映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
モルグ街の殺人
2012年10月26日 (金) | 編集 |
エドガー・アラン・ポー原作の作品を観たいと思っていたところ
テレビで特集してくれました。
そのうちの一本から今日は『モルグ街の殺人』
魔人ドラキュラ』のベラ・ルゴシ主演のサスペンス・ホラーです。




モルグ街の殺人
1932年(アメリカ)
原題:Murders in the Rue Morgue
監督:ロバート・フローリー
出演:ベラ・ルゴシシドニー・フォックスレオン・ウェイコフバート・ローチブランドン・ハースト


セーヌ河の土堤で二人の男が女のことで争っている。
そばで呆然と眺める女を紳士風の男が馬車に乗せて連れ去った。
男はカーニバルの見世物小屋で言葉がわかるゴリラのショーをするミラクル博士。
しかしその実態は、猿と人間の接点を見つける研究に取り付かれ、
女を誘拐しては実験で殺してしまうマッドサイエンティストだった。

ポー原作作品の映画化ですが、1841年に発表されたオリジナルは
史上初の推理小説であり、密室殺人を描く最初の作品でもあったようです。




wikiに書かれていることから小説の内容を想像し比較すれば
一応密室のシークエンスは踏襲していて、
錠のかかった家から犯人はどうやってカミーラ(シドニー・フォックス)と
母親を連れ去ったのか、なんてところもポイントでしょうか。
小説の探偵デュパンに代わるのが、カミーラの恋人で死体の剖検から
殺人犯を突き止めていくピエール・デュパン(レオン・ウェイコフ
ヒロインとのラブラブぶりは不必要なほどで、恋愛ものの風合いw






それでもミラクル博士にベラ・ルゴシを起用し
モンスター映画風に仕立てているのが時代の風潮でしょうか。
ルゴシは意識したのか芸が無いのか、やっぱりドラキュラ風の喋りでw
普通の人間のはずなのに、ドラキュラ以上に人間離れして見えちゃいます。
しかも眉がコウモリみたいなのが、これまたドラキュラを思い出させます。

ちなみにパリが舞台だけどみなさん英語。

ポーの原作は短編ゆえに色んな枝葉をつけられ改変されてきたようで
これも『カリガリ博士』や『キングコング』を髣髴とさせるし
部分的には『フランケンシュタイン』や『ドラキュラ』にも通じるんですよね。
「ポーが生きていてこれを観たなら、
自分の小説が元になってるとは気づかないだろう」とは
TCMの解説者オズボーン氏の言葉。

★★★






関連記事

コメント
この記事へのコメント
うわ~確かにすごい眉!(笑)。
クラシック映画は嫌いじゃないので見てみたいですw
PU-KOさんも書いている通り、
この原作は短編ですし、脚色しないとって部分はあるんでしょうね。
そもそも、今から考えるとトンデモだしw
ポーより後のコナン・ドイルもトンデモあるけどねw
でも、ミステリー小説のある種のエポックだし、
画像もこうもり眉の以外は(笑)、
クラシカル度満点で楽しめそうですけど♪
解説も面白そう、あわせて聞きたいです♪
2012/10/25(木) 16:30:18 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
むかし  小学生やったか もう中学なってたかの時期
ポ-と江戸川乱歩作品気に入って読んでたことがあって
当然この作品も読んでいて 映画は観たかどうか
自信ないなぁ 
 何作品か映画化されてるけど どれを観たんだかも
わすれてる
2012/10/25(木) 17:42:13 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
エドガー・アラン・ポーさんの!アタシも見てみたい~
これ画像もいいし面白そうです。
チェックしよ~( ´艸`)
2012/10/25(木) 18:39:05 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
おお~
パリなのに英語
おもわず、笑ってしまいましたよ
2012/10/25(木) 18:39:16 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
原作とかけ離れてしまった映画~。
眉毛に至ってはもうコメディタッチですね。
でも当時は必死で映画化したのかな。
パリが舞台なのに英語を話す、という映画は今でも結構ありますね。
2012/10/26(金) 01:59:27 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
ナンダカンダと言って自分、ポーの原作ってあんまし読んだ事がないかも。
映画化になったのは見てるんですが、原作との違いを聞かれれば分んないかも。(笑)
でも、これはもうポー原作の映画化と言うのが間違いですよねw
ベースにはなってるんだけど。
2012/10/26(金) 03:53:31 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
これは未見なんですが、『モルグ街の殺人』というと、初期のアイアン・メイデンの名曲を思い出します(汗)・・・。
2012/10/26(金) 08:31:23 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
原作は本当の短編、よくぞまあ長編映画の
シナリオにしたなと感心しますね。
有名な『アッシャー家の崩壊』も原作は詩ですからね。
まあ昔はハリウッドで作ったらパリであろうが
ローマが舞台であろうが台詞は絶対英語でしょ。
ベラ・ルゴシなんかはハンガリー訛りの英語
ですっごく苦労したらしい。それが災い転じて
『魔人ドラキュラ』が当たり役になったんだけどね。
50年代にリメイクされた『謎のモルグ街』は
赤青メガネ式の3Dだったとか。
2012/10/26(金) 17:19:52 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
眉笑うでしょ(笑)まるでひらひらと羽ばたくコウモリみたいでしたw
原作が短編だから、膨らませてるうちに別物になっちゃうんでしょうね。
そもそもとんでもなんだ(笑)
71年、86年製作のもあるのに、日本ではどれもDVDになってないような。。
そうそう、ミステリーの走りの映画化であり、モンスター映画全盛の時代にルゴシ主演で作られた映画というのも見る価値ありなんですよね。
あ、TCMは解説と言うよりトリビアを教えてくれるホストかな。ほーーっと思うことも多くためになります。
2012/10/26(金) 22:07:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
おみゃあさんはほんと、若い頃から読書家だったのねぇ。
私は江戸川乱歩だったかポーだったか忘れてるくらい記憶が曖昧です。
ポー原作作品他にも観てボチボチ記事にするので思い出してね。
2012/10/26(金) 22:09:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
あーー、ごめん。これはDVDになってないかも。
でも同じくらいの作品で、もっと良作がたくさん映画化されてるようなので、チェックしてみて~。
2012/10/26(金) 22:10:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
このころのハリウッド映画はそれ当然だったらしい。
観てて違和感あるけどねw
2012/10/26(金) 22:11:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
そそ、どうやら随分脚色されて別物みたいになってるみたい。
あはは、眉も笑うでしょ。
今にもコウモリ風に羽ばたきそうな眉でした(笑)
このドラキュラがやフランケンシュタインがウケたのを受けて、モンスター風にしたかったんでしょうね。ルゴシだし。
2012/10/26(金) 22:19:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
私は原作も映画も知らないのだけど
多くのホラーの原作になってるポーの作品読んでみたい気になりました。
特長とかわかるともっと楽しめるポイントつかめるんでしょうね。
随分と形を変えながらでも、170年も前の作品が愛され映画になるというのも凄いことですなぁ。
2012/10/26(金) 22:24:05 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
へーー、このタイトルが曲名になってるのがあるんですね。
ってことで、検索して聴いてみました。
途中アップテンポなものに転調するまでの静かなメロディは映画の雰囲気にも合ってる気がしました。
2012/10/26(金) 22:29:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
あ、『アッシャー家~』も一緒に録画しました。
へーー、そちらは詩だったんですか。
それは作り手によってまるで違う映画になっても無理ないですね。
比べて見るのも面白いかも。
ルゴシはハンガリー訛なんだ。
この映画の中でも「変な訛がある」と言われるシーンがあります。
どこの国の言葉も英語でって言うのはあたり前田のクラッカーだったんですねw
2012/10/26(金) 22:35:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ぶはは、すごい眉毛
クレヨンしんちゃんみたいw
へぇ、原作がミステリー小説のさきがけなんですね。
マッドサイエンティストっていうのは、その当時からいたのかぁ。でも、動物と人間の違いを知りたいという動機が、なかなかよいですね。
折の中から人間を観る視線、この映画から来てるのかなぁ。
2012/10/28(日) 14:31:33 | URL | おまけ #79D/WHSg[ 編集]
これは面白そうですね。原作の部分をちょっとだけかじって後は好きなように味付けした映画みたい。短編小説を長編映画化にするにあたって、色をつけなきゃいけないんでしょうけど、大胆に娯楽度アップという感じでしょうか。でも、こういうムチャな脚色って、原作を知っている分、かえって微笑ましくも思えてしまうのが不思議です。
2012/10/31(水) 05:57:38 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック