映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ヤング・フランケンシュタイン
2012年10月24日 (水) | 編集 |
ハロウィンには三大モンスターはつきものですが、
今日はメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』をパロディにしちゃった名作コメディ『ヤング・フランケンシュタイン』です。





ヤング・フランケンシュタイン
1974年(アメリカ)
原題:Young Frankenstein
監督:メル・ブルックス
出演:ジーン・ワイルダー、ピーター・ボイル、マーティ・フェルドマンテリー・ガーマデリーン・カーン





脳外科医フレデリックは家督を継ぐため、トランシルバニア城を訪れる。彼はそこで祖父の“怪物”実験記録を発見。自分も墓地から大男の遺体を掘り起こし、ある脳髄を移植する。




フランケンシュタインの孫にあたる医大講師にフレデリックにジーン・ワイルダー
彼は監督のメル・ブルックと共同で脚本も書いてますね。
フレデリックは祖父と血縁であることも隠すほど、その実験に否定的だったのに、
おじいさんの実験ノートを目にするや
自ら死体を蘇らせる実験を実行してしまう。血は争えません。
そしてやっぱりモンスターを生み出し、世間を騒がせるのですが・・

いやぁ、オリジナルの名シーンをパロディにして笑わせつつも
クラシカルな雰囲気そのままに、新しいフランケンシュタインの話に仕上げてる
フランケンが少女と出会うシーンでは、そこに井戸があり、
悲しい結末を予測させておいての あれだもんなぁ(笑)
そんな意外な展開が嬉しくてたまらない。




アブノーマルをアビー・ノーマルさんと間違えちゃうギョロ目のマーティ・フェルドマンや博士の助手役のテリー・ガーなどキャストもいいですね。
鉄の義手を持つ警視などは、『キングピン』や『ヒューゴの不思議な発見』のバロンちゃんの足の元ネタだったのかな。
一番のお気に入りはジーン・ワイルダー扮する博士とフランケンが
ダンスを踊って歌うシーン。フランケンの合いの手も最高で爆笑でした。

オリジナルでは悲しいものだったフランケンの人生を180度転換させ、
叶えることができなかった夢のあれこれを丁寧に叶えてあげるという発想も優しいじゃありませんか。
ジョン・モリスの美しい音楽もしっとりとして、映画の格を上げています。




★★★★☆


      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
メル・ブルックスさんのパロディ映画って、センスが良いから大好きです。ジーン・ワイルダーも好き。
この映画のフランケンって、良い道具を持ってるんですよね(爆)・・・。ヒ~ヒ~いわしてましたよね?
2012/10/24(水) 03:21:22 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
メルのオッサンの映画は最高ですw
ギョロ目のマーティ・フェルドマンがなんとも面白いんですよねぃ。
じつは自分、中学生の時テリー・ガーの大ファンやったです。(笑)
古い記事やけどTBさせてもらいますね~。
2012/10/24(水) 04:54:04 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
お久しぶりです(^^)
ヤングフランケンシュタインって、こんなお話だったんですね。
存在は知ってましたが、内容は初めて知りました(^^)
いやぁ、面白そうですね*
センスが伺えます(^^)
2012/10/24(水) 04:59:13 | URL | honey_pie #79D/WHSg[ 編集]
この映画、確か中学生の時に静岡の封切館で観て、さらに名画座でもう一度観ました。とにかく、面白かったです。「フロンコンスティン」と勿体つけて自己紹介するところとか、怪物との初対面での「ハロー、ハンサム」とか、とにかくジーン・ワイルダーがおかしかったです。後、この映画で初めてテリー・ガーを知ってかわいいなあって思ってたのですが、テレビの「警部マクロード」でもっとかわいい婦警さんを演じていたので、すっかりファンになってしまいました。という、今は昔のお話でした。
2012/10/24(水) 07:00:09 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
たぶん、この映画だったような気がするんですが、近所のおば様がこの映画がすごく面白いってことで、家に誘われてビデオを観に行ったことがありました。
観始めて半分もいかないくらいのところで、そこの旦那様が、このロンパリのおっさんにそっくりなんですが、仕事から帰ってきまして、どういうわけか私たちが映画を観ているのを見て、普段はすごく温厚なのに、すごく恐ろしい形相をいたしまして、奥様もなぜかすごくあわててしまって、理由は分からないけれど、これは帰ったほうが良さそうだと思って逃げ帰った事がございました。
今思い出しても、結構ホラーな夕べでございましたw
2012/10/24(水) 13:59:01 | URL | おまけ #79D/WHSg[ 編集]
懐かしいですね  おおむかし観ました
ジーン・ワイルダーといえば  ボニ-&クライド
ウ-マンin レッド  など記憶ありますねぇ
ピーター・ボイルはタクシ-ドライバ-か
テリー・ガーはこのころ可愛かったけど 今じゃすっかりおばさんなってるんやろね
2012/10/24(水) 17:17:22 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
劇場で観た時は
ジーン・ハックマンが
演じたメクラの男に
爆笑しちゃったよ。(´∇`)
2012/10/24(水) 17:51:08 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
本棚ぐるぐるってこれだっけ
忘れかけてきてる
まずいよ~
2012/10/24(水) 18:08:52 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
これは吹き替えが素晴らしいのです!
2012/10/24(水) 20:27:56 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
もちろんタイトルは存じ上げておりますが、
未見のまま月日が過ぎてしまいました(笑)
そっか~面白そうだなぁ~ (*’▽’)
こりゃ、チャンスあったらイっとかなくちゃね~♪
↑おまちゃんのエピに爆笑してしまった~(≧∇≦)/
2012/10/25(木) 03:58:44 | URL | フラン♪ #79D/WHSg[ 編集]
そそ、HKさんの発言に賛同!
これ吹き替え面白いですよwww
この映画は最後おセンチになっちゃうけど、
けっこう好きですwww
2012/10/25(木) 07:11:42 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
おー、ゾンビマンさんがセンスを褒めるのなら間違いなし。
これ面白かったですね〜。
あはは、襲われたエリザベスの反応には笑いましたねw
で、ラストシーン、テリー・ガーは怖がってかんでしょうか、喜んでたんでしょうか(笑)
2012/10/25(木) 08:09:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
これは随分前にKaz.さんのところで知ってようやく観ましたが、いやほんと面白かった。
こちらのTVウィークの評価も満点だし、はやく観れば良かったと公開してますよ。
他のメルさん作品も観なきゃです。
テリー・ガーは女の私から見ても可愛いし、ちょっと庶民的で安心感がありますもの、ファンが多かったでしょうねぇ。
TBありがとうございました。
2012/10/25(木) 08:13:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
honeyさん>
お久しぶりです〜。
ね、タイトルは有名なのに私のようやく観たんですよ。
笑いのセンス抜群で楽しいだけでなく、映画としても凄くクオリティが高かった。
これは超お薦めです〜。
2012/10/25(木) 08:15:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhprnさん>
二度劇場でご覧になったんだ。、羨ましい〜。
ほんと面白かったですね。
あはは、フロンコンスティンw 日本語ではそんな風だったんですね。
余計面白くなってそうだなぁ(笑)
やっぱりテリー・ガーお好きですね。
可愛いですよね〜。みんなのアイドルだな。
2012/10/25(木) 08:18:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おまけさん>
ギャハハw 
そこのおじさま何にそんなにお怒りだったのかしら。
もしかしてフェルドマン似だから?(笑)
それはホラーな体験でしたねw
でも、その残りの半分機会があればぜひ観てください。
今度はおじさまの出張の時とか見計らって。。
あ、ビデオお借りした方が安心か(笑)
で、恥ずかしながらロンパリという言葉を知らず調べてしまいました。
ロンドンとパリを向いてるってことだったのね〜。
ヨーロピアンな喩えで面白い!(笑)
2012/10/25(木) 08:22:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
えー、ワイルダーさんボニー&クライドにも出てたんだ。
彼の出演作はB級コメディしか観てなかったなぁ。
テリー・ガーは可愛い頃でしたね。スタイルも抜群だし。
確か何か病気だったんでしょ?そのせいでふっくらした写真を見たような。でも可愛いおばさんだったよ。
2012/10/25(木) 08:29:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
ハックマンは見たとき気付かなかったよ〜w
スープをこぼすところとか爆笑でした。
フランケンの反応も面白過ぎたw
2012/10/25(木) 08:30:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る〜さん>
そうそう、本棚グルっと回るのね。
ドリフみたいなネタ満載(ドリフがお手本にしたんだろうけどw)で笑えたね〜。
2012/10/25(木) 08:32:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
そうなんですってね。吹き替えで観たい〜。
2012/10/25(木) 08:32:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
フランちゃん♪>
同じく知りながら放置だったけど、これほんとお勧め。
今見ても十分楽しい映画になってます。
あ、でもオリジナル観てるとなお楽しめるはず。
昔の映画だしそんなおどろおどろしくないので、機会があれば勇気を奮って♪
おまけさんのお話ウケたね。
でも謎含みのホラーだ(笑)
2012/10/25(木) 08:35:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
あー、やっぱり吹き替え大評判ですね。
ますます観たい。
昔は声優もある程度決まってて、その役者さんの声は完全に声優さんの声としてインプットされてましたよねぇ。
名声優による吹き替えはオリジナル以上に楽しかったりするんでしょうね。
最後はおセンチになったあとまた笑わせてくれましたw
2012/10/25(木) 08:39:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こりゃまた面白そうだな~っ
パロディならやっぱオリジナル見ておいた方が
絶対楽しめますよねぇ
2012/10/25(木) 18:42:02 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
すっごい面白かったよ〜。
そうそう、オリジナル観てる方が絶対楽しめるね。
フランケンシュタインもの全体に見てるのがいいはず。
私ももっと観てたらもっと気付くことも多かったんだろうなと思います。
2012/10/26(金) 06:38:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日 『プロデューサーズ』 で久しぶりに メル・ブルックス を観てちょっと嬉しくなったもんで、彼の昔のコメディ映画などを…。 ジーン・ワイルダー 演じるフランケンシュタイン博士の曾孫を主人公に、恐怖古典名作をメル・ブルックスが思いっきりパロディしちゃった快
2012/10/24(水) 19:54:54 | CINEmaCITTA'