映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「走りが印象的な映画」10本
2013年10月16日 (水) | 編集 |



では まとめ
「走りが印象的な映画」10本




①『裸のジャングル』(1966)
②『あの胸にもういちど』(1968)
③『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)
④『ラン・ローラ・ラン』(1998)
⑤『28日後…』(2002)
⑥『アポカリプト』(2007)
⑦『チェイサー』(2008)
⑧『エッセンシャル・キリング』(2010)
⑨『アジャストメント』(2011)
⑩『TIME/タイム』(2011)



①⑥は人間狩りの標的となった男の懸命の走りが印象的。
 追いつかれれば殺されるシチュエーションに息を呑む。

②「ドロンさまに逢いたい!」マリアンヌ・フェイスフルのルンルンなバイクによる走りが、ラストシーンの衝撃とともに忘れられない。

④恋人を救出するためのタイムリミットの走りを
スタートオーバーの3バージョンで見せるという斬新さ。
監督トム・ティクヴァの名前を初めて知ったのもこの映画だった。

⑤全速力で走るゾンビの衝撃たるや。

⑦元刑事とシリアルキラーの執念の追走劇が緊迫感を生む。

⑧生きるための本能に突き動かされた男の逃走もすさまじい。
殆ど台詞もないまま、ヴィンセント・ギャロが雪原をひた走るという意外性も面白さのうち。

⑨マット・デイモンとエミリー・ブラントが手を繋いで走る。それだけで大好き。

⑩持ち時間が尽きようとするオリヴィア・ワイルドが息子の元へと爆走する。
タイムリミット付の悲しい走りが印象的。思えばみんな走っていた。


こんなところです。
この他に気になるものがあれ、次回第2弾(あるのか?w)の参考にさせていただきますので
教えてくださいね。


観たものからのチョイス、便宜上ナンバーを振ってますが順位を示すものではありません。
   








関連記事

コメント
この記事へのコメント
”ファミリー・ツリー”(The Decendants)のジョージ・クルーニーの走りもいれてくださいな、、、(笑)、あれは結構いけましたよ、、、笑いたいけど笑えない、、って雰囲気でした。
そうそう”マラソン・マン”のダスティン・ホフマンもかな、、”フレンチ・コネクション”のポパイ刑事も外せませんねぇ~、、。
2013/10/15(火) 23:39:49 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
良かったぁ・・・今回は半分観てます(汗)・・・。
『アポカリプト』が印象的ですわ。
生きる為のとんずらが美しいレベルなんですよね(爆)・・・。
あの毒を抜かれるカエルのピクピクも忘れられない。
2013/10/16(水) 02:27:13 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
確かに、『28日後…』の走るゾンビは衝撃的でした。(笑)
個人的な希望は、『走れメロス』をハリウッド製作で観たいですねぇ。
いや、マジで。(笑)
2013/10/16(水) 04:43:27 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
走りが印象的な映画ってのは意外とあるものですね。私の世代ですと、若いころに見た、「カプリコン1」のラストや「フレンチ・コネクション2」のクライマックスを思い出します。後、「クレヨンしんちゃん、モーレツ大人帝国の逆襲」ですとかね。普通の道路を普通のカッコして走るシーンに惹かれるものがあります。
2013/10/16(水) 06:17:17 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
あはーw、クルーニー忘れてました。
見事なおっさん走りでしたね(笑)本人必死だったけどw
『マラソンマン』『フレンチコネクション』は最後まで候補でした。
『フレンチコネクション』は衝撃のラストもしくは迫力のカーチェイス、
『マラソンマン』は歯医者にいきたくなくなるシリーズで入れたいと思います(笑)(←あるのか?w)

2013/10/16(水) 07:36:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
よかったですw
『アポカリプト』は面白かったですね。
そうそう、まさに生きるための走りが美しい。
道端(森)にあるもので必死に闘う姿も野生的でよかったです。
2013/10/16(水) 07:38:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
ね、ゾンビはノロノロ歩いて、ちょっと笑える存在だと思っていたのに
この映画で、「勝ち目なし」と、衝撃を受けましたもん。
『走れメロス』ですか。
昔教科書に載ってたと思うけど内容忘れてます(汗)
アニメにもなってるんですね。知らなかったぁ。
2013/10/16(水) 07:54:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
結構ありますね。
あー、『フレンチコネクション2』観れてない。
『カプリコン1』のラスト走りましたっけ?くらいの記憶。だめだなぁ
走りが印象的な映画まだまだありそうですね。
普通の道路を爆走するものだけ集めても十分名作が揃いそう。
2013/10/16(水) 08:08:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
走る映画、 浮かぶのはマラソンマンですねぇ  あの川沿いは有名なシ-ン
走るだけの映画、炎のランナーもありました  この映画のプロデュ-サ-がのち
ダイアナ妃とともに事故死  殺されましたが
2013/10/16(水) 17:59:25 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
やっぱり『マラソンマン』ですねぇ。
マラソンが映画に生かされましたね。
へーー、『炎のランナー』のプロデューサーも同乗してたんですか。
不運でしたね(汗)
2013/10/16(水) 22:44:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
①⑥が観れてません~。あ、「ラン・ローラ・ラン」は、走ってるシーンしか覚えてません(笑)
60歳も半分を過ぎているのに、走りまくってたアルちゃん作品 「88ミニッツ」 はどうでしょう?ラジー賞ノミネートされちゃったけど、頑張りを称えてくだはい(笑)←笑ってるじゃないかw
2013/10/17(木) 08:09:12 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
①と⑥は似た作品だったよ♪
ははは、、『ラン・ローラ・ラン』はほんと走ってるシーンが大半だったもの。
他すっ飛んでも無理なしw
『88ミニッツ』は未見だった~。老体に鞭打って走るパチーノ兄貴チェックしないとですね。
なんでラジーだったのかな。
2013/10/17(木) 18:53:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
マイケル・ウィナー監督の
『栄光への賭け』というのもあったですよ。
2013/10/17(木) 19:55:47 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
それは全然知りませんでした。
マラソン関係なんですね。
ウィナー監督好きなので、機会があればチェックします。ありがとうございます。
2013/10/18(金) 06:45:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
お久しぶりです!おいおい過去記事を拝見させてもらいますね!
走るのが印象的な映画はレオス・カラックスの「汚れた血」です、
D・ボウィの「モダンラブ」にあわせて主人公が疾走するシーンがすごく印象的です。
レオス・カラックスも今だに映画を撮ってますが、
ああいう監督も貴重ですね。
最近、こう云う感覚的にくる映画を見なくなったなぁ。
2013/11/22(金) 01:32:58 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
うわーー、お久しぶりです!!お元気ですか?
あー、「走りが印象的な映画」と検索して『汚れた血』の存在を知ったんですが、こちらではレンタルされてないんですよねぇ。
やっぱり印象的なんですね。観たい~。
そういえばカラックスの『ポンヌフ~』の浜辺の走りも印象的でしたw
2013/11/22(金) 09:56:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。