映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ヒッチコック『鳥』自然の逆襲?
2014年10月29日 (水) | 編集 |




こちらではジョン・カーペンター『ハロウィン』とヒッチコック『サイコ』はハロウィンの定番らしく
近くの映画館でも今月の目玉として上映されます。
TVも今週はホラーオンパレード。
昨日はヒッチコックの『鳥』が放送されたので久しぶりに観ました。

(1963)アメリカ
原題:The Birds
監督:アルッフレッド・ヒッチコック
出演:ティッピー・ヘドレン/ ロッド・テイラー/ スザンヌ・プレシェット/ ジェシカ・タンディ/ ヴェロニカ・カートライト/ ドリーン・ラング/ エリザベス・ウィルソン/エセル・グリフィス
ある日、何の理由もなしに、鳥たちが人間を襲い始めた……。



テレビで何度か観たつもりの『鳥』ですが、今回再見して新たな発見もありました。
冒頭、ブロンドの美しいヒロイン、メラニー(ティッピー・ヘドレン)が客に扮した犬連れのヒッチコックとすれ違い、鳥を扱うペットショップに入っていきます。



そこでロッド・テイラー演じるハンサムな青年ミッチに出会ったメラニーは、彼の欲しがっていたラブ・バードを入手しナンバープレートから調べた自宅アパートのドアの前に置いて帰ろうとするんですね。
ところが住人からミッチの不在を聞かされ、メラニーは彼が週末を過ごすと言う島まで持って行くことにする。
映画はその島で起きる思いがけない「襲撃」を描くことになります。
一羽が降り立ち、徐々にその数を増やし、突然静寂を破る瞬間が怖い。



無数の鳥に襲われる恐怖は勿論のこと、その理由がわからないことも怖さを助長しますね。
映画の中でも人々は口々に「鳥が人を襲うはずがない」と言う。
しかし現に鳥は罪のない人間の目玉を喰い尽くし、子供までも襲ってしまう。
何かのメタファーと考えるのなら、時代的に核戦争勃発の脅威に置き換えられるのかもしれません。
また、今の私たちが一番感じるのは「自然の逆襲」ということでしょうか。
共存すべき自然を勝手に壊した結果、今年も多くの自然災害に見舞われました。
この映画の普遍的なテーマに気づかされますね。
よそ者のメラニーを住民が「厄をもたらす悪魔」のように責める下りも怖い。

そんな中、唯一温かみを感じるのが、ミッチのお母さんが、鳥に襲われボロボロになったメラニーに腕を握られ微笑むシーン。
夫の死後過度に息子に依存し、息子を失うことにおびえ続けてきた母親は、
ミッチの恋人たちをことごとく排除し、人を愛することさえ忘れていた。
メラニーに助けられ、そして頼りにされることでようやく自分を取り戻すことが出来た母親
ジェシカ・タンディの中で静かに広がる人としての自信や尊厳にかすかな希望を託したラストシーンが秀逸でした。

↓クライヴ・オーウェンに見えて仕方なかったロッド・テイラーと、若いジェシカ・タンディ



 ちなみにヒッチコックは鳥が人を襲うシーンはほとんど作り物を使っていたそうですが
クライマックスでは本物を使い、ティッピー嬢の頭には紐に結んだ鳥までつけたんだとか。
ヒッチコックひでぇ(笑)
ラストシーンのメラニーの茫然自失の表情はもはや演技にあらず。
収録後ティッピーさんは病院に入院。
その後一週間自宅で床に伏せたらしいですがその間の記憶もほとんどないそうで(汗)
ヒッチコックの映画キチガイ振りがうかがえるエピソードですよね。

えっと、ハロウィンコスチュームとしては
金髪かつらに若草色のツイードスーツ・・
画像検索したらいっぱい出てきたわ(笑)勿論ポイントはカラス!









関連記事

コメント
この記事へのコメント
ロッド・テイラーというとタイムマシーン思いだします   鳥など小動物がやたらと出てくる映画は苦手で チャ-ルトンヘストン、黒い絨氈  ねずみが出るウイラ-ド  大量のゴキちゃん ビデオドロ-ムなど あのシ-ンはにがて
2014/10/28(火) 17:34:52 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おはよ!
キャ!!ワンコまでハロウィンに乗っかってるワン!(笑)
「鳥」キターーーーーーーーーーーッ!!って感じ。
まさか私リアルタイムで観てたのかな!?
いやいやまだ生まれてな……ごっほん、喉の具合が…
多分中学か高校最初の頃観てるような気が。
イヤ、もっと小さかったゎ。やっぱリアルタイム!?
勘弁して下さいよ~(汗)
もう、内容にナンも触れてないじゃん!!
挿入画像の2枚目のシーン、「これこれ」って感じで
鮮明に記憶が蘇ってきました!おっかなかったね。
でも再見で、そんなメッセージを感じたんだね。
何だかもう一回観たくなったな。
そうだ、この前「ヒッチコック」観たよ。レクター博士の(笑)
2014/10/28(火) 17:37:26 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
ヒッチ・コックのド定番だけれど、やっぱりこれは怖いよね~。
原因や理由が全く分からないところが、超自然的な恐怖をかもしだし、物語の起承転結はありながら、で、これからどうなるの??って放り投げられ感がまた怖い。
アメリカの監督だともしかしたら今後の事を描いたのかもしれないなぁとか思ってしまうな。
全編、恐怖を煽るBGM音楽が全く無くて、ただただ鳥の羽音と鳴き声のみってのも不気味な雰囲気を煽って、やっぱりヒッチ・コックって凄いなぁと思いますね~。
でも毎回駐車場でのガソリン引火のスリーショットはちょっと笑えちゃうw
2014/10/28(火) 19:32:16 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
スザンヌ・プレシェットが
可哀想な死に方を。
ブルネットには冷遇する
金髪フェチコック監督
だからって、ありゃ
無惨ですねえ。
でも校庭のジャングルジム
の場面は怖いよ。
この映画いつものバーナード・ハーマンの曲も
なしで音楽の代わりが
鳥の鳴き声。
同じユニバーサルの
類似映画で1969年公開の
『猫』ってのも観たいねえ。そっちの主演は
マイケル・サラザンと
ゲイル・ハニカットと
思うけど。
2014/10/29(水) 02:05:20 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
コレは近年劇場で再見して、あらためて名作やと思いました。
序盤の鳥ショップでの目線と終盤での構図が見事に逆転してる。
人間ドラマ部分も見応えあり。
2014/10/29(水) 04:37:36 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
それはそれは、ティッピーさん、ご苦労様でしたねぇ。
人を襲撃してくる理由も明かさない筋書きにはゾッとするものがありますね。
映画も凄いけど、原作が凄いわぁ~、これは。
2014/10/29(水) 05:38:38 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
テレビで最初に見たのは高校生ぐらいだったでしょうか。はっきり憶えていませんが。「鳥」は本当に恐い映画でした。今でも。
そして、ティッピー・ヘドレンってなんて美しい人なんだろうとずっと思っていました。
ヒッチコックは、へドレンのことを本作でいじめたんですか。次作「マーニー」でへドレンが気がおかしくなったのもやむを得ませんね(笑)。
2014/10/29(水) 05:45:58 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
これは確かテレビで見たと思うのですが、それでも鳥の怖さを思い知らされました。
しかしその後ヒロインは入院するほどの、おそらくはPTSDだったと伺い、ヒッチコックひでえ、と同じく実感します。
ヒッチコックは大好きでほとんど見ていますので、何かまた記事をアップしてくださいね!
2014/10/29(水) 06:09:28 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ロッド・テイラーは調べたら観た映画にも出てるのに意識したことない役者さんでした。
『タイム・マシン』は観たい!
私も虫でも生き物でもうじゃうじゃ出てくるのはダメですなぁ。
『ブロークバックマウンテン』の羊の群れでさえアカン
2014/10/29(水) 08:19:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
おっはー!
こちらはペットは家族だからw犬猫様のコスプレも人気ですね。
『鳥』はテレビでもよく放送されてからわりと昔から観てるよね。
鳥って遠くから眺める分には怖くもなんともないけど、いざ耳元で羽音をたてられたらめちゃ怖いと思うの。それがしかも集団で襲ってきたら・・考えただけでもぞっとするわ。
おー、そっちの『ヒッチコック』見ましたか。ヒッチコックの仕事ぶりよりも夫婦の関係が印象に残ったわw
2014/10/29(水) 08:25:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ヒッチコックはやっぱり怖がらせ方知ってるよねぇ。
ほんと、こういうパニック映画の体をとりながら原因も解決も示さないものってかなり無謀だけど、だからこそ余韻が残る作品でしたね。
うんうん、未来を予言したとも言えるかも。
そうだそうだ。音楽のないところに羽音や鳴き声が本当に恐怖をそそって効果的でした。
ガソリンスタンドのシーン、そういえば面白い角度から見せてたね。有名なスリーショットということになるの?
しかしCGのない時代、あの一気に燃え移るシーンとかもどうやったんだろうと感心。
2014/10/29(水) 08:31:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
あ、そうか。ブルネットだからあんな死に方なのかw
ラストの「この後結婚しても3人仲良く暮らせるだろうな」と思わせるにはあの方に死んでもらわないといけなかったかもだけど。。
うんうん、音楽の変わりの鳥の鳴き声は恐怖を煽るのに効果的でした。
えーー、『猫』って映画があるんですか。
レンタルもアマゾンもなかった~。
2014/10/29(水) 08:52:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ゾンビマンさんのレビューを読ませてもらって、再見したいと思ってました。
仰るように、序盤では籠に入れられた鳥と、鳥の襲撃を家の中でやりすごす人間の構図が逆転していて実に巧妙。
あのペットショップのシーンは単にミッチとの出会いを描いただけでなかったのですねぇ。
2014/10/29(水) 08:56:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
名作の中に美しい姿を残したティッピーさんだけど、CGの時代ではなかっただけに役者も身体を張ったんでしょうね。ストレスも半端なかったことでしょう。
原作は未見です。
原作には鳥襲撃の理由など説明されてるんでしょうか。映像なしにこの恐怖をかもし出すことが出来ているのかにも興味あります。
2014/10/29(水) 08:59:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
昔観たときも怖かったですが、時代が変わっても怖さは変わらず、スリラーとして色あせないクオリティで愕きます。
ティッピーさん本当にお綺麗でバービー人形みたいです。
しかしヒッチコックは容赦ないですね。『マーニー』にも出演されてるんですか。
で、気が変に?弱り目に祟り目だったのかな。お気の毒ですが、どんな演技を見せてくれているのか気になります。
2014/10/29(水) 09:03:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
おー、流石、ホラー&サスペンス好き。お若いのにヒッチコック作品たくさんご覧になってるんですね。
私はまだ有名なもの数本のみなのだけど、面白さを実感してるのでもっと見てみようと思います。
ティッピーさんは本当に大変だったんですね。
ヒッチコックったらもうガイキチなんだから(笑)
2014/10/29(水) 09:08:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック