映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ガリポリに散った青春『誓い』
2013年10月15日 (火) | 編集 |



さて「走りが印象的な映画」シリーズ
今日はピーター・ウィアー監督による戦争青春ドラマ『誓い』です。
誓い(1981)オーストラリア
原題:Gallipoli
監督:ピーター・ウィアー
出演:メル・ギブソン/マーク・リー/ビル・カー/ロバート・グラブ
 第一次世界大戦の時代、オーストラリア奥地の村に暮らす18歳のアーチー(マーク・リー)は、
戦地で戦うことを夢見、おじとともにランニングの訓練に励んでいた。
しかし年が足りないことから入隊を却下されるアーチー。
そんな彼にアスレチックカーニバルで知り合ったフランク(メル・ギブソン)は、「歳をごまかし、ほかの場所で入隊テストを受けることは可能」と悪知恵を授ける。かくしてフランクとアーチーの長い旅が始まる。

原題のガリポリというのは現トルコの港町の地名、第一次世界大戦時、英国に率いられたオーストラリア、ニュージーランドの連合軍が、オスマン帝国軍を相手に激戦を繰り広げた場所です。


連合軍を支えたのが、アーチーらのような志願兵だったんですね。
前半はアーチーとフランクのバディものロードムービーの趣。
徒競走で出会った、足に自信のある二人は、ことあるごとに走ります。
貨物列車を追いかけ、砂漠でらくだを追いかけ、エジプトでの再会を喜びピラミッドを目指し競争したり。
冒頭のオーストラリアの広大な原野を舞台に馬と素足のレースに始まり、数々の走りの舞台になる自然の美しさも印象的。このあたり、監督の最新作『ウェイバック -6500Km-』に通じるものがあります。




『マッド・マックス』の頃の若きメル・ギブソンが演じるフランクは、おちゃめなキャラで彼の周囲は明るい笑いに溢れている。ひたむきな愛国心を抱く純粋な青年アーチーとは間逆な性格ながら、互いにないものを持つ相手を尊敬し、バディ関係を築いていくさまがすがすがしい。
しかし、爽やかな青春物語な展開に、これが戦争映画であることを忘れかけた頃、
遠くで大砲の音が聞こえ始めハッとする。銃砲音と振動は徐々に強さを増し、
気づけば大迫力の最前線に放り込まれているんですよ。その演出のうまいこと。



「走り」に始まり、「走り」で終わる本作
フランクが戦地を死に物狂いで走る姿に胸が締め付けられます。
戦争の悲劇を青春の光と対比させた秀作でした。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
オ-ストラリアのメルボルンから西の グレートオーシャン・ロードは 第一次大戦後の
帰還兵の失業 及び リハビリ対策として つるはしなどの手掘りで 海岸線そのままの曲がりくねった コーナーリングのすてきな道です  たいてい真っ直ぐなつまらない道が多い中
ここをバイクで走りました   一周はとてもしたくない
2013/10/14(月) 17:54:21 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
これはメル・ギブソンがメジャーになる前の作品で評価が高いんですよね。
私も観たい(未見)
しかし、地味に公開された作品なんで、こちらで観るのは難しいかもです。
2013/10/15(火) 03:27:18 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
『マッド・マックス』が当たってから公開された作品でしたねぇ。
若いメルは良いですよね、・・・まぁ、今も良い・・かな?(笑)
やっぱピーター・ウィアー監督は名監督だな、と思った一作でした。
っていうても、もう内容を忘れてる作品なんですが。(笑)
2013/10/15(火) 05:46:09 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
そうなんですか。
私なんて無知なものでオーストラリアと戦争のイメージが全然なかったのだけど、その美しい海岸線は戦争の痛みを後世に伝えてくれるものでもあるのでしょうね。
2013/10/15(火) 08:12:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
マッドマックス2と同じ頃に作られていて、ギブソンがそろそろ世に出始めたこっろですが
オーストラリア産ということもあって、日本ではあまりメジャーじゃないですよね。
ただこちらで今週もテレビで放送してたので、日本でもちらほら観れるようになるかも。
(そういう傾向なので)
機会があればぜひ。
2013/10/15(火) 08:25:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
『マッドマックス』があったからの公開だったのかもしれませんね。
若いメルは今より随分と爽やか。(当然かw)
ピーター・ウィアー監督って作風もジャンルも多様ですね。
戦場のシーンは凄い迫力でリアルでした。
2013/10/15(火) 08:28:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これもうだいぶ前、20年近く前? にレンタルした記憶があります。
内容はすっかり飛んじゃってますが。
ピーター・ウィアーが監督だったんですね~。
DVDあれば再見してみようかな。
2013/10/15(火) 08:47:56 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
おー、まだVHSの時代かな。
そう、ピーター・ウィアー監督のオーストリアでの作品ですって。
大砲音の響く戦場のシーンはなかなか怖かったですね。
また機会があれば。
2013/10/16(水) 06:40:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック