映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
武器人間
2013年10月29日 (火) | 編集 |



さてと、ハロウィン・ウィークとなりました。
週末、植物園に行ったら一面カボチャで飾り付けしてて可愛かった~。
しかし、シネマ・クレシェンド的には勿論ホラーで彩を添えねばなりません(笑)
まずは、まもなく日本公開のこんな作品から。
武器人間 (2013)オランダ/アメリカ
原題:Frankenstein's Army
監督:リチャード・ラーフォースト
出演:カレル・ローデン、 ジョシュア・サッセ、 ルーク・ニューベリー 、 ロバート・グウィリム 
 アレクサンダー・マーキュリー
日本公開:2013/11/2
 
第二次世界大戦末期のドイツ東部を舞台に、
ある任務を遂行するために偵察に訪れたソ連の部隊が遭遇することになる恐怖を描く作品です。

『ムカデ人間』しかり
オランダってのは、色んなものを縫い合わせるのが好きなのね(笑)
今回縫い合わせるのは、肛門と口・・ではなく、なんと人間と武器!
敗戦の色が濃くなったナチスドイツが、人間に鋏や刀などを装着した武器人間を作り出し最終兵器として最後のあがきをしようってわけですね。

この武器人間を作るのが、フランケンシュタイン博士の末裔という設定
いわゆるマッドサイエンティストものですが、
博士なりに戦争を終わらせる構想があったりして、それがまたクレイジーで笑える。






知ってる役者はいないし、フッテージが見つかったという設定が有効だとは言えないしストーリーに深みがあるわけでもない。
でも、クラシックの名作をひねって、ゴアなスプラッターホラーに仕上げてるのがポイント高く武器人間たちのユニークな個性もあいまって、『ムカデ人間』同様に
カルト化しそうな気配を漂わすんですよね。

モンスターたちは『シザーハンズ』よろしく手にはさみがついてたり、まさに武器人間。
中にはテディベアに人の頭をくっつけただけとか、まるで戦えそうにないものも多しw
そんなわけ分からんところも面白さでしょうね。
彼らは武器人間製造のお手伝いまでする可愛いやつ。
ま、ゾンビ同様、脳みそなさげで、情の入り込む余地などないところが怖いところですけどね。
個人的にはナチスマークのついた掃除機をみたいな子がお気に入り。
今年のハロウィンの仮装にいかが?

ってもう遅いか。





関連記事

コメント
この記事へのコメント
pukoさまこんばんわ
いつも楽しく拝読しています。
武器人間楽しそうですね。
ナチスとホラーがこんなにも相性がいいなんて
日本公開されたらぜひ観てみたいと思いました。
2013/10/29(火) 02:54:11 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
ほんまや、カルトのニオイがプンプンしてる。(笑)
武器人間のキャラクターが楽しめそうですな。
しかし、こういうのを日本映画でやったら、モロ陳腐な駄作になってしまいますよねぇ。
2013/10/29(火) 04:34:19 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
私の周辺ではまだまだハロウィンは定番化していないのピンとこないんですが。
この作品、ゲテモノっぽくてそそられていたんですね、まさかpu-koさんが紹介するとは(爆)・・・。
余計に観たくなったので調べてみますね(笑)・・・。
2013/10/29(火) 04:42:55 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
ようこそ。はじめまして、、かな?
ほんとほんと、ナチス絡みで色んなお馬鹿ホラーがありますよねw
これも思った以上に楽しめた作品でした。
武器人間たちが妙に愛嬌があって楽しい(笑)
ぜひご覧になってご自身のお気に入りを探してみてください♪
2013/10/29(火) 07:11:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
ね、カルトになるつぼを押さえてるというか。
こういうのは作り手の手腕によっては、陳腐になっちゃうでしょうねぇ。
逆にデルトロ監督あたりの腕のいい製作者が絡んででリメイクしたら、大作になりそうです
(笑)
ま、でもこの地味でいて、おお?と思わせるあたりが調度いいのかもです。
2013/10/29(火) 07:18:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ハロウィンの浸透度は地域性があるようですね。
外国人の居住者が多い関東などでは定番のお祭りになってるようだし。
お、さすがゾンビマンさん、チェック入れてましたね。
安さの中にキラリと光るもののある本作、ゾンビマンさんにすくいあげてもらいたい一本ではあります。
2013/10/29(火) 07:22:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ちょっと ザ・キ-プ思い出しました
こういった映画ってどうなんだろ  恐らせたいんか 笑わせたいんか
いちお-ホラやし恐らせたいんやろうけど つい笑ってしまう
作り手が見えてしまいつい笑ってしまう
2013/10/29(火) 18:06:12 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
すごいたいとるやな~
それだけで、ちょっと(笑)
ぐろくない?あたしでもいけそう?
2013/10/29(火) 19:24:28 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
これ、手に入れました  そのうち観ようかと
2013/10/30(水) 08:00:54 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
『ザ・キープ』って全然知らなかったけどマイケル・マンのホラーなんですね。
面白そう。
あはは、『ザ・キープ』は知らないけど、『武器人間』は笑っていいと思います。
といってもそれほど笑えませんけどw
2013/10/30(水) 20:10:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
原題はフランケンシュタインのアーミーっていうまんまのタイトルなんだけど
邦題がウケ狙いだよねw
多分同じオランダで同じマッドサイエンティストものってことで、『ムカデ人間』と同じくくりにしてるんだと思いますw
うーんとね、腕チョンパとか内臓ビローンとかあるけど
そんな怖いことはないです。。。
ってのが私の基準だけど、る~さん的にどうですか?
2013/10/30(水) 20:14:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
わはは、マジですかw
くだらんと一喝されそうだけど、まぁ観てみて~(笑)
2013/10/30(水) 20:15:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんにちは
一体なんのための「武器?なのか?」との融合なのでしょう(笑)
思いつきでつくったようにしかみえないのが可笑しかったですね
でもなんか、すでに海外ではフィギアもでてるそうで、
全世界的にこういうロボ的なのが好き、となんか納得しちゃいました
2014/07/09(水) 18:28:20 | URL | maki #79D/WHSg[ 編集]
makiさん>
ほんと、ほんと。本来目的は何だったの?とツッコミたかったですよね(笑)
まぁ、そのとんでもポンコツぶりが可愛かったからよしですがw
へーー、フィギュアまで。凝る人もいるんだろうな。
個人的にはプロペラの子が欲しいかも。。扇風機代わりに(笑)
2014/07/10(木) 08:23:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ムカデ人間」を髣髴とさせる、キチガイ映画が登場!…ってことだけどそうでもなかったかな。今度は「人と機械をくっつけたい!」第二次大戦中、フランケンシュタイン博士の末裔が改造人間を量産していたという設定だけでワクワクしちゃいますね!前半ちょっとだ
2014/07/10(木) 09:23:11 | いやいやえん