映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『パレードへようこそ』
2015年01月15日 (木) | 編集 |


prideposter.jpg

アカデミー賞ノミネーションまもなくですね。
今年は作品賞に何本選ばれるでしょうか。
激戦区の主演男優賞は誰が入るかなど興味は尽きません。ワクワク~。

さて、今日ご紹介するのは、ゴールデン・グローブ賞でコメディ・ミュージカル部門の作品賞にノミネートされたイギリスのコメディ・ドラマ『パレードへようこそ』。最高に面白い一本でした。
パレードへようこそ(2014)イギリス
原題:Pride
監督:マシュー・ウォーチャス
出演:ビル・ナイ/ イメルダ・スタウントン/ベン・シュネッツァー/ジョージ・マッケイ/ ドミニク・ウェスト/パディ・コンシダイン/アンドリュー・スコット
日本公開:2015/4
 
サッチャー政権下の1984年、全英炭鉱労働者組合は国の民営化政策に対抗し、大規模なストライキを展開。ロンドンに住む青年マークは、これに同調し募金活動を開始する。しかし、彼らがゲイ&レズビアンの活動家(LGSM)であると知った炭鉱労働者たちからは、寄付の申し出を断られてしまう。そこに、ある勘違いから唯一申し出を受けて入れてくれる炭鉱組合が現れ・・

サウス・ウェールズの炭鉱労働者組合のメンバーと炭鉱夫をサポートしようと立ち上がったゲイ&レズビアン活動家との交流を描く実話ベースの物語です。

pride2.jpg

ロンドンの同性愛者たちとサウス・ウェールズの炭鉱労働組合のみなさん
彼らの文化のギャップがコミカルなタッチで描かれるので笑いどころ満載。
最初は同性愛者に拒否反応を示していた炭鉱側の人間が次第に心を開いていく様子が感動的で
笑って泣ける上質なコメディに仕上がってますね。

映画紹介などを見ると主演はビル・ナイとなってるけど、ビル・ナイは主演の一人というべきかな。
実際にはレズ&ゲイグループのリーダー マーク(ベン・シュネッツァー)、LGSMの活動を通し自分を発見していく20歳のクローゼットゲイのジェフ(ジョージ・マッケイ)、炭鉱労働者組合の代表者ダイ(パディ・コンシダイン)などが同じくらいに主要な役割を担ってまして、その他数名の群像劇の形を成しています。
ビル・ナイは炭鉱側の法的な面倒を見る世話人的な役どころ
同じく炭鉱側のイメルダ・スタウントンが田舎の素朴かつ豪快な主婦を演じていてうまいのなんのって。
劇中ビル・ナイとイメルダが二人でサンドイッチを作るシーンがあるんですが、内容はネタばれになるので言えないけど最高にいいシーンでした。

町をあげて炭鉱を守ろうとする労働者組合と、市民権を獲得すべく頑張るゲイ&レズビアグループの若者たち。彼らに共通するのは「プライド」。彼らを結びつけるのもお金ではなく友情。
困難に立ち向かうとき、そこにまだ見ぬ友がいてくれると思えれば頑張れる
劇中コンシダインが語るそんな言葉にも心を打たれます。

そんなに長くはない人生。自分を偽り隠れて一生を送るより
やりがいのもてる何かを見つけ、堂々と生きるほうが楽しいに決まってる。

音楽やダンスにも心躍り、早くも今年のマイトップ10入り確実。
壮大なウェールズの風景も美しく、これは大きなスクリーンで見たかった。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
まさか”Je suis Charlie”のバッジを
付けて行進じゃないよね。
あっ1984年か。30年前だね。
2015/01/15(木) 05:39:28 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
主役がビル・ナイさんというだけで買いです。
pu-ko姐のイチオシも後押ししとるしね(笑)・・・。
最近のイギリス映画はおもろいんで、公開を楽しみに待ってます。
2015/01/15(木) 08:33:19 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
わー、早くも今年のトップ10入り確実ですか!
題材からして面白そう~。実話ベースなんですねぇ。
ビル・ナイとイメルダ・スタウントンか~。なんて味のある二人なんでしょ(^ー^)
観たい観たいー!
2015/01/15(木) 09:06:05 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
はい30年前の作品で、しかもイギリスのお話ね。
しかし今回のテロのパレードもそうだけど、バッジって意外に団結のアイテムになるんですね。
ヨーロッパ流なのかな。
2015/01/15(木) 10:15:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ビル・ナイいいですよね~。
私も彼が出てるだけで観たくなります。
ほんと、イギリス映画、とくにコメディは上品でいて面白く感動的。
音楽や踊りといったエンタメも程よく入っていてこれも本当に素晴らしかったです。
私のイチオシ・・『博士と彼女のセオリー』かな?
俳優の演技にも大注目のいい作品なのでぜひ。
2015/01/15(木) 10:38:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
はい~、じゅりさんの動画に触発されて「英国俳優」ビルナイ目当てで見たんですが、これが期待以上にいい作品でした。
覚えていればw年末のトップ10に入ってくるだろうと思います。
イメルダさんと2人、いぶし銀のやりとりを見せてくれてあたたかくて楽しいんですよ~。
あとパディ・コンシダインもよかったし、新しいところでジョージ・マッケイにも注目したいと思いましたよ。機会があればぜひぜひ。
2015/01/15(木) 10:45:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あわわわわ! 我が愛しのビルおじさんが出るなら観なきゃ!!
イギリス映画で労働者やマイノリティが頑張って立ち上がる!な映画って自分的に外れないんだな。
炭鉱閉鎖絡みの映画も『ブラス!』や『フルモンティ』とか宝石映画たくさんあるもんね。
パディさんやらキャストも渋いさ、pu-koさんも好きなら間違いなさそー。
笑えて泣けるって最高。
楽しみ!!
2015/01/15(木) 17:32:17 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
楽しそう~
年代も画像から見ていい感じですね~
2015/01/15(木) 21:14:27 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ビルナイおじさま出てるよーん。
そうそう、私『ブラス!』は未見なんですが(汗)炭鉱閉鎖に関するイギリス映画でくくれる秀作がいくつかあるみたいね。
イギリスの労働者の歴史をしっかり知っておくことも大事だなぁと思った次第。
怖い役もこなすパディさん今回はとても柔らかくてスピーチでもいちいち感動させてくれました。
彼もほんとうまいわ。間違いなくおススメ。お楽しみに~。
2015/01/16(金) 08:17:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
そうなんです。服装とかも時代を感じるしね。
この頃の音楽に興味があると一層楽しめるかも。
すごくいい映画でした。
2015/01/16(金) 08:18:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
先取り気持ちがいいですか?お願いだからブログをやめてもらえませんか、いち早い情報を日本人に提供して、さぞかし気持ちがいいんでしょうね…笑
2015/01/16(金) 09:05:49 | URL | tanuma #79D/WHSg[ 編集]
アカデミーノミネート発表になりましたね~。
今年も楽しみな季節がやってきた~っ。
イギリスの実話ベースの映画って、ちょっとコメディの味付けをするのが得意みたいな気もします。
面白そうです。
2015/01/17(土) 04:34:38 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
お帰りなさい。
アカデミー発表になりましたね。
想定内の中、フィンチャーが外れたのはちょっと寂しいですが。
そうそう、イギリスはコメディの味付けが上手いですねぇ。しかも多少シモネタ交えても下品にならない。これは面白かったです。
2015/01/17(土) 09:16:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。