映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『31年目の夫婦げんか』に夫婦の危機を乗り越えるノウハウをみる
2012年09月14日 (金) | 編集 |

メリル・ストリープ
トミー・リー・ジョーンズ主演、
熟年夫婦が倦怠期の危機を乗り越える様子を描くコメディ・ドラマ『Hope Springs』観てきました。





31年目の夫婦げんか 2012年(アメリカ)
原題:Hope Springs
監督:デビッド・フランケル
出演:メリル・ストリープトミー・リー・ジョーンズ、 スティーブ・カレル



『プラダを着た悪魔』『マーリー 世界一おばかな犬が教えてくれたこと』のデビッド・フランケル監督の最新作です。
『プラダを~』で、メリルをキレキレなキャリアウーマンに仕立てたフランケル監督、今度はメリルをどこにでもいる中年のオバハンにしちゃいました。




ケイとアーノルドは、結婚30年の熟年夫婦。
いつのまにベッドを共にすることもなくなり、味気ない夫婦関係に危機感を覚えたケイは、本屋で見つけた本から夫婦のカウンセリングを知り、アーノルドを強引に誘い、一週間の集中カウンセラーを受けることにするが・・という話。

メリルとトミー・リー・ジョーンズという演技派な二人がどこにでもいそうな普通の夫婦を演じているのが楽しいんですよ。




セッションでは性生活を取り戻すことを通過地点としてるのもあって、シモネタのオンパレードなんですが、セックスレスとなって早数年の二人が、モジモジと互いの思いを語ったり、アドバイスに従って実践アプローチしていく様子が可笑しくて会場は大うけ。
40歳まで童貞だったスティーヴ・カレルをカウンセラーに起用するというキャスティングも絶妙(違うかw)
そこはかとなく可笑しいけど、でしゃばり過ぎないカレルさんの演技と演出にも上手さを感じます。

次第に浮き上がってくる問題に対峙するのはそんな簡単なことではなく、夫婦の気持ちが近づいたかと思えば、大きく離れることになったり。
その距離感をカウンセリング中のケイとアーノルドの座り位置で見せる演出も上手い。
「あー、わかるわぁ」とか、「あるある!」などと感じながら、切なさに涙することもありましたが、二人が愛を確かめ合い、
危機を乗り越えていく様子には感動です。

ラブリーな中年生活を送るのに必要なエッセンスがたくさん詰まったハートウォーミングな一本。
学ぶこともたくさんありました。これ良かったわぁ。


★★★★


関連記事

コメント
この記事へのコメント
あはは、メリルとトミー・リーさんのコンビかぁ~、イイなぁ~。(笑)
なんかそれだけで観たくなっちゃうし、テーマも面白そうですな。
カレルのカウンセラー役も、なんか洒落てるわぁ。
公開されたら観たいな~。
2012/09/13(木) 11:02:06 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
キャストがいいでしょ〜。
メリルとトミーさん、二人とも抜群に上手くてしぐさの一つ、台詞の一つにも笑えるんですよ。
身近で切実なテーマを面白おかしく見せながら、それぞれが自分を振り返り、解決にヒントをもらえるであろうテーマも凄く良かったです。
カレルさんもピッタリでした♪
2012/09/13(木) 11:28:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
メリルとトミー・リーさんってほんとマルチですね。
遠くても近くても何でもできるって感じ。
カウンセラーのキャスティングも絶妙w
画像から、映像も落ちついてそう。
トミー・リーさんのしょぼい?普通の親父ってちょっと見たいですw
2012/09/13(木) 13:09:23 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ええコンビそうですね  ヨメが積極的なんかな
ウチの夫婦も30年以上だけど 家庭内別居で
単なるお茶のみ友達です  家庭内に仕事セックス持ち込まない  健全家庭です
2012/09/13(木) 17:38:42 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
いやあああ~
みたあああああ~い
面白そうだ~たまら~ん。
公開してくれることを祈っております
2012/09/13(木) 20:07:01 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
Great movie. thanks for watching the movie with me.
Love the ending with renew of vows. Steve perform the ceremony. Both of their children and grandchildren are there.
2012/09/13(木) 23:20:32 | URL | E #79D/WHSg[ 編集]
遂に我が家の現実が映画化されちゃいましたか、、、(笑)。観客に受けるって事はそれだけ身につまされる”ご夫婦”が見に来ているって事でしょうかね??こりゃヤバイぞ、、家内と一緒に見て”あっはは~”で済めば良いけど一歩間違って、、”サイナラ”何て言われたら困るし、。取り合えず一人で見に行きましょうかね、。TJジョーンズさん、最期のオチが”地球の捜査員”だったら爆笑モンです。
2012/09/14(金) 00:23:41 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
う~ん、私が一番興味あるテーマの映画ですね(汗)・・・。
メリルとトミー・リーさんの競演でセックスがテーマなんて想像もつかんし、想像したくもないんですが(爆)・・・。
絶対に観ます。自分でどんな記事書くか楽しみ&怖いわ(爆)・・・。
2012/09/14(金) 02:57:16 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
この二入の組み合わせでコメディとあらば、おもしろいでしょうね。
深刻そうな問題を笑いの材料にして昇華してしまうことによる開放感が期待できそう。
トミー・リー・ジョーンズが深刻になればなるほど笑いがアップしそうですし。
2012/09/14(金) 09:48:03 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>ほんと、コメディからシリアスまでなんでも上手いですよね〜。
そそ、カレルさんも地味に演じてるのにすっごい合ってた。
ほとんどこの3人しか登場しないのに十分に楽しめるんだから凄いですよ。
トミー・リーさんはうちに怒りを持ってて、いつも苦虫を噛み潰した表情をしてて、おかしくて哀しい親父を上手く演じてました。
2012/09/15(土) 07:32:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
いいコンビですよね〜。
そそ、メリルの方がなんとかしたいと思ってる。
どっちかが動くって大事かも。
お茶のみ友達って(笑)
仲良くお茶飲み友達ならそれはそれでいいかも。
2012/09/15(土) 07:35:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る〜さん>
これは日本でもすごく受けるタイプの作品だと思いますね〜。
面白かったよ〜。
『プラダ〜』とかで実績のある監督さんだし、公開あると期待します。
2012/09/15(土) 07:36:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Hi, E>
Same here.
I love the ending too.
The film has strong message 'Never give up.We all have hope.'
Charming and touching. Lovely movie !
2012/09/15(土) 07:48:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
わはは、我が家の現実って(笑)
ある程度の年齢になると諦めなくちゃいけないことも出てくるけど、互いを大事にする気持ちは一生持ち続ける事が出来る、そんなノウハウも教えてくれる映画でした。
一緒に観ると気まずい場面もあるかなぁ。でもも夫婦それぞれの心に迫るものが狩必ずあるので、別々にでもぜひ観て欲しいと思う作品でしたよ。
トミー・リーおじさんも普通の地球人に徹してました(笑)
2012/09/15(土) 07:52:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
興味ある題材でしょ(笑)
二人のベッドシーンって想像出来ないでしょw?
メリルなんて映画館でトミー・リーに○ェラまでしちゃいますから(/∀\*)
かなりタブーなコンテンツをラブコメにしちゃった凄い作品だけど、正直で感動出来ます。
ゾンビマンさんの記事が今から楽しみ(爆)
2012/09/15(土) 07:55:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
はい、かなり際どいコンテンツですが、いやらしさが前面に出ずに面白いものにしてるのは、二人の上手さあってのことだと思います。
深刻なテーマに正直に向きあって、誰もが素直な気持ちになる映画じゃないかなぁと思います。
熟年だけでなく全てのカップルに観て欲しい作品でした。
2012/09/15(土) 07:59:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
そうです。
健全な夫婦生活は
・しない
・させない
・持ち込まない
非核三原則ならぬ
非セックス三原則です。
実践されますか(笑)
2012/09/15(土) 09:00:19 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
熟年夫婦を童貞男がカウンセリングするわけか(爆)
面白そう!!
な~んも考えないで、時にはこういうのもいいね。
とか言いながら、年代ドンピシャの我々は色々と
考えさせられちゃうんだろうな~。ふふ
観たい。観た~い!!
2012/09/15(土) 13:08:58 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
トミー・リー・ジョーンズの情けないキャラというと「カンパニー・メン」くらいしか思いつかないのですが、今回はホームドラマですものね、ますます想像がつかないです。メリス・ストリープは普通のオバハンをやると、年相応に美しい感じになるので、何となくわかるのですが、そこでセックスカウンセリングとは。ともあれ、日本公開を要チェックです。
2012/09/16(日) 05:16:42 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
ホントめちゃめちゃ面白そうだなぁ~ (*’▽’)
でも、日本で公開されたとして、TOHMASが一緒に行こう・・・
なんて言い出したらと思うと、」ちょっとゾッとしてしまいました(苦笑)
同じく結婚30年の“お友達夫婦”としては、一緒に観るのは気まずそうだよねぃ(笑)
でも、日本人とちがって夫婦が最後まで心身ともに夫婦である事に
真面目なのは、素敵なことで、ちょっと羨ましいかも~♪
2012/09/16(日) 22:43:46 | URL | フラン♪ #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
非セックス三原則(笑)
平和維持のためには必要かもねw
2012/09/17(月) 09:21:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
shacoさん>
そうなのよ。40歳まで童貞だったくせに~とか、つい思っちゃった(笑)
うん、これ色々考えさせられたし、自分を反省することもあったよ。
観てみて~。
2012/09/17(月) 09:23:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
eihornさん>
トミーさんの情けない役どころ、私もあまり思いつかないのだけど
苦虫を噛み潰したように、自分を表出しないキャラクターだったから、全く違和感なかったです。
それよりも、H関係でトミー・リーさんを見ることの方が想像をはるかに超えてました(笑)
チェックしてくださいね~。
2012/09/17(月) 09:27:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
フランちゃん♪>
ギャハハ、これ観たらTOHMASさんの中で何かが弾けたりしてw
それも楽しみな展開じゃない?違うか(笑)
うん、気まずいところもあると思うけど、性生活だけのことを言ってるのでもなく
夫婦としてカップルとして、色んな気づきがある作品で良かったよん。
2012/09/17(月) 09:32:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ観たいですー!!
ジョーンズさんは地球人なのですね(当たり前かw pu-koさんの記事から、大切にし合う夫婦の姿が浮かんでくるよう。
最近、デビッド・フランケル監督の「ビッグボーイズ」(原題はビッグイヤーだったかな)も
ほのぼのして良かったので、よけい楽しみ!
あは。カレルさん、やぱ童貞w
2012/09/17(月) 21:51:26 | URL | けいとき #79D/WHSg[ 編集]
どこにでもいる中年の・・も、キレキレの・・も
自在に出来るメリルなんですよねぇ~
わはは^^40歳までwそか~スティーヴ・カレルがカウンセラーか
それもそれで観たくする魅力のひとつですw
なるほど~~夫婦でこれだけ離れて座ってるってのが
すでに・・ってワケですね^^
これは熟年夫婦一緒に観るべき?作品なのかな~?ww
2012/09/17(月) 21:58:45 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
わお、好きそう(pu-koさんが)
しかしこの感じはノーラ・エフロンを思い出させますね。
2012/09/18(火) 01:50:01 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
けいときさん>
あはは、トミー・リーおじさん、今回は地球人でしたよw
大事なことがいつのまにかおきざりになってた二人が、愛情豊かな夫婦に鳴っていく姿が凄く良かったです。
あ、『ビッグボーイズ』ってこの監督さん?
確かDVDになってたと思うのでチェックしなくちゃ。
情報ありがとうです♪
2012/09/18(火) 11:22:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
ほんと、メリルの演技の幅には感心します。
なんでもぴたりと嵌るんだもんね〜。
、でも『ダウト』みたいな暗い役より、こんな明るい普通のおばちゃんなメリルが楽しくて好きだなぁって思います。
カレルさんがカウンセラーっていう設定も遊びがあっていいでしょ(笑)
ソファーの座り位置もその時々で変わってておかしいやら。
これカップルで観るとちょっと気まずいこともあるかなぁと思うけど、別々にでも観て欲しいなと思う作品でしたよ。
いろんな発見があるはず。
2012/09/18(火) 11:26:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
ふふ、私も勿論好き♪
結構万人ウケすると思います。
エフロン、なるほど、ぽいかも。
メリルだしね。
2012/09/18(火) 11:30:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
わ~さすが!見所が的確にまとめられてますね。
そうそう、あのソファーでの座り位置、着ている服の色、うまい演出でしたね~。
ヴァカンスの終わり方も、おぉ、そう来たか、って感じで安易でないのもよかったです。
これ、皆さんのコメントも楽しいですねw
TBおねがいしますね♪
2012/10/25(木) 04:15:33 | URL | おまけ #79D/WHSg[ 編集]
おまけさん>
いやいや、おまけさんの記事の夫婦の描写の的確さにうなってたところでしたよ〜。
観察力と表現力の巧みさに拍手でした。
ふふ、ソファーの演出など判りやすくて楽しかったですね。
ハートウオーミングな素敵な作品でした。
あはは、コメントも盛り上がってますね♪
TBありがとうございました。
2012/10/25(木) 08:43:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
原題:Hope Springs 伊題:Il matrimonio che vorrei 監督:デヴィッド・フランケル 作中、本の裏表紙に載っている著者の顔がスティーブ・カレルだったことに、思わず噴き出してしまいました。 結婚30年の熟年夫婦の結婚と性を描いた作品ですが、 妻役に メリル
2012/10/25(木) 19:23:35 | ギャラリー おまけ