映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
それぞれに落ち着ける場所がある『最終目的地』
2012年09月12日 (水) | 編集 |
今日は10月に日本公開になる作品からジェームズ・アイヴォリー監督の『最終目的地』。





最終目的地
2009年(アメリカ)
原題:The City of Your Final Destination
監督:ジェームズ・アイボリー
出演:アンソニー・ホプキンス、 ローラ・リニー、 シャルロット・ゲンズブール、 オマー・メトワリー、 真田広之、アレクサンドラ・マリア・ララ


南米ウルグアイの人里離れた邸宅に、いまは亡き作家の妻と愛人、娘、兄、そして兄のパートナーの男性が暮らしていた。ある日、作家の伝記を書きたいというアメリカ人青年のオマーが邸宅を訪れるが、妻キャロラインはその申し出を拒否する。一方、兄アダムは遺族として公認を与えるかわりに、オマーにある提案をもちかけ……。

オマー(オマー・メトワリー)は拳銃自殺を遂げた高名な作家ジュード・グイドの伝記の執筆権を得るため、遺族に会いにウルグアイに向かいます。
一度は手紙で断られたにも係わらず、彼に再挑戦を決意させたのは、恋人に直談判を強要されたこともあるけれど、一つにはオマーは彼自身で人生を切り拓きたかったから。

そうしてやってきたウルグアイのグイドの邸宅で出会うのが、グイドの未亡人(ローラ・リニー)、愛人アデーンとその子供、グイドの兄(アンソニー・ホプキンス)とそのパートナー(真田広之)という、それぞれに人生に行き詰まりを感じつつその地に留まっている人々。
邸宅に滞在するうち、オマーはアーデン(シャルロット・ゲンズブール)のナチュラルな美しさに惹かれていき、そのことはオマーは勿論、グイド家の人々にもある変化をもたらすというお話し。

2009年の製作ですが、『眺めのいい部屋』のジェームズ・アイヴォリー監督の最新作ということになります。
自分には敷居が高い気がしてあまり監督作品観てなかったのだけど、これはどストライクな一本でした。



冒頭、オマーは飼い犬を追って沼地に足を取られ、片方の靴を無くします。
このさりげないシーンに、主人公の沈みかけた日常を被せているのが上手いところで、後半、再び靴を無くそうとする彼が、靴を取り戻すことで、人生をの扉を開けていくという見せ方が見事です。

恋人がいながら、異国の地で知り合った女性に惹かれるという話しながら、単にオマーとアーデンの恋ばなにせず、登場人物それぞれの人生を優しく描く丁寧さがいい。
オマーの恋人アレクサンドラ・マリア・ララなんて、途中までは仕切り屋で非情な女な描き方なんだけど、実は彼女の存在があって、みんなの人生が動き出したという意味でもキーパーソン的ポジション。
3年後の幸せそうな彼女を見せることで、人にはそれぞれに落ち着く場所があると教えてくれる。
これがタイトルの伝えているところでしょう。



演技派の役者陣の中にあって、アンソニー爺の恋人を演じた真田さんの活躍も嬉しかった。
英語も上手くなりましたね。キスシーンもある難しい役を爽やかにこなしています。

ちなみにIMDbで調べると、この映画を好きな人はこれも好きと、いくつかタイトルを挙げてくれてるんですが
『シングルマン』『ラビット・ホール』『17歳の肖像』と、ここ数年の年間ベスト3に入る作品が並んでてビックリ。よく知ってるよね♪
映像の美しさにもうっとりの素敵な作品でした。

★★★★☆


関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ、撮ってるって聞いてた時から見たかったんですが、
やっと公開ですよw
これ、キャストがすごい多国籍なんですね。
しかし、ずいぶんストレートな邦題に(^_^;。
アイヴォリーはロケーションをきれいに撮れる監督だから、
ウルグアイをどう撮っているかにも興味があります。
2012/09/12(水) 09:37:17 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ジェームズ・アイボリー監督やったら、まず映像でうっとりかなぁ。(笑)
詩情豊かですよね、それに。
この物語も、その予感満々。
真田くんはどこの国の人の役ですか?
2012/09/12(水) 09:46:15 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
確かもう30年以上前だけど、バイト先の我が三角マーク劇場に
『燃える勇者』の舞台挨拶に真田君、来たんだよね。
もう事務のおばさんが控え室(でも事務所)でサンドイッチで
もてなしたと狂喜乱舞してました。背はそんなに高くないよね。
同じ日にミーハーな自分はワーナー映画から回ってきたという
『マッドマックス2』のメルギブの自筆サイン入りポートレートに
狂気乱舞してました(笑)
2012/09/12(水) 10:22:00 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
ジェームズ・アイボリーは好きな監督ですが、「日の名残り」以来観ていませんでした。
『シングルマン』『ラビット・ホール』『17歳の肖像』のうち『ラビット・ホール』は観ていませんが、他の2本は好きな作品なので、好みのようですし、最近映画館で観たい映画があまりないので、楽しみです。
2012/09/12(水) 15:53:49 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
これは見逃している映画の一本ですね、、。何時の間にかスルリと、、で調べたら此方では一般公開されてない!!期間限定でシドニーだけだったそうな、、こうなるとDVD頼りだな、探しますよ。
2012/09/12(水) 16:31:06 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
真田サンホプキンス爺ィの恋人ですか  そりゃま、大変か変態
シャルロット・ゲンズブールはアンチクライストでえらい役してましたけど こんかいはどうかな
2012/09/12(水) 17:19:42 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ん~なんとも設定からして惹かれますね。
確かに映像も美しそうやし・・いいなぁ~これは期待ですね
未亡人と愛人が一緒に・・そして兄とパートナー・・
なんとも言えない構成ですが、1ヶ月くらいなら、その中に混じって住んでみたいようなw
真田さんとアンソニー爺、どんな雰囲気なんやろなぁ~楽しみ^^
2012/09/12(水) 21:46:58 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
ここ数年のベスト3に入るという作品、私はひとつも観ていない(汗)・・・。
これはこれから公開ということなので、チェックしておきます。
2012/09/13(木) 04:56:56 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
おーー、早くからチェックされてたんですね。
2009年の作品ですよね〜。今公開になったのは何か理由があるのかな。
ほんと、多国籍なキャスティング。
邦題思った思ったw 直訳ではあるけど、原題にある情緒が見事に抜け落ち、およそ文学的ではないですよね〜。どうかならんかったんかな。
ウルグアイを部分的に見せつつも、舞台は世界の果てにある、ある意味国名もないような楽園的な空間に描いてました。その意味でも多国籍なキャスティングが効果的だったかも。
2012/09/13(木) 10:15:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
これが巨匠の技なんだろうなぁと感じる独特の優美さに痺れました。
なんか好みだったなぁ。
真田さんはさいわい日本人役でした(笑)
徳之島出身って言ってました。
2012/09/13(木) 10:18:08 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
一瞬、おばさんたちが真田さんぎゅうぎゅうに挟んで、もみくちゃにしてる図を想像しちゃいました(笑)
真田さんはアクションスターとして海外で活躍するのはちょっと背が低かったですが、英語も上手いしこれからの活躍にも期待出来ますね。
映画館で働く恩恵ってあるでしょうね。いいなぁ。
2012/09/13(木) 10:24:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
アイボリー監督作品はとても品がありますよね。
yymoonさんがお好きなの想像出来ますし、これも小品ではあるけれど映像も美しくお勧めできます。
『ラビット・ホール』はニコール・キッドマン主演で子供を亡くした母親の再生を描く作品で私はかなり気に入った一本でした。
機会があればぜひご覧になっていただきたいです。
2012/09/13(木) 10:31:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
私も全然知らない作品でした。
真田さんが出てるのに、日本でもあまり話題にもならなかったのかなぁ。
こちらでも多分近くでは公開なかったと思います。
地味な作品ですが落ち着いた風情のある作品ですし、guchさんもお気に召すのではと思います。ぜひ。
2012/09/13(木) 10:35:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
真田さんの役にはちょっとびっくりだったけど、
ベッドシーンも「その後」の様子を見せるだけでいやらしさはないし、
ゲイ風に演じてる訳でもない。
美しい作品に溶け込んで良かったですよ。
シャルロット嬢は大人しいけれど忍耐強い女性をナチュラルに演じてますね。
けどちょっと痩せ過ぎなのかなぁ。女性的な魅力に欠けてきた感じが・・
2012/09/13(木) 10:40:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
あはは、この中に入って一緒に暮らしてみたいって(笑)
アンソニー爺と真田さんの関係にさざ波が立ちますよ(笑)
爺は真田さんの将来を心配するけど、真田さんは爺を愛してる。
25年も一緒にいて親子のようでもあるふたり、なんか可愛らしいです。
2012/09/13(木) 10:44:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ありゃ、この3本未見でしたか。
私のチョイスなんで地味目ではあるけど、どれも凄く好きなんですよ〜。
音楽もいいので機会があれば観てみてくださいな。
2012/09/13(木) 10:46:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
チェック作品です!!
アンホプ出演作品に間違いなしですよね。
トム・ハンクスとどっこいどっこい!!
そうそう、先月やっと「最速のインディアン」
観たんだけど、日本にもあんな前向きな爺さんいるかな~って。
あ。こっちも是非探してみま~すヽ(*^▽^)ノ
2012/09/15(土) 13:03:04 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
直訳「ファイナル・デスティナネーション」だと、死神殺人ホラーだよなあと思ったら、原題の一部をつまんだいい加減な邦題だったのですね。アイボリー監督の作品とあれば興味出てきました。キャスティングも豪華で、かつちょっと取り合わせが変というのもミソですね。こっちで公開されたら是非観たい一本です。で、「シングルマン」? うーん、これは苦手だったけど大丈夫かなあ。
2012/09/16(日) 05:22:54 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
最近、といっても
『眺めのいい部屋』くらいからのアイヴォリーはなあ。
『インドのシェイクスピア』とか古いのは
好きなものもあります。
でもこれキャストが興味を引きますね。
たぶん観るのは相当先になりそうだけど。
2012/09/18(火) 00:26:38 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
あはは、アンホプ(笑)
うんうん、彼が出てるだけでも映画の質上がる気がするしね。面白いのでぜひチャックしてください。
おー、『世界最速〜』面白かったよね〜。いいもの思いださせてくれたわ、ありがと。
記事引っ越そう。
2012/09/18(火) 09:26:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>あー、『シングルマン』はダメという方いますね、特に男性。分かる気がします。
ま、それは置いておいても、テイストとしてこれはわりとみんな受け入れやすいんじゃないかと思います。
あ、そうそう、このキャストがそれぞれ意外な役を演じてるのも面白いですね。
ローラ・リニーにしても普段とはまるで違うのがミソ。公開されたらぜひ。
2012/09/18(火) 09:30:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
私も『眺めの〜』みたいに上品すぎるのは実はあまり好きじゃないのだけど、これはプチブルジョアだけどドロドロなのが性にあってました(笑)
アイヴォリー監督も趣向が変わって来てるのかも。キャストはいいでしょ。
2012/09/18(火) 09:33:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みてきましたよ~
なかなか美しくてたまりませんでした。
TBおねがいします
2012/10/02(火) 22:49:13 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
お久しぶりです♪
そうそう、自分の居場所がみつかるっていうのは最高に幸せなことですよね。
おっしゃるように映像も美しく、キャストも素晴らしくて見応えのある作品でした。
でも、好みは分かれそうですね~
TBさせてくださいね。
2012/10/18(木) 02:55:39 | URL | choro #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
ねね、美しかったでしょ。
ゲンズブールのお洋服なんかもる~さん気に入ったのでは?
コメント遅くなってごめんなさい。
TBありがとうございました。
2012/10/18(木) 11:48:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Choroさん>
穏やかな自分でいられる場所を見つけるというのは人生においてとても大事なことだと考えさせられましたね。
人の心情をもろに語らないタイプだし、この世界観に入り込めない人もいるかもしれませんね。
TBありがとうございました。
2012/10/18(木) 11:50:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  昨日「試写会」ってまいりました〜 ってことで   最終目的地       コロラド大学の教員オマーは、1冊の著作を残し自ら命を絶った作家ユルス・グントの 伝記執筆の許可を得るため、ウルグアイのユルスの屋敷を訪れる。そこではユルス
2012/10/03(水) 13:45:35 | ☆☆☆ 「る〜」の作り方 ☆☆☆
今週のレディースデーは当初「推理作家ポー〜」を観る予定にしていたのですが、何だかあまり気が進まなくて、急遽都内でも単館上映のため半ば諦めていた「最終目的地」を観る事に。 J・アイヴォリー監督 の作品はその雰囲気が好きだし、豪華なキャストが魅力的だったので劇場
2012/10/18(木) 17:56:15 | choroねえさんの「シネマ・ノート」