映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-
2014年01月07日 (火) | 編集 |



2012年のイタリア映画祭で『シュン・リーと詩人』というタイトルで上映されたイタリア・フランス合作映画。
異国の地で孤独を共有しあう男女の交流を描くヒューマンドラマです。

ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-(2011)イタリア/フランス
原題:Io sono Li
監督:アンドレア・セグレ
出演:チャオ・タオ/ ラデ・シェルベッジア / マルコ・パオリーニ/ ロベルト・チトラン/ ジュゼッペ・バッティストン
日本公開:2013/3・16
 




イタリアの港町キオッジャ。
小さなヴェニスと呼ばれるこの地の、蒼い海、そこにぽっかり浮かぶ小屋や、向こうに連なる雪を頂いたブルーグレイの高い山々等、美しい異国の風景にまず魅了されます。
この町の海辺の小さなバーにやってくるのが中国人女性のシュン・リー(チャオ・タオ)。
いつかは、わが子を呼び寄せ一緒に暮らすことを夢見る彼女は、言葉もおぼつかないながら
バーに集う猟師たちとゆっくりと馴染んでいきます。
常連客のひとり、詩人と呼ばれるベーピ( ラデ・シェルベッジア )はユーゴスラビアからの移民ということもあり間もなく2人は心を通わせていくのですが・・・。




これは良かった~。

シュン・リーを演じるチャオ・タオはヴェネチアで女優賞を獲ったり、この映画でもイタリアの映画賞で主演女優賞を獲得するなど、実力のある女優さんらしいですね。
静かな演技ながら、健気に生きるヒロインの孤独や心細さまで表現していて本当にうまい。
シュン・リーと詩人は親子とも恋人とも違う、あえて言うなら同士の間柄で
異国に生きる孤独を共有し、肩を寄せあうのですよね。
その様子が潟の景色に溶け込むように穏やかで、優しくて、
得もいえぬ安らぎを感じてしまいました。

シュン・リーを派遣する組織が何なのか等、詳細は説明されないけど
確かジェイソン・ステイサムの映画にもこんなギャングみたいなのが出てきたなぁ。
労働者から搾り取るだけ搾り取るヤクザまがいの仕事かしらと想像するけれど、そんな組織にでも夢を託さざるを得ない人がいるという現実。夢を諦め姿を消す者には、どんな仕打ちが待っているのだろうか。そんあ不安が頭を掠めます。さり気に問題提示も盛り込むのは、さすがにドキュメンタリー出身の監督と言うところでしょうか。

高潮の時には町中が水浸しになるのに、みんな普段と変わりないように暮らす 不思議
小さなバーに集う男たちを描くことで、港町の男たちの人生までも映し出すところも巧みです。

潟にとどまり、海に出て行かない波もある とは
遠い祖国に想いを馳せながらも、異国の地に骨を埋める移民たちを指すのでしょうか。

切ないけれど希望もあって、穏やかで美しい。
einhornさんありがとう。ドンピシャに好きな作品でした!


関連記事

コメント
この記事へのコメント
ドキュメンタリー出身の監督さんなんですねぇ。
レビューからも、心に響く作品であろう事が伝わってきます~
これは観たいなぁ。
2014/01/07(火) 09:00:16 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
あぁ~これ横浜のジャック&ベティで上映してたんですよ~。
観たかったんですけど、そのときは時間が合わず断念しました。
やっぱ良い映画なんですね。
情緒がありそうですね、何がしかの。
2014/01/07(火) 09:28:28 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
>異国に生きる孤独を共有し、肩を寄せあう
ぼくも就職で今は故郷を離れているので分かる気がします!
時折郷愁にかられるけれど、ぼくが生きていくのはここなのだと。
レンタルなかったけど、いつかぜひ観たいです!
2014/01/07(火) 10:25:29 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
ご覧になっていただいてうれしく思います。淡々と進んできたお話だったのが、ラストで「うおおおお」って感じで映画館で盛り上がってしまいました。音楽の力もあったのでしょうけど、それまでの控えめな感情が一気に爆発するという感じでしょうか。それまで抑えてきた感情が一気に湧き上がるところで、この映画が忘れがたいものになりました。画面そのものが盛り上がるわけではないので、そう感じたのは私だけかもしれないのですが。
2014/01/07(火) 16:54:03 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
そうなんですって。だからか静かで淡々としてるのだけど
なんか趣があってよかったです。機会があればぜひ~。
2014/01/07(火) 18:41:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
あー、時間が合いませんでしたか。残念~。
ミニシアターはいい映画上映するよねぇ。
そそ、凄い情緒があってしっとり胸に響きました。
2014/01/07(火) 18:43:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
あー、それに近い感覚かもですねぇ。
ご覧になると、主人公の気持ちに共感できるところあるんじゃないかと思います。
主人公がアジア人ということもあり、同じ郷愁を共有できる気がします。
まだDVDになってないかも。リリースされたらぜひ。
2014/01/07(火) 18:48:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ほんと、最後に静かだけど大きなサプライズがあって、
あぁそうきたのかぁと心を動かされました。
水の上の炎にも、こう重ねるのだなぁと。ジンとしちゃいましたし。
良い映画でしたね。観れて良かったです。
TBありがとうございました。
2014/01/07(火) 18:52:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
うわ~これも良さそう!観てみたい。
これ系のヨーロッパ映画ってよほど電波張って注意しとかないと、名画座系でこっそり上映してこっそり終わっちゃう。
DVDになった暁には必ず観ますね。
近所のTSUTAYAに置かれるかが若干不安ですが・・・(^_^;)
さてさて、次のpu-koさんのお勧めは何かな~♪
2014/01/08(水) 09:10:37 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
静かな映画だけど情緒があって美しく、
優しく切ないところもとってもよかったです。
そう、この手のはシネコンでは絶対にかからないタイプですよねぇ。
TSUTAYAさんにはぜひ置いて欲しいな。
あと2本ヨーロッパいきます♪
2014/01/08(水) 18:45:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ある海辺の詩人-小さなヴェニスで-」を観てきました。イタリア北部、ヴェネチア近郊の漁業の町キオッジャ。運河沿いの酒場で中国人のシュン・リー(チャオ・タオ)が働き始
2014/01/08(水) 01:40:02 | Spice -映画・本・美術の日記-
今回は新作の「ある海辺の詩人」を静岡シネギャラリー2で観て来ました。スクリーンがビスタサイズのまま、上下に黒みが入るシネスコサイズの上映。DLP上映だとこうなっちゃうのもやむを得ないのかなあ。でも、そうなるとフィルム上映の方がいいよなあ。 中国に息子を
2014/01/08(水) 07:53:31 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)