映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ジェーン・エア
2012年03月25日 (日) | 編集 |


ジェーン・エア
2011年(イギリス・アメリカ)
原題 Jane Eyre
監督:ケイリー・ジョージ・フクナガ
出演:ミア・ワシコウスカ、マイケル・ファスベンダー、ジェイミー・ベル、サリー・ホーキンス、ホリデイ・グレインジャー、タムジン・マーチャント、イモージェン・プーツ、ジュディ・デンチ

【ストーリー】
悲惨な子ども時代を過ごした孤児のジェーン・エアは、教師の資格を取り、ソーンフィールドという屋敷で住み込みの家庭教師の職を得る。晴れて新しい生活を手したジェーンは、屋敷の主人ロチェスターと恋に落ちていくが、ロチェスターにはある秘密があった……。(映画.comより)


去年の4月11日に旧ブログで記事にしたものの移動ですが、
TVで放送され再見したので、手を加えています。

闇の列車、光の旅』で移民の厳しい現実を描いたケイリー・ジョージ・フクナガ
ブロンテ姉妹の文学作品に挑戦するというので話題になりました。
日本でもついに公開が決定。ファスベンダーのブレイクを受けてというところでしょうか。

1847年に出版されたブロンテの原作は、主人公のジェーンが孤児という身分を越え、
男女平等という反骨精神を貫きとおしたことでも、ビクトリア文学としては活気的で、しかも作者が女性であった(当初男性名で出版)ことも大変話題になったようです。
 
残念ながら原作も知らないし、過去に作られた映画も、舞台も見てないのだけど
フクナガ監督の本作は、大人になったジェーンのロマンスをメインを置く描き方。

孤児院を卒業したジェーン(ミア・ワシコウスカ)は、その後裕福なロチェスター家の長女のガヴァネス(子供の勉強と身の回りの世話をする役割)として働きます。
そこで、当主のロチェスター(マイケル・ファスベンダー)とロマンスが生まれるわけですがこれが甘いものではない。
しかもここで起こることが少々ミステリアスで、何気にホラータッチなんですね~。
ちなみにオフィシャルサイトの予告は見せすぎ(汗)

不運な少女時代を過ごし、人の愛情をあまり受けずに育ったジェーンは
恋に深く傷ついても、感情を殺し自分に立ち向かう女性。
だからこそ、なんとか幸せを掴んで欲しいと思わずにいられない。

前半時間軸が交錯することもあり、物語を知らない私にはちとわかりにくく
退屈に感じてしまうところもあったけど
二人のロマンスが展開し始めてからは、切なく旋律と美しい映像の助けもあり
胸キュンで惹きこまれました。

ロチェスター家に働く女中頭を演じるジュディ・デンチ
普段はジェーンのよき理解者なのだけど、
ジェーンとロチェスターの関係を知った後には、少し複雑な反応を見せるんですね。
貧しく生まれたものは、生涯日の目を見ることなく高望みなどもってのほか
それが当時の女性の当たり前の姿だったのでしょう。
ジェーンとの対比という点でも重要な役柄と言えるでしょうね。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
これこっちで公開されるんですね。
見たいです。
この話は時代的な部分をどの程度映画で説明しているか、にもかかってくるところが大きいかも。
原作がけっこうホラータッチですしね(^_^;。
ロチェスターがマイケル・ファスベンダーって云うのも見たいですね。
そうそう、S・ブロンテじゃなくて、
違う作家が描いた作品なんですが
「サルガッソーの広い海」と云う小説があって、
これが前ロチェスター夫人の前半生を描いた作品なんですよね。
BBCでドラマ化されていて、これ、私はHDDにまだ入ったままで(^_^;未見なんですけど、「ジェーン・エア」と一緒に見ると面白そうです。
2012/03/25(日) 02:20:06 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
おぉ~公開されますかぁ。
フクナガ監督もけっこう器用な監督ですよね。
前作からは想像も付かない新作ですもん。
あ、ファスベンダーさんが出てるのかっ。
それはチェックしとかないと。
2012/03/25(日) 05:18:56 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
先日、「シェイム」でマイケル・ファスベンダーという俳優を初めて観たんですが、セクシーで息の長い俳優になる予感がしました。
今後、注目のアクターですね。
2012/03/25(日) 05:55:30 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ファスベンダーさんが、文学作品ですかぁ。
なんだか似合いそうですね。
この監督さんがこの題材ってのも、意外な感じも。
機会あれば観てみますっ。
2012/03/25(日) 06:45:22 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
ジェーン・エアの話もちゃんと知らないので、公開になったらぜひ観たいです!
ミラの名前に聞きおぼえがあるな~と思ったら、『アリス・イン・ワンダーランド』のアリスだったんですね。
2012/03/25(日) 07:04:08 | URL | もくれん #79D/WHSg[ 編集]
ミア・ワシコウスカは『永遠の僕たち』でも透明感のあるいい演技をしてたんで要注目ですね。
これは見応えありそう。
楽しみです♪
2012/03/25(日) 07:50:27 | URL | marr #79D/WHSg[ 編集]
あ、では、オフィシャルサイトの予告は観ない方が良さそうですね(笑)
公開決定ですか~
マイケル・ファスベンダーはオゾン監督の「エンジェル」の時に見せてくれたような、この時代の衣装似合うと思います~。表情もいいですよね。
私も胸キュンしたいっす^^
2012/03/25(日) 08:18:40 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
これは狙っています。
だって「衣装」が気になるのです。
2012/03/25(日) 08:25:36 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
ホラーなようでミステリアスなようで雰囲気のあるドラマな感じもします、
面白そうだな〜
あ、時間軸系なんですね
見るときは気をつけなくちゃp(^_^)q
2012/03/25(日) 08:46:44 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
スザンナ・ヨーク主演
のしか知らないや。
ジュディ・デンチ最近よう見かけますね。イギリスの菅井きんだな(笑)
2012/03/25(日) 09:25:44 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
もうなんども 映画化されてますねぇ
やっぱジョーンフォーンティーンがいっとう有名かな  レベッカにも主演してるけど これ参考に出来上がったとか
原作は 小学校から中学にかけやたらと本読んでたから 多分そのへんで読んでるとは思うけど EブロンテとかCブロンテとか
2012/03/25(日) 17:36:33 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
日本でもようやく公開なんですね。楽しみにしていました^^ ミアの雰囲気がぴったりです。原作は中学生くらいのころ読みましたが、ほぼ忘れてるので、映画の前に読んでみようかな。
了解です!サイトの予告観ませんw
ちなみに「アルバート・ノッブス」はそちらでは公開になりました? こちらも観たいな~
2012/03/25(日) 21:22:01 | URL | けいとき #79D/WHSg[ 編集]
どれかは観ていると思うけど
どれだか分らない(苦笑)
たぶんオーソン・ウェルズのやつかな。
字幕さんが言っている
スザンナ・ヨーク版が観たいです。
2012/03/26(月) 03:04:12 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
いつの間にか公開が決まってましたw
時代的な部分ですか。
うーん、他のを観てないので分からないんですが、この時代にしてはジェーンがはっきりものを言って、自分の道を自分で決めるというのが凄く印象に残りました。
ジェイミー・ベルやデンチがそれを際立たせる役割でした。
そそ、ホラータッチでしたね。
うーんと、私が調べたところによると、違う名前で出版されたブロンテ作品とあったような。
前ロチェスター夫人の前半生を描く作品もあるんだ、私も観てみたい!
2012/03/26(月) 17:12:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
はい、公開が決まったようです。
ミアやファスベンダーの活躍に寄るところも大きいかもですね。
フクナガ監督も幅が広そう。今度は戦争ものだったかな。楽しみですね。日系なのも嬉しい。
ファスベンダーチェックしてくださいね。
Hはしませんがw
2012/03/26(月) 17:14:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ファスベンダーは意外に見たことのある作品に出てるんだけど、地味なので今まで印象に残りませんでした。ここにきてようやく花開いて来た感じですよね。
そそ、男の色気があります。
2012/03/26(月) 17:16:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>そう、ファスベンダーはこういったクラシックなものでも
しっかり嵌るんですよね。
フクナガ監督の前作とはまったく趣の違う映画ですよね~。
はい、またチェックしてみてくださいね。
2012/03/26(月) 19:45:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
もくれんさん>
はい、映画で観る文学作品もいいものですよね。
そそ、ミアちゃんはアリスね。
ずいぶん大人っぽくなりました。
『キッズ・オールライト』『永遠の僕たち』など
いい作品にたくさん出てるし、楽しみな若手ですね。
2012/03/26(月) 19:50:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
marrさん>
『永遠の僕たち』のミアも凄く良かったですね。
ショートカットも似合ってました。
彼女はああいった現代的な役もクラシカルな役も
ちゃんと演じてて、若いのに実力を感じます。
2012/03/26(月) 19:53:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>そうなんですよ。
原作を知ってるのであれば問題ないんですが
知らないのならミステリアスなところを楽しむために
予告観ないほうがいいなぁ。
あ、でも映画館で流す予告もこれだろうか(汗)
ファスベンダー『エンジェル』に出てたんですね~。
画像は観たことあったけど当時ファスベンダーのことも知らなかったなぁ。
うんうん、コスチュームものもいけるよね。
ぜひ観て胸キュンしちゃって~^^
2012/03/26(月) 19:59:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>チェックすみですね。
衣装はアカデミー賞にノミネートされてたよね。
ウェディングドレスとかも綺麗でした。
ご確認あれ~。
2012/03/26(月) 20:00:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
スザンナ・ヨーク版もあるのね。彼女のも綺麗だろうなぁ。
そう、ジュディ・デンチいろんな映画で観ますね~。
凄い売れっ子だわぁ。
わはは、管井さんw ほんとね、おばあちゃん役と言えば、、みたいなw
2012/03/26(月) 20:05:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
何度も映画化されたのをいっぱい観てるんですね。
ってか、詩でも文学作品も、ちっとも雰囲気じゃないのに(超失礼w)
ほんものの文学青年だったのね~。
2012/03/26(月) 20:08:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
前半部分がちょっと混乱するかなぁ。
でも後半は大丈夫。
淡々とした美しさと、ミステリアスな雰囲気も楽しめた作品でした。
2012/03/26(月) 20:09:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
けいときさん>
ちょっと時間がかかったけど公開決まりましたね。
ミアちゃんとっても良かったです。
そう、オフィシャルサイトの予告はちょっとお喋りしすぎでしたよw
でもこれが劇場予告にもなるんだろうか。。ちょっと心配。
あ、『アルバート・ノッブス』は観たかったんだけど劇場逃しちゃったんですよ。
あとからロドリゴ・ガルシア監督だったことを知って後悔しました~(泣)
DVD5月まで待たなきゃです。
2012/03/26(月) 20:15:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
何度もリメイクされてるみたいですね。
それだけ愛されてる作品ってことなのでしょうね。
オーソン版もあるんだ。
2012/03/26(月) 20:16:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
そかそか~ファスベンダー・ブレイク♪いいなぁ
「闇の列車~」良かったし、福永さん(漢字w)に期待♪
んんっ、オフィシャルサイトの予告見せすぎって言われると観たくなるっ!
6月まで観ないでいれる自信が無いww
2012/03/28(水) 21:52:22 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック