映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・ライド~最後の旅立ち~
2014年02月07日 (金) | 編集 |



逃げる映画特集4本目
今日は犯罪を冒した男と息子の逃避行を描く日本未公開のオーストラリア映画です。
ラスト・ライド~最後の旅立ち~(2009)オーストラリア
原題:Last Ride
監督:グレンディン・イヴィン
出演:ヒューゴ・ウィーヴィング / トム・ラッセル/ アニータ・ヘフ/ ジョン・ブランプトン/ ケルトン・ペール
日本公開:日本未公開
 
父と息子のロードムービーと聞くと『ネブラスカ~』みたいなほんわか暖かいものをイメージするんですが、本作はちょっと違いました。
冒頭、立ち寄ったダイナーのトイレで伸びた髪とひげを切る男。
男は小学生くらいの子供をつれていて、その後父子でバスに乗って移動する。
あれ?乗ってきた車は?と不思議に思っていると、父子は降り立った駐車場で鍵のついた車に乗り込み逃走。こうして食べ物や車を盗みながら旅をしているのだと分かってくるのです。


淡々とした映画でね。
父子が何故旅をしているのか、どこに向かおうとしているのかも語られないまま
旅を続けるごとに罪を重ねていく様子にハラハラし、辛いんですよ。
息子チョークまでもが空腹をしのぐために物を盗み、父への憤りから反抗的になっていく様子もリアル。




大半をやるせない気持ちで観ることになったけれど、父は息子を守りたかったんだと
悪戯に化粧を施した息子をこっぴどく殴ったのにも理由があったのだと知ることになり
男の不器用な生き方に胸が痛みました。

化粧とアレックス、携帯、ウサギ、泳ぎ、マジック・ベスト 等
さらりと描かれるアイテムが実は重要シーンの伏線となっているという脚本が見事。
何よりもヒューゴの演技が素晴らしく、わたし的にはオスカー級。
どうしようもない男だけど、最後に彼はようやく父親らしく息子と接するんですよね。
息子に「I love you 」と言われ、「Yeah?」と上ずった声を発するヒューゴが愛おしかった。

果てしなく続く荒野、オーストラリアの自然を映し出す美しい映像が父子の孤独を一層引き立てていました。
これすごく良かったわ。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
逃げる親子のロード・ムービー 切なくて痛そう・・・。
何となく「パーフェクト・ワールド」を思い出したけど、こちらは実の親子ですか。
ヒューゴ・ウィーヴィング主演のオーストラリア映画・・・そりゃ劇場でやらんだろうなぁ(笑)是非DVDで探してみます。
ヒューゴっていい役者なのに日本では知名度低しで残念。
人に説明する時は「マトリックスの悪い奴」もしくは「ロード・オブ・ザ・リングの銀髪のお父さん」と言ってますが・・・
「プリシラ」で通じたときはビックリしたけど、相手はガイ・ピアーズと混同してたという(笑)
2014/02/07(金) 18:48:20 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
TBしようと思ったら、これ書いてたのはG+のシネ街でした。(笑)
ヒューゴの不器用さがやるせない一作でしたねぇ。
最後はぐぐっと胸に来ましたよ。
2014/02/08(土) 00:35:29 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
私が観たら泣くかもしれんね。
私、息子に恵まれ父親にしてもらったから、逆にこの手の映画は苦手になってしまった。
そうそう、『ネブラスカ』は前売りの販売がないので、来月のサービスデーに狙ってるんですよ。
2014/02/08(土) 03:10:46 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そうそう、これは実の親子の物語。
犯罪者と男の逃亡の旅という点で『パーフェクトワールド』を思い出しますね。
本作は息子を愛していながら、暴力や犯罪を通してしか息子を守れない父親の不器用さが悲しすぎました。
私は『マトリックス』も『ロードオブ』も実はシリーズちゃんと観てなくて、『プリシラ』はドラッグクィーンだったし、『V~』ではあんなマスクだったしで・・考えたら素顔の出演作あんまり観てないんですよね(汗)
なのでお友達と同じレベル(笑)今更ながらこんなに上手い人だったんだと驚いてます。
2014/02/09(日) 15:10:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
私もTBしようと思ってたらシネ街のほうだったっけ?
じゃそちらにTBを。。。って出来ないんですな(笑)
ほんとやるせなかった~。
ちょっと確認したいところとかあって、記事書きながら一部再見したんですが
二度目観ると余計悲しくてね。でも息子ちゃんからの「 I love you」を聞けたのはせめてもの救い。少し報われたかなと。二人の演技も良かったですね。
2014/02/09(日) 15:28:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
泣くかも~。
刑務所に入ってて、その間息子の面倒を赤の他人に委ねることになった負い目もあって、余計に素直に愛情を表現できない父親の不器用さ。息子ちゃんをお持ちのゾンビマンさんはきっと共感できるところもあるんじゃないかなと思います。
『ネブラスカ~』は半分コメディタッチでもあり、楽しくごらんになれるはず。
お楽しみに♪
2014/02/09(日) 15:42:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ロードムービーは大好きです~
って、なんか切なそうだな~
みたいな~
2014/02/09(日) 19:10:55 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
私もロードムービー大好き!
でも、そう。これは切なくてやるせないんです。
でもちょっとホッとするところもあって、良い映画でした。
2014/02/10(月) 14:23:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ちょっと見には共感するのが難しそうな主人公なのかしら。事情がわかるまで付き合えるかどうかで評価が変わりそうです。こういう映画は、DVDでなく、劇場で観るのが向いていそう。最後まで見通せれば、きっといい映画なんだろうなって思うだけに。
2014/02/11(火) 07:35:00 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
そうですね。そもそもこんな子供を連れて、犯罪を繰り返すこと事態に困ったものだと思うし、息子ちゃんがかわいそうで仕方なくなります。
ただ、ヒューゴがどこか哀愁を漂わせるし、時々フラッシュバックで過去の出来事が描かれるので、なんとか心離れずにいられるんじゃないかしら。
そう、この映画オーストラリアの風景もとってもいいんですよね。
その点でも大きなスクリーンで観れたらなぁと私も思いました。
2014/02/11(火) 11:59:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。