映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
her/世界でひとつの彼女
2014年01月16日 (木) | 編集 |




オスカー特集、今日はゴールデングローブで脚本賞を受賞、他にも作品賞、監督賞、主演男優賞などでノミネートが期待されるスパイク・ジョーンズ監督の『her/世界でひとつの彼女』を観てきました。
her/世界でひとつの彼女(2013)アメリカ
原題:her
監督:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス / エイミー・アダムス/ ルーニー・マーラ/ オリヴィア・ワイルド 
声の出演:スカーレット・ヨハンソン
日本公開:2014/6/28
手書きの手紙代行の仕事をする作家のセオドア(ホアキン・フェニックス)は、妻(ルーニー・マーラ)と別れ、孤独な日々を送っている。ある日、対話型のオペレーション・システムを導入したセオドアはサマンサという名の人工知能に魅かれていく。

 近未来のロサンジェルスを舞台に繰り広げられるユニークなラブストーリーです。
主人公セオドアが恋に落ちるのがなんと対話型オペレーションシステムの人工知能。
でも最近の内蔵知能の発達をみると、これは遠い未来のお話じゃないと思ってしまいます。

先日も「日本食レストラン」について夫がipadのボイス検索をしてたんですが
「日本食好き?」と訊くと「ごめんなさい、食べたことないの」
「どのレストランが一番好き?」には「選ぶのはあなた、私じゃないわ」などと答える。
冗談には冗談で返すのが面白くて会話が弾むんですよね(笑)
世の孤独な男性の中には、ひそかにこうした人工知能との会話を楽しんでる人いるんじゃないでしょうか。
しかもこの映画のサマンサの声はスカーレット・ヨハンソンなんですよね。
あのセクシーボイスで、しかも対話するほどに感情や感覚を学んでいくのだから男性にはたまらないでしょ。
でも、当然ながら人工知能であるサマンサに実態はない。さて二人の恋の行方は・・。

いや~、これは面白かった。
まずバーチャルに囲まれた主人公の暮らしぶりが楽しい。
自筆とは名ばかりに、コンピューターに向かって喋り、依頼者の自筆文字を認識させたであろう文字で手紙をプリントし送信する。こんな仕事も出てくるんだねぇ。
自宅のバーチャルゲームのキャラクターも可愛いくてね。しかもF文字たっぷりにセオドアに文句言ったりするんです。思えば、この映画で描かれる近未来描写は、何らかの形で相手の反応があるのが時代を反映しています。いまどきの若者がテレビを見ない理由に、テレビは一方通行で反応がないからという記事を目にしたけれど、煩わしい関係を拒絶しながらも、人は孤独ではいられない。

心配になるのは、バーチャルの世界で孤独も埋められるとしたら、人と人との繋がりなんて必要なくなるんじゃないの?ということ。この映画のひとつのテーマでもありますね。

オレンジを基調にしたポップな色合いが、近未来をシンプルで暖かいものにしています。
胸ポケットに入れられたデバイスのカメラからのサマンサ目線も楽しい演出。
脚本も手がけるスパイク・ジョーンズのオリジナリティとイマジネーションに感服。



共演にエイミー・アダムス、ルーニー・マーラ。
愛する妻を失う主人公の傷心が丁寧に描かれるからこそ、セオドアを応援せずにいられない。
ホアキンの表情から溢れ出る恋の喜びに、ともに胸ときめかせ、リアルな痛みに共感し、本当の恋を見つける姿に心温まりました。素敵な作品です。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
おはよ!
って、そっちは夕方かな!?
ホアキン君好きなんだよね。
上手いよね。表情最高だよね。
リバー君を想い出すねぇ~。。。
ホアキン君は、シリアスなイメージが強いけど、
こんなちょっとコメディタッチなのも観てみたい!
人工脳の声がスカヨハってとこが
「オトコ」をよく分かってるよね。
確かに男性は妄想の生き物だから、コレって自然な物語なのかも!?
2014/01/15(水) 16:57:37 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
おもしろそ~
スカヨハってとこも気になる~
実際の人間関係の方が
ある意味、面倒な気もするこの頃です~
2014/01/15(水) 19:12:44 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
既にスマホと話ができる現代だから、この近未来の状況が想像しやすくて、スパイク・ジョーンズ監督の目の付け所がいいですね。
映画の票はイマイチみたいですが、「サイン」や「ヴィレッジ」の繊細なホアキンの演技が大好きなんです。
オレンジのシャツが似合ってるほがらかなホアキンが楽しみ。
いつも授賞式で、照れくさいのか居心地の悪そうな顔してるホアキンが、先日のG・G賞では俳優仲間と談笑してるのが見れて、なんか嬉しかった(笑)
2014/01/15(水) 21:19:54 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
スタッフ&キャストの顔ぶれだけでも興奮しますね。
公開はずいぶん先のようですが、楽しみにしています。
2014/01/15(水) 21:41:07 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさん、こんにちは!
いよいよオスカーノミネーション発表ですね♪ドキドキワクワク+ちょっと不安…大好きなあのスターが無事名を連ねるか、涙の落選か…
herもすごく気になってた作品!ご紹介ありがとうございます!レビュウ拝読して、ますます観たくなりました。ホアキン、いい味だしてるみたいですね。スカーレット・ヨハンソンの声も楽しみ。私もいい男の声の人工知能と恋に落ちたいです♪声って大事ですよね。美声の男優が好き。ダニエル・デイ・ルイスとか英国俳優とか、市川雷蔵とかイ・ビョホンとか。スターの声を楽しみたいので、やっぱ映画は吹き替えより字幕のほうを観ます。最近は、下品で卑しげな声のタレントが多すぎて、TVのバラエティ番組とか観られません…
2014/01/15(水) 22:53:32 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
スパイク・ジョーンズ監督もご無沙汰~。
キャストがいいですな、これは。
"今っぽい" テーマで興味ひくじゃないですか。
スカヨハの声も聞かなければっ。
2014/01/16(木) 05:19:29 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
手紙の代筆屋なんていう古来からあるような商売とハイテクな人工知能との取り合わせが面白いですね。セオドアが機械的に書く文字に読む方が想いを感じ取り、人工知能のプログラムが紡ぎ出す言葉がセオドアの心を捉えるという相似の関係が面白そうです。でも、そういう恋が盛り上がった先に、どこに落とすのかなってのも気になります。「ラースとその恋人」みたいな人間の成長譚なのかしら。
2014/01/16(木) 05:38:02 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
スカヨハは声もセクシーだよねぇ。
そそ、人間関係も希薄になりつつある今の時代、考えさせられるところもありました。
2014/01/16(木) 09:06:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そうなんですよね。ほぼ現実に近いところが余計に問題を明確にしてます。
それでいて説教くさくならず、ファンタジーな描き方もうまいと思いました。
監督は天才だろうなぁ。
あれ、映画の票悪い?IMDbは8.6と高得点だけど、好みが分かれるのかな。
そそ、こうゆうほがらかなホアキンは珍しいのに、とってもナチュラルでやっぱりうまいんだなぁと思いました。去年だったか、賞に批判的なこと言ってたけど考え変わったのかなw
でも今年はオスカーノミネート外れちゃったね。残念。
2014/01/16(木) 09:14:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
気になる面々に、気になる素材でしょ。
6月ってちょっと先ですが、ぜひどうぞ。
2014/01/16(木) 09:15:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
こんにちは♪ ノミネーション発表になりましたね~。
お目当てのファスは見事ノミネートでしたね。
演技賞は『それでも夜は明ける』と『アメリカン・ハッスル』の戦いの様相ですが、ファスにも頑張って欲しいですね。私はレトー君も応援しちゃいますがw
うんうん、声がいいのはいいですね。私は美声よりも渋い系が好きかな。
2014/01/16(木) 09:23:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そういえば監督は寡作なのかな。
俳優陣もうまいところそろえてますよね。
スカヨハを声だけで使うという贅沢振りだし(笑)
彼女は声だけでも十分セクシーさを発揮してくれました。
2014/01/16(木) 09:25:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
そうなんですよね。
手紙を依頼する人は人とのつながりを求めているわけで、
人工知能が溢れる時代になっても、大事なのは・・っていうテーマが見えてきます。
サマンサとの恋をどう落とすのかも、ずっと興味をそそられましたよ。
成長譚でもありますね。
2014/01/16(木) 09:31:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あ、評価がイマイチなのは「サイン」と「ヴィレッジ」の事です(^-^;
特に「サイン」の可愛い野球バカな弟役が好きで~♪
そんなに悪い映画でないと思うんだけど、pu-koさんはどう?
さてと、今年のオスカーは芸達者な役者がずらりで今からワクドキです♪
2014/01/16(木) 09:52:05 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
あっ、ぼくもiPadで会話を試みました!
でも何をたずねてもすぐにgoogle先生のところにまわされちゃって
ろくに相手にしてくれません。
あやうくiPadを叩き売って中華タブレットにするところでした。
だんなさまiPadの中の方にモテモテ羨ましいです!
ITのトレンドを小道具?として取り入れたラブコメというとー
メグ・ライアンとトム・ハンクスの『ユーガッタメール』を思い出しました。
面白かったので、本作もぜひ観たいです。
ホアキン・フェニックスも『容疑者』でフル◯ンになってたのに
今ではすっかり更生したのですねw
2014/01/16(木) 10:15:42 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
あー、『サイン』と『ヴィレッジ』ね。ごめんごめん。
私は去年『サイン』再見したんですが、凄く面白かった。
好きですよ~。アルミのお帽子のホアキンも可愛かったよね♪
おチビちゃんがアビゲイルちゃんだったのも驚いたし。 
オスカー、ファスベンダーもちゃんと入りましたね。おめでとう~。
2014/01/16(木) 17:38:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
やっぱりみんなお話するよね。
昨日、うちの子も不具合みたいに、すぐにgoogle先生にまわされるってのを繰り返してたけど、電源入れなおしてから戻りました。
わはは、捨てないで~。我が家もレノボはトイレに常駐させてるけどw、ipadの方が俄然賢くて楽しいと思います。
『ユーガットメール』の頃はEメールも最新アイテムでしたよね~。
ITの発達の速いこと速いこと。
『容疑者~』はえらいことになってましたよね(笑)
引きこもってた時間がもったいなかったんじゃないかと思ったけど、その後の活躍を見ると、無駄じゃなかったのかも。
2014/01/16(木) 17:55:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あれれれ。。。
おはよ、って昨日コメ入れたような!?
ホアキン君いいよね。
で、この映画発想もいいね。で、人工脳の声がスカヨハってとこが
またまた男心をくすぐるワケで。
とっても観たいです!!
2014/01/16(木) 20:07:54 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
おはよーー。
ホアキンは最近ますますいいよね。
心の中から演じてるというか。
リバー兄ちゃん生きてたら喜ぶだろうな。もっといい役者になってたかな。
そそ、優しいお顔で微笑むホアキンにほっこりできるのってそうないものね。
なるほど、妄想を形にした作品でもあるかもね。
2014/01/17(金) 08:28:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
ごめん~。コメント貰ってたのに見落としてたよ。
二度目のコメントありがと。ごめんね。
chacoさんも男心をくすぐられた?w
2014/01/17(金) 16:53:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
予告編を見たけど凄く楽しみ!!スカヨハのボイスがいいよねぇ~!早く見たいです!
2014/06/24(火) 17:30:06 | URL | dance #79D/WHSg[ 編集]
ダンスさん>
スカヨハめっさハスキーですよねぇ。
この映画では声だけなのにセクシーさも満喫させてくれます。
お楽しみに~。
2014/06/25(水) 13:03:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あの設定で、どこに落とすのかと思っていたのですが、これって男目線では、浮気された挙句に逃げられたってことではないかしら。セオドアは、弄ばれた挙句に寝取られたコキュ状態なのに、何か釈然としまいましたし、セオドアも情けなくね?って思っちゃいました。エイミー・アダムスが大変魅力的だったので、ラストでは、セオドアにはもったいない、もっといい男が他にいるからって応援したくなりました。
2014/08/18(月) 23:04:34 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
なるほど、男性目線だとそういう解釈になるのですね。
私としては、実態のない人工知能との恋にのめりこむ姿に現代性を感じたりしました。
でもそこから成長し、現実の世界で本当の恋を見つけられたのは良かったなと。
セオドアは社会性に欠けるところもあるけれど、手紙で人の心を掴むことのできる優しさのある人だと思うので、エイミーとともに成長しよい関係をはぐくんでいけるのではないかなと思いました。
2014/08/20(水) 09:45:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
セオドアってそれほどかっこよくない男の設定なのに、ルーニー・マーラやらエイミー・アダムスやら、結構きれいどころと付き合ったり結婚したりしてるんだ、とちょっと意外に思いました。
スカーレット・ヨハンソンの声にはもうまいったの一言です。
他の恋人が641人いて、でもあなたは特別よ、という言葉を言われても、人間なら心に響きませんね。
ラストはエイミーとセオドアとの新しい関係の始まりと思って見ていました。
2014/12/09(火) 01:37:45 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「her/世界でひとつの彼女」 (2014)アメリカ原題/監督/スパイク・ジョーンズ出演/ホアキン・フェニックス  スカーレット・ヨハンソン(声) エイミー・アダムス ルーニー・マーラー 他そう遠くない未来のロサンゼルス。手紙の代筆業屋で働く
2014/06/30(月) 00:09:26 | 天邪鬼みーすけの映画な日々
今回はヒューマントラストシネマ有楽町2で「her 世界でひとつの彼女」を観てきました。満席だったようですが、混雑感を感じないで映画鑑賞できましたから、作りがうまい劇場なのかもしれません。近未来のロス、手紙の代筆会社につとめるセオドア(ホアキン・フェニック
2014/08/19(火) 14:04:26 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
JUGEMテーマ:SF映画 一般「her 世界でひとつの彼女」原題:Her監督:スパイク・ジョーンズ2013年 アメリカ映画 126分キャスト:ホアキン・フェニックス     エイミー・アダムス     ルーニー・マーラ     オリビア・ワイル
2014/12/09(火) 16:38:09 | マープルのつぶやき