映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぼっちの青春
2014年02月26日 (水) | 編集 |



アカデミー賞授賞式も近づいてきました。
今年は主演男優賞が激戦の模様ですね。
個人的には『ネブラスカ』のブルース・ダーンを応援したいので
今日は出演作品からシドニー・ポラックの『ひとりぼっちの青春』を観てみました。
ひとりぼっちの青春(1969)アメリカ
原題:They Shoot Horses,Don't They ?
監督:シドニー・ポラック
出演:マイケル・サラザン/ジェーン・フォンダ/スザンナ・ヨーク/ ギグ・ヤング/ レッド・バトンズ 
 ボニー・ベデリア/ ブルース・ダーン/ マリリン・ハセット
1932年。カリフォルニアの海辺の通りでダンス・マラソンなる競技が開催された。
2時間ごとに10分の休憩を挟みながら、最後の一組になるまで延々と踊り続けるという過酷なものだが、不況の時代を反映して会場は賞金目当てのカップルでごったがえした。
偶然その場に立ち寄ったロバート(マイケル・サラザン)は、ひょんなことからグロリア(ジェーン・フォンダ)という女優志願の女性のパートナーとして競技に参加するはめになるのだが・・・


ブルース・ダーンはこの過酷な競技に身重の妻と出場する夫を演じていまして、
少なくとも参加中は食事にありつけるという苦しい時代を象徴する役割でしたね。
ただ、あまり出演シーンもなくしっかり脇役。応援にならないな、すみません。

それにしてもこれ、かなり面白かった。
というのも憚るほどにつらい映画ではあるんですけどね。




とにかくこの競技が凄すぎる。
ダンスといって揺れていればOKなんですが、殆ど寝ずに延々と続くわけで、会場は次第に悲惨な様相を呈し始めるんですわ。
恐ろしいのは競技を見学する客もいて、主催者はショーを演出するため煽りまくること。
『ハンガーゲーム』に通じるものがありますね。




貧しさから抜け出すことが困難な時代
人生の転機にしようと競技にかけるグロリアほか出場者の思いと会場の熱気が
異様な空気を醸し出し、まさに狂気の世界。

時折差し込まれるロバートの少年時代の牧歌的な記憶がラストシーンに繋がるとき
狂気は絶望へと姿を変えるんですよね。




原題は『They Shoot Horses,Don't They ?』
直訳すれば「彼らは馬を撃つ。そうだよね?」

誇りと煌きの象徴である絹のストッキングを失ったグロリアは
くぼみに嵌り動けなくなった廃馬と同じだったのでしょう。

製作年からするとアメリカンニューシネマのくくりでしょうか。
ベトナム戦争の時代の狂気と絶望感を重ねた傑作ですね。

マリリン・モンロー風のスザンナ・ヨークも印象的でした。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
こういう古い映画をチョイスされるpu-koさんのアンテナが素晴らしい。
これは私のトラウマ映画です。シドニー・ポラックらしい。
この映画のラストの悲しさは忘れられない。
また、この時代のジェーン・フォンダさんを見ている私世代の野郎なんかは、近年の、美しさを保つジェーン・フォンダさんの姿が嬉しいんですよ。
2014/02/26(水) 11:32:48 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
おおむかし、観ました  そうか ギグ・ヤングが司会やったんや ガルシアの首では殺し屋
主演のマイケル・サラザンには全く魅力がなくて 後、激走 か爆走5000kとかB級映画で見たかな
ポラック 作品にもけっこう登場してたレッドフォ-ド  ジェ-ンフォンだともその当時共演してたし
が出ればよかった  裸足で散歩なんか思いだします  背の低いレッドフォ-ドどうやって撮ったんだろうかと
2014/02/26(水) 18:06:27 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あ!あの薄毛の(笑)やせっぽちの旦那はブルース・ダーンであったか!
これ、そのうち「トラウマシリーズ」でアップしようと準備してたんだけど、先越されちゃったな^^
子供の頃にテレビで見て、出演者も監督も題名さえ覚えてないのに、そのストーリーの残酷さに
怖くて怖くてトラックを走らされる悪夢まで見たという・・・。
何年も「あの映画は何?」と思いながら、ポラック監督のドキュメンタリーで再会した時は狂喜乱舞しました。
日本ではソフトが手に入りにくいですが、いい映画なんでたくさんの人に観てほしいですね~。
2014/02/26(水) 21:35:10 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
まさにアメリカンニューシネマです、これ。
内容からして、もうそうでしたよねぇ。
ずいぶん昔に観て以来だから忘れてる部分が多いです。
なんとも切なさが残ったのが印象的だったかな。
スザンナ・ヨークは懐かしいなぁ~。
2014/02/27(木) 03:56:20 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
本作について調べてみましたー。他のサイトさんの紹介記事を読みました。
そして真っ先に連想したのがS・キングの小説『ロングウォーク』(1979)でした。
キング映画マニアだから絶対觀てるよなーって思いました。
んで、『ロング・ウォーク』は深作欣二監督の『バトル・ロワイヤル』が元ネタなんですね。
『ハンガー・ゲーム』は『バトル・・・』が元ネタってささやかれているんで
なにが言いたいかといいますと
『ひとりぼっちの青春』の進化形が『ハンガー・ゲーム』なわけです→ドヤ顔( ・´ー・`)
2014/02/27(木) 06:56:34 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
すいません訂正!
誤:『ロング・ウォーク』は深作欣二監督の『バトル・ロワイヤル』が元ネタなんですね。
正:深作欣二監督の『バトル・ロワイヤル』は『ロング・ウォーク』が元ネタなんですね。
いみわかんねー文章すいませんでした!
2014/02/27(木) 08:08:23 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あーー、ゾンビマンさんもこれトラウマでしたか。
小さい頃に見たらそうなるだろうなと想像できます。
ラストの主人公の一言も絶望的で効果的でした。
ジェーン・フォンダは相変わらずスタイルいいですよね。
2014/02/27(木) 17:30:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
あちゃ、さき越しちゃいましたね。
でもみーすけさんのトラウマ映画特集楽しみです。
それにしてもこれ、次第に地獄絵巻みたいになっちゃうところろか、めちゃ異色でしたね。
み終わって、もう一度ストッキングのシーン観たときには思わず泣けました。
全て諦めた瞬間だったんですねぇ。辛すぎた。
凄くいい映画なのにあまり聞かないのはソフトが入手しにくいというのもあるのかな。
せっかくの異色作なのに、邦題にインパクトがないのも残念です。
ブルース・ダーン、もしも意識せずに見たら、彼と気づかなかったかもと思うほど地味に出てましたね。
2014/02/27(木) 17:37:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ギグ・ヤンクさんって意識したことのない方だったけど、アクが強くて、残酷な司会者の存在感凄かったですね。
サラザンさんは、頼りなさげで大人しかったけど、映画にはそのくらいでよかった気がする。
これまた意識したことなかったけど、色々出てる方だったんですね
レッドフォードって昔は大きい人というイメージあったんですが、そうでもなかったんですね。
そういえば最近は小さく見えるし。。
2014/02/27(木) 17:51:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
司会のギグ・ヤングの役割といい、やりきれない閉塞感と絶望感を漂わせるあたりも、やはりアメリカンニューシネマなんですねぇ。
終盤は切なさに胸が張り裂けそうでした。
スザンナ・ヨークもかなりよかったですね。
2014/02/27(木) 17:55:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
へーー、キングから始まって、やっぱり『ハンガー・ゲーム』に繋がっちゃうんですねぇ。
大元の『ロングウォーク』が気になります。そちらは小説だけかな。
ドヤ顔がめちゃ可愛いんですが(笑)
おっと修正コメまでありがとうございます。
でも、『ロング・ウォーク』は深作欣二監督の『バトル・ロワイヤル』の元ネタと、自然に正解になるように読んでました♪
2014/02/28(金) 00:23:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
色々な映画の本でこの映画に触れた記事をたくさん読んでいて、すごく気になっている映画なのですが、まだ観る機会がありません。ラストのセリフ、司会のギグ・ヤングなどの記事から一度は観てみたい映画なのですが。
2014/03/02(日) 04:02:39 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
私が知らなかっただけで、映画ツウにはよく知られた作品だったんですね。
なのに簡単に見れないのは残念ですね。
ぜひご覧になって感想聞かせていただきたいのだけど。。
いつの日か、どこかで公開してくれるといいですね。
2014/03/02(日) 18:20:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。