びがちだけど、たまにこういう映画でリフレッシュするのもいいですね。
キーワードの「女の子はみんなプリンセス」は座右の銘とします(笑)

 映像革命となった『ゼロ・グラビティ』でも、技術面に賞賛の声が上がってますが
オスカーではぜひ監督賞を獲って欲しい。期待してます。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
この映画は観てないと思うけど  この作品は 昔の映画で観たんかテレビで観たんか
絵本で見たんか どうだか
2014/02/28(金) 18:03:12 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
キュアロン監督色々と手広く撮ってるんですね。
美術が素敵そうで観たいなぁ。
映画の色味が「アメリ」や「ペネロピ」みたい。緑とオレンジの色調は大好物です。
原作読んでますが、印象的に覚えてるのは子供の頃カルピス劇場で見た「小公女セーラ」だわ(爆)
「女の子はみんなプリンセス」 その通り!(いつまで「女の子」かはスルーで^^;)
そうそう、たまにはこの手の映画を観て 心の汚れなんかをを一掃せねば。
コッポラの「秘密の花園」でも再見しようかな。
2014/02/28(金) 18:24:12 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
小学生の時に読みましたよ。
爽快感もあっていいお話ですよね。
永遠の名作。
女校長の手のひら返しがw
悪役なんですけど、一文にもならない生徒を追い出さすに一応面倒みてたんだから、まあそんなに悪人でもないんじゃないかと。
ジュブナイルだと『秘密の花園』とか好きでしたー。
>オスカー
なんか作品賞監督賞主演女優賞総なめにしそうですね。
SFで作品賞監督賞って初の快挙じゃなかったでしたっけ?
2014/02/28(金) 20:01:46 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
「小公女」って、どんな物語やったっけ?(笑)
キュアロン監督、こういうのも撮ってたんですねぇ。
ちょっと趣向が変わってて面白そう。
2014/03/01(土) 03:55:43 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
私も本で読んだんだったかテレビだったのか記憶があいまい。
でもこの話はみんな知ってるっていう作品ですよねぇ。
2014/03/01(土) 10:32:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ね。思えば幻想のシーンは『ハリポタ』に通じるところもあり、戦争シーンは『トゥモロー・ワールド』と、その後の活躍の基盤となる才能は既に形になりつつあったんだなぁと思いました。
これほんと映像が素敵なのでみんなに観て欲しい。
私も気づかずに観てて、あら小公女だわってなりました(笑)
あ、女子は死ぬまで女の子ってことにしましょ(笑)
おっと、コッポラのそれは未見。タイトルから妖しい印象を受けるのは私が女の子でなくなってるからかしら。ホコリ払ってこよ(汗)
2014/03/01(土) 10:41:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
痛快なところもあって、笑いと優しさと勇気のあるいい作品ですね。
名作だと思います。
確かに校長先生はサラを追い出すこともできたのにしなかったですもんね。
彼女の背景はなんでしたっけ。本作ではちらりと親の愛情を受けずに育ったことを思わせるシーンがありました。
おっと、やpっぱり『秘密の花園』
それ読んだかどうかも忘れてる。映画でチェックしてみよう。
オスカーどうなんるでしょうね。
個人的には役者がほぼ一人という映画はオスカーに評価されないと思うんですよね。
アカデミー会員の多くは役者だから、こんな映画が増えたら困るわけで(笑)
だけど作品としては何かで評価されるべき傑作。ということで監督賞に期待してます。
サンドラも凄くよかったけど、女優賞は今年はケイト・ブランシェットが強そうですよねぇ。
2014/03/01(土) 10:48:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
どっちかというと女の子向けだと思うので、男子は知らないかなぁ。
こんな作品をキュアロンが?と意外な気がするほど、王道の児童文学なんですよね。でも映像にしっかり才能を感じさせてくれるし、うまい監督は何でも撮れるんだと感心しちゃいました。
2014/03/01(土) 10:58:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
どっちかというと女の子向けだと思うので、男子は知らないかなぁ。
こんな作品をキュアロンが?と意外な気がするほど、王道の児童文学なんですよね。でも映像にしっかり才能を感じさせてくれるし、うまい監督は何でも撮れるんだと感心しちゃいました。
2014/03/01(土) 10:58:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
へぇ~、こんな作品も撮ってたのですか。
画像観ると、ホントに色彩が綺麗で、絵画を思わせますね。
ぎゃはは、アバターの原型って(爆)
私も監督賞希望予想はキュアロン監督にしました。獲って欲しいね~(^ー^)
2014/03/02(日) 00:17:33 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
思えばどの作品もジャンルまちまちで
色んな作品を撮ってる方とは思いつつも、
『小公女』ですからね。こんなのも撮ってたの~?とつい言っちゃいますねw
うんうん、壁に飾りたくなるくらい色合いも素敵でした。
青い人が出てくるんですよ。キャメロン監督これにインスパイアされたんじゃなかろうかw
キュアロン監督賞獲って欲しいね~。応援しましょ。
ところで、昨日のインディペンデント・スピリット賞ではブラピダーリン、ちゃんと壇に上がりました!!
2014/03/02(日) 17:59:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック