映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みな殺しの霊歌
2013年10月26日 (土) | 編集 |



「復讐を描く映画」シリーズ、めずらしく邦画で締めます。

みな殺しの霊歌(1968)日本
監督:加藤泰
出演:佐藤允、 倍賞千恵子、中原早苗、 応蘭芳、 角梨枝子、 松村達雄、  菅井きん
ひとりの女が情交の後惨殺された。
半月のうちに、被害者と友人関係にあった女たちが次々と殺され、警察は連続殺人事件として捜査を進めるも、犯人を特定できずにいた。。


犯人(佐藤充)の姿は最初からスクリーンに映し出されていて
本作が犯人探しを主眼にしたミステリーでないことは分かります。
川島と名乗る男は、事件後小さな食堂に立ち寄り、店員春子(倍賞美津子)に魅かれ始める。
男と春子の純な交流にしばしホッとするのもつかの間、彼は新たな殺人に手を染める。
男にはどうしてもやり遂げなければならない復讐があったのです。


この映画がカルト的な位置づけにあるのは、まず
犯した後に惨殺するというインモラルな殺害方法があるでしょう。
そして、ひとつには犯人の「動機」にもあるでしょうね。




美しいもの、本当に大切にしたかったものを不条理に奪われた男の憤り
もしも春子と一月早く出会っていたら、
彼の空虚な心が春子という希望で満たされつつあったならば
事件は起きなかっただろうと思うとやるせない。
幸せを掴めそうで掴めない男と女の悲しい物語として印象に残りました。

春子の幸せを願う食堂のおやっさんの思いとか、昭和ならでは人情が滲むのがいいね。
『男と女』を意識したかのようなシャバダバダ系の音楽は、ドロドロした物語には不似合いに感じたけど
切ないノワールを盛りたてた 気もする。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
この監督おもに東映なんよね それが松竹に  構成、山田洋次だし、寅さん一家出演だし
純愛映画と思いしやサイコキラ-   洗濯屋ケンちゃんの走りか
佐藤充は 独立愚連隊もよかったが なにより純生のCMがよかった
2013/10/25(金) 17:37:06 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
これまたシブい。
未見ですが、佐藤さんが主演ってのもカルトっぽくてイイな。
シャバダバダの音楽も、時代が分る~。
2013/10/25(金) 21:48:43 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
渋いところいきましたね。
古い邦画は私も大好きでよく知っている方なんですが、これはタイトルくらいしか知らなかった。
倍賞さんだから松竹作品なんですが、監督の加藤奏さんとか主演の佐藤允さんなんかは他社の人ですよね。ちょうど邦画の協定が崩壊した頃の作品って実験的で面白い映画が多い。これは観たいですわ。
2013/10/26(土) 03:10:22 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
このあたりの日本映画ってきになるんですよね~
機会があればみたいもんです~
2013/10/26(土) 07:32:21 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
詳しいなぁ。そういえば寅さん一家がいっぱい出てる。
サイコキラーと思いきや恋愛モノ ですかねw
佐藤さんは渋いね。純生のCMに出てたのかぁ。
2013/10/26(土) 07:33:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
冒頭、惨殺で始まる時点から独特で、動機の意外さもあってカルト的といわれるのも納得。
殺される女たちのなかに菅井キンさんもいたし(笑)
シャバダバダ~なのに妙に歌い上げる風なんですよねw
2013/10/26(土) 07:36:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
どっちかと言えば
五社協定の間を潜って
作られたような映画が
松竹にはあったよね。
佐藤允は東宝で岡本喜八の
作品の常連だったし、
加藤泰と吉田義男は
東映からだった。
女たちに弄ばれて死んだ
少年の仇に女たちに
リベンジする男の話だけど
東映や大映でやりそうな
題材を松竹で作ったのが
興味深いですねぇ。
2013/10/26(土) 07:48:53 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
佐藤允、懐かしい名前ですね。
子供の頃は東宝映画を観ることが多く、渋くてタフな佐藤允は好きな俳優でした。
彼が劇中殺されたりするとすごく悔しかったことを憶えています。
2013/10/26(土) 08:41:11 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
私も古い邦画少しずつ観ていきたいなぁと思うのです。
2013/10/26(土) 17:48:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
5社協定なるものがあるの?
各映画会社の特徴をみんなが熟知してるのは、そういうのがあるからかな。
みなさんのコメントも私には全てちんぷんかんぷんw
2013/10/27(日) 08:55:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
私は何かの映画でみてたのか、はたまたドラマだったか記憶にないけど、佐藤充さんはなんか渋カッコよくて私も好きです。
強さの中に弱さや優しさが見えるからかな
2013/10/27(日) 08:58:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
順番飛ばしちゃった。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>ごめんなさい
みなさん役者さんや監督さんでどこの映画会社の作品か分かるんですねぇ。
協定のことも全然知らない私は目ぱちくりですよ。
これは主人公のきもちがやるせなくて、ぎゅっと抱きしめたくなる映画でした。
機会があればぜひ。
2013/10/29(火) 07:04:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。