映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『es [エス]』 実験怖い
2014年09月25日 (木) | 編集 |



chacoさんお待たせしました!
es [エス](2001)ドイツ
原題:Das Experiment
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:モーリッツ・ブライブトロイ/ クリスチャン・ベルケル/オリヴァー・ストコウスキ/ ユストゥス・フォン・ドナーニー/ アントニオ・モノー・Jr/ エトガー・ゼルゲ/ マレン・エッゲルト
 大学の心理学の実験の被験者募集の広告を目にしたタクシー運転手のタレクは、これに参加することにした。被験者は無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられ、学内に設けられた模擬刑務所に収容された。





 1971年にスタンフォード大学で実際に行われ、2週間の予定が6日で中止になった心理学実験を基にした作品だそうです。
テレビで放送されたのでやっと観ました。これは面白かった。

 看守か囚人 与えられた「役」を2週間演じるだけの割のいいアルバイト 
誰もがそう割り切り、気軽に始めたはずの実験ですが
これがいつしかとてつもなく危険なものになっていくんですねぇ。こっわーー。




 面白いのは「看守役」が早々に威圧的になっていくこと。
まぁそうだろうと想像はできるのだけど、ややこしいのがコンプレックスを持つ人たちだ。
普段鬱々と負の感情を抱え込むしかない彼らが、「看守」という役を与えられると力を利用して自己防衛を果たそうとする。しかもこれが段々エスカレートしていくからたちが悪い。

エルビスの物まねをライフワークとする被験者の自己顕示欲が「強い看守」を演じることに執着させることにも なるほど。周囲の目が人の行動を左右するというのもよくわかる。

暴力に発展しそうになっても大学側はギリギリまで黙認
これが被験者に勝手にルールを解釈させることになるわけで
わずか数日で制御不能な状況に陥る様子に、文明人のモラルがこんなに脆いものかと身震いする思いでした。緊張の高めかたが巧い。
しかし事態の悪化が予想される後半戦で、実験の場を若造一人に任せるというのは
映画上のご都合主義でしょ。
スタンフォード大学はこの映画にどういう反応をしたんでしょうね。気になる。

 やめればいいのに看守を煽りまくるタレクには「お前が~」と思わないでもないけれど
モーリッツ・ブライブトロイってなんか憎めない(笑)



数日前に出会ったドラのことが頭から離れずフラッシュバック

軍人カッコえーとか、おばさんキターとかエンタメ的にも楽しめました。
なんちゅう締めやw

関連記事

コメント
この記事へのコメント
これは心底怖い映画でした。
おばさん研究者がまさかの...!!!
そこは本筋ではないか。
人間はある役割に決められると、どこまでも卑屈になるし、どこまでも威圧的になれるのだなと実感です。
本当にこんな実験したなんてねえ。
2014/09/25(木) 01:04:14 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
よっ待ってました!!とうとう観ましたね!!
人間の深層心理、そんな生半可な枠ではくくれない程の
おっそろしー欲の塊の行動って言うんだろうか、
上手く書けないけど、単に集められた24人の男が
単純に役柄を与えられただけなのに、そこまでヤるか?って。。。
ずいぶん前に観てるから、細かいやり取りは忘れてるけど、
あの金庫のような箱に閉じ込められた男が忘れられない。
閉所恐怖症の私には耐えられない状況だった覚えが。
人って怖いもんなんだね。って結論かな。
観てくれてありがとう!これを機にもう一回観てみっかな!!
2014/09/25(木) 05:26:12 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
かな~り前に観たきりですが、緊張の連続でした。
こういう事が実際に行われて、事実こうなってしまう所が恐ろしいですねぃ。
そそそ、モーリッツくん憎めないっしょ~w
他の作品でもヘタレ具合が可愛くてしょうがないわ(笑)
2014/09/25(木) 07:27:55 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
ステキな締めですっw
いやぁ~こういう悪趣味な実験が行われていたと言うのも衝撃ですが。
「立場」を与えるだけで人間こんなにも変われるものなのかと言う怖さがありましたな。
TBしました~、出来てればイイんですけど。
2014/09/25(木) 09:16:32 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
うん、これ面白かった。
擬似シチュエーションなのに、どんどんそれが本物になる人間の脳みその恐さが出てた。
フェイクなのに主従関係が当たり前になっていくリアル感が背筋ひんやりだし。
現実世界でも何かの具合で起こりそうだもの。
簡単に翻弄される人の感情の恐さを見せ付けられたし、縁遠かったドイツ映画の足がかりになった作品でもありました。
わははは!
「軍人カッコえーとか、おばさんキターとか」
あるある!エンタメ感あるある!
締めとして充分OK(笑)
2014/09/25(木) 10:03:56 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
怖かったですね~。擬似なのになんで?っていうのが。
おばさん ウワっでしたよね(笑)
途中でやめたからよかったものの、危険な実験ですよね。
2014/09/25(木) 10:49:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
観た観た~。ほんと、これは怖くて面白かったよ。
何でそうなる って思うけど、それも自然の流れで
人間ってこういう本性持ってるんだろうなっていうのが怖かったしうまかったよね。
あー、あの箱のシーンでchacoさんのこと思い出したよ。
閉所恐怖症の人には最高に怖いシーンだっただろうな。
こちらこそおススメありがとう!!
2014/09/25(木) 10:53:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
ブログのお友達のところで最初に教えてもらったのもかなーり前でしたw
ようやく観れましたよ~。
うんうん、緊張が段々加速していく感じがよかったわぁ。
そそ、モーリッツ君なぜか憎めないんだわ(笑)
たまにニマっと笑うのも可愛いしw
他の作品あまり覚えてないんで、また探しに行くかなw
2014/09/25(木) 11:02:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
締めちゃいましたw
ほんと、実際にこんな実験が企画実行されたというのは怖い。
人間の心理をコントロールするんだから学者もあくどいですよね。
消火器のこととか、便器を素手で便器を磨くというのも、実際その実験であったことみたいだし。
人間ってそれだけタイトル(職種や立場)に左右されるとこあるんだというのも衝撃的でした。
TBできてます。ありがとうございました。
2014/09/25(木) 11:14:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
面白かったね~。
最初は十分ごっこというノリだったのに、いつのまにかすっかり看守と囚人(汗)
ごっことわかっててこれだから、現実の世界では程度の差はあれありがちなことなんでしょうね。
ドイツはヒトラーの歴史も踏まえ、こういう深層心理に関するものはかっちり描いてくる感じしますね。
たはは、軍人かっこよかったよね。
おばさんの反撃には唯一爆笑したしw
2014/09/25(木) 15:45:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
最近では、マジって言いますが
ジョ-ダンがなかなか通じない相手もいますし
ほんこ にならないで と思いますが
2014/09/25(木) 17:49:47 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ありゃ、マジってことばは他の意味を含むものもあるんですね。
いずれにしても俗語的話し言葉だし、気をつけます。
2014/09/26(金) 09:17:25 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この心理実験、実際にはこんな風にはなってないですけどね。^^;
あくまで映画なので脚色多いわけですが…
これ系の映画は観ましたが、実際の実験内容はここまでにはないのを心理実験の本を読んで思いました。
にしても…
人間ってホント面白い生き物ですねぇ~
人間以外、こういうのはあり得ないですもんね。
2014/10/30(木) 18:42:13 | URL | うさぎくん #79D/WHSg[ 編集]
うさぎくんさん>
はじめまして。ようこそ。
そうそう、実際にはそんな大事になる前に実験が中止になってるようですものね。
起こりえる最悪の事態として映画にした形でしょう。
地位やユニフォームでえらくなった様な気になったり、逆に何も言えなくなったり
人間って面白いし危険をはらんでいることも考えさせられた映画でした。
コメントありがとうございました。
2014/10/30(木) 19:31:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般映画「es」監督:オリバー・ヒルツェヴィゲル2001年  ドイツ映画キャスト: モーリツ・ブライブトロイ      クリスティアン・ベッケル       オリバー・ストコフスキー1971年にスタンフォード大学で模擬刑務所
2014/09/25(木) 16:06:36 | マープルのつぶやき
物語は1971年、 スタンフォード大学心理学部 で行われた実際の心理実験をベースにしたフィクションです。その実験とは公募で選ばれた人達を、看守役と囚人役に分け模擬刑務所に2週間収容。それぞれ与えられた役割及びルールに従って行動させ、人に与える影響を調べ
2014/09/26(金) 00:13:19 | CINEmaCITTA'
        es [ エス ]   この映画を数年ぶりに再見。   何故2回目を承知でレンタルしたのか。。。。答えは簡単!   映画好きの pu-koちゃん に、この映画を強力にオススメした事もあって、   彼女のレビューを読んで、 「怖い
2014/09/28(日) 20:33:14 | ★ B型的偏見思考 ★