映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『フランキー&アリス』:私の中の3人の私
2014年08月30日 (土) | 編集 |
フランキー&アリス(2010)カナダ
原題:Frankie & Alice
監督:ジェフリー・サックス
出演:ハル・ベリー/ステラン・スカルスガルド/フィリシア・ラシャド/チャンドラ・ウィルソン
日本公開:2014/9/20
1970年代初期のアメリカ。
ゴーゴーダンサーのフランキー(ハル・ベリー)は時折自分のしたことを忘れている時間があることに気づいていた。
ある日異常行動から警察に連行されたフランキーは、精神科医オズワルド(ステラン・スカルスガルド)により
複数の別人格を有する解離性同一性障害であると診断される。
 
 

もう一人の自分シリーズが続きます。
前回の『嗤う分身』が「分身」の正体を明確にしないまま、
自己と相反するもう一人の自分とのせめぎ合いをファンタジックに描いていたのに対し、
本作では「解離性同一性障害」という疾患に対峙する主人公を真っ向から描いていまして、
しかもこれ実話だそうです。
 
解離性同一性障害についてwikiで調べてみると
解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、
あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、
それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、
解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるもの 
と説明されています。
 
なるほど、映画はまさにそれ。
フランキーが過去の記憶を部分的になくしているのもダメージ回避なんですね。
おかげで医師は原因追求に苦労することになるけれど
その分、トラウマに迫る過程が謎含みのミステリーとなるため面白いんですよ。

別人格の一つに「差別主義的な白人女性」というのが存在するのも
フランキーの複雑な心の反映と思えば納得。
それが出てくる瞬間はゾクっとしますけどね(笑)

複数の人格を演じ分けたハル・ベリーはさすがの演技で2010年度のゴールデングローブ女優賞にノミネート
ただ少女の演技にはちょっと無理があったかな。
三つ巴で人格が現れるところは、研ナオコと谷村新二の物まねの入れ替わりみたいで
ちょっと笑ってしまったのはココだけの話ということでw

 

終盤は伏線が繋がっていく様子に満足し、ステランさん演じる精神科医とフランキーの信頼関係にもほっこり。黒
人差別が根底にある悲しい話ですが、終わってみればフランキーの再生に新しい時代を感じることができる作品。

解離性同一性障害についての認識も深まりました。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
これは興味深いです~。
実話が基なんですねぇ。
あ、来月公開ですね。地元に来てくれないかなぁ。観てみたいわ~
2014/08/30(土) 02:13:10 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
こちらではこれから公開なんですね?
チェックしておきます。
私、たまに鏡を見るとドキッとする。
「俺はこの男を動かしとるんかい」と(爆汗)・・・。
毎日、しんどいなと思いながらも、あんがい自分の事を他人事みたいにボ~っと見てる自分に気付く(汗)・・・。
これはそういう映画ではないのよね?(爆汗)・・・。
2014/08/30(土) 03:51:58 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
こういう、ちょっとエキセントリックな役どころをこなすようになれば、女優としても幅が広がりますよね、ハルさんも。
70年代の実話みたいですが、現代でも居るんだろうな、この症状の方は。
2014/08/30(土) 04:41:13 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
おハルさん単品久しぶりだなぁ。
おめでただったりしてたもんね。
そう、何気にオスカー女優だから、その演技力は間違いないんだよね。
多重人格系の映画は「アイデンティティー」みたいなスリラー系が多いけど(あれは劇場でぶっ飛ぶほど面白かった)、治療方向から見せられるのは楽しみ。
人格変化演技は顔芸なのか?
ステランさんの演技も楽しみ。
ラース映画ぢゃないからアハアヘは無しだな(笑)
2014/08/30(土) 06:50:12 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
興味深いでしょう~。
私もときどきやったこと全然記憶にないことがあって
もしかして私の中の別人格が?と思ったり・・
なんちゃって、ただのボケですけどね(笑)
これ凄く面白く観れると思います。機会があれば。
2014/08/30(土) 09:05:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
はい、9月公開ですね。
ぎゃは、ゾンビマンさんの中にも別人格が。
でもそうやって客観的に観る視点も時には大事かも。
幽体離脱までいったらやばいですけどね(笑)
2014/08/30(土) 09:10:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ほんと、これはチャレンジだったと思います。
黒人なのに黒人差別的な台詞をいうのもなんかドキッとしたしね。
そうそう、70年代の設定は黒人差別をじかに受けたところで重要でしたが
こういう疾患の人は今もいるでしょうし、ストレスの多い時代にあって程度の差はあれむしろ多いのかもしれませんね。
2014/08/30(土) 09:14:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
はい、こんな映画撮ってたんですね。
カナダ製作でもあり、カナダ人夫と結婚してるときの作品かしら。
うんうん、多重人格映画多々あれど、治療から原因に遡るものは少ないかな。
別人格はそれほど顔は変わらないのに、現れた瞬間空気が凍りつくような怖さがあるのよねぇ。やっぱりうまいと思いましたよ。
ぎゃはは、ステランさんは、病的なヒロインの話を聞く役どころがラース映画と同じだったので、最後にとんでもないことしでかさないか心配しちゃったわ(笑)
2014/08/30(土) 09:24:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ、この間TVで紹介されていましたが、けっこう前の映画なんですね。
前に解離性同一性障害の治療ドキュメンタリーを見たことありますが、
自分でもどうしようもないので、なかなか大変みたいでした。
怒りの置き様がないと云うか。
一説によると、日本よりアメリカのような社会の方が多いとか。
ちょっと昔の設定の話なんですね。
こう云うのは地味にまとめてくれた方が興味持てます。
2014/08/30(土) 11:33:08 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ゴ-ゴ- ダンス に食いついた
以前はモンキ- ダンスだったり
研ナオコと谷村新二にも食いついた 
思い出したワ セロハンテ-プ
2014/08/30(土) 17:39:57 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
一時期、アメリカの解離性障害の小説が話題になって読んだ記憶が。「5番目のサリー」とか「ビリー何とか」とか。
幼少期の辛い経験から発症するそうですが、そこまで酷い経験がないと現実逃避位で終わるのかしら?
ハル・ベリーは「コール」以来なので公開楽しみです。
2014/08/30(土) 20:25:09 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
>研ナオコと谷村新二の物まねの入れ替わりみたい
ってことは、清水アキラが出てくるってこと!?(笑)
ハル姉さん、イヤ、オバサン、久し振りじゃね?
あ、私が久しかっただけか?
一人に3人が、って面白そう。
DVDあるかな!?
2014/08/30(土) 20:28:39 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
アメリカでのリリースも製作から4年経ってました。なんでそんなに時間かかったんでしょうね。
解離性同一性障害ほんと大変だろうと思いました。
そしてこういうの観ると人間ってなんて複雑なんだと思いますね。
アメリカの方が多いんですか。両親の離婚とか家庭環境も複雑なことが多いからかな。
これは黒人差別のある南部の時代がキーになる物語でした。
本作ではそのキーを探るところが主になっているためミステリー風です。
治療としてはとっかかりの段階でしょうね。
2014/08/31(日) 10:50:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
モンキーダンスってありましたね。
この映画のゴーゴーダンスは健全なモンキーダンスとはちょっと違うんですが
日本の映画紹介でストリップダンスと書かれているのとちょっと違うかなと思ってあえて書きました。そこまで脱がないタイプのでもちょっとセクシーなダンスですね。
ハル・ベリーはあまりセクシーじゃなかったけど(笑)
あのセロハンテープの物まね可笑しかったよね~w
2014/08/31(日) 10:55:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
この疾患を描いた小説を読んでおられるアンダンテさんにはうってつけの映画かも。
きっと興味ぶかっくご覧になれると思います。
ハル・ベリーは『コール』が47歳の作品でしたっけ?めちゃ若いですよね。
2014/08/31(日) 11:00:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
はい、研ナオコと谷村新二と清水アキラの三つ巴・・だったら怖いわ(笑)
ハルさんおばさんの年齢だけどまだまだ若くてお綺麗ざんす。
日本では来月の公開なので、DVDはそのあとだね。
2014/08/31(日) 11:03:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
役者は魅力ではあるのですが、多重人格が物まね芸に見えちゃうってのは笑っちゃいそう。ダメージのある記憶想起を防ぐために別人格になるってのは、ミステリー的趣向として面白そうですね。人間っていろいろな方法で自衛するという視点からも気になる映画です。
2014/09/08(月) 05:28:59 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
人格が入れ替わり立ち代りになるのは終盤のワンシーンだけなんですが、そこはちょっと笑いそうでしたw
実際にあった話を描きながら、トラウマの部分を伏せてミステリー風に描くというのも面白いと思いました。人間の精神ってほんと複雑だと思わされるのが興味深かったです。
2014/09/08(月) 11:19:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック