映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『野性の証明』
2014年12月03日 (水) | 編集 |
 

私も追悼に健さんの映画を観てみよう・・と思ったんですが、
こちらではレンタルできるものが7本しかなく、その中から『Never Give Up』をチョイス。

借りたあとに邦題を確認したら『野生の証明』でした。
健さんを偲ぶにふさわしい作品はもっと他にたくさんあるんでしょうけど、私なりの追悼です。
野性の証明(1978)日本原題: 監督:佐藤純彌 出演:高倉健/薬師丸ひろこ/夏八木勲/中野良子/三國連太郎/ 舘ひろし/田村高廣/ ハナ肇/ 松方弘樹/ 丹波哲郎/成田三樹夫/原田大二郎/ 梅宮辰夫
森村誠一の同名小説を佐藤純彌が監督した角川映画の大ヒット作ですね。
これ、大昔にテレビでチラりとは観てるはずだけどほとんど記憶になかったので、新鮮に観ました。

高倉健さん演じる味沢は元自衛隊特殊部隊の優秀な隊員でしたが、東北の山中でのサバイバル訓練中、
寒村で起きた大量惨殺事件に遭遇し、その後自衛隊を退職。
 
一年後、保険外交員として働く味沢は惨殺事件の唯一の生き残り、13歳の頼子を養子とし、ともに暮らしています。
薬師丸ひろこ演じる頼子は、ショックから事件に関する記憶をなくしている。



さんはなぜ頼子を養子にしたのかに謎を残しつつ、
映画は保険外交員となった健さんが、保険を担当したある死亡事故に疑問を持つところから始まり、
地元を牛耳る組織の陰謀を探るサスペンスへと発展していきます。

地元の大物が三國連太郎で、その馬鹿息子が舘ひろし
やくざもんの土建屋に梅宮辰夫等々、出てくる人がみんな大物役者ぞろい。
しかも36年も前の作品ですからみんな若い。
薬師丸ひろこちゃんなんて14歳ですよ。

彼女演じる頼子はちょっと先を予見できるニコラス・ケイジ程度の予知能力があるという設定。正
直それ要る?と思うところだけど、
「お父さん怖いよ。大勢でお父さんを殺しに来るよ」とCMで聞けばそそられるのは確か。

『野性の証明』というタイトルも『人間の証明』の二番煎じなのでしょうけどこの映画のいう「野性」ってなんだろう。
特殊部隊で「人殺しマシーン」に鍛えられているとしても、それ野性ちゃうし。

自衛隊脱退後、どんな暴力にも黙って耐えた健さんが唯一強さを発揮するシーンで
夏八木さん演じる刑事に「それがお前の本性だ」みたいなこと言われるけど、斧投げて渡したの誰やねん!だったしね。

ま いいか。

健さんがその土地に住むことになる理由などかなり強引だったり、荒唐無稽と思う部分も多いですが
何より凄いのは自衛隊をこんな風に描いてしまうこと。
協力を得られず、戦車を使うクライマックスシーンはアメリカロケとのこと。そりゃそうだろな。
 
個人的にこの映画で一番よかったのは、健さんとひろこちゃんの擬似親子の関係です。
ここね、ある部分を明かさずには書けないので、以下半分ネタバレさせていただきます。

未見の方はご注意ください。

寒村の惨殺事件の全容は明かしませんが・・

味沢は事件の日、頼子の父親を頼子の目の前で殺してしまってるんですね。
罪の意識に苛まれながら、十字架を背負い続ける味沢と、潜在的に父親を殺した犯人を憎んでいる頼子。

頼子が真実を知ったらどうなるのか。
そこに興味をそそられました。

個人的に少し残念だったのは、トンネルを走り出てきた頼子の心理がやや分かりにくいこと。
いや、味沢に走りよる姿から、頼子が全てを許した上で感謝と愛情を示したのは分かるのだけど
そこに至る瞬間の心理描写が端折られた感じがしてね。

でもそれを補ったのがエンドロールで見せる二人の日常でしょう。
おそらくは責任感から頼子を引き取った味沢も、いつしか頼子との暮らしに安らぎを覚えてもいたんでしょう。
二人は確かに親子の情で結ばれていたんだと、ここにきてジワジワ感動。
健さんのお茶目な表情が見れたのもよかった。

 

健さん長い間お疲れ様でした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お悔やみ申します。
が、観てませんコレ。健さん怒るかな・・・
薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」は観たけどね。
健さんのは、「幸せの黄色いハンカチ」と「ぽっぽや」ぐらい?
あの「THE ヤクザ」って顔がイマイチ好みじゃない。
いやいや、私ごときが好きだキライだの言ったところで、
世間は悲しみに暮れてるんだよね。大俳優を亡くしたんだね。
若干セリフ棒読みだけど。そこが寡黙な男って感じでいいのか。
天国で菅原文太に会ったかな~!?
2014/12/03(水) 03:38:09 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
これは忘れられない大作映画。
私が健さんの映画を劇場で見た最初の作品。
むちゃくちゃやけど、当時の日本映画では洋画に負けないスケールの作品だった。
私、知り合いのおじさんと見たんやけど、薬師丸さんがトンネルから出てくるシーンから見たんですよね(汗)・・・当時は入れ替えがなかったんで、そういう見方が普通やった。
そうそう、カットしたシーンを繋いだエンドロールと大野雄二さんの音楽、劇中の町田義人さんの主題歌も最高やった。
「私は、アンタに惚れとるんだよ」という三國さんは怖かったね。
中野良子さんを抱かない健さんは相変わらずストイック(笑)・・・。
2014/12/03(水) 03:44:36 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
健さんの作品は、その時代時代で色んなのがありますからねぇ。自分やったら「新幹線大爆破」にするかな?(笑)
この頃の角川映画はホンマ絶好調やった~。
「男は誰もみな~♪ 無口な兵士♪」の主題歌も流行りましたな。
自分も観てるけど、もう忘れてますw
なんか再見してみなくちゃ~。
2014/12/03(水) 04:05:53 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
健さんが亡くなったニュース、かなりビックリしたんですが、80歳を超えてたと知って更にびっくりでした。
さすがにお顔がお爺ちゃんぽくはなってたけど、とても若々しい外見だったのに。
昨日は菅原文太さんの訃報が流れて、次々と昭和のスターがいなくなるのはとても淋しいですね。
今の邦画はほぼ劇スルーなわたしですが、80年代くらいまでの日本映画は好きでたくさん観てます。
これも観たことあるけど、殺戮の下りの詳細がすっ飛んでるなぁぁ。
角川全盛期の作品だからお金かかってるんでしょうね。
「お父さ~~~ん!!」ってスローモーションで走る薬師丸ひろ子のCM覚えてるな(笑)
アハハ!この間のpu-koさんからのメッセージ、「なぜ急に薬師丸???」って思ったら、これ観た影響か(笑)
とにかく建さん本当にお疲れさまでした。
「幸せの黄色いハンカチ」観たくなってきた・・・。
2014/12/03(水) 06:37:12 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
これ見てないんですよね。
高倉健の映画って10本くらいしか見てないかも。。。。
任侠ものは全滅だし。。。。
それ以上に菅原文太の映画はもっと見てない。。。
この機会に見るのもいいですね。
この映画も今見ると色々発見がありそう。
確かに「野生」って何なのかちょっときになりますね。
2014/12/03(水) 08:42:25 | URL | miskatnic #79D/WHSg[ 編集]
英語タイトルは「Never Give Up」なんですねぇ。
私も当時観たきりで、あのシーン(わかる?(^^;)が印象深いので、再見したら詳細すっとんでるかもしれません~。
健さんはホントに、そこにいるだけでオーラのある大スターでしたよね。
「ブラック・レイン」大好きなので、また観たいと思ってます。
2014/12/03(水) 08:42:44 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
私もほぼ未見だったけどタイトルだけはよく聞く映画だよね。
私は任侠もので健さん見てないので、あまりやくざ顔だと思わないんだけど
やくさやらせても一流なんでしょうね。
寡黙で演技も大げさじゃないからうまさを私も分からない(笑)
でもやっぱり存在感あってそこにいるだけで絵になる人だと思ったよ。
文太さんとお酒でも酌み交わしてるかしらね。
2014/12/03(水) 15:15:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ほんとほんと、日本映画でこのスケールは凄い。
しかもザクザクと(小判かw)大物が登場するから興奮しながら見ましたよ。
わはは、トンネルから出てくるシーンってほぼクライマックスって思ったら、そうか当時はそんな見方ができたんですねぇ。
エンドロールと主題歌にぐっときたなぁ。三國さんもほぼはまり役。
息子を溺愛するするところも怖かった(笑)
中野良子さんとのシーン、その膳食わぬかと驚きましたがwベッドシーンにもつれ込んだら健さんじゃなくなっちゃうんでしょうね(笑)
ストイックを絵に描いたような方でした。
2014/12/03(水) 15:21:05 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
なんたって芸暦長いですよねぇ。
ジャンルごとに見てみたい気もします。
あーその『新幹線~』見たいんだけどこちらレンタルされてないんですよ~。
角川映画全盛の頃でしょうか。主題歌もはやりましたよね。
金田一シリーズの影響か、血しぶきあがる切り株映画だったことには驚きました(笑)
2014/12/03(水) 15:25:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
『あなたへ』が2012年だっけ?
思えば長い映画人生を全うされた方でしたね。
ほんとうに、文太さんまで逝ってしまわれて、昭和の映画に親しんでこられたファンの皆さん落ち込んでますもんね。
今思うとこの時代の映画ってスケールも大きくて、今みたいなドラマに毛の生えたものとは一線を画すよねぇ。
ははは、そうね。いきなり薬師丸ひろこちゃんを思い出したのは、健さんの出演作探してたからかも。 バレバレだw
『幸せの黄色いハンカチ』劇場で見たなぁ。私も忘れてるので見直してみたいけどレンタルになし。こちらで見れるのは7本しかなく、そのうち4本観てるからあと3本だよん(笑)
テレビで追悼特集やらないかなぁ。
2014/12/03(水) 15:40:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
わーい。おひさしぶりです。お元気でしたか?
あ、健さん映画私も任侠ものはぜんぜんです。
そうそう、こういう機会にと思って、文太さんのもようやく一本レンタルしたんですよ。
これmiskaさんのとんでも特集でお願いしたいくらいツッコミどころありますが
キャストは豪華だし楽しみどころは満載です。
「野性」はなんでしょうね。
多分殺人兵器として訓練された残忍性とかも入るんでしょうけど、それだけだとちょっと。
原作読むと理解できるのかな。
2014/12/03(水) 15:47:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
そそ、野性の証明そのままだと意味が分からないと思ったんでしょうねw
中野良子さんの台詞や夏八木さんの行動にも被って『Never Give Up』もなるほどなと思います。
あのシーン・・なんだろ。トンネル?ラストシーン?首チョンパ?(笑)
印象深いシーン色々ありました~w
『ブラック・レイン』の健さん私も好きでした。
2014/12/03(水) 15:56:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この映画何がやりたかったのか  何をねらいかようわからん映画 駄作 もっともカドカワ全体に言えることだけど  アイドル映画かはたまた健さんのかっこよさを強調した映画か
下の写真など なるほど銃を構えるゴルゴ13やねと思ってしまう 銃違うけど 
菅原文太は一度観ました 当地ロケで トラック野郎でした 娘も学校帰り 地元町内でロケしてて見たそう 彼も まむしの兄弟からのファンであります 仁義なき はその後  仁義なき は全作持ってますぞ
2014/12/03(水) 17:27:21 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
健さんご本人は「任侠物」はお好きじゃなかったかもしれませんが、私の世代には『死んでもらいます』の健さんでした。夫は「藤純子の方が良かった」と申しておりますが。
「野生の証明」一度は見ていると思いますが、覚えてない、キャッチコピーは覚えているのに。DVD探してみようかな~。
森村誠一は一斉を風靡しましたね、当時。
菅原文太さんの方は全滅、あちらは任侠というより「や○ざ」物で見る気になれず、でした。
2014/12/03(水) 21:20:01 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
わはは、厳しいですね。
芸能人大運動会みたいに、とにかく豪華キャスト集めて、ジャンルてんこ盛りに派手にやったという印象でした。
最初から映画化するために書き上げたと聞くし、角川映画らしい大作というところかしら。
個人的にはエンドロールでぐっとくるところがあったから良かったですよ。
あ、私もこの画像ゴルゴっぽいと思った。ゴルゴ知らないくせにですけど(笑)
うおぉー、生・文太さんですか。いいなぁ。
一日あけて文太さんの追悼も行きたいと思います。
『仁義なき』楽しみに観ますね!!
2014/12/03(水) 23:43:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
健さんご自身が任侠ものお好きじゃなかったのかぁ。
なんとなく分かる気もします。
おっと、「死んでもらいます」というフレーズは知ってるのに、私は健さんの・・というか、どなたのものも殆ど観たことないんですよねぇ。
『野性の証明』は今見たらみんな若くて、懐かしいですよ。
青春時代を思い出すかも。ぜひ♪
2014/12/03(水) 23:47:57 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アタシこれ見てないんんだ~
当時流行ってたけど。カッコイイよね~
番組で追悼特番やってたしいくつかは見たんだけど。。
最新作はレンタルしてきました
2014/12/04(木) 02:06:38 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
この映画の脚本を書いた
高田宏治さんへ夜中に
健さんから電話がかかって
来て、自分の役について
三時間ほど話し合った上で
健さんは納得して
撮影に臨んだとか。
また薬師丸ひろ子は撮影中
ずっと健さんに『ブス』と
呼ばれていたけど、
それは子供のいない彼の
可愛がり方だったようで、
本当に父親のように
接してくれた優しい
人だったと。
偉大な俳優を亡くしました。『網走番外地』と
『山口組三代目』と
『駅 STATION 』が
好きな高倉健作品です。
2014/12/04(木) 09:08:39 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
『人間の証明』とセットで有名だったよね。
のわりには私もほぼ初見でした。
日本では追悼番組あったんだねぇ。こちらでもやって欲しいな。
あ、いいな。『あなたへ』かな? それ観たいわぁ。
感想聞かせてね~。
2014/12/05(金) 00:11:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
出演作凄く多いけど、役も納得のいくまで理解しようとされる方だったんですね。
薬師丸さんはこれがデビューでしたっけ?
それだけに健さん訃報はショックだったでしょうね。
そんな風に可愛がってもらったのならなおさら。
字幕さんのお好きなその3本全滅です。
『駅 STATION』って観たいなぁ。
2014/12/05(金) 00:24:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この映画、学生時代に劇場で観たのですが、「え、これで終わりなの?」ときょとんとした覚えがあります。今、見直したら、もう少し違う感想を持てたのかもしれませんが、この映画と「復活の日」を観て、もう日本映画はいいやと思った懐かしの一本です。
2014/12/08(月) 05:44:54 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
わはは、劇場でごらんになったのにがっかり だったんですね。
逆に記憶に残ってしまったかな。
大作なのに大味に感じられるのは豪華キャストを詰め込むだけで精一杯だったからかも。
エンドロールなければ私もラストはきょとんになってた気がします(笑)
2014/12/08(月) 09:59:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック