映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『クリムゾン・タイド』
2014年11月14日 (金) | 編集 |



クリムゾン・タイド(1995)アメリカ
原題:Crimson Tide
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン/ ジーン・ハックマン/ ジョージ・ズンザ/ ヴィゴ・モーテンセン/ ジェームズ・ガンドルフィーニ/ マット・クレイヴン
クーデターが勃発しロシア情勢は一気に悪化、反乱軍が核施設を制圧した事で世界は第三次大戦の危機を迎えた。米海軍はベテランの艦長と新任の副長を乗せた原潜アラバマを派遣するが・・・。



ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー製作、トニー・スコットがメガホンをとった潜水艦ものです。
艦長にジーン・ハックマン、副艦長にデンゼル・ワシントン
実践豊富で叩き上げの艦長は、エリートで臆せず自分の意見を言うデンゼルさんを最初から警戒。

2人がまさしく水面下で溝を深める中、魚雷攻撃のダメージにより、軍からの指令を受ける通信システムが停止。ミサイル発射の指示が中途半端な状態で止まってしまい、その判断をめぐって2人が完全に対立。
核戦争に突入するかどうかの究極の選択をタイムリミット付きで見せるのだから面白くないわけないですよね。



とにかくハックマン、デンゼルさんのキャラが立ちまくりで、2人の対立に説得力があります。
ハックマン演じる艦長はそもそも黒人エリートのデンゼルさんが気に入らない。
長い間培われた差別精神は簡単には変わるもんではないでしょう。
馬にたとえて差別発言が飛び出したのには「えげつな!」で、両者が溝を深めていく過程がとにかくスリリングで面白い。しかし、人として完全でない艦の長が核ミサイル発射の権限を持つというのには恐怖を感じましたね。
アメリカには赤い州と青い州があるのはご存知でしょう。
コンサバな共和党派が赤、リベラルな民主党派が青
ハックマン派が赤、デンゼルさん側が青のキャップをかぶるシーンは象徴的でした。
ヴィゴやギャンドルちゃんはじめ豪華な共演者たちも、それぞれ究極の判断を迫られる状況を手堅く演じてました。

頑固な指導者が似合いすぎるハックマンですが、本作は彼を必ずしも悪役に描いていないのもいい。
デンゼルさんとて、ときには非情な判断をせざるを得ない。
長い間現場を指揮するハックマン艦長が国を守るという使命感のもと、独裁的になっていっただろうことも容易に想像できますから。
軍記破りのペット持込みなどやりたい放題だけど、ワンちゃんがハックマン大好きだったもんね。
動物に好かれる人に悪い人はいないはず。
ラストシーンの後ろ姿に一抹の寂しさは感じるものの、わんことの穏やかな暮らしを想像して少しホッとした。

私の平和ボケのせいか、核戦争勃発の危機をイメージし難くかったという印象ではあるものの、人間を主体としたサスペンスとして見ごたえありました。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
あ~!pu-koさん観たのね~♪♪
主演二人の対立と葛藤がたまらなくスリリング!
そうそう、頑固艦長が悪役で無いのが堪らなかった。
ラスト真っ白な軍服を着たデンゼルさんが、トトト、と階段を降りてハックマンに近づくシーンが大好きで。
馬の逸話も効いてましたね。
あ、勿論人相悪いギャンドルちゃん(褒めてる)も、指輪前のヴィゴも美味しい役どころでしたね。
芸達者な役者の演技と心理劇としてもアクション・スリラーとしても観ごたえのある作品で大好きです。
あとね、デンゼルさんを助けるカービー・サーファーの件で喧嘩する若手のセイラー演じて役者いたでしょ?
ダニー・ヌッチって、好きで応援してたんですよね。
最近は映画で見なくなっちゃて、ドラマで時々見かけるかな。
「ザ・ロック」とかで若い軍人役が多かったけど。もちょっと出世すると思ってたんだけどなぁ~。大きな映画は「タイタニック」の友人役で最後かな。残念・・・。
2014/11/14(金) 10:07:03 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
な、涙が出る程なつかすい~~~~ぃ!!
覚えてますとも、2人の対立塩梅!!
ヤな艦長ハックマン、若々しいデンゼル、、、、
もう一回観てみようか、って思ったよ。
…ってことは、あんまり覚えてないんだろ?は、はい。
やっぱデンゼル氏昔からイケメンだわ💕
2014/11/14(金) 16:44:54 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
叩き上げのおっさんには子犬しか頼るものいない
ちょこっとケイン号の叛乱思い出しました
2014/11/14(金) 17:47:00 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おおっ!
私、一番好きな俳優さんがジーン・ハックマン。
最近見ないのが寂しくてねぇ・・・。
これはトニー・スコットらしい娯楽映画でした。
そうかぁ・・・私は基本的に動物にはあまり好かれないようなんですよ(汗)・・・。
そうそう、いつも別宅を覗きにいくんですが、もう更新やめたの?
2014/11/14(金) 21:28:46 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
はーい。
お薦めいただいて観てよかった。面白かったよ~。
お2人はほんと上手かった。
ね、考え方は古いけどハックマンの長に立つものの気持ちもわかる。
世代交代を優しく見せるラストもぐっと来たなぁ。
ダニー・ヌッチという名前は知らなかったけど、はいはい、『タイタニック』のラテン系の彼ね。
最近はテレビドラマが主になってるんだねぇ。
画像見たら随分と精悍な大人になっててビックリ。
ギャンドルちゃんは「こらー、お前がなぁ」だったねw
2014/11/15(土) 00:48:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
そんなに昔じゃないよ~と書こうとしたのだけど、もう20年も前になるんだってビックリ。
みんな流石に若いわけだ。
忘れた頃に観るとまた新鮮に楽しめると思うよ。
脇も主役級な人がいっぱい出てるもんね。
そうそう、デンゼルさんはイケメン。優等生役が嵌ってました。
2014/11/15(土) 00:54:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あーー、そうね、そうね。
ワンちゃんだけが分かり合える友みたいだったのは確かに切ないものがありますねぇ。
『ケイン号の~』はタイトルだけ知ってて未見
いつか観ておきたいです。
ところでおみゃあさんちにもうワンちゃんやってきた?
2014/11/15(土) 00:58:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ゾンビマンさんお気に入りのジーン・ハックマンは流石にうまかったですね。
最後の出演作から10年。84歳だから仕方ないけど引退宣言もないままで、みんな次の作品を待ち望んでいたはず。
アカデミーの功労賞とか受賞するといいな。
トニー・スコットにももっとこんなエンタメ作品を撮りつづけて欲しかったです。
動物から好かれるというか、動物好きな人に悪い人がいないと思うんですよね。
ゾンビマンさんも間違いなくいい人。
あーー、別宅覗いてくれてるんですか。申し訳ないです。
ちょっと書き難いのと、映画もそうそうたくさんは観れないしで更新怠ってました。
誰も見てくれないかなと思うのもあって(汗)
でもまた書きます。このブログの右の欄で更新がわかると思うので、気づいたら見てやってください。
2014/11/15(土) 01:21:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
犬は生まれてから最低2ヶ月は母親が母乳で育てないといけないんです  生まれたのが10月やったかな
年末、こっちくるし そんとき一緒にきそうです
2014/11/15(土) 17:52:48 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
そうなんだ。年末が楽しみですね。写真待ってま~す。
2014/11/16(日) 03:32:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ずばり潜水艦映画にハズレなし!
まあ「女は乗れない潜水艦」なんだけど
古くは『深く静かに潜航せよ』の
クラーク・ゲイブルとバート・ランカスター
『眼下の敵』のロバート・ミッチャムと
クルト・ユルゲンス、
または『レッドオクトーバーを追え!』
のショーン・コネリーとアレック・ボールドウィンの競演も火花を散らして見物でした。
今回は皮肉屋白人の代表ジーン・ハックマンと
真面目黒人のデンゼルですからね・・・
面白くないわけがない。
2014/11/17(月) 03:00:58 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
潜水艦映画にハズレなし らしいですね~。
なのにほとんど見てない私。
女性が絡まない分、名優たちのガチ勝負も売りになるんですね。
本作のデンゼルVSハックマンも最高でした。
挙げてくださってるのも全部観たい。
2014/11/17(月) 08:53:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック