映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ウルフ・オブ・ウォールストリート
2014年01月10日 (金) | 編集 |



アカデミー賞の前哨戦の結果も次々に発表され、シーズンたけなわですね。
今月は12日にゴールデングローブ賞授賞式、16日にはオスカーノミネーションが予定されていますので、予想など絡めつつ、恒例のオスカー特集をおっ始めます。

まずは、実業家ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート』。
ゴールデン・グローブ、ミュージカル/コメディ部門で作品賞、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞にノミネートされています。
ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)アメリカ
原題:The Wolf of Wall Street
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/ ジョナ・ヒル/ マーゴット・ロビー/ マシュー・マコノヒー/ ジョン・ファヴロー/ カイル・チャンドラー/ ロブ・ライナー /ジャン・デュジャルダン
日本公開:2014/1/31 

20代で株式の世界に入ったジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、大胆なアイディアと人を引き込む話術で瞬く間に成功し年収49億を稼ぎだす存在に。ウォールストリートのウルフと呼ばれるようになるが、欲に任せ、違法なことにも手を出したジョーダンはやがて破滅の道を歩む・・

 マーティン・スコセッシとは5度目のタッグとなるレオナルド・ディカプリオがジョーダンをぶっ飛びに演じています。ま、お顔のしわは隠しきれず、20代はさすがに無理やんとは思うものの、ジョーダンのダイナミックな成功がレオの早咲き映画人人生に通じるものがあるからか、このレオは妙に嵌ってました。




 なんせ年収49億円ですから、お金の使い方も桁違い。
その破天荒な日常を映像で見せきるスコセッシの手腕も流石で楽しめたのだけど、3時間近い上映時間の長さもあいまって、セックスとドラッグにまみれのちゃんちき騒ぎには少し飽きましたわ。
レオのベッドシーンはまるでエロくはないものの、なんか生々しくて困った(汗)
それでも話術巧みに人を魅了するシーンなど、レオの演技の上手さを再認識したし、コメディもいけることに気づいたのは収穫。ドラッグでやばいことになるシーンは最高に笑えます。

 共演者ではいくつかの前哨戦で助演男優賞にノミネートされてるジョナ・ヒルがコメディを盛り立て、頑張ってますね。マコノヒーは?と思ったら、彼は前半少し出ただけだった。それでも強力な印象を残すのはさすが。



原作小説を気に入り、映画化を切望したというレオは、ジョーダンの狂乱をアメリカの迷走にかぶせたのでしょう。
才能も使い方を間違えると とんでもないことになる
全てを失って気づいても遅い と、そんな教訓も感じるところだけど
このクレイジーさも人によってはノスタルジックに響くのではないかな。

IMDbでは8.7と高得点ですが、作品賞ノミネートは、セックスとドラッグという題材をアカデミーがどう受け止めるかによるかも。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
ボチボチ映画を観ようと思います。
今年はひと月に5本以内が目標です(汗)・・・。
これは観ると思います。
2014/01/10(金) 02:59:48 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
おおお~!出たね、どや顔ディカプ~。
さて、今回はスコ爺どのように料理してるのかしらん。
久しくスコ爺の映画で満足感を感じで無いのは主演役者のせいなんだけど…(毒)
Pu-koさんの評価はなかなかな感じなのですね。
でもまた上映時間長いのか~。
短くまとめるのも、才能だと思うんだけどな…。
「今まで悪口言っててゴメンなさい」ってわたしを謝らせる映画作って下さい。
ま、何やかんや言いながらも毎回お金払って観てるんだから、こっちの負けかな(笑)
今回もマコノヒーやジョナ・ヒル楽しみに勿論観ますぜ!
2014/01/10(金) 04:18:14 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
当初監督はリドリー・スコット予定されていたらしいですね。
R・スコットだとなんかぜったいアカデミー賞とれそうになさそうなんで、
デカプー、スコセッシと組めてよかったんじゃないかとー。
オスカーとれるといいですねー。
日本でもそろそろ公開なんで超楽しみです!
2014/01/10(金) 08:43:23 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
レオとスコセッシ監督の5度目のタッグを楽しみにしています!
2014/01/10(金) 13:22:21 | URL | とき #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
映画によって心が晴れることもあるかもと思います。
ぜひ楽しんでください。
月5本は私にとっても理想のペースです。
2014/01/10(金) 16:59:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
わはは、このポスターを選んだのも、『ギャツビー』並みのどや顔だったからよ(笑)
こんな狂騒の映画撮ってスコ爺も疲れたのではと思うところだけど、こんな破天荒でも主人公はなんだかいいヤツで、なんだか清々しさまで感じちゃうんですよ。
『グッドフェローズ』に通じるところもあるかな。
でもせめて2時間10分ほどでまとめて欲しかったなぁ。
2014/01/10(金) 17:08:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
リドリー・スコットだとどうなったでしょう。
レオをどう使うか見てみたかったけど、映画的にはエンタメ性低めになりそうですね。
ドラッグでトランスするシーンでエイリアンが出てきたりしたら嬉しいけど(笑)
オスカー獲るには題材が~という気がします。ちゃんちきなんで(笑)
2014/01/10(金) 17:19:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ときさん>
はじめまして。ようこそ。
今回はレオが題材の発掘&プロデュースをしてスコセッシを迎え入れたようです。
レオの映画人としの成長も感じるところですね。ぜひお楽しみに。
2014/01/10(金) 17:24:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
予告もなんだか派手ですよね~これ
この作品で、オスカーやっととれる?のかな?
2014/01/11(土) 05:51:31 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
3時間もあるのてますね、でも非常に楽しみにいていたので待ち遠しいです。コメディなんですね、レオのぶちキレ具合をしっかり見てきますね。オスカーにノミネートされるといいな(^_^)
2014/01/11(土) 20:05:27 | URL | dance #79D/WHSg[ 編集]
予告編を観て、うーん??と思っていたのでたのですが、3時間もあるんですか。「アビエイター」で、この主演・監督コンビはお腹いっぱいなので、これはどうしようかなあ。このコンビで1時間半にまとめたら、絶対観るフラグ立つんですけどねえ。まあ、上映時間で観る映画選ぶってのもどうかと思うのですけど。
2014/01/11(土) 23:31:53 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
いや、オスカーはフロントランナーじゃないと思うなぁ。
2014/01/11(土) 23:49:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ダンスさん>
今回はコメディ要素もたっぷりで楽しかったんですけど
そう、3時間はちょっと長いよねぇ。
オスカーはどうでしょう。ボーダーラインではあるはず。
2014/01/12(日) 00:06:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
そうなんですよ。時間どうにかならなかったんだろうか。
馬鹿騒ぎを少し削っても問題ない気がするんですけどねぇ。
私もせめて2時間にして欲しかったです。
笑わせてくれたり、爽快感を感じる面白さは勿論あるのだけど、個人的には途中ダレるところあったので。
2014/01/12(日) 00:11:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン以来の七三分け!!!
そっか、長いのか。面白くなきゃ長尺はムリっしょ!?
この前「ギャッツビー」観たけど、
やっぱシワシワおじさんの方が良かったし。
レオってさ、13歳の頃の「ギルバート~」のイメージが消えないんだよね。
私だけかや?
2014/01/12(日) 01:11:18 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
そそ、しっかり七三分けw
しかも20代の頃を皺の入ったお顔で堂々と演じてました。
で。ゴールデン・グローブ獲ったね~。
なんかホッとしただろうな。これでオスカーにノミネートされなければショックだろうけど、ま、コメディ部門ではよくあることよね。
レオはどうしても声が幼いからなぁ。シリアスな役では声が邪魔する気がする。今回はテンション高い役だったので気にならなかったけどね。
2014/01/13(月) 00:38:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あ~、確かにレオの早咲き人生に…って、そうですよね。
ぶっとび具合もなんか可愛かったわw
私も少々お腹いっぱいになりましたが(笑)、怒涛の勢いで見せたスコ爺もさすがでしたね。
こちらからもトラバさせていただきます~(^ー^)
2014/02/01(土) 20:27:47 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
レオも早咲き過ぎて苦労した部分もあるでしょうしね。
今やっと新たなスタートラインにつけたという気もしちゃいます。
ね、これでもかの乱痴気騒ぎはもういいよってなりますよね(笑)
これだけバカやっても佐是か爽やかなのが凄いw
TBありがとうございました。
2014/02/02(日) 16:29:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
中盤までの、証券会社の狂乱のスケッチは面白かったのですが、後半のFBIが絡んできてからは、観ているこっちが息切れしちゃいました。また、ここからドラマかよーって。株屋のやり口のえげつなさとか、庶民から金を巻き上げるノウハウは今も有効で、こういう映画で知らしめても、みんなまた引っ掛かっちゃうってところが笑えない映画でした。
2014/02/11(火) 07:29:30 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
確かに、ドラマも乱痴気騒ぎももういいよってなりました(笑)
この手のコメディで3時間弱というのは厳しいですよね。
個人的にはディカプリオが珍しく馬鹿やって笑わせてくれたのでニマニマできたんですけど。
TBありがとうございました。
2014/02/11(火) 11:48:03 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
1/2
観ました!
まず違和感が。
どうして自分がスクリーン写っているのか不思議でした。
ぼくはスコセッシとはまだ仕事をしたことないのにおかしいなあ、と思いながら
二時間ほど経ってから「ああ、デカプーだったのか」と気が付きました。
悪党が魅力的な映画はいつも傑作です。
本作の悪党は言うまでもなくデカプーです。
さらに短い出番ながら、そのデカプーに悪の手ほどきをするのがマシュー・マコノヒー。
マシュー・マコノヒーはデカプーのろくでもない師匠を演じます。
いわば欲望の伝道師。
デカプーはマシューの忠実な弟子となります。
会社の社歌をマシューの「ん〜ん〜」にするくらいです。
そして、デカプーはラストでマシューの教わった話のまんまを生徒に語るシーンで終わっています。
これはデカプーが「伝道師」としてマシューの後を継いだということと、
デカプーは退場しても第二第三のデカプーが現れることを暗示することで
人間の欲望の輪廻を表していると思いました。
ちょっと黒沢清監督の『cure』ようです。
デカプーノリノリの演技でした。
おっぱい、お札、ドラッグが乱舞するなか
笑う怒る切れる、腰をふるさらによだれ!
顔芸みているだけで3時間飽きない。
焼肉食べ放題の後にとんこつラーメンをシメにしたような満足感。
スコセッシ翁の70歳オーバーなのにこんな超脂っこい作品つくるなんてすごいと思いました。
2014/04/11(金) 19:34:54 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
2/2
そんなデカプーに転機がありました。
まず、美容師の奥さんと別れた時。
ここからタガがはずれて破滅に向かいます。
そして自らの破滅の淵から引き返そうとして正気に戻り引退を宣言しようとします。
しかし、結局引退撤回して崩壊へと向かうことになります。
スコセッシ監督は主人公が正気にもどった?!
と思いきややっぱり基地外さんでしたーっていう描写すきだなぁと思いました。
例:『シャッターアイランド』『アビエーター』『タクシードライバー』
下世話だけど、強い欲望に対する人間の生命力への感嘆がないとはいえなくもないのではないかと。
『悪の法則』が徹底的な弱肉強食の恐怖を描いたとすると
本作は「弱肉強食サイコー!」の側からの視点から社会を描いたとも思いました。
それは、FBIの職員が地下鉄で市井の(ぱっとしない)庶民をみたちょっとせつなそうな表情にあらわれていました。
オスカーとってほしいなー、思っていましたけど結局とれませんでした。
シリアスの衣をまとったバカ映画『ゼログラビティ』(ぼくの中では『アルマゲドン』枠)より
バカ映画なのにシリアスなテーマを持つほうが深いと思うんですよねー。
なんといっても主人公と容姿が似ていると特に強く親しみを感じるものなので+1点。
ながながと失礼しました!
2014/04/11(金) 19:35:31 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん(その1)>
ぎゃは、気づくの時間かかりすぎですやんw
それにしても「人間の欲望の輪廻」というのはうまい。
マシューを悪の伝道師としたなら短い時間での起用も大いに納得。
きっちり仕事してますもんねぇ。
さすがに映画の見方をご存知だと、あらためて感心しました。
そう観るとスコセッシのすごさも一層感じますね。
2014/04/12(土) 07:36:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん(その2)>
おーー、FBI捜査官の市井の人を見る目にも深い意味があったのねぇ。
そういうところ私も読み取れるようになりたい。
「弱肉強食サイコー!」の視点でもう一度観てみたくなりました。
でもって、とことんデカプー似のyossyさんもお目にかかりたい。
twitterで顔出し希望(笑)
2014/04/12(土) 08:24:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ウルフ・オブ・ウォールストリート (2013) 【THE WOLF OF WALL STREET】 80年代後半のウォール街。 証券マンのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で会社を設立すると、 富裕層をカモに、そのモラルなき巧みなセールス
2014/02/02(日) 11:28:13 | じゅり好み☆
今回は、新作の「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」をTOHOシネマズ川崎2で観てきました。R+18のいわゆる成人映画ということで、エッチなのも期待しちゃったのですが、そういうのはほとんどなし。ロングショットでもボカシがかかるし、エロはほとんどなし。クスリが登場
2014/02/11(火) 22:29:13 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 その野望と才知で、一介の証券マンから瞬く間に億万長者に成り上がるジョーダン・ベルフォード。破天荒な金遣いとアコギな金儲けは、やがて彼を破滅へと導くが… これ、実話って…ほんまかいな〜!?と、にわかには信じがたいト.
2014/06/07(土) 19:44:04 | まつたけ秘帖