映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『アメリカン・スナイパー』
2015年01月18日 (日) | 編集 |
americansniperposter.jpg
アメリカン・スナイパー (2014)アメリカ
原題:American Sniper
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ジェイク・マクドーマン/ルーク・グライムス
日本公開: 2015/2/21
 
米ネイビーシールズのメンバーとしてイラク戦線で活躍した伝説のスナイパー、クリス・カイルの回顧録をブラッドリー・クーパー主演、クリント・イーストウッド監督で映画化した一本。

アカデミー賞の作品賞、主演男優賞など6部門にノミネート
土壇場になってイーストウッドが存在感をみせますね。

予告が面白そうだったので初日に観てきました。
米軍史上最高のスナイパー、クリス・カイルを一回り大きく身体を作り込んだブラッドリー・クーパーが演じます。カイル氏は255人に上るイラク軍やアルカイダを射殺し、その正確さからも伝説とされる方。
映画はカイルの射撃の凄さをひたすら見せます。見せます。見せるんですが・・
正直途中から帰りたくなりました。

銃撃シーンが長いんですよね。
勿論それが戦争のリアリティだと思うのだけど、カイルの腕を見せる部分は所詮個人プレイなので
戦場での仲間同士の繋がりとか、作戦とか、葛藤とかを期待していた私にはちょっとあてがはずれました。
正義のために命をかけた愛国心の塊のような男が、4回の出兵ごとに徐々に戦争に心を蝕まれていくのはやるせないですが、それもどうしても『ハートロッカー』の二番煎じに感じてしまうしね。

americansniper.jpg

終盤カイルの心のひずみが表面に現れ始めてようやく面白くなります。
彼は戦場で戦ったのと同じぐらい、家庭復帰することにもがくことになる
ま、でも気がつけば乗り越えていたというか(汗)
その過程をもう少し丁寧に描いて、家族の力にフォーカスしていたらもっと良かったと思うのだけど
妻を演じたシエナ・ミラーの活躍がもうひとつ見えてこないのは残念でした。

とは言え、最後には実話の重みをずっしり感じ余韻に浸ることにはなるので、鑑賞後感は悪くない。
ただ、イラクを舞台にしながら、ポリティカルな視点をまるで入れない戦争映画ってなんだろうと
ちょっと複雑な気持ちになりました。
関係ないけど赤ちゃんが人形だったのはちょっと白けたよ(笑)

baby.jpg


関連記事

コメント
この記事へのコメント
これは前売り券を買いました。
見たらね。
2015/01/18(日) 07:24:20 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
おーー、早い!お楽しみに~。
2015/01/18(日) 09:15:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
銃撃シーンが長いの?
そりゃ嬉しい!M24スナイパー・ライフルが
ふんだんに出て来るんよね。
これは行くぜ♪
2015/01/18(日) 09:44:23 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
銃撃シーン長いのですかw
それはちょっと楽しみだったりw
リアルだと面白いんだけどね。趣味としてw
>ポリティカルな視点をまるで入れない戦争映画
それイーストウッドぽいですね。
イーストウッドって、社会派映画作らないからね。
よく誤解されてるかもしれないですけど、
主張はあるんだけど、社会派映画は撮らない人ですよね。
これは、リバタリアンであると云うのが大きいと思うんですが。
イラク戦争は、後の戦争と違って、大義名分はまだあったからね。
へんな言い方ですが、今から思うといい戦争だったのでは、って側面がありますね。
ともあれ、多作ですよね。イーストウッド。
見たい作品です。
2015/01/18(日) 10:39:45 | URL | miskatnic #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
長いんですよね~。
私なんかはいたたまれなくてもう少し短くして欲しかったけど、銃器オタクの字幕さんにはたまらないかもね。お楽しみに!
2015/01/18(日) 18:06:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
あはは。ここにも銃撃戦大好き派が(笑)
イーストウッドはリバタリアンというのは聞いたことありました。
そっか、あえて善悪の主張をしないのが彼の政治的姿勢なのかもですね。
大量破壊兵器が発見されずブッシュ政権は大きく非難されることになったけど、色々曖昧だったり癒着があったりと謎を残しますものね。
イーストウッドのお歳でこんなに映画たくさん作れるとは、もはや超人の域!w
2015/01/18(日) 18:32:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おや!途中で帰りたくなったよ~ですかw
イーストウッドがブラッドリー・クーパーをどんだけ格好よく撮ってくれたのかな~なんて気になりますが
2015/01/18(日) 19:12:57 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
オスカー直前にイーストウッドを持ってくるのね配給会社。
戦闘シーンが長いのは別にいいけど、イーストウッド独特のハンダンハソチラデネ な描きかただと、好き嫌い別れてしまうのかな~。
ブラピの『フューリー』でイマイチピンと来なかったのもその辺りが原因だったしな。
でもブラッドリー・クーパーの演技は楽しみなので、色々言いながらも多分観るな(笑)
オスカー前に観れるのは貴重だもーん。
2015/01/18(日) 23:06:04 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。