映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
マイノリティ・リポート
2014年02月01日 (土) | 編集 |



二月になりました。
今月もオスカー関連作品を観ていきますが、長丁場でもあるので、ここらで小休止。
二月は逃げるとも言うので、「逃げる映画」を特集します。
脱走、逃走、逃避行ものなどを観ていきますね。

まずはトム・クルーズ主演、スピルバーグの2002年製作のSF『マイノリティ・リポート』です。
マイノリティ・リポート(2002)アメリカ
原題:Minority Report
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:トム・クルーズ/ コリン・ファレル/ サマンサ・モートン/ マックス・フォン・シドー/ ロイス・スミス/ ピーター・ストーメア/ ティム・ブレイク・ネルソン/ スティーヴ・ハリス/ キャスリン・モリス
 
2054年のワシントンDC
ここでは犯罪予防局なる政府機関により、犯罪が未然に防がれている。
3人の予知能力者の予知したビジョンを映像化し、殺人が起きる前に犯罪者を逮捕してしまうというのだ。
ところがある日、犯罪予防局のチーフ ジョン(トム・クルーズ)は、操作中のビジョンに、36時間後に自分が見知らぬ男を殺すシーンを見てしまう。一転して追われる立場になったジョンは、容疑を晴らすべく奔走することになるが・・・。


フィリップ・K・ディックの原作をスピルバーグが映画化、しかもトム・クルーズ主演とくれば、面白くないわけないですね。
まず近未来映像が素晴らしい。
タッチパネルスクリーンやメモリー装置など、アイディア的には既に実用化してることがいち早く描かれていることにも驚きます。
しかし、この予防局なる機関が、機械ではなく予知能力者の予知という妙にアナログなものに依存しているところは面白いところ。
予知能力者とはいえ人間ですから。その予知ビジョンは必ずしも完璧ではないはず。
そこに「マイノリティ・リポート」なる穴を見出し、真相に迫っていく様子がミステリー的な面白さも生み出していて秀逸でした。

しかしスピルバーグは本当に凄いですわ。
ジョンの逃走シーンに描かれる未来社会の映像にはワクワク。
予知能力者アガサ(サマンサ・モートン)の予知をうまく使いながら追っ手を振り切る演出も見事です。
場末の医師( ピーター・ストーメア)に笑いを伴う麻酔をかけられ、笑いたくもないのに笑うトムちんにも笑えたし、スパイダーと呼ばれる捜索ミニロボットに見つかりそうになるシーンには『ジュラシックパーク』を髣髴とさせる緊張があり、どこをとってもエンタメ性抜群でした。




登場人物の仕事にかける、それぞれの心情の描き方もいいんですよね。
予防局の長 マックス・フォン・シドー、局を捜査する刑事のコリン・ファレルもグッジョブ。
トムちんの子供への思いも丁寧に描かれ、それをミステリーに繋げているところもうまい。
アクションもこなすトム・クルーズのスター性を改めて確認することにもなりました。

「殺人を犯す予定だから逮捕!」って言われてもちょっと納得できないよねぇ。
その瞬間に思いとどまることもあるでしょうし。
というわけで、科学の発達の影に潜む矛盾や危険を描いている点で、往年のSFらしい作品。
最近ではやたら世界の終わりを描くものが多いけれど、スピルバーグにはやはり、こういうワクワクするような未来世界を描くことを期待したいです。
      

関連記事

コメント
この記事へのコメント
映画館で観たのですが、超トラウマです!
なにがといってトムちんが幼い息子をプールに連れて行って
息子の目の前で数秒水面に潜っている間に息子が消えていたっていう。
自分も幼稚園の娘とその友達をトイザらスに連れて行った時友達が姿を消してしまいました。
ほどなく見つかったのですが、見つかるまでの心境はまじやばかったです。
という経験があったので、トラウマすぎて本作の細かいところさっぱり覚えていませんw
『ビフォア・ミッドナイト』では二人も問題はなんの解決もしてないけど、それでも愛は続いていくんだというライトだったのですが、本作ではけっきょくトムちんの幼い息子はそのままどうなったのか、なんの手がかりもないままでなんとなくハッピーエンド風のラストは「ほんとにそれでいいのか?!」という感じでした。
なので自分にとって、本作はこれまで観たどんなホラーよりもわりと最恐の映画なのでした!
2014/02/01(土) 12:54:06 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
前に観たので詳細すっとんでるところありますが、そだそだ、今、実用化されているものが、既に描かれていましたね~
トムちゃんのスター性はホント凄いと思います。
ほんと~、世紀末モノが多い中、こういうワクワクする作品を作って欲しいね~(^ー^)
2014/02/01(土) 20:46:21 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
これ、ずいぶん前に1回しか観てなくてラストの詳細覚えてないなぁ。
サマンサ・モートンがなんだか気持ち悪かった記憶が。
お気にのマックス・フォン・シドーは覚えてて、コリン・ファースは薄ぼんやり^^;
どうなったか気になるので、久々に観てみますね。
スピルバーグは、最後に突き放したような殺伐な映画って撮らないですよね。
必ずどこかに希望とか優しさを感じるラストになる。
性格がメロウなのかな。あ、いや優しい人なのか。
2014/02/01(土) 23:47:32 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
スピルバーグっていつも凄いんで、意外にこの作品の凄さを分かっていない人が私の周りに多くてね。
この作品は冷蔵庫のシーンが強烈かつスピルバーグらしい(爆)・・・。
2014/02/02(日) 03:03:13 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
「え?今頃?」
と言いたいとこなんだが、実は私も観てませーーん!!てへ
トムクルってさ、いつも強過ぎて何となくロボットみたいで、
コレっていう魅力がない…とか言うとめっちゃファンに叱られるんだろうな。
ホントはコレ、TSUTAYAの棚から取ったり返したりだったから
今度必ず借りて観てみますゎ。
コリファレは好きなんで💕
2014/02/02(日) 03:49:56 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
最近では「オブリビオン」もそうだけど、トムトムは未来モノのSFが似合うと思いますな~。 コレも面白かったです。原作もイイからねぃ~。
2014/02/02(日) 03:59:08 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
これ映画館で見たんですけど記事書いてなかった;探したんですがw
今ほどCGが発達してなかったちょっと前は、やったらディックの原作が
もてはやされていて、これもその流れな感じでしたが、
印象としてはスピルバーグの変態性がまたもやでてる!と云う感じでした(笑)。
ILMの仕事もなかなかよかった印象があります。
原作は短編なので、かなり娯楽的に広げた感じもトムくんには
あってた記憶があります。
2014/02/02(日) 05:28:04 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
さすがスピルバーグ! と唸る一作でした。
サスペンスとSFの融合がほんと楽しい。 贅沢な映画ですね。
つい最近『リンカーン』を観て、監督の偉大さを改めて実感しました。
大巨匠ながらも、常に斬新さを追い求める姿勢には敬服っす。
2014/02/02(日) 09:12:43 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
うわぁ、そんな経験が。
生きた心地がしませんよねぇ。
トラウマになるわぁ。
そうそう、トムちんの息子ちゃんはミステリーの鍵になってたけど、結局何も解決せずで(汗)
せめて犯人を透視して欲しかったけどそういう話じゃないってことだったのかなぁ。
それでも悲しみを乗り越える姿にはジンとしたけれどハッピーではないですもんね。
2014/02/02(日) 16:24:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
原作者もアイディアも凄いんでしょうが、実際に映像にしてみせるスピルバーグはやっぱり天才。
もしかして未来にいくことのできるタイムトラベラーなのではと思っちゃいます。
もっともっと驚きの未来世界を描いて欲しいですよね。
トムちんはアクションもこなすし、ほんと凄い。
このタッグはマジ強力でした。
2014/02/02(日) 16:33:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
サマンサの予知能力者は最初ロボットかと思うよねw
確かにちょっと気持ち悪かったけど、この演技で評価されたようですね。
コリンはファレルのほうね。
わっかーと思っちゃった。シドーさんは私も好き。
はは、スピルバーグ確かにメロウなとこもあるんでしょうね。
切なさの中にも希望が垣間見れるラストでした。
また再見すると先取りのテクノロジーを駆使してることに驚きますよ。
ジョブズさんなんかも、こういうSFを参考にしたのかもと思っちゃう。
2014/02/02(日) 16:45:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
確かにスピルバーグくらいになるとみんなの期待も大きすぎるのでしょうけど
これも凄いレベルの高いSFでしたよね。
冷蔵庫に入ってたもの、何がそんなにまずかったの?(笑)
体が受け付けなかったのか、ロシアのおばさんの味付けがだめだったのか(笑)
2014/02/02(日) 16:48:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
ふふ、ようやくちゃんと観たんです(笑)
ありゃchacoさんもまだなら観てみて。面白いよ~。
トムちんはSFの世界でよく見るからか、現代人離れしてて
たとえば恋人とか、そういう身近な存在として考えにくい気がしない?
サイボーグと言われても、「やっぱりね」と納得するべ。
コリファレってパリコレみたいでなんだかお洒落w
2014/02/02(日) 16:53:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
本当に。まじで未来に生きてる人みたいな気がする。
泥臭さとか微塵もないんですよねぇ。貴重な存在だ。
うんうん、原作もいいんでしょうね。面白かった~。
2014/02/02(日) 16:55:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
わぁ、探していただいてすみません。
なるほど、今はCGでごまかせるところもあるけど、それ以前だとアイディア勝負ですよねぇ。
これもアイディアが斬新で面白い。
でも短編の原作をこんな風に映像で見せきるものにしたのも、スピルバーグの腕があってのことでしょうね。エンタメ性も抜群でトムちんのための映画になってました。
変態性ですか(笑)そのあたり、いつかぜひ語っていただきたいなぁ(笑)
2014/02/02(日) 17:52:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
ほんと、さすがスピルバーグ、さすがトム・クルーズと私も感心しました。
面白かったですね。
おー、『リンカーン』ごらんになりましたか。
歴史大作からドラマやSFまで何を撮っても巧い、偉大なるフィルムメーカーですね。
2014/02/02(日) 17:55:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この未来の描き方、好きなんですよ〜
あ〜サボり気味ですが2月も
よろしくお願い申し上げます。(*´╰╯`๓)♬
2014/02/02(日) 23:07:49 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
いいよね~。
映像も設定も斬新で面白かった!
こちらこそよろしくです!!
2014/02/03(月) 16:01:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ、公開当時、劇場で観たのですが、記事にもありました、未来の予見の仕方がなんだかあやふやでないの?って突っ込み入った記憶があります。SFっていうよりシャーマニズムの世界ではないかと。未来のイメージはすごいと思ったのですが。
2014/02/07(金) 05:10:01 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
見る気はなかったんだけど
なんか設定がおもしろそうですな~
2014/02/08(土) 02:25:29 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ほんとほんと。
これだけ科学の発達した未来世界に、あやしい預言者の頭の中を持ち込むところは突っ込みどころですね。
しかし、その穴からミステリーに導く手法がうまく面白かったです。
2014/02/09(日) 13:59:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
設定も未来描写もいいし、ミステリーとしても楽しめました。
面白いよ。
2014/02/09(日) 15:30:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
テーマを決めて見るのって楽しそうですね!2月は「逃げる」3月は「去る」ですかw。この作品の題名を見た時、すぐに面白かった!って言う言葉が頭に浮かびました。でも残念ながら内容はほとんど覚えてませんw。ましてやコリン・ファレルが出ていたなんて!再見したくなる1本ですね!!
2014/02/09(日) 17:10:47 | URL | dance #79D/WHSg[ 編集]
ダンスさん>
>テーマを決めて観るの
いいでしょ。置き去りにしてた昔の映画を引っ張り出す機会にもなりますから。
わはは3月は「去る」。2月と似た感じになりそうだけどwそれいただこうかな。
 「猿」も入れていいですか?(笑)
そう、私もコリンだったのを再認識!w
2014/02/10(月) 14:17:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マイノリティ・リポート 特別編 [DVD] by G-Tools予知夢によって犯罪が分かるという仕組みがあり、事前に犯人を逮捕することで犯罪の発生を防ぐことができている。あるとき主人公が犯人であるという予知夢が出たため、彼は必死に逃げ、事の真相を暴きに行く。
2014/03/23(日) 13:33:23 | 月のブログ