映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『宇宙からの脱出』:元祖『ゼロ・グラビティ』
2014年07月09日 (水) | 編集 |



宇宙から巨大な台風の雲を捉えた写真がネット上に掲載されていました。
それを見てこの映画を思い出した方もいるのでは?

宇宙からの脱出(1969)アメリカ
原題:Marooned
監督:ジョン・スタージェス
脚本:メイヨ・サイモン 
出演:グレゴリー・ペック/ リチャード・クレンナ/ デヴィッド・ジャンセン/ ジーン・ハックマン 
 ジェームズ・フランシスカス/ マリエット・ハートレイ/ リー・グラント/ ナンシー・コヴァック
日本公開:
 
アメリカの宇宙船アイアンマン1号(笑)の故障により3人の乗組員が宇宙空間で遭難。
管制センターでは3人を救助する手段が検討されるが・・


宇宙空間での遭難を描いた作品といえば、『ゼロ・グラビティ』が記憶に新しいですが
45年も前に宇宙からの脱出を描くこんな映画が作られていたんですね。
しかもこの映画が製作された翌年にはアポロ13号の事故が起きていて
本作が事故を予期したようだということでも話題になったようです。

『ゼロ・グラビティ』のように宇宙空間で次々に異物が襲ってくるわけではなく、アクションを主体にした作品ではありません。大半は管制とのやり取りであることから静かな印象すらあります。
しかしながら地球からの救助を待つには、どう考えても酸素が足りない状況にあり、クルーが無事に生還できるのかとドキドキしながら行方を見守ることになりました。

劇中クルーは地球上空にハリケーンの雲を見ます。
このハリケーンが救助の妨げにもなるんですが、ある興奮も生み出す大事なポイントにもなります。



管制のトップにいるのがグレゴリー・ペック演じるキース。
何時何分レベルで細かな行動計画を口にするキレもののキースが、時に勇敢に、ときに苦渋の決断をし的確にクルーに伝える。この人に任せておけば間違いないというリーダー像を見事に演じてますね。

絶望感漂う中、映画は意外な結末を迎えます。
冷戦時代に作られたことを思うとこれは画期的で興奮してしまいました。




クルーの一人にまだ若きジーン・ハックマン
3人の中では一番暴れん坊な印象ながら、登場人物の背景等はあまり描かれないためキャラクターを掴むのは難しい感じ。もともと、この映画はフランク・キャプラが製作を進めていながら、資金の問題で断念し、ジョン・スタージェスが代わって引き受けたのだとか。
キャプラならもっと人物の心情にスポットを当てたのかなと思うところでもありますが、スタージェスの男気のある演出もよしです。




古い作品につき、映像は多少リアリティに欠けるものの、特撮でアカデミー賞を受賞しており
この時代にしては十分に頑張っています。
クライマックスでのハックマンの宇宙遊泳は期待に胸を膨らませた瞬間だっただけに
「ネタなの?」と爆笑しそうになりましたが(笑)
そんな部分含め、期待以上に楽しめた一本でしたよ。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
キャプラ→スタージェスってシフトが面白いですね。
写真のグレゴリー・ペックの眉が濃いw
実は宇宙探査って、テクノロジーが進んで、やりにくくなったって云う
不思議な分野なので、昔のSFの方がリアルだったりすることも多いんですよね。
時代を考えながら見るのもおもしろいですよね。
2014/07/09(水) 08:48:29 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
むかしTV放映でよく観ましたよ~。
調べてみたら、これDVD化になってるんですね。
久しぶりに観たい一作です。
ジョン・スタージェスはどんなジャンルでも男くさい傑作を作りますね~。
ハリケーンの雲の中に・・・、のところは燃えたw
2014/07/09(水) 08:49:50 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
miskaさんん>
キャプラとスタージェス 個人的にはどちらもSFのイメージがなくて意外に思っちゃいました。
ペックはこのときまだ50代のはずだけどもっと老けて見えます。
眉毛のせいか(笑)
テクノロジーの進歩でやりにくくなるものもあるんだ。ほんと不思議。
これとかもかなりシンプルなので、そこが逆にいいのかも。
2014/07/09(水) 09:29:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
さすがご覧になってますね。
そうそう、ハリケーンの目!あれはかっこよかった!!
スタージェスは『荒野の七人』と『大脱走』しか見てないんですが、どちらも男の中の男たちがカッコいい傑作でした。
他のも見てみたくなった~。
機会があれば再見いっちゃってください。
2014/07/09(水) 09:34:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おおむかし、テレビで観たような   すっかり忘れてる
デヴィッド・ジャンセンの吹き替えが逃亡者と同じ 睦五朗 だったかと
2014/07/09(水) 17:13:16 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ちょうどアポロ事故の
時に偶然に映画観てたん
ですよ。大阪のOS劇場で。シネラマでね。
上映後にアナウンスで
アポロ11号が生還できる
事になりましたと。
今も鮮明に覚えてます。
ラストにソ連の
ソユーズが救助に来る
くだり、日本では
公開年は万博の年でした
ものね。
2014/07/09(水) 19:18:37 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
『ゼロ・グラビティ』は勿論、コレも多分観てないな。
宇宙モンってさ、私みたいな閉所恐怖症人間には若干キツいんだよね。
わかる?宇宙は果てしなく広いけどさ、息も出来ない生身じゃ飛べない、
迫りくる恐怖感が閉所的なんだよね。やっぱわからんか!?
ただ今、旧作96円セールのTSUTAYAにあるでしょうかね~。探します!
2014/07/09(水) 21:25:49 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
これ、日本での初公開時はシネラマやったんですよね・・・。
私はちっちゃなテレビ画面で後年観ました。
私の一番好きなジーン・ハックマンが若いですよね(笑)・・・。
2014/07/10(木) 02:31:47 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
これ、昔テレビで観たような気がするなぁ、気のせいかなぁ。
内容もなんにも思い出せないけど、このポスターを知ってる気がする。
ジーン・ハックマンと宇宙って似合わねぇぇ(笑)
元祖「ゼログラ」っちゅ~ことは脱出のスリルに滝汗なのかしら。
眉毛ボーーン!なグレゴリーとうちゃんがいいですね♪
昔から素敵だなって思ってたから、わたしってじじい好きな子供だったのね。
TSUTAYA探してみる~。
2014/07/10(木) 07:03:06 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
デヴィッド・ジャンセンって救出に向かう人だっけ?
この方、元総理の麻生さんに見えて仕方かなった(笑)
麻生さんが吹き替えしたらピッタリかもw
2014/07/10(木) 08:19:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
おーー、それはタイミングよすぎ。忘れがたい想い出になったことでしょう。
当時字幕さんもまだ小学生では?
で、13号だよね??
ソユーズにはちょっと感動した。
2014/07/10(木) 08:28:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>あーー、そうなんだね。
特に宇宙服なんか着た日にゃ確かに閉塞感たっぷり。
特に本作では終盤の息苦しさが半端ないから厳しいかもね~。
覚悟してみちゃって。
2014/07/10(木) 08:31:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
こういうのを大きなスクリーンでやってくれるのはいいね。
今みたいなCGはないけど、宇宙空間の描写悪くないんで当事ご覧になった方は楽しめただろうと思います。ま、勿論2001年と比べると見劣りするはずだけど、微笑ましいレベルなのがいい。
ハックマン一番のお気に入りでしたか。まだ若くやんちゃなハックマンでした♪
2014/07/10(木) 08:36:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
テレビでもよく放送してたらしいからきっとご覧になってるのではないかな。
わはは、ジーン・ハックマンと宇宙確かに似合わない(笑)
でもスーパーマンに対抗してたからなぁ。
脱出はアクション的には大人しいのだけど、すんでまでの息苦しさが滝汗ね。
って、これ滝汗シリーズちゃうんだけど(笑)
眉毛ボー-ンは長寿の証(笑)
2014/07/10(木) 08:49:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あっ、そうだ。
13号だ。 (///∇///)
そうですね、
小学生でしたよね。
2014/07/10(木) 19:54:55 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
一瞬11号やったんか!とビビッたよw
字幕さんにも小学生の時代があったのね。しみじみ・・(なんでやw)
2014/07/11(金) 09:26:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック