映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『毛皮のヴィーナス』
2014年12月19日 (金) | 編集 |



毛皮のヴィーナス(2013)フランス
英題:Venus in Fur
監督:ロマン・ポランスキー
出演:エマニュエル・セリエ/アマルリック
日本公開:2014/12/20
舞台『毛皮のヴィーナス』のワンダ役のオーディションが行われたパリのシアターでは
脚本家で演出家のトマ(マチュー・アルマニック)が散々の結果に疲れ、会場を後にしようとしていた。
そこにやってくるのがエマニュエル・セニエ演じる女。
彼女は役名と同じ「ワンダ」と名乗り、オーディションを受けさせて欲しいと懇願する。
まるでその気のないトマだったが、しぶしぶ脚本読みに協力することになり・・・



今週末から日本公開になるロマン・ポランスキー新作の『毛皮のヴィーナス』。
オーストリアの作家ザッヘル=マゾッホの原作を基にしたブロードウェイの舞台劇の映画化だそうです。
このマゾッヒさんという名前がマゾヒズムの言葉の由来になってるとご存知の方も多いでしょう。



登場人物はマチューさんとセニエ嬢の2人のみ。
2人劇で退屈かしらと思いきや、なんのなんの。2人の演技力もあって大変面白い作品に仕上がっております。



まず、セニエ嬢のこのいでたちがいいでしょ。首には犬の首輪(笑)
何故か台本まで持参しているワンダは、脚本から作品をサドマゾポルノと解釈し、この格好でやってくる。
ポルノ呼ばわりされトマは激怒するものの、台詞を読み始めたワンダが北島マヤなみの変わりようを見せることに愕き、彼女から目が離せなくなるんですね。それは観客も同じこと。
そもそも、ワンダは何故台本を手にし、しかも台詞もキャラクターも知り尽くしているのか等、彼女に関するミステリーにも引き込まれるわけです。

幼少時代をゲットーで過ごしたり、自身が投獄されるなどの暗い過去が影響してか、ポランスキーは壁に囲まれ身動きが取れないようなシチュエーションを映画にすることを好む監督です。
しかし壁は打ち破るためにあるもの。
今回はトマが徐々に自分の性を開放させていくところがポイントですね。
適度な緊張とエロスとユーモアを保ちながら、次第に立場を逆転させていく2人。
マチューさんに後半大いに笑わせてもらいました。首輪や靴もいい仕事します(笑)

ミステリーが明かされたかと思いきや、あえて謎を謎として残すことで
クリスマスの贈り物的なファンタジーが加味されたように思います。

って、無理矢理ですが(笑)
今日の一曲はアベンジャーズからクリスマスキャロルのプレゼント
ウケるのでぜひ見てみて~w



関連記事

コメント
この記事へのコメント
SとMどちらか選べと言われたらM選ぶやろうね
う~ん美女にイジられたい
2014/12/18(木) 17:37:59 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
クリスマス・エロス!
北島マヤとMの共演か。楽しみだわ~。
マチュー・アマリックを最初にちゃんと認識したのってダニエル版「007」だったんですが、「あれ?ポランスキー?」って思ったの。
キャラかぶってません?並ぶとさすがに違うの分かるけど二人の外見イメージって似てる。
なので本作思いっきり主役に自分を投影かなと(笑)
監督のミューズ、セニエさんもなにやらドスコイ感が漂うようになっちまったな。
でもヨーロッパ産の女優は年齢を経ても皆セクシーだよね。ちょっと分けてほしいぜ・・・。
アベンジャーズのクリスマス・キャロル最高!受ける~!これは保存版♪
2014/12/18(木) 20:27:34 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
セニエさんは凄く綺麗で、監督もいいし題材も魅力的。
男目線というか、私のおバカな感覚でいうと、官能的な題材に対して、旦那が嫁さんを演出してしまうと妄想が膨らまないんですよね(爆汗)・・・。
ソコ、私は重要視するので、見るのをためらってしまいますね。
しょうもないコメントでゴメンね。
2014/12/19(金) 03:05:58 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ンもう~、エロっぽーーいジャケ!!
私さ、何気にロマン・ポランスキー監督好きみたい。
映画好きの割に、監督には疎いんで恥ずかしながら検索を!
「ローズマリーの赤ちゃん」なんて中2で観に行ってるし!(ひょえ~)
この前観た「おとなのけんか」もそうなんだね。
面白かったよ、すっごく!
「ナインスゲート」「戦場のピアニスト」もそうなんだ!
ああ、知らなんだ知らなんだ!恥ずかしぃわさ。
きっとこれも2人芝居なのに深いんだろうな、って思う!
で、最後の動画ウケましたわ!良く出来てる!うん!
2014/12/19(金) 06:31:55 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
レベルの高そうな映画ですね。
「毛皮のヴィーナス」という題名にそそられますが、鑑賞後、理解不能で悩みそうな映画という予感もします。
アベンジャーズというのは観たことがありませんが、クリスマスキャロル楽しかったですよ。。
2014/12/19(金) 07:08:19 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
M派?(笑)
でもみんなS、Mどっちの側面も持ってると思うなw
2014/12/19(金) 07:54:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
北島マヤって誰?って言われなくてよかったわwにしてもえらい取り合わせだけど、
この2人は『潜水服は蝶の夢を見る』(あってる?)で、元夫婦も演じてるんですよね。私がマチューさんをはじめて意識した映画です。
あ、確かにマチューさんちょっとポランスキー似だよね。髪のもっさり感とかも。
監督ももう80歳超え!(驚)まだまだセクシーなセリエさんとはもう結婚25年になるみたい。
子育てを終え最近精力的に女優業をこなす妻をこんな演出で送り出すんだとちょっと驚くシーンもあるよ(笑)セリエさんちょっと体幹はブヨ感を否めないけどフランス女性は足が細いね。
動画、グルートに笑ってしまったw
2014/12/19(金) 08:06:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
私はセニエ嬢実はあまり綺麗だと思ってなかったんですが、ここに来て彼女の実力と魅力を再認識してます。
これ、ベッドシーンがあるわけでもなく、二人の絡みはあくまで舞台の「ごっこ」風なんですが、セニエ嬢にはおっぱい丸出しでこちらが目がテンになるような動作を強要してます。監督一人で悦に入ってるかも(笑)ソコ、気になればご覧ください(爆)
2014/12/19(金) 08:26:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
『ローズマリー~』を劇場鑑賞してるなんてうらやましい~。
ポランスキーのフィルモグラフィー見返すと改めて凄いと思うよね。
これはまず役者2人が本当にうまい。
へたな役者がやったら多分そんなに面白くないかもしれないけど、演技に惹かれたし、笑いどころもあって楽しかったよ。
アベンジャーズのこれ楽しいよね~。
2014/12/19(金) 08:32:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
舞台は日本でも(日本人キャストで)上演されている人気の戯曲らしいですね。
これ決して理解しにくい映画ではないと思います。
原作者の自伝的要素が加味された、、すなわちマゾヒズムに目覚める舞台演出家の話で、内なるトラウマを暴き演出家の性を解放させる役割をセリエが担ってます。
次第に演出家を支配していくセリエがまた妖艶なんですよ。
知的に楽しめる作品だと思いました。
クリスマスキャロルお楽しみいただけて嬉しいです♪
2014/12/19(金) 08:48:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
北島マヤって??
pu-koさんは漫画のキャラを指してたのか。
北島マヤって女優さんは実在してるんでね。
声優さんもやってたんで名前は知ってたんだ。
『毛皮のヴィーナス』と聞くとかって
『青い体験』のラウラ・アントネッリ嬢が
主演したエロティック映画をすぐ連想するけど。
1969年の製作にしてはちょっと過激で
日本でも公開の時はボカシ入りでサブタイトルが
『花芯のいとなみ』と付いて洋ピン扱いで
公開されてました。
ポラ爺やっぱ変態かな?
2014/12/19(金) 09:44:12 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
けっこう演劇そのままやちゃった感じですか?
なかなかおもしろそうですね。
けっこう男性映画監督にはMが多いと思うんですがw
ポランスキーもそんな感じなのかな?w
2014/12/19(金) 11:46:20 | URL | miskatnic #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
えーー?北島マヤさんっていう女優さんがいるの?
ある意味プレッシャーだろうなぁ(笑)
そそ、私は『ガラスの仮面』の方。
『青い体験』は多分観てないような。。観たかな?
『花芯のいとなみ』・・随分エロっぽい響きになりますね(笑)
今回はポランスキーの願望が表現されていたように思いますw
2014/12/20(土) 08:02:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
舞台のことを知らないんですが、画像検索するときにでてきたものと凄く似てるし、限りなく舞台劇に近い形だったのではと思いますね。
ははは、監督はMが多いんですか(笑)
そう、マチューさんの姿にポランスキーを重ねて見てしまいました。
監督の欲望がそのまま描かれたのかなと。
セリエ嬢とのやりとりに家庭でのお2人の姿まで想像しちゃいましたw
2014/12/20(土) 08:08:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
「おとなのけんか」みたいな、1シチュエーションの舞台劇のような感じですね。ミステリータッチもありというと、「死と処女」を思い出しました。主演二人はアクが強過ぎて私は苦手な俳優さんなのですが、映画としては面白そう。ちょっと期待しちゃいますです。
2014/12/22(月) 04:54:00 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ワンシチュエーションで、しかも舞台劇が挿入される形なので、『おとなのけんか』よりさらに舞台風ですね。『死と処女』とは監督の変態性が垣間見れるところが共通してるかもw
主演2人はアクが強いですが、特にマチューさんは面白い演技を見せてくれるので、観て損はないかと。
2014/12/22(月) 11:24:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
「死と処女」もポランスキーだったんですね!ビデオで2回続けてみてしまった記憶があるので、本作も楽しみ。既に公開されているのですが、場所と時間が合わなくて・・・。
観たらまたお邪魔します♪
2015/01/07(水) 21:31:20 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
ポランスキーも作品の幅が広いですよね。
最近は舞台劇っぽいものに興味があるのかな。
2人芝居という意味では『死と処女』に近いものもあります。
ご覧になれたら感想聞かせてくださいね。
2015/01/08(木) 08:58:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ面白かったです。主演の二人の濃さもだんだんとキャラが積みあがっていく役どころにぴったりとはまっていました。シネスコ画面に、主役二人を手前と奥に置いた構図がたくさんあって印象的でした。セリフのやりとりも面白かったですし、見返すとまた新しい発見がありそうな予感でした。
2015/01/10(土) 08:14:01 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
お返事が遅くなってすみません。
構図にまで目がいくところがさすがeinhornさん!
次第に立場を逆転させていく二人の会話に二人劇なのに飽きずに見れました。ポランスキーいぶし銀ですね。
TBありがとうございました。
2015/01/14(水) 00:08:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
レオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホの小説「毛皮を着たヴィーナス」にインスパイアされた戯曲を、『おとなのけんか』、『ゴーストライター』のロマン・ポランスキーが映画化。出演しているのは監督の妻でもあるエマニュエル・セニエとマチュー・アマルリック。2人は『潜
2014/12/22(月) 23:42:04 | MOVIE BOYS
今回は新作の「毛皮のヴィーナス」をヒューマントラストシネマ有楽町2で観てきました。駅に近いミニシアターとしてはグッドなのですが、フラットな座席是配置にスクリーン位置が低いのが難点。さらにこの映画の鑑賞には、ここのスクリーンは小さすぎたようです。マゾッ
2015/01/10(土) 23:13:49 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)